ITライフハック

ADVANCED

周辺機器もタッチ操作対応へ タッチ液晶を採用した5インチベイ用ファンコントローラー



タブレットやスマホ、そしてマイクロソフトの新OS、Windows 8では、操作を行うのにタッチによる操作が当たり前になってきた。毎朝の通勤時にAndroid端末やiPhoneなどを触っていると画面に触れることが当然のように思ってしまうように、すっかり慣れてしまっている人がほとんどだろう。

ノートPCでも、ついついディスプレイを指で押してしまいそうになるなど、タッチ操作に慣れてしまうと、それを知らなかった頃には戻れないほど、タッチ操作を取り込んでしまった人が多いと思う。その割にPC関連のデバイスでは、タッチ対応の液晶ディルプレイなどは、非常に高価に設定されており24インチで5万円近くと、タッチ非対応の液晶の2.5倍と、ぼったくり価格と呼べる価格に設定されている。5万円のタッチ対応ディスプレイを買うくらいなら、1万円足してマルチタッチ対応のWindows 8搭載ノートが買えてしまう。Windows RT搭載のタブレットも、ほぼ同じ価格だろう。とまあ時代はタッチ操作へと流れて行っているわけだ。

続きを読む

これで3Dのテレビ放送が本格化するか? NHKの新方式Advanced Stereo 3D【デジ通】

新3D放送は、3D非対応テレビ(奧)でも3D放送を高品質な2Dで表示


120Hzの倍速駆動や240Hzの4倍速駆動が可能な液晶テレビやディスプレイが登場して“3D立体視元年”と言われてから、はや数年、3D立体視が可能なテレビやディスプレイは、それなりに普及している。ゲーム機でも3D立体視対応のポータブルゲーム機のニンテンドー3DSもそれなりに売れている。3D立体視ができる環境は、それなりに整っているといえる状況であるのに、3D立体視のコンテンツ類が普及しているとは、とても言えない状況だ。

いくつかの原因が考えられるが、コンテンツで最大の流通元となるテレビ放送で、3D立体視に対応している放送がほとんどないことも、その1つと言えるかもしれない。

3D立体視を可能にする放送にはいくつか課題がある。ただInter BEE 2012でNHKメディアテクノロジーが出展していたAdvanced Stereo 3Dは、今後の3D立体視放送を普及させるカギとなるかもしれない技術だ。




続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ