ITライフハック

麻布

緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街!麻布台ヒルズ、特設サイト

337fb527

森ビル株式会社等が、約300件の権利者の方々とおよそ35年かけて進めてきた「麻布台ヒルズ」が、2023年11月24日(金)に開業した。「麻布台ヒルズ」は、"Modern Urban Village~緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街~"をコンセプトに、"Green & Wellness"人々が自然と調和しながら、心身ともに健康で豊かに生きることを目指す街だ。約8.1haの広大な計画区域には、約24,000m²の圧倒的な緑が広がり、延床面積約861,700m²の空間に、オフィス、住宅、商業施設、文化施設、教育機関や医療機関など、多様な都市機能が集積する。

チケット販売を開始!チームラボの境界のない一つの世界「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」【麻布台ヒルズ】
森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスは東京・お台場から移転し、2024年2月9日(金)、麻布台ヒルズにオープンする。2024年1月16日(火)正午12:00より、公式サイトにてチケットの販売が開始された。チームラボボーダレスは、チームラボの境界のないアート群による「地図のないミュージアム」。アートは、部屋から出て移動し、他の作品と関係し影響を受け合い、他の作品との境界線がなく、時には混ざり合う。チームラボボーダレスは、そのような作品群による境界なく連続する1つの世界だ。新しいチームラボボーダレスでは、境界のないアートは、より進化し、より多くの場所へ移動し、複雑に関係し合い、永遠と変化し続ける境界のない一つの世界を創る。


チームラボの境界のない一つの世界!「森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」【麻布台ヒルズ】
チームラボと森ビルが共同で手がける、森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレスが、東京・麻布台ヒルズに、2024年2月9日(金)にオープンすることが決定した。また、チケットは2024年1月16日(火)より、チームラボボーダレス公式ウェブサイトにて販売を開始する。チームラボボーダレスは、アートコレクティブ・チームラボの境界のないアート群による「地図のないミュージアム」。境界のないアート群は、部屋から出て他の部屋へと移動し、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け、作品同士が混ざり合う。チームラボボーダレスは、そのような作品群によって、境界なく連続する1つの世界だ。人々は、境界のないアートに身体ごと没入し、「境界のない1つの世界の中で、さまよい、探索し、発見する」。


人々が自然と調和しながら、心身ともに健康で豊かに生きることを目指す街!「麻布台ヒルズ」内覧会
森ビル株式会社等が、約300件の権利者の方々とおよそ35年かけて進めてきた「麻布台ヒルズ」が、2023年11月24日(金)に開業する。開業に先立ち、プレス関係者向けに内覧会が実施された。「麻布台ヒルズ」は、"Modern Urban Village~緑に包まれ、人と人をつなぐ「広場」のような街~"をコンセプトに、"Green & Wellness"人々が自然と調和しながら、心身ともに健康で豊かに生きることを目指す街だ。約8.1haの広大な計画区域には、約24,000m²の圧倒的な緑が広がり、延床面積約861,700m²の空間に、オフィス、住宅、商業施設、文化施設、教育機関や医療機関など、多様な都市機能が集積する。


「麻布台ヒルズ」公式サイト
「麻布台ヒルズ」特設サイト - ITライフハック

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
2024年4月22日~28日開催!「ニコニコ超会議2024」企画発表第1弾
無料試食会を開催へ!モスバーガー初、「辛旨ヤンニョムのとり竜田バーガー」一斉先行試食会
大阪梅田・HEP FIVEで開催!「呪術廻戦 全国を廻れ!じゅじゅつ旅」
武蔵野大学 アントレプレナーシップ学部、東京都「大学発スタートアップ創出支援事業」に選出
かわいすぎる料理研究家 ファン・インソンさんが辛口レビュー?モスバーガー「辛旨ヤンニョムのとり竜田バーガー ~なめらかチーズソース~」発表会






「麻布 あみ城」の料理長が監修!『素材にこだわった海鮮椀と丼の具 6ヵ月頒布会』を販売開始

main

カタログや店舗、ECで高付加価値の商品を提供する株式会社ライトアップショッピングクラブは、「麻布 あみ城」の料理長である加藤道久氏が監修した『素材にこだわった海鮮椀と丼の具』の販売を開始した。

■温めるだけで手軽に味わえる
昨今の外出自粛やテレワーク推奨などによる巣ごもり需要の高まりにより、自宅で楽しめるお取り寄せグルメが注目されている。ライトアップショッピングクラブにおいても、遠方で足を運ぶことができない老舗の名店や予約困難な有名店とコラボレーションするなど、自宅にいながらお店の本格的な味を楽しめる商品を提供してきた。今回は、家庭で味わい豊かに仕上げるにはなかなか手間のかかる椀ものに着目し、温めるだけで手軽に味わえる『素材にこだわった海鮮椀と丼の具』を企画した。

監修は一流ホテルや日本料理の名店「なだ万」で腕を磨き、これまで多くの食通たちをうならせてきた「麻布 あみ城」の料理長、加藤道久氏。 素材一つ一つと向き合い、より多くのお客様に日本料理の素晴らしさを伝えたいという想いのもと、季節を愉しく感じられる料理は“大人が愉しめる和食”として、各界から高い評価を受けている。
sub2

椀ものは、加藤氏の手腕が存分に発揮された、だしが決め手の滋味深い味わいとなっている。
「食通をうならせるには、まず食材にとことんこだわることが大切」と考える加藤氏が選んだ食材は、真鯛・鱧・鮭・鰯・鯖・金目鯛の6種で、いずれも国産天然魚を使用。真鯛はシンプルながら旨味溢れる潮汁、鱧はとろみをつけて口当たりのよい吉野汁、鰯は生姜の香りも効いたつみれ汁に、鯖は旨味をしっかり生かしたコクのある船場汁、そして金目鯛は大根おろしでさっぱりと愉しめるみぞれ汁に仕上げた。

一方、丼の具は「阿波尾鶏の親子丼」、「海鮮かき揚げ丼」、「和牛の牛丼」、「野菜の五目とじ丼」、「天ぷらの卵とじ丼」、「豚の角煮丼」と、しみじみとした深い味わいの定番からあと引く美味しさが癖になる変わり種まで、毎月の椀ものとの相性を考えた献立になっている。椀ものは温めるだけ、丼の具は温めてご飯にのせるだけの簡単調理。尚、毎月のお届けは海鮮椀2食と丼の具2食の計4食セット。

『料亭で味わうような、身体にすっと深く染み入る美味な椀ものと丼をご自宅でぜひご堪能ください。』

〇全6種類
第1回(5月)
真鯛の潮汁/阿波尾鶏の親子丼
sub3

第2回(6月)
鱧の吉野汁/海鮮かき揚げ丼
sub4

第3回(7月)
鮭の粕汁/和牛の牛丼
sub5

第4回(8月)
鰯のつみれ汁/野菜の五目とじ丼
sub6

第5回(9月)
鯖の船場汁/天ぷらの玉子とじ丼
sub7

第6回(10月)
金目鯛のみぞれ汁/豚の角煮丼
sub8

商品番号 :070122
商品名   :「麻布 あみ城」料理長 加藤道久氏監修 素材にこだわった海鮮椀と丼の具 6ヵ月頒布会
価格   :7,344円×6回頒布(税込/梱包配送料込)
お届け回数:6回
期間    :6ヵ月
賞味期限 :冷凍で90日
内容:海鮮椀2食+丼の具2食 計4食セット
※5月から10月までの6ヵ月間、毎月下旬に到着。
※丼の具には、ご飯を用意すること。
商品URL :https://www.lightup.jp/detail/070122.html

「麻布 あみ城」料理長 加藤道久氏監修 素材にこだわった海鮮椀と丼の具 6ヵ月頒布会

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
定食のご飯をもっとおいしく!「焼売ご飯」が数量限定で新登場
アニメ「鬼滅の刃」キャラクターをポーチに!アクアビーズ ペンポーチセット
スチールフレームでしっかり自立!透明アクリルパーティション
甘辛タレがクセになる!牛春雨プルコギとメンチカツの合い盛り
TVアニメ『鬼滅の刃』、ぺたんと座ったポーズがかわいい「ぺたん娘」和傘バージョン

完全理解 日本料理の基礎技術
野崎 洋光
柴田書店
2004-12-01





カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ