ITライフハック

3Dゲーム

裸眼3D立体視を実現する3Dゲームアプリケーション!「SpatialLabs TrueGame」に3D Ultraモードが登場

main

Acerは2023年1月3日(ラスベガス現地時間)、特別な3Dメガネを使わない裸眼3D立体視テクノロジーを提供する3Dゲームアプリケーション「SpatialLabs TrueGame」の大幅なアップデートを発表した。新たに3D Ultraモードが追加となった。

■立体3D技術のパワーを解き放つ
SpatialLabs TrueGameは、強化されたステレオレンダリング新機能で、ゲーマーに究極の3Dゲーム体験を提供する。奥行きのあるリアルな3D映像を投影することにより、今までにない没入感が味わえるゲームプレイでゲームの世界でこれまで経験したことのないような、よりエキサイティングな冒険を楽しめるような3D体験が可能だ。

sub1


今回の新しいアップデートでは、視覚的な細部、効果、3D深度の強度をプレイヤーの好みに合わせる、3Dステレオエフェクト構成の3D Senseが登場。TrueGame内で個々のユーザーの好みに合わせた方法でゲームを表示することが可能となった。また現在のAAAタイトルや、ユーザーが3Dの世界を楽しむことができるクラシックな有名作品のゲームも含めて、今後も毎月新しいゲームタイトルが追加された。

Acerの共同COOであるジェリー・カオ(Jerry Kao)氏は、「ゲーム開発は、夢の3Dの世界を驚くほどリアルで魅惑的に実現させる一種のアートであると認識しています。それには膨大な時間と、創造力を必要とする努力が必要です。今日のゲーマーの体験が2Dディスプレイデバイスによって制限されているところもあるなかで、SpatialLabs TrueGameは、完全なジオメトリック3Dデータを追加することで3Dゲーム体験の限界を押し広げ、立体3D技術のパワーを解き放ち続けています。」と述べている。

sub2


■SpatialLabs TrueGame 3D Ultra、究極の3Dゲーム体験
SpatialLabs TrueGame 3D Ultraモードは、ゲームの世界に3D立体視パフォーマンスの新鮮な体験を提供し、ユーザーは3Dエンターテイメントの新しい領域に深く飛び込むことができる。この新モードは、SpatialLabsのアイトラッキングソリューション、立体3Dディスプレイ、リアルタイムレンダリング技術の組み合わせにより、目を見張るような3Dシーン、オブジェクト、キャラクターに命を吹き込んだような表現を実現した。

特許取得済みのワンクリックゲームプレイ機能により、TrueGameはインストールされたゲームをあらかじめ設定された3Dプロファイルで自動的に起動するため、ユーザーはボタンをクリックするだけで立体3Dゲームをすぐに楽しむことができる。SpatialLabs TrueGameは、開発者がゲームに含むシェーダーや3Dジオメトリに関する情報を活用し、3D Ultraモードに2台目の仮想カメラを追加したことで、他とは異なる3D没入体験を提供する。

sub3


新しいTrueGame 3D Ultraモードをサポートするゲームプロファイルには、最新のAAAタイトルや人気のあるゲームタイトルが含まれている。TrueGameアプリケーションの使いやすさと、最適化された3D Ultraプロファイルの追加により、ユーザーはこれまで以上に、個々のゲームタイトル専用に開発されたスムーズで幅広い裸眼3D立体視エフェクトを簡単に、しかも特別なメガネなしで楽しむことができる。

さらに、TrueGameのユーザーと3Dゲームの愛好家は、SpatialLabs CommunityのTrueGameフォーラムで交流することも可能に。このフォーラムでは、自分のアイデアや体験を共有し、ゲーマー同士のコミュニケーションと学びを促進する。

sub4


■提供開始時期
SpatialLabs TrueGameの3D Ultraモードは、2023年1月末に予定しているソフトウェアアップデートで利用可能になる。なお、SpatialLabs TrueGameは、ゲーミングノートパソコン Predator Helios 300 SpatialLabs Editionとモニター Acer SpatialLabs Viewに対応している。

日本エイサー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
手元や顔を明るく照らす!ノートパソコンライト用モニターライト
ACコンセントプラグを直接挿せる!AC最大80Wの出力に対応したモバイルバッテリー
最大3つのノートPC を同時に急速充電!卓上充電器「UGREEN Nexode 200W」
マウスに近い感覚で使える!親指操作タイプのトラックボール3機種
アルコール拭きも可能、菌の増殖を防ぐ!抗菌USBテンキー






省スペースPCをパワーアップ! ロープロファイル対応グラボで内蔵グラフィックスとおさらば



つい先日のこと、知人から連絡があり「PSO2ことファンタシースターオンライン2をプレイしたい」と相談を受けた。ゲームデータのダウンロードとセットアップすをるように伝え、あとはスカイプで通話しながら指示することにした。インストールまでは完了したのだが、起動しようとするとDirect X関連のエラーメッセージが出て起動しない。

CPUやメモリー、HDD容量といった部分に問題はなかったのだが、最大の問題がグラフィックスにあることが判明。CPUに内蔵しているグラフィック機能(Intel HD Graphics2000)では、PSO2が動作する基準に満たないことがわかった。外資系の某大手直販メーカーの省スペースデスクトップでPCI Express×16スロットはあるのだが、ロープロファイル仕様になっており、簡単にグラフィックスを拡張することはできないのだ。

そういう人におススメしたいのがロープロファイル仕様に対応でき、なおかつDirect X11に対応しているGPUを搭載するグラフィックスカードだ。PSO2をプレイするだけなら、NVIDIAのミドルレンジ以下のGPUでも十分だ。


続きを読む

世界一に挑戦!これが液体窒素による、究極のオーバークロックだ



日本ギガバイトは2010年3月27日、都内 カフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店において、一般のパソコンユーザー向けのイベント「ギガバイト 2010製品発表会」を開催した。
グラフィックスも高速!ギガバイト、日本未発表の高性能ノートPCを披露

今回のイベントは、同社の高性能ノートPCや最新マザーボートを展示し、アピールするというものだ。今回の話題は日本未発表のノートパソコン「T1000」と「M1405」、そして来場者の熱い注目を浴びていたCAL930さん(キャル930)による、究極のオーバークロックチャレンジだ。

■来場者と一体に!オーバークロック世界一への道のり
CAL930さんといえば、オーバークロックの世界では、知る人ぞ知る神様のような存在だ。
ごく最近でも、下記のような輝かしい経歴がある。
・GIGABYTE P55 オーバークロック大会 2位
・GOOC 2008 日本大会 優勝
・GOOC 2007 日本大会 第2位

今回は、日本ギガバイトのイベントということもあり、下記のOCシステムでオーバークロック世界一に挑戦した。
マザーボード:GIGABYTE GA-P55A-UD6
ビデオカード:GIGABYTE GV-R587D5-1GD-B

CAL930さんの世界一への挑戦が始まると、会場の奥に設置された特設ステージは、たちどころに黒山の人だかりとなった。CAL930さんは液体窒素による究極のオーバークロックで、世界記録への挑戦だ。

液体窒素は、-196度で沸騰して気化する際、まわりの熱を奪うので、水の凝固点を遙かに下回る低温を維持することができる。通常、オーバークロックを行うと、プロセッサーが高温となり動作停止となるが、液体窒素で冷やすことにより、プロセッサーを正常に動かそうというわけだ。
液体窒素で強制冷却して、オーバークロック世界一に挑戦しているところ

オーバークロックの大会では、プロセッサーやマザーボード、ビデオカードなどの耐久性をあらかじめ試してみたりするなど準備が必要となる。しかし、今回のイベントでは使用パーツの耐久性が不明なうえ、現場でオーバークロック用に改造するなど、ブッツケ本番という挑戦だ。

CAL930さんは、-150度くらいからオーバークロックに挑戦しようとしたが、-145度で安定して動作しないことから、-140度前後でオーバークロック世界一に挑戦することになった。ビデオカード「HD5870」の2枚挿しで数回、3DMARK03/05を走らせ、なかなか良い感じでベンチマークが通ることを確認したのち、手持ちで持ち込んだ改造済の「HD5870」を投入し、いよいよオーバークロック世界一に挑戦することになった。

しかし、ここからが熾烈を極めた。ビデオカードは、クロックを下げないと安定して動作しないうえに、2枚挿しなので、どちらのカードが足を引っ張っているのかがわからない状態なのだ。ビデオカードとプロセッサーの両方を冷却することは困難なので、プロセッサーのみに冷却を集中させ、オーバークロック世界記録への挑戦は続けられた。

ベンチマークが止まる箇所は、必ずと言ってよいほど艦長が画面に現れる箇所だ。そこでベンチが止まると「うあああああああああ」、そこを止まらずに通過すると拍手とともに「おおおおおおおおおっ」という雄叫びが会場にこだました。クロックアップするにつれ、CAL930さんと来場者の一体感が高まっていった。

ハードウェア的な制限に加え、時間的制限もあり、CAL930さんが100%の実力を出しきれたとは言い難いが、最終的にHWBOTの2GPU Rankで世界22位相当という結果をはじき出した。

記録だけを見ると残念な結果に思えるかもしれないが、それでもCAL930さんと来場者が一体となってオーバークロックに挑戦できたことで、イベントとしては大成功だったと言えるだろう。

「ギガバイト 2010製品発表会」
日本ギガバイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
2DのDVD映画を3Dに変換!画期的なPCソフトが登場
ワイヤレスで便利!テレビにパソコンの画面を映し出すマル秘アイテム
高速化だけじゃない!快適なパソコン環境を手軽に実現
右クリックメニューを自分仕様にカスタマイズ!ファイル操作をより快適に

日本未発表タッチ液晶と3Dゲームもできるギガバイトの高性能ノート

3Dゲームもスムーズに動かせる、ギガバイト「T1000」


日本ギガバイトは2010年3月27日、都内 カフェ ソラーレ リナックスカフェ秋葉原店において、一般のパソコンユーザー向けのイベント「ギガバイト 2010製品発表会」を開催した。

今回のイベントは、同社の高性能ノートPCや最新マザーボートを展示し、アピールするというもの。スタッフによる製品発表、豪華な商品が当たるビンゴ大会、有名オーバークロッカーによる世界一への挑戦も行われた。

■最新ノートパソコンをタッチ&トライ
イベント当日、サイトの引換券をプリントアウトして会場に持参すると、GIGABYTEオリジナルリュックが先着100名にプレゼントされるということで、会場は朝から通勤電車の中のような大盛況ぶりだった。
「ギガバイト 2010製品発表会」の会場に並んだマザーボードの数々

会場では、最新マザーボートや最強最速プロセッサー「Core i7-980X Extreme Edition」のデモ機などを展示していたが、今回の目玉は日本未発表のノートパソコン「T1000」と「M1405」を自由に触ることがでることだ。

「T1000」はタッチパネルを採用したモバイルノートPC。Windows 7のマルチタッチに対応しており、試しにペイントソフトを起動して、2本の指でなぞると、2本同時に線を描くことができた。

「M1405」はデスクトップパソコンに迫る性能が魅力の高性能ノートパソコン。独自のオーバークロック機能「Smart Turbo」により、Bus speed/FSB speed/Core speedを約30%高速化させることができるうえに、GeForce GT 220Mを搭載したドッキングステーションに接続すれば、3Dゲームのようなノートパソコンが苦手とするグラフィックスをスムーズに処理することができる。

なお、会場の奥で行われていた「有名オーバークロッカーによる世界一への挑戦」は、別記事にて紹介する予定だ。

「ギガバイト 2010製品発表会」
日本ギガバイト

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっとみる
SSDを無料ゲットする攻略法をスタッフから聞き出した
ただものじゃない!インテル、新プロセッサー「Core i7-980X 」が最強最速な理由
コーレル 今澤部長が語る!「Corel VideoStudio」が狙うターゲット
組み立て不要!世界大会優勝ロボ「TINYWAVE」ついに国内発売【真ロボット伝説】

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ