ITライフハック

Air

M1 MacbookPro/Airもフルスピードで充電!鬼滅の刃 ばんそうこう【まとめ記事】

sub8

株式会社CIOはクラウドファンディングサイト『GreenFunding』にて390万円以上の支援を達成したマルチポート急速充電アダプターLilNob Share『CIO-G65W3C1A』の新発売記念セールをAmazonなどにて開催する。
株式会社リアライズは、2021年1月18日〜2月12日までの期間中、アニメ・漫画専門ECサイトであるキャラクターデパートで『鬼滅の刃 ばんそうこう グリーン/ブルー(製造メーカー:タカラトミーアーツ)』の予約販売を開始する。

タブレット・スマホをパソコン化!スタンド機能付きのUSB Type-Cドッキングハブ
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』では、スタンド機能付きType-Cドッキングハブ「400-HUB088GMN」を発売した。本製品は、スタンド機能付きのUSB Type-Cドッキングハブ。iPad Pro・スマホ・ノートPCなどのType-Cポートを拡張して、液晶モニターへのHDMI出力やキーボード・USBメモリなどUSB機器との接続、SDカードやmicroSDカードの読み書きが可能なドッキングステーションだ。


M1 MacbookPro/Airもフルスピードで充電!卵サイズのGaN搭載マルチポート急速充電器
株式会社CIOはクラウドファンディングサイト『GreenFunding』にて390万円以上の支援を達成したマルチポート急速充電アダプターLilNob Share『CIO-G65W3C1A』の新発売記念セールをAmazonなどにて開催する。LilNob Share『CIO-G65W3C1A』は最大65Wの高出力を実現した、卵サイズの極限まで小さくしたマルチポート充電器だ。LilNob Share『CIO-G65W3C1A』は次世代半導体GaN採用により、ほぼ卵サイズの超コンパクトでありながら、最大65Wの高出力を実現したマルチポート充電器。


USBとコンセントが使える!急速充電QC3.0対応ハイブリッド電源タップ
株式会社CIOは急速充電QuickCharge3.0搭載のUSBポートと、コンセントに対応したハイブリッド電源タップ『KJ-C03』をAmazonなどにて販売する。USBもコンセントの両方を使用することができ、更にケーブルを本体へコンパクトに収納できるので、持ち運びが便利な上に、荷物の軽減に役立つ。QuickCharge3.0ポートを搭載、GalaxyやXperia等の急速充電に対応している。『KJ-C03』はAmazon.co.jpなど各ECサイトにて販売する。クーポンコード『CIOKJC03』を利用する事で2021/01/19 9:00~2021/01/25 23:59 迄限定で380円OFFにて購入可能だ。


鬼滅の刃 ばんそうこう!グリーン/ブルーが再登場
株式会社リアライズは、2021年1月18日〜2月12日までの期間中、アニメ・漫画専門ECサイトであるキャラクターデパートで『鬼滅の刃 ばんそうこう グリーン/ブルー(製造メーカー:タカラトミーアーツ)』の予約販売を開始する。竈門炭治郎、竈門禰豆子、我妻善逸、嘴平伊之助のデザインが入ったグリーンと、鬼殺隊の主軸となる「柱」デザインのブルーの2種類。6柄デザインが各3枚入ったお得な18枚入りセットだ。安心・安全の日本製となっている。


から揚げだって全力だ!かつや、テイクアウト専用「全力1キロから揚げ」
とんかつ専門店「かつや」を展開している株式会社かつやは、国内「かつや」の「かつ弁」メニュー販売店舗にて、から揚げが約18個入ってお得な「全力1キロから揚げ」を2021年1月20日より期間限定で販売する。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、自宅で食事をするテイクアウト需要が高まり、とんかつ専門店「かつや」でも、店内で作りたての揚げ物を弁当や惣菜として利用してもらう機会が増え続けている。中でも、住宅地など立地に応じて惣菜が充実した「かつ弁」メニュー販売店舗限定の「から揚げ」は、鶏のから揚げが2個入って1パック150円(税込162円)と手軽でお値打ちだ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
クランプで簡単に取付可能!後付けできるデスク収納「スライド式キーボードトレイ2」
テレワークに最適!ラトックシステム、USB Type-C シリーズ 4製品を発売
第10世代CPU、厚さ19.8mm!マウスコンピューター、15.6型ノートPC「mouse B5-i5」
Zoom会議、ビデオガイドも録画できる!「EaseUS RecExperts for Mac」レビュー
海外向け新型LAVIE Pro Mobileを発表!ゲーム機になる8インチ「LAVIE MINI」も参考出展






Anker独自のノイズキャンセリング!「Soundcore Liberty Air 2 Pro / Life A2 NC」

main

アンカー・ジャパン株式会社は、オーディオブランド「Soundcore」において初めてアクティブノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」および「Soundcore Life A2 NC」の販売を開始した。

■音楽への没入感を極限まで高めた
「Soundcore Liberty Air 2 Pro」は、Amazon売れ筋ランキングの【イヤホン・ヘッドホンカテゴリ】で1位を獲得し、累計20万台超の販売実績を誇る(※)大人気モデル「Soundcore Liberty Air 2」の進化版にして、音質・機能性の両方を徹底強化したLiberty Airシリーズの最上位モデル。

イヤホンの外側と内側に1つずつマイクを配置したハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリングと、Soundcoreアプリ上で屋外 / 交通機関 / 屋内の3つのモードからのシーン選択を組み合わせ、最適なノイズキャンセリングを設定できるAnker独自のウルトラノイズキャンセリングを採用することで、音楽への没入感を極限まで高めた。
sub1

音楽を聴きながら会話や公共施設のアナウンス等の外音を聴くことができる外音取り込み機能も搭載し、没入感と利便性を両立した。音質にもこだわり、10層のナノレイヤーで構築されたPureNoteドライバーによりクリアで洗練されたサウンドを実現した。

さらに最先端のイコライザー機能を進化させたHearID 2.0を搭載し、アプリ上で音の聴き取りやすさを測定すると自動作成されるHearing Profileをベースに、ロックやポップ等の音楽ジャンルに合ったイコライザーを追加でカスタム設定できるようになった。
sub2

同時発売となる「Soundcore Life A2 NC」は、Anker独自技術のウルトラノイズキャンセリングを搭載しながら手に届きやすい価格が魅力。ノイズリダクション機能を搭載した6つのマイクによって周囲の雑音を除去し、より大きくクリアな音声通話を実現した。

イヤホン本体のみで最大7時間(アクティブノイズキャンセリング使用時は6時間)、付属の充電ケースを合わせて使うと、最大35時間(アクティブノイズキャンセリング使用時は30時間)の連続再生ができる。また10分間の充電で約1.5時間再生できる短時間充電にも対応しており、利便性も抜群だ。
(※)Amazon売れ筋ランキングは2020年12月25日12:00時点 / 累計販売個数は2020年12月31日時点

完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」
完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life A2 NC」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
4K・60Hz・HDR対応!小型で2入力1出力・1入力2出力対応のHDMI切替器
USBとコンセントが使える!急速充電QC3.0対応ハイブリッド電源タップ
中を見ながら煮出せる電気ポット!『煮出し&温度調整ができる電気ティーポット』
テレビに“後付け”できる!WEBカメラ台としても使用可能なサウンドバー台
AVナビゲーションシステム!JVCケンウッド、彩速ナビゲーション搭載の3機種を発売






M1 MacbookPro/Airもフルスピードで充電!卵サイズのGaN搭載マルチポート急速充電器

sub2

株式会社CIOはクラウドファンディングサイト『GreenFunding』にて390万円以上の支援を達成したマルチポート急速充電アダプターLilNob Share『CIO-G65W3C1A』の新発売記念セールをAmazonなどにて開催する。LilNob Share『CIO-G65W3C1A』は最大65Wの高出力を実現した、卵サイズの極限まで小さくしたマルチポート充電器だ。

■ほぼ卵サイズの超コンパクト
LilNob Share『CIO-G65W3C1A』は次世代半導体GaN採用により、ほぼ卵サイズの超コンパクトでありながら、最大65Wの高出力を実現したマルチポート充電器。M1 MacbookPro/Airもフルスピードで充電可能で、PCとスマートフォンの同時急速充電にも対応している。

USB Type-Cポート全てで充電を行っても各ポート最大20Wの出力に対応しているので、iPhone12シリーズを3台同時充電する場合でもフルスピードで急速充電が可能だ。

main

USB Type-Cを3ポート、USB-Aを1ポート搭載してるため、PCはもちろん、スマートフォンや家庭用ゲームなど幅広いデバイスで複数充電を行うこともできるので、快適に使用できる。

LilNob Share『CIO-G65W3C1A』はAmazon.co.jpなど各ECサイトにて販売中だ。 便利なクーポンコード『CIOG65W3C1A』をご利用いただく事で1/26 23:59迄限定で228円OFFの5,800円にて購入できる。

sub8

LilNob Share『CIO-G65W3C1A』

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
クランプで簡単に取付可能!後付けできるデスク収納「スライド式キーボードトレイ2」
テレワークに最適!ラトックシステム、USB Type-C シリーズ 4製品を発売
第10世代CPU、厚さ19.8mm!マウスコンピューター、15.6型ノートPC「mouse B5-i5」
Zoom会議、ビデオガイドも録画できる!「EaseUS RecExperts for Mac」レビュー
海外向け新型LAVIE Pro Mobileを発表!ゲーム機になる8インチ「LAVIE MINI」も参考出展






クリエイティブメディアから抽選で100名様にプレゼント!完全ワイヤレス イヤホン「Creative Outlier Air V2」

main

クリエイティブメディア株式会社は、『「#Creative使ってみて」 フォロー&リツイート キャンペーン』を開始した。

■「Creative Outlier Air V2」をプレゼント
2020年11月1日(日)~11月30日(月)のキャンペーン期間中に、クリエイティブメディアの公式Twitterアカウント @CreativeCMKK をフォローして、「#Creative使ってみて」が付いた応募ツイートをリツイートした人の中から抽選で100名に、2020年9月末に新発売のワイヤレス品質や音質が向上した完全ワイヤレス イヤホン「Creative Outlier Air V2」をプレゼントする。

『通勤や通学などの外での利用はもちろん、在宅ワークやリモート授業などの新しい生活様式でご自宅からお仕事や学業に励まれている方々や、Creativeの完全ワイヤレス イヤホンを是非体験してみたいといった方々は、Creativeの高品位オーディオでより楽しくお過ごしいただけるようぜひご応募下さい!』
sub1

キャンペーン概要
クリエイティブメディアの公式Twitterアカウントをフォローして、キャンペーン期間中に応募ツイートをリツイートした人の中から、抽選で100名に完全ワイヤレス イヤホン「Creative Outlier Air V2」をプレゼントする。
プレゼント賞品:完全ワイヤレスイヤホン Creative Outlier Air V2 1セット
応募期間:2020年11月1日(日)~2020年11月30日(月)
当選発表:
・応募条件および応募方法を満たした人の中から、抽選する
・当選者へは、Twitterのダイレクトメッセージにて当選通知と配送先登録フォームを連絡する(2020年12月1日予定)
・@CreativeCMKK アカウントのフォローを外したり、ダイレクトメッセージ受信を制限すると、当選連絡ができなくなるので注意が必要
sub2

完全ワイヤレス イヤホン「Creative Outlier Air V2」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
カセットテープの音源を半永久保存できる! サンワサプライ、ラジオ付き変換プレーヤ
Makuakeにて期間限定販売! Poooliモバイルプリンター「Poooli L3」
冬のツーリングの寒さ対策に!サンコー、『洗える!ヒーター内蔵ホットフェイスマスク』
大柄体型でも着られるフリーサイズ!サンコー、『洗える!「電熱ヒーター内蔵ベスト」』発売
ポータブルBluetoothスピーカー!ハーマン「JBL GO3」新登場






iPad Air 2019を盗難から守る! サンワサプライ、セキュリティスタンドを発売

sub7

サンワサプライは、第7世代iPad10.2インチ/iPad Air 2019を盗難から守るセキュリティスタンド「SL-85IP102BK」を発売した。

■不正な持ち出しを防止できる
「SL-85IP102BK」は、第7世代iPad 10.2インチ/iPad Air 2019用のスタンド付きケースとセキュリティワイヤーのセットだ。

001

本体フレームにiPadをはめ込み、ネジでフレームを固定する。ケース裏面にセキュリティスロットがあり、そこへ取り付けたワイヤーをデスクの脚などに巻き付け固定することで、iPadの不正な持ち出しを防止できる。iPadはケースのフレームにしっかりはめ込まれ、さらにワイヤーのシリンダー錠により固定されているので、iPadのみを抜き取ることはできない。

002

必要なときには付属のカギを使ってケースとワイヤーの脱着が可能。セキュリティスロットがついておらず、軽くて簡単に持ち運びができてしまうiPadのセキュリティ対策に最適だ。

003

ケース裏面のリング状のスタンドは時計回りに90度ずつ回転し、縦置きでも横置きでも使用できる。角度調整は無段階に可能で、好みの角度で設置できる。スタンドを反対側に回し、フックなどに掛けて壁掛けとしても使用できる。スタンド部分はハンドルとしても使えるため、手持ちでiPadを操作する際も片手でしっかり保持できる。

004

本製品は、スマートカバーを装着したままでも取り付け可能だ。iPadはケースに収納されているので、キズや汚れからも守る。

タブレットの盗難を防ぐ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
iPhoneで除菌ができる! 「MICCELL UVC/UVAミニ除菌LEDライト」
格安スマホデビューが可能に! LINEモバイル「音声3GBが3ヶ月500円〜」の新キャンペーン
人気YouTuberレペゼン地球 史上初の写真集が全員もらえる! モバイルWi-Fiサービス「地球WiFi(チキュウWiFi)」開始
大画面で映画やアニメなどを簡単に楽しめる、Android内蔵モバイル小型プロジェクター「POKEPRO」
田村淳発案の遺書動画サービス「ITAKOTO」、この世から心のこりをなくしたい






夏にこそ使いたいマスク、Another Airメッシュマスクが楽天市場店に登場

Another Airメッシュマスク

A Holdingsは、機能性メッシュマスクAnother Airマスクを自社ECサイトに加え、楽天市場店で販売中だ。
AnotherAirメッシュマスクは、機能性メッシュを使用した、呼吸しやすい3層マスクになっている。
価格は、1,500円。

■高い抗菌効果とUVカット効果を実現
AnotherAirメッシュマスクは、ATB機能性メッシュを2枚とATB PK 抗菌生地を重ね、高い抗菌効果とUVカット効果、吸湿速乾性を実現した。
デザインはシンプルで、ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで使える。

Another Airメッシュマスク02


サイズ S(お子様、顔の小さな女性向けサイズ)
横:18cm
縦:11cm
マスク本体から紐の折り返しまでの長さ:10cm
紐の幅:1cm

サイズ M(女性、顔の小さな男性向けサイズ)
横:24cm
縦:14.5cm
マスク本体から紐の折り返しまでの長さ:11~13cm
紐の幅:1cm

サイズ L(男性、大き目に顔を覆いたい人向けサイズ)
横:24cm
縦:14.5cm
マスク本体から紐の折り返しまでの長さ:11~13cm
紐の幅:1cm

楽天市場店
自社オンラインストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
「ラーメン山岡家」がホテルの一室に、異色のコンセプトルーム「山岡家部屋」を販売
空気がこもりにくい新構造!「本当に涼しいマスク」
月額2800円で1日1杯クラフトビールが飲める、「CRAFT BEER PASSPORT Supported by Tap Marché」
「DiDi Food」に「築地銀だこ」が登場、たこ焼のスタンダードを大阪のご自宅で
Amazon Musicに、「マクロスΔ」ワルキューレの最新シングル他2曲を配信






ユニットコム、スマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を期間限定で発売

img_138084_1

ユニットコムは、パソコン工房 AKIBA STARTUP (アキバ スタートアップ)にて、CTJが販売しているスマホで一眼レフカメラを遠隔コントロールできる「CASE Air」を2017年9月1日より展示・販売開始した。価格は1万5,000円(税込)。

CASE AirはカメラをWi-Fi化することで、スマートフォンやタブレットなどの端末で、カメラの遠隔操作を実現したカメラアクセサリー。USBでデジタル一眼カメラと「CASE Air」を繋ぎWi-Fiスポットとして通信することで、ライブビューやフォーカススタッキング、パラメータ調整などの操作がスマートフォンやタブレットでできるようになる。

■「CASE Air」機能概要
クイックビュー:撮影した写真を自動的に転送し、大きな画面で確認することができる
パラメータ調整:シャッタースピード/絞り/ISO/ホワイトバランスなどをアプリで簡単調整
遠隔ライブビュー:カメラから離れた場所でも、撮影シーンを見ながら遠隔撮影可能
写真のシェア:インターネット経由であれば撮影した写真を素早くシェア可能
その他:タイムラプス、HDR、長時間露出撮影などの機能も用意。
サイズ:60mm × 40mm × 10mm
重量:50g
Wi-Fi:802,11 b/g/n
有効距離:最大50メートル
バッテリー駆動時間:最大6時間
対応カメラ機種:CanonおよびNikon(詳しくは商品HPを参照)
対応OS:iOS8.0以降、Android 4.0.3以降、Windows7以降、OSX 10.10以降


img_138084_3

img_138084_2


CASE Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
レノボ・ジャパン、PHAB2 ProとTangoテクノロジーによる「ONE PIECE」コラボアプリを提供
ファーウェイ初のAIモバイル・コンピューティング・プラットフォーム「Kirin 970」を発表
「WiMAX 2+」のデータ通信速度がさらに高速化。256QAM対応で下り最大558Mbpsを実現
iPhoneやAndroidスマホに最適!サンワサプライ、レザー&木製の高音質Bluetoothスピーカーを発売
「北神急行電鉄×駅メモ! 」コラボグッズだけじゃない!コラボ ヘッドマーク掲出車両を運行へ





アスク、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ「Insta360 Air」を発表

air (3)

アスクは、Shenzhen Arashi Visionが展開するカメラブランドである、Insta360ブランド製の360度ビデオカメラ「Insta360 Air」の取り扱いを開始すると発表した。発売は3月上旬を予定。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円台前半(税別)。

「Insta360 Air」は、Androidスマートフォンに接続できる360度ビデオカメラ。約26.5gかつ直径37.6mmの軽量コンパクトサイズで手軽に持ち運びでき、Androidスマートフォンのディスプレイを確認しながら、手軽に360度の全天球写真・動画の撮影が行える。

本体前後に備えた魚眼レンズは、F値2.4で、解像度は3040×1520ドットでの静止画撮影に加え、2560×1280ドットでの動画撮影が可能。撮影した静止画や動画は、専用アプリからFacebookやYouTubeなどのSNSに投稿でき、YouTubeと連携させることで、360度動画のライブストリーミング配信も可能だ。

製品ラインナップは、Micro USBまたはUSB Type-Cコネクタ搭載モデルに、ブラック、ホワイト、ピンク、ゴールドの各カラーバリエーションが用意されている。

scene-graph-003


Insta360 Air

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、クレカロットとお札用ポケット付きiPhone 7・iPhone 7 Plus用ケースを発売
つながらないを解消!自宅のWiMAX 2+電波を改善する「UQ宅内アンテナ」の受付を開始
DMM mobileで2周年を記念した大感謝祭を開催。豪華賞品が総計2510名に当たる
異素材を組み合わせた、衝撃に強いiPhone用ケース
iPhone所有率が多いのはどんな職業? 女性のスマートフォン利用実態調査。MMD研究所調べ




内蔵バッテリーの膨張で本体修理が必要になってしまったMacBook Air【デジ通】



Ultrabookなどの薄型パソコンやiPhoneシリーズ、7インチ以上のタブレットや小型のデジタルデバイスの多くはバッテリーが本体に内蔵されておりユーザーが自分で交換することができないようになっている。そして一般的な利用方法では2年から3年程度でバッテリーに寿命がきてしまう。その後も十分なバッテリー駆動時間が必要であるのなら、メーカーに依頼してバッテリーを交換してもらう必要が出てくるのだ。バッテリー駆動時間を気にしないなら、そのまま使い続ける事もできるが、経年変化でリチウムイオン電池が膨らんでしまう場合があり、その影響で利用できなくなってしまう可能性がある。

続きを読む

たとえ家族でも横からの覗き見はイヤ! iPad Air用の覗き見防止フィルム

※画像の備品は商品に含まれません。

Appleの10インチタブレット端末「iPad Air」は、重量は500gを切っているが、さすがに10インチタブレットを持ち歩くというより、自宅でくつろいでいる際に使い倒すという人が多いのではないだろうか。もちろん持ち歩いている人もいるだろう。

iPad Airは、そのデザインから人の注目を集めることは間違いない。そのため人通りの多い場所や公共の交通機関の中などで、メール、アプリ操作といったことをしていると、興味深く覗き込んでくる人もいる。




続きを読む

3割の軽量化は体感できる! iPad Airは、軽量化ゆえの優れた使い勝手【デジ通】



11月12日にアップルのiPad Airと、iPad mini Retinaディスプレイモデルが正式に発売開始された。筆者は旧iPadシリーズを利用してきたが第4世代iPadの購入は見送った。

これまでの性能の進化を考えるとそろそろ買い換え時ということで今回は、サイズ以外で基本性能(CPUやメモリー等のスペック)は同じになった小型版のiPad mini Retinaモデルを選んでもいいかなと思い悩んだが、最終的には画面サイズが大きいという理由でiPad Airに決定した。

このiPad Airを使い始めてみて、メリットを肌で感じるのは、何より軽くなった重量だ。従来モデルよりも30%程度軽くなった重量は、あらゆる場面でその軽さを実感できるのだ。

続きを読む

A7チップにRetinaディスプレイと似たようなスペックに見えるiPad Airと新型iPad miniのどっちを選ぶ?【デジ通】



すでにお伝えした通りアップルがiPadの新モデルを発表した。ディスプレイサイズが9.7インチのモデルは薄く軽くなるなどして、名称も「iPad Air」になった。小型で7.9インチモデルの「iPad mini」はRetinaディスプレイを採用し「iPad miniRetinaディスプレイモデル」へと進化した。

日本では小型でも高性能という製品があったりするが一般的にタブレットで同じブランド名の製品なら、大きいサイズの方がスペックを高くして機能に差を付ける。しかし、今回発表されたiPad AirとiPad miniはディスプレイのサイズや本体サイズ・重量以外のスペックはほぼ同じだ。

性能的に同じであるなら同じ使用感ということになるのだろうが、それじゃあどちらを選択したらいいのか? 

続きを読む

触ると欲しくなる!実機写真で見るアップルの「iPad Air」と「iPad mini Retina」



アップルがiPad新モデル発表 薄くて軽量なiPad AirおよびiPad miniがRetina化」で紹介したように、アップルは2013年10月23日、報道関係者向けに新製品のイベントを開催した。イベントは、前半が米国でのメディアイベントの動画、後半がタッチ&トライであった。

今回の目玉ともいえる「iPad Air」と「iPad mini Retina」を実機写真で見てみよう。

続きを読む

アップルがiPad新モデル発表 薄くて軽量なiPad AirおよびiPad miniがRetina化



10月23日、アップルは画面サイズが9.7インチで2048×1536ドット(264ppi)の解像度を持つ新型タブレットの「iPad Air」および、既存のiPad miniをRetinaディスプレイ化し7.9インチで2048×1536ドット(326ppi)の解像度へと進化したiPad mini Retinaディスプレイモデルを発表した。発売は11月中。


続きを読む

アップルの今年前半の目玉は新型MacBook Air この新型MacBook Airの価格は円高にどう影響したのか【デジ通】



既報の通りアップルが2013年のWWDCで正式に発表したハードウェアはMacBook Airのみである。MacBook Airのみ発表日から購入可能であったので“正式に発表”という言葉を、あえて使っている。

なぜならハードウェアの新製品としてMac Proも発表されていたのだが、この製品の発売はまだ先で、スペック等の紹介のみである。買えないので、唯一買えるMacBook Airだけを正式発表と表現したわけだ。個人的に期待していたMacBook ProのHaswell化のアップデートもなく、iPhone 5SやiPad miniといった新端末もなかった。

ここのところ急激に円高が進み1ドル95円台で推移している。先日、急激な値上げを行ったアップルだがMacBook Airの価格決定にどういった影響があったのかチェックしてみよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ