ITライフハック

Bluetoothスピーカー

高音質を体験、アースカラーデザイン!スタイリッシュなアルミニウム製モバイルスピーカー

main

株式会社オウルテックは、アースカラーを採用した、コンパクトでスタイリッシュなアルミニウム製モバイルスピーカー「OWL-BTSP03S-R」全5色を2022年11月24日より発売した。

■高品質サウンドが楽しめるBluetoothスピーカー
本製品はアルミニウム素材を用いたスタイリッシュなデザインで、コンパクトでシンプルな外観とは対照的に高域を奏でる弦楽器や中域を担うボーカルがクリアなサウンドで楽しめるBluetoothスピーカー。
ブラック、グリーン、ネイビー、レッド、シルバーの5色のアースカラーは、洗練された印象と高級感を演出する。

本製品を2台接続することで、それぞれのワイヤレススピーカーがワイヤレスステレオモード(LchとRch)に切り替わり、より臨場感のあるサウンドを楽しめる。スピーカー2台のペアリング中にステレオボタンを短押しするだけで、簡単にワイヤレスステレオモードへの切り替えが可能だ。
※ワイヤレスステレオモードを使用する場合は本製品が合計2台必要となる。

sub6


■ハンズフリー通話機能で会議通話などに
本製品はマイクを搭載している。スピーカーとしてはもちろんのこと、マイク搭載により快適にハンズフリー通話が可能で、オンライン会議の利用などに便利だ。

約2時間の充電で最大15時間の連続再生ができる。室内でも野外利用でも十分な時間で音楽を楽しめる。
※50%の音量で使用した場合

本製品は1年間の保証付き。使用中に万が一不具合などが発生した場合、無償で修理または新品交換を保証する。
『お客様に安心してお使いいただけるように、品質だけでなくサポート体制も重視しています。』

sub6


アルミニウム製モバイルスピーカー

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
HDMIをVGAに変換し映像出力ができる!ケーブル一体型の変換アダプタ
小型で持ち運びしやすい、卓上プロジェクタースクリーン!40インチと50インチの2種類
スマホ充電と電装品への給電を行えるカーチャージャー
USB Type-CポートとUSB Aポートを搭載し、スマホとタブレットを同時に充電できる!カーチャージャー
音と光で空間を演出するスポットライト型アルミスピーカー!『albos Light & Speaker』






音と光で空間を演出するスポットライト型アルミスピーカー!『albos Light & Speaker』

main

キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、キヤノン電子株式会社製のスポットライト型アルミスピーカー『albos Light & Speaker』(アルボス ライト アンド スピーカー)を2022年12月中旬に発売する。また、発売に先駆けて『albos Light & Speaker』を先行体験できる専門店 “albos ROOM”を、東京・銀座にて2022年11月18日(金)~21日(月)の期間限定でオープンする。

■『albos Light & Speaker』について
『albos Light & Speaker』は、心地よいサウンドと光により日常から切り離されたパーソナルな空間を演出するスポットライト型のワイヤレススピーカー。円筒型のフォルムと理想的なスピーカー配置により、クリアで豊かな音の響きを360°全方位から体感できる。

ボディはアルミ削り出しにより美しさと堅牢性を兼ね備えたデザインで、インテリアとしても馴染む。2種類の光色、明るさが3段階に切り替えられるライトは、角度をフリーストップで調整でき、目的やシーンに合わせた使い方ができる。2022年5月に実施した応援購入サイト「Makuake」のプロジェクトでは、応援購入金額が2,500万円を突破し、ポータブルBluetoothスピーカーにおいて歴代No.1※1を更新した。
※1. 2022年11月10日現在:Makuake データ Lab調べ

『キヤノン電子が新しく展開するブランド「albos(アルボス)」は、「人が幸せに感じる快適な空間創り」をコンセプトに掲げ製品づくりを進めています。今後も人々の暮らしに寄り添う新しい体験価値を提供してまいります。』

sub2
日常から切り離されたパーソナルな空間を演出


■製品を先行体験できる専門店“albos ROOM”を期間限定オープン
『albos Light & Speaker』の製品の魅力を体験できる没入空間“albos ROOM”を、東京・銀座に期間限定でオープンする。“albos ROOM”では、「生演奏のような音質」と「空間を切り取ることのできる照明」によって、都会の喧騒を忘れ、ひとりだけの時間を過ごしていただける4つのパーソナル空間を用意する。
日時:2022年11月18日(金)~11月21日(月)11:00~19:00
場所:ZeroBase Labs GINZA 4-chome crossing(東京都中央区銀座5丁目7−1)

sub1
「albos ROOM」


『albos Light & Speaker』製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
軽くて使いやすいワイヤレスヘッドホン!「ATH-M20xBT」にホワイトが登場
耐衝撃ウオッチ『G-SHOCK』!八村塁選手のシグネチャーモデル第3弾
短時間のドライブでも素早く電力補給!Type-CポートとType-Aポート対応、2台同時充電ができる車載充電器
インテリアに馴染む!ACもUSBもまとめて接続可能な木目調の電源タップ
小さな耳にも最適にフィット!完全ワイヤレスイヤホン「JBL WAVE BUDS」






防塵防水にも対応した最高峰のオールラウンダー!ポータブルBluetoothスピーカー「JBL BOOMBOX3」

smain

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてワイヤレススピーカー4年連続販売台数No.1※1に輝く「JBL」より、存在感のあるキャビネットサイズから繰り出されるパワフルなサウンドが特長のポータブルBluetoothスピーカー「JBL BOOMBOX(ブームボックス 3)」を2022年9月9日(金)より発売する。

■より高音質で音楽を堪能できる
「JBL BOOMBOX3」は、JBLが展開するポータブルBluetoothスピーカーの中でも最大級のキャビネットサイズから繰り出される圧巻のパワフルサウンドで人気の「BOOMBOX」シリーズ最新モデル。スピーカー構成の見直しにより、前モデルよりも更に進化したサウンドを楽しめるようになった。長円形サブウーファーを1基、そして、左右2基のミッドレンジドライバーとツイーターを同軸上に配置した3ウェイスピーカーシステムを採用したことで、今まで通りの大迫力の低音とクリアで抜けの良い高音域はもちろん、極めて高い定位感を実現することでより高音質で音楽を堪能できる。

ssub17


また、筐体デザインもさらにブラッシュアップし、流線形が強調されたシルエットに仕上がった。「BOOMBOX」シリーズを印象付ける大きなハンドル部分は、樹脂製からアルミニウム製に刷新したことで高級感が増し、握った際の手馴染みの良さも向上している。ハンドルの内側には滑り止めシリコンラバーもあしらっているため、持ち運びの際も安心だ。本体正面のブランドロゴも「JBLボールドデザイン」にリニューアルし、筐体とロゴのカラートーンを併せる「TONE on TONE(トーンオントーン)」を採用したことで、より存在感のある外観にアップグレードしている。

ssub9


最大約24時間※2 の連続ワイヤレス再生とチャージ機能、スピーカーを複数台接続可能な「PARTYBOOST」機能は前モデルより踏襲し、本モデルから防水性能のほかに防塵性能も加わったIP67※3に新対応。砂塵による汚れが気になる屋外などでもより安心して使用できるようになった。

ssub16


さらに、最新の本モデルでは、JBLのポータブルBluetoothスピーカーでは初となる最新規格「Bluetooth バージョン 5.3」に対応し、また注目の「LE Audio」規格にも対応予定。進化したサウンドクオリティと洗練されたデザインにより、圧倒的な存在感を放つ「JBL BOOMBOX3」で、よりパワフルで上質なJBLサウンドを体感できる。
また、「JBL BOOMBOX3」は、現在開催中の「買って当てよう!先着1万名様のプレゼントキャンペーン」の対象商品だ。

ssub5


<「買って当てよう!先着1万名様のプレゼントキャンペーン」概要>
対象期間に、JBLの正規販売店にて対象製品を購入した先着1万名に、QUOカードPayが必ずもらえるプレゼントキャンペーンを実施している。
・対象購入期間:2022年7月20日(水)~9月11日(日)(先着1万名)
・応募受付期間:2022年7月20日~9月30日(金)23:59
       ※応募受付期間最終日までに1万名に達した場合は、期限前の場合でも
        その時点で締め切りとなる。
・プレゼント内容:先着1万名に「QUOカードPay 500円分」をプレゼント
・応募ページ:https://jp.jbl.com/SummerCampaign2022
・応募方法:1.JBL正規販売店およびJBL公式ストアで対象商品を購入
      2.公式サイトの応募ページ( https://jp.jbl.com/SummerCampaign2022)から
       フォームに必要項目を記入し購入証明書(レシート等)の画像をアップロード
      3.内容確認後、約2ヶ月以内にメールでQUOカードPayを送付
・対象商品:公式サイトの応募ページをご覧ください。( https://jp.jbl.com/SummerCampaign2022)

【主な仕様】
製品名      :JBL BOOMBOX3
タイプ      :ポータブルBluetooth スピーカー
カラー      :ブラック
再生時間・充電時間:約24時間再生※2・約6.5時間充電
防水機能     :IP67※3
サイズ(H x W x D):257×482×200(mm)
重量       :約6.7kg
Bluetooth     :バージョン 5.3(LE Audio アップデート対応予定)
対応プロファイル :A2DP 1.3, AVRCP 1.6
スピーカー構成   :189 x 114 mm 長円形サブウーファー、80.9 x 80.9 mm ミッドレンジドライバー x 2、
           20 x 20 mm ツイーター x 2
最大出力     :最大80W + 40W×2 + 10W×2
周波数特性    :40Hz – 20kHz
付属品      :電源ケーブル(2.0m)
発売日      :2022年9月9日(金)
価格       :オープン価格
          ※JBLオンラインストア販売価格66,000円(税込)

※1 全国の家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどから収集した実売データ「BCNランキング」にもとづき、1年間の累計販売数量が最も多かった企業を部門ごとに表彰する「BCN AWARD 2022」にて、ワイヤレススピーカー部門の第1位を4年連続で獲得した。
※2 充電・再生時間は使用環境により異なる。
※3 防塵・防水性能IP67は、粉塵がスピーカー内部に侵入しなく、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないと定義されている。

ハーマンインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
Honda Racingとコラボ!通称「赤バッジ」の塗料を文字板に採用した、CASIO『EDIFICE』
「磁性流体」ビジュアライザーを搭載! 視覚と聴覚で楽しめるスピーカー「Ferro01」
ビデオ・写真・録音・再生・Webカメラをこの1台に!1080P次世代レコーダー「X5」
最大100Wの出力に対応、ポータブル電源やUSB機器へ給電できる!ポータブルソーラーパネル
有線と無線接続に対応!ネックスピーカー






高音・低音を自分好みの音質に調整できる!木製ブックシェルフのワイヤレススピーカー

main

サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、迫力のある重低音と透明感のある高音を出力できるBluetoothの2chワイヤレススピーカー「400-SP095」を発売した。

■実用最大出力56Wの木製ブックシェルフ型の2chスピーカー
本製品は、大迫力の重低音から透明感のある超高音まで美しく再現できる実用最大出力56Wの木製ブックシェルフ型の2chスピーカー。

sub2


迫力の重低音を再現できる大口径3.5インチのウーファーユニットを搭載している。剛性の高い木製キャビネットがウーファーの性能を引き出し、豊かな響きと迫力のある重低音を再現する。

sub8


明瞭で透明感のある超高音を再生できるツィーターを搭載。繊細で解像度の高い超美麗サウンドを再現する。

sub9


操作のしやすい前面にBASS(低音)コントロール、TREBLE(高音)コントロールが独立して調整でき、最適なセッティングで音楽を楽しむことができる。

sub11


高音質コーデックapt-X/AACに対応しており、対応機器との組み合わせで、高音質・低遅延の音声を楽しめる。

sub15


Bluetooth5.1に対応し、Bluetooth(A2DP)を搭載したスマートフォン・タブレットやパソコン、ポータブルオーディオの音楽をワイヤレスで聴くことができる。3.5mmステレオミニプラグ接続でパソコンやプレーヤーなどと接続するだけで高音質な音楽を楽しむことができる。

sub12


ワンタッチでワイヤレス接続のON/OFFが可能なNFCを搭載。NFC対応のスマートフォンやタブレットから簡単にワイヤレス音楽再生が可能だ。

sub14


左右のスピーカーユニット間は約1.8mと長めのケーブルを採用している。

sub18


本棚やデスクなどに設置しやすいブックシェルフ型を採用している。
パソコンやテレビ周りを煩雑にしないよう電源ユニットをスピーカーに内蔵している。大きなACアダプタを必要としないので、電源タップ回りも綺麗に配線できる。

sub19


本製品のサイズはW150×D208.5×H263mm(1台あたり)、 重量は4.8kg。

Bluetoothの2chワイヤレススピーカー「400-SP095」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Microsoft Surfaceシリーズに最適!セキュリティスロットを取り付けできる、セキュリティパーツ
持ち運びに最適!折りたたみ式ノートパソコンスタンド
簡単操作でデータ共有できる!USBリンクケーブル
厚みわずか約1.8cm!5ボタン折りたたみ式の薄型USB充電式マウス
WEBカメラを経由した盗撮の不安を解消!レンズカバー2種類






FMチューナーを搭載した手のひらサイズのBluetoothスピーカー

191807d36b

FOXは、手のひらサイズの本格派Bluetoothスピーカー「Macchiato」を2019年3月14日(木)に発売する。価格は8,500円(税別)。3月7日より予約開始。

高音質なオーディオの開発に力を入れているDIVOOMより、FMラジオチューナー機能を搭載した、手のひらサイズの本格派Bluetoothスピーカー「Macchiato」が登場。小型ながら高音質なオーディオ体験ができるほか、同梱の専用アンテナをMacchiato本体に差し込むことで、Macchiato単独でもFMラジオを楽しむことができる。

「Nocturne Black(ブラック)」、「Airy Blue(ブルー)」、「Macha Green(グリーン)」、「Royal Pink(ピンク)」の全4色のラインアップで展開される。

Macchiatoは、出力ワット数6Wの360°全方位スピーカーと最新のデジタル信号処理により、部屋中に均一に音声が広がる高音質なオーディオ体験が可能だ。また、振動板を低音域で共鳴させるパッシブラジエーターをそれぞれのスピーカーユニットに2基搭載し、低音が高効率に放射されクリアでパワフルな重低音を実現し、小さいながらも迫力ある音楽を楽しめる。

また同梱の専用アンテナをMacchiato本体に差し込むことで、Macchiato単独でもFMラジオを楽しむことができる。本体の3つのボタン(ボリュームボタン2種 および 再生ボタン)で、音量調節や再生/停止の操作、周波数のチューニングが操作可能だ。

Macchiato本体を2台使用することにより、Bluetoothによるペアリングで立体的なステレオサウンドが楽しめる。

■製品概要
サイズ(mm):D96×W53×H65
重量:340g
音響出力:6W
周波数特性:80~20KHz(20KHzはCDの上限音域)
S/N比(信号対ノイズ比)≧85dB(「雑音はしません」というレベル)
再生時間:最長6時間
電池容量:1,400mAh
電池電圧:3.7V
充電時間:約3時間
充電:USBケーブル
ワイヤレス範囲:最大10メートル
Bluetooth準拠:V4.2
同梱物:
・Macchiato本体
・MicroUSB充電用ケーブル
・AUX(補助入力)ケーブル
・はがき(贈答品)
・ピクセルステッカー(贈答品)


Macchiato

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
JAPANNEXT、86型と75型のPBP/HDR対応4K液晶ディスプレイを発売
ピザもハンバーガーも 乗せておくだけ!常に温かい状態に保つ「フードウォーマープレート」
普段食べてるお米をこの炊飯器で炊くだけで糖質を35%カット!より進化した「糖質カット炊飯器 匠」
バックカメラも搭載で駐車時も安心の「ルームミラーがリアモニターになる!前後撮影ドライブレコーダー2」
USB DAC & USB3.0ハブ機能を搭載しPS4にも対応した「スッキリ片付くUSBハブ付きヘッドホンスタンド」






アイワ、ワールドバンドラジオなどアナログライクなデジタルオーディオ4製品を発売

main

アイワは、アナログオーディオの使い勝手の良さにデジタルの利便性を融合させた製品の第2弾として、カラオケスピーカーやブルートゥーススピーカーなど4製品を2018年11月下旬より、随時発売する。

■アナログな使い勝手とデジタルオーディオを融合
今回、発売する4製品は、アナログオーディオ時代に使い慣れていたオーディオ製品の使い勝手の良さにデジタルオーディオの機能をプラスして、音質と使いやすさを追求した商品だ。

また、シンプル&モダンで温かみのあるデザインは、ユーザーの生活空間になじむ、主張しすぎない デザインでまとめられている。

アナログオーディオに慣れ親しんできたミドル~シニア世代には、使い慣れた操作性とデジタルの利便性や音質を気軽に楽めるだろう。

■ Bluetoothカラオケスピーカー「PS-BK20M」
本製品は、デュエット対応・ワイヤレスマイク2本付属の高音質モバイル・カラオケスピーカー。カラオケアプリ「Joysound+」で14万曲歌い放題だ。会議、セミナー、イベントなどで、ワイヤレススピーカーとしても使える。

sub1


■FMラジオ付きBluetoothスピーカー「SB-FH20」
本製品は、メタルホーンとリアルウッド・キャビネットがリラックスタイムを演出してくれるのが特徴。ホーンスピーカーによる明瞭で聴き疲れしない仕様だ。

sub2


■ワールドバンドラジオ「AR-MDS25」
本製品は、550局メモリーと多彩な選局機能を備えたステレオ・ワールドバンドラジオだ。MP3で音楽再生も可能。

sub3


■ワールドバンドラジオ「AR-MD20」
本製品は、550局メモリーと多彩な選局機能を備えたコンパクト・ワールドバンドラジオ。

sub4

sub5


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
名前は長いけど、要はヒーター入りのスリッパ「ダブルヒーターでつま先・カカトも温かいUSBあったかスリッパ」
寒い時でも顔もホッカホカな「充電式あったかフェイスウォーマー」
日テレ新ドラマ「PRINCE OF LEGEND」の王子たちも駆け付けた「よみうりランド ジュエルミネーション ~輝きのライトピア~」点灯式
いま、未来が動き出す――トリガー起動!!TVアニメ「ワールドトリガー」1~37話無料配信
手のひらサイズの石原さとみを独り占めできるスマホ専用コンテンツ「明治 ザ・チョコレート 石原さとみの大人舌レッスン」






1台3役のBluetoothスピーカー「Multi i2」をクラウドファンディングにて販売中

d20476-5-363295-1

ALATAMAはクラウドファンディングサイトにてBluetoothスピーカー Multi i2を公開しているが、初日に目標達成を達成したと発表した。

日本初上陸のPURIDEA Bluetoothスピーカー MULTI i2は、 Bluetoothスピーカー+モバイルバッテリー+LEDライトと3つの機能を兼ね備えたアウトドア用スピーカーだ。

1月30日に「Makuake」にてスタートしたが、目標達成後も順調にサポーターが増加しており、2017年2月12日現在、120名を超えるサポーターから支援を受けているとのこと。なお、クラウドファンディングは2月27日まで公開される。

■製品仕様
商品名:Bluetooth スピーカー MULTI i2
機能:Bluetoothスピーカー、モバイルバッテリー、 LEDライト
サイズ:152×48×48mm
質量:328g
連続演奏時間:約11時間(最大音量時)
バッテリー容量:8000mAh 充電時間6時間
Bluetooth:Ver.4.0
工事設計認証番号:204-720003
防水加工保護等級:IP4
LED光量:20lumen
生産国:中国
内容物:本体、 USBケーブル、自転車用ホルダー、取扱い説明書
予定価格:1万1,980円


d20476-5-507991-2


クラウドファンディングサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、クレカロットとお札用ポケット付きiPhone 7・iPhone 7 Plus用ケースを発売
つながらないを解消!自宅のWiMAX 2+電波を改善する「UQ宅内アンテナ」の受付を開始
DMM mobileで2周年を記念した大感謝祭を開催。豪華賞品が総計2510名に当たる
異素材を組み合わせた、衝撃に強いiPhone用ケース
iPhone所有率が多いのはどんな職業? 女性のスマートフォン利用実態調査。MMD研究所調べ






長風呂派のあなたにおススメ 通話もできる防水Bluetoothスピーカー



株式会社ポロプレートは、お風呂でも使える「防水Bluetoothスピーカー」を、ヤマダ電機主要店にて販売開始した。最近では、お風呂にスマートフォンを持ち込んで、長時間いじっているような人がいるそうだ。ジップロックなどに入れることで防水性を確保しているようだが、こうした袋に入れてしまうことで音質が低下してしまい、音楽を聴きたいと思っても、かなり悲しい音質で音楽を聴くことになってしまう。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ