2011年の夏は、キャリア各社から発売されたAndoid OSを搭載したスマートフォン(Android携帯)が大きなブームとなっており、Feature phpneからの乗り換えが相次いでいる。

急伸する国内スマートフォン市場の中でAndroidはOSシェア№1を誇っているのだが、Android携帯にも懸念点はある。それがセキュリティ問題点だ。世界的にもシェアをすごい勢いで伸ばしてるAndroid携帯の脆弱性を狙ったウイルスも増加しつつあるからだ。


ネット犯罪への脅威や対策を日本市場へ啓発するAKB48カスペルスキー研究所は、Android携帯に関するセキュリティ意識について、全国の10代~60代の男女4万人を対象にインターネット調査を実施した。興味深い結果が明らかとなったので、ここで紹介しよう。

続きを読む