ITライフハック

3Dプリンタ

高さ2.8mの造形に成功!エス.ラボ、超大型3Dプリンタ

smain
ペレット式3Dプリンタ「茶室」と造形完了時のベンチ

国産の 3Dプリンタ・工作機・ロボットの開発・製造を行う、エス.ラボ株式会社は、造形サイズ 横3m × 奥行3m × 高さ3m の超大型ペレット式 3Dプリンタ 、開発名「茶室」を完成させた。

■慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス内に仮設置
エス.ラボは同 3Dプリンタを利用し、慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボ(代表:田中浩也 環境情報学部教授、以下SFC研究所)、デジタルファブリケーションスタジオの積彩との共同製作によって、高さ2.8 m・幅1.2m・奥行き1.1 mとなる大型プラスチック製ベンチの造形に成功。「茶室」によって24時間で造形されたベンチは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス内に仮設置され、試験的な利用も行われた。
ssub1
慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにおける試験利用の様子慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにおける試験利用の様子

エス.ラボはプラスチックペレットを原料とする、大型かつ短時間で造形が可能なペレット式 3Dプリンタを2013年から開発し、特許の取得も行ってきた(2019 年からは「GEM シリーズ*1」として販売)。プラスチック樹脂を用いた材料押出方式*2 の 3Dプリンタにおいて、最大造形サイズが2立方メートルを超える機種は世界でも数少なく、今回の装置開発・造形は世界最大級の事例となる(エス.ラボ調べ)。

今回の共同製作において、SFC研究所は材料検証と造形試作を、積彩はベンチの 3Dモデル設計と配色設計を担当した。縦向きに印刷されたベンチは造形後に向きを変えて利用され、大人4人程度が問題なく座れる強度を持つ。3Dプリント時に意図的に配色をコントロールする事で、ベンチのまだらな色模様を作り出している。

今後は大型造形物の試作や形状確認のほか、今回のベンチのように最終製品として扱われるものを 3Dプリントによって製作していく予定だ。
ssub3
遊具として使われている様子


■エス.ラボ 柚山代表のコメント
今回のベンチ造形は循環型社会の目指す形として、外観でも材料面でもインパクトあるものが出来ました。
この様な3Dプリンタで製造した物が広く普及するためには、出来上がった物の価値そのものが市場で評価されなければならず、特大サイズと洗練されたデザイン、そしてリサイクル材料で出来た意味は大きいです。リサイクルプラスチックの有効利用は社会的なテーマなので、今回の様な形でアウトプットを続けて行きたいです。

3Dプリンタというツールが身近になって来た最近でも、エス.ラボは3Dプリンタが夢のようなものづくりを見せてくれることを期待して日々開発をしており、家具・車・航空・船舶・住宅など、様々な分野で有効活用できる3Dプリンタをユーザー様と共に考え、形にしていきたいです。

■SFC研究所 田中浩也教授のコメント
ウィズコロナからアフターコロナに社会が移行していく中、オフィス、キャンパス、公園、コワーキングスペースなどで、家族や友人どうしの、新しい過ごし方・働き方を生み出すための、大型什器・家具が、新たに必要とされてくる場面があると思います。リサイクルしたプラスチック材料でも無駄なく使え、ゴミが少ない熱溶解積層方式の 3Dプリンタは、場所を彩る魅力的な立体物の制作に最適です。

今回プロトタイプとして制作したベンチを実際にご覧になりたい方は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスまでお問い合わせください。

■積彩 大日方伸氏からのコメント
シンボリックな螺旋形状のベンチは座面をななめに区切り、利用者同士が適度な距離感で座れることを目的としていましたが、実際に設置してみると小さな女の子がまるで遊具のように下をくぐったり寝転んだりと、螺旋を自由に使って遊んでいたことが印象的でした。

今回私たちがデザインしたのはベンチだったのか。遊具だったのか。

超大型の 3Dプリンティングでは規格外の造形物を作り出すことが可能ですが、それはこれまでのベンチ/遊具のような境界を取り払い、もっと自由な振る舞いをもつデザインへの想像力となっていくでしょう。 デザイナーとして、このように想像力の源泉となる装置に出会えることは喜びです。これからもこの超大型 3D プリンタを活用し、ワクワクするようなものを作っていければと思います。
ssub2


特記事項について
※1 : GEM (Granule Extrusion Molding)はエス.ラボが 保有する商標。
※2:Material Extrusion(MEX)方式

エス.ラボ株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
キャリアビジョンのヒントが散りばめられた1日!PE-BANKプロエンジニアフォーラム2021
ガジェットを混ざらずまとめる!入り口4つのガジェットケース
ノートPCの充電器に何を求める?Anker、コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査
ものすごいベンチャー展、7月開催!成長企業約120社の最新ツールやトレンドが知れる5DAYS
ひとつのビーコンで最大6種発信できる!マルチアドバタイズBLEビーコン






月の表面を3Dプリンターで再現した「LUNA LIGHT -ルナライト-」が発売

e5a6385d2b

OTOGINOは、月の表面を3Dプリンターで再現した本物の月のようなLED照明「LUNA LIGHT -ルナライト-」を2018年2月17日より発売する。

最も綺麗な形を探し求め、何度も練り直してついに完成したこだわりの月とのこと。光の色もより月に近い色にし、裏側やクレーターの形も忠実に再現されている。他にない直径24cmのサイズは存在感があり、お部屋の中に居ながらも美しい満月を楽しむことができる。

バッテリー内蔵式なので気軽に持ち運ぶことができる。指先でセンサーに触れるだけで高い位置にある時に見えるような白い月に光り、再度触れると低い位置にある時に見えるような黄色い月に光る。

センサーを長押しすることで明るさを調整することができる。調光の具合で様々な雰囲気を楽しむことができるので明るい月~暗い月まで場所や好み、その日の気分に合わせて楽しめる。24cmの他に、18cmのサイズも用意。価格は24cmが1万2,000円(税込)、18cmが9,000円(税込)。

■商品スペック
本体サイズ:直径24cm、18cm
素材:PLA樹脂
点灯色:白色/黄色
点灯パターン:長押し→明るさ調節
       タッチ→白色点灯・黄色点灯・消灯
連続点灯時間:明るさ最大→約12時間
       明るさ最小→約60時間
充電時間:1.5~2時間
消費電力:1W
3Dプリンタ解像度:0.2mm


“LUNA LIGHT -ルナライト-”販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
山手線が“走るアートミュージアム”に。“TOKYO”をテーマに東京造形大学が「山手線グラフィック展」を開催
日本ゲーム大賞2018 アマチュア部門作品募集のテーマは「うつす」
DMM.comから動きに合わせて音楽を奏でるモーション楽器ガジェット「SoundMoovz」登場
市販ソースの活用でごくうまレシピを時短調理!「カゴメ基本のトマトソース」編
LINE NEWSに「平昌五輪タブ」登場!話題の記事や注目競技、メダル獲得数など、五輪の見どころをまとめて発信






XYZプリンティングジャパン、3Dオブジェクトを手作りできる「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットを発売

3D-pen_1_サイズ変更

XYZプリンティングジャパンは2017年6月8日、思いのままに3Dオブジェクトを作成できる3Dペン「ダヴィンチ 3Dペン」のスターターキットを発売した。価格は7,480円(税別)。「ダヴィンチ 3Dペン」と「3Dペン専用フィラメント」のセット価格は8,900(税別)。

「ダヴィンチ 3Dペン」スターターキットには、主に以下のものが付属しています。
・スターターキット用クィックガイド
・デザインマニュアル
・USBメモリー(容量7.2GB)
・イラストボード
・フィラメント3本入り×2パック
 ※一般品は3本入り×1パック

ダヴィンチ3Dペンは、パソコンもモデリングソフトも必要なく、3Dオブジェクトを作ることができる。軽く、携帯することも容易であるため、いつでもアイデアを現実のものにすることが可能だ。

ダヴィンチシリーズなどの3Dプリンターで出力したオブジェクトに、ダヴィンチ 3Dペンで装飾を施し、イメージを現実化することで、一層オリジナリティに溢れた作品作りができる。

ダヴィンチ3Dペンはさまざまな色のPLAフィラメントを使用できる。PLAフィラメントは土に還る性質を持ち、融点も比較的低いため、エコな素材として家庭や学校などにおける使用に適している。

■仕様一覧
本体サイズ:25×28×178mm(幅×奥行×高さ)
本体重量:70g
プリント方式:熱溶解樹脂積層(FFF:Fused Filament Fabrication)方式
ノズル直径:0.8mm
樹脂材質:PLAフィラメント
フィラメント直径:1.75mm
付属品;アダプター、電源コード、アカデミーパック用クィックガイド、デザインマニュアル、USBメモリー(容量7.2GB)、イラストボート、フィラメント3本入り(1m×3色)×2パック、保証書、クリーニングツール
保証:本体:1年、駆動モジュール(モーターおよびギアなど):90日、プリントモジュール(ペン先):90日、付属品(アダプター、電源コード、付属フィラメント、包材など):保証なし


DSC_9333_サイズ変更

DSC_9499_サイズ変更

DSC_9568_サイズ変更

DSC_9582_サイズ変更


XYZプリンティングジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
マウスコンピュータ、GeForce GTX 1050搭載の17.3型大画面ノートパソコンを発売
インバースネット、Ryzenシリーズ搭載デスクトップパソコンを発売
障害が発生しても迅速に対応できるネットワーク管理ソフト「IO Navi」
ロジクール初、ゲーミングで培った技術を応用した一般向けメカニカルキーボードを発売
JAPANNEXT、28インチ 4K液晶ディスプレイを発売

ダヴィンチ 3D ペン
XYZプリンティング
2016-07-01





空中に立体的な絵を描けるペン型 3Dプリンター

22952_fXmiMYxlPd

上海問屋は、空中に描いた絵がそのまま作品になる、ペン型 3Dプリンターの販売を開始した。価格は5,999円(税込)。

本製品は、空中に描いた絵がそのまま作品になる「ペン型 3Dプリンター」。オモチャやオブジェ、実用品まで、アイディア次第で作品数は無限。本体はペンタイプで、お絵かき感覚で3Dの作品製作を楽しめる。子供の夏休みの課題や、工作用にもおすすめ。

使い方は簡単。電源を入れ、使用するフィラメント(樹脂)のタイプを選択。フィラメントを本体の挿入口に挿し込み、抽出スピードを指定。準備が出来たら、ペンのように本体をもちボタンを押せば、フィラメントが出てくるので、それを立体に組み立てるだけ。コツをつかめば、大作も夢ではないかもしれない。

購入後、すぐに使える3色のフィラメントが同梱されているが、カラーはアソートのため、画像のものと異なる場合がある。小学生以下の子供が使用するときは、保護者が付き添ってほしい。

■製品仕様
温度調整範囲 ・・・・・・ 130~240℃
フィラメント温度目安・・・ABS:210℃
             PLA :175℃
対応フィラメント直径・・・1.75mm
ノズル径・・・・・・・・・0.7mm
電源・・・・・・・・・・・100V 50/60Hz
サイズ・・・・・・・・・・W:185mm ×H:44mm ×D:31mm
重量・・・・・・・・・・・約63g
付属品・・・・・・・・・・フィラメント3色(各3m) (※カラーは画像と異なる場合がある)、ACアダプター、英語/中国語マニュアル、型紙
製品保証・・・・・・・・・購入後 初期不良2週間


22952_DrDYxsdnxz

22952_FozAYHubOq


DN-914726 上海問屋限定販売ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

上海問屋に関連した記事を読む
デカーメンテナンスやアウトドアなどオールマイティに役立つマグネット付 2WAY伸縮式LEDライト
5000円以下なのに驚きの高画質で昼夜問わず鮮明に走行を記録するフルHD高画質ドライブレコーダー
45mmベリリウムドライバが超広帯域でハイクオリティの再生音を実現。ハイレゾ音源対応ヘッドフォン
1万円以下で自宅にプライベートシアターを作れる最大120インチのプロジェクター
デスクのコーナーを有効活用する強化ガラスを採用したトライアングルガラススタンド







XYZプリンティングジャパン、3Dプリンター新シリーズ「ダヴィンチ miniシリーズ」を発表

01


XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンター新シリーズ「ダヴィンチ miniシリーズ」を発表した。「ダヴィンチ mini シリーズ」は、コンパクトさが好評を博しているダヴィンチ Jr.シリーズよりもさらに30%コンパクトでスタイリッシュなデザインが採用されている。




「ダヴィンチ miniシリーズ」は、Wi-Fi接続に対応した「ダヴィンチ mini w」と、カラフルなデザインを採用した「ダヴィンチ miniMaker」から構成されている。「ダヴィンチ mini w」および「ダヴィンチ miniMaker」は、家庭内での利用を想定して設計されており、これから迎える夏休みにおいて、長期休暇を利用した新しいことへのチャレンジや、自由研究での題材として最適だろう。

「ダヴィンチ mini w」の価格は4万4,800円(税込)。「ダヴィンチ miniMaker」は3万9,800円(税込)。なお、7月22日より開始する先行予約販売では、「ダヴィンチ miniMaker」を同社のWebサイト、Amazonにて3万7,800円(税込)で販売し、8月5日より順次出荷する予定となっている。
02

XYZプリンティングジャパン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
アスク、Thermaltake製のオープンフレーム型PCケース「Core P3」シリーズを発売
サードウェーブデジノス、「Skylake」Core i3 / i7と液晶解像度で選べる15.6インチサイズノートPC
インバースネット、GeForce GTX 1060搭載のASUSコラボレーションPCを発売
Skylake世代のCore i7、GeForce 940M、フルHD液晶で10万円を切るノートPCがドスパラから
映画で英語が学べる「超字幕」シリーズに「アバター」が新登場


ダヴィンチ miniMaker
XYZプリンティング
2016-08-05



XYZプリンティングジャパン、3Dプリンターでオリジナルクリスマスグッズを作るイベントを開催

XYZプリンティングジャパンは、3Dプリンターを使ってオリジナルのクリスマスグッズを作る「3D プリンター×クリスマスものづくり体験イベント」を、12月20日(日)午後1時から渋谷 HMV&BOOKS TOKYO 6F(渋谷モディ内)にて開催する。入場は無料だが、事前登録が必要。
続きを読む

あらゆるオブジェクトを片手で手軽に3Dスキャンするハンドヘルド3Dスキャナーが登場

XYZプリンティングジャパンは2015年10月26日、、さまざまなものを手軽にスキャンできる、コンパクトなハンディタイプ3Dスキャナー「XYZprinting ハンドヘルド 3Dスキャナー」を発表した。 価格は2万2,800円(税込)。本日より家電量販店、 ECサイト、販売代理店、同社Webサイトにて順次、先行予約販売を開始し、11月10日より販売を開始する。
続きを読む

20万円台のSLA方式3Dプリンターが登場!XYZプリンティングジャパン「ノーベル1.0」

2月9日、XYZプリンティングジャパンが都内で新製品の発表会を開催した。そこで中小企業向けのSLA方式3Dプリンター「ノーベル1.0」が発表された。従来の同方式3Dプリンターより格段に手に入れやすい値段となるため、高精度な造形を求めるユーザーにはうれしいニュースだろう。2015年3月上旬の発売を予定しており、価格は229,800円(税込)を予定。専用のレジン(500g入り 2本)は15,800円(税込)、専用のレジンタンクは7,200円(税込)で本体と同時に発売を開始する。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ