ITライフハック

CASIO

EDIFICEとHonda Racingがコラボ! CASIOの腕時計「EFS-560HR」

img01_l

カシオ計算機は、「Speed and Intelligence」をコンセプトとした高機能メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」の新製品として、「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」とのコラボレーションモデル「EFS-560HR」を2020年10月9日より発売する。

■サーキットをデザインをモチーフにした
「Honda Racing」は、本田技研工業株式会社(以下、Honda)が世界で展開するモータースポーツ活動の総称。同社がサポートをしているF1チーム「Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)」へ、パワーユニットを供給していることでも注目を集めている。「Honda Racing」と「EDIFICE」は、ともに高度な技術を駆使し、ジャパンブランドとしての誇りを持って世界へ挑戦し続ける姿勢が相通じることから2018年よりコラボレーションを開始した。

img02_l

第4弾目のコラボレーションモデルとなる「EFS-560HR」は、レースを通じて培った技術を市販車の開発に還元するHondaと、同じくレーシングチームへのヒヤリングを通じて時計の技術開発を行う「EDIFICE」の共通項として、象徴的なサーキットをデザインのモチーフとした。文字板には、路面のアスファルトを模した特殊加工を施したほか、文字板の円周とインダイアルにはサーキットの縁石をイメージした赤のアクセントを採り入れるなど、こだわりのデザインに仕上げている。

img03_l

ベゼルには、モータースポーツと親和性の高いカーボン素材を採用。メカニックのハードな使用シーンを想定し、バンドは、素材にCORDURAファブリックを表面に用い、さらにケブラー繊維をインサートしている。また、風防には傷がつきにくいサファイアガラスを備えたほか、ソーラー充電にも対応し実用性も確保しました。文字板やバンド、裏蓋には「Honda Racing」のロゴを随所に刻印しています。専用パッケージも用意し、「Honda Racing」を応援する思いを盛り上げるコラボレーションモデルだ。

img04_l

主な仕様
防水性:10気圧防水
ストップウオッチ:1秒計測、 30分計、スプリット付き
その他の機能:バッテリーインジケーター表示、日付表示
使用電源:ソーラー充電システム
連続駆動時間:フル充電時から運針停止までの駆動時間:約6カ月
常温携帯精度:平均月差±20秒
大きさ:50.2×45.4×10.3mm
質量:約84g

<お問い合わせ電話番号>
 カシオ お客様相談室 03-5334-4869(時計専用)

EFS-560HR

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
軽量デザインポケット「202ベルトポケット」、Philippe Salaün写真展「猫や犬など動物達」
球体デザインと10インチのHDスクリーンモデル! 新しいAmazon Echoシリーズを発表
MacBook Proに最適! 100W出入力ワイヤレスモバイルバッテリー「SUPER」
MacやiPhone、Windows、Androidで使える!タイプライター風メカニカルキーボード「Rymek Full Black Edition」
直感的に操作ができる!サンワサプライ、ワンボタンプレゼンリモコン「200-LPP045」






スマホから印刷できる! カシオ、ラベルライター「EC-P10」を発売へ

simg02_l

カシオ計算機は、ラベルライター「Lateco(ラテコ)」の新製品として「EC-P10」を2020年9月4日より発売する。
「Lateco」は「Label toward eco (ecology, economy) 」をブランド名の由来とし、ユーザーが感じていたラベルライターの不満点の解決を図り、環境面に配慮するとともに使用時におけるコストカットを目指した製品を展開している。
「EC-P10」は、「Lateco」シリーズで新たにPC・スマートフォンを用いたラベル作成に対応したモデルだ。

■PC・スマホ接続に対応し操作性・利便性が向上
「EC-P10」のラベル作成は、PC・スマートフォン向けの専用アプリケーションソフト「LABEL DESIGN MAKER」※1によって行う。使い慣れたデバイスで操作することにより文字入力やデザインがしやすく、カテゴリ別に収録されたサンプルからデザインを選ぶこともできるため、より直感的なラベル作成が可能だ。PC・スマートフォン上で別の業務タスクと並行しての作成も行いやすくなり、オフィスワークでの利便性も向上した。
※1 アプリケーションは別シリーズのラベルライター“NAME LAND Biz(KL-E300/KL-V460/KL-G2/KL-M50)”と共通

■新たに24mm幅テープでのラベル作成が可能に
従来の「Lateco」で対応していた6mm・9mm・12mm・18mm幅テープに加え、「EC-P10」では新たに24mm幅テープにも対応した。文字情報の多い資産管理ラベルやQRコードを含んだラベル、アテンションラベルなど、大きさや視認性が重視されるラベルを作成しやすくなった。

simg01_l


「EC-P10」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
W火力調整で2品を同時に調理! サンコー「よくばりホットプレート」
高感度アンテナとチューナー搭載、「OVER TIME 3.2インチ液晶搭載 ワンセグテレビラジオ OT-PT302
あおり運転から身を守る、3カメラ仕様ドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」
加湿器+アロマ+ワイヤレス充電+照明、新発想のプロダクト 「eairpo trinity」
紫外線&オゾンの力で細菌、ポータブル除菌ランプ「Fairy」






RADIO EVAによる完全オリジナルデザインのエヴァ×G-SHOCK feat.RADIO EVAが登場

info_G-SHOCK

カシオのG-SHOCKに、EVANGELION限定モデルが発売される。本体はRADIO EVAデザインによる完全オリジナル。2020年6月10日、時の記念日に予約受け付けを開始する。エヴァンゲリオンストア、RADIO EVA(ラヂオエヴァ)での限定販売となる。価格は2万円(税別)。

ベースとなるモデルには、誕生25周年を迎えた通称"三つ目モデル"と呼ばれるG-SHOCK定番の人気モデル「DW-6900」を採用。デザインはエヴァンゲリオン公式アパレルブランド「RADIO EVA」が手がけ、エヴァンゲリオンの世界観を独自の解釈で表現したアブストラクトなアートで表現した。

初号機(EVA-01 TEST TYPE)をデザインテーマに、RADIO EVAが得意とする初号機キーカラーのパープルとグリーンを基調としたカラーデザインでアレンジ。

G-SHOCKの耐衝撃構造&防水機能はもちろん、1秒単位で24時間まで設定可能なカウントダウンタイマーなど豊富な機能を搭載。NERV中央作戦司令をイメージし、ELバックライトを点灯させると赤く光るのもファンには嬉しい仕様。さらに、外箱はGーSHOCK本体とリンクし、初号機をイメージしたオリジナルのデザインとなっている。

■商品概要
品名:EVANGELION STORE オリジナル腕時計 G-SHOCK DW-6900 feat.RADIO EVA
価格:20,000円(税別)
予約開始:2020年6月10日 / お届け予定:2020年8月上旬
■仕様・機能
無機ガラス/耐衝撃構造(ショックレジスト)/20気圧防水/ケース・ベゼル材質: 樹脂/樹脂バンド/ストップウオッチ(1/100秒(00'00"00~59'59"99)/1秒(1:00'00"~23:59'59")、24時間計、スプリット付き)/タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)/マルチアラーム・時報/フルオートカレンダー/12/24時間制表示切替/ELバックライト(残照機能付き)/報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)/精度:平均月差±15秒/電池寿命:約2年/EL:ブルーグリーン/日本製
■サイズ・質量
ケースサイズ (H×W×D): 53.2×50×16.3mm質量: 66g


item_a0009601_1

item_a0009601_2

item_a0009601_3


EVANGELOION SOTREオンライン
EVANNGELION STOREリアル店舗(池袋・新宿・大阪・博多)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
おなじみの車やキャラクター、宇宙船などの世界の名作を忠実に再現!!レゴジャパンが「大人のレゴ」を発表!
ファミリー向けドームテントとオープンタープが一体化!新構造のコールマン「タフオープン2ルームハウス」
限定3000セットをWeb販売“地上にもっとも近い地下鉄”銀座線の駅リニューアルを記念して東京メトロオリジナル24時間券を発売
ヤフーが個人への誹謗中傷等を目的とする投稿への対策強化!深層学習を用いた自然言語処理モデル(AI)の技術提供や検討会を設置
パソコン版LINEでビデオ通話中にバーチャルな背景を設定できる「背景エフェクト」

新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX STANDARD EDITION
宮村優子
キングレコード
2019-07-24






日本の父親は時間もお金もない? 子どもとアウトドアに行く父親の意識調査

アウトドア

2016年3月にスマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」を発売したカシオ計算機は、6月19日の「父の日」にあわせ「子どもとアウトドアに行く父親の意識調査」を日米独3カ国で実施した。
この調査は、アウトドアにおける父親の意識、及びアウトドアでいかにスマートデバイスを活用しているかを把握する目的で行ったものだ。

■日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は?
「子どもとアウトドアで過ごす時間が1週間でどれくらいか」という問いに対し、日本は平均2.15時間、北米は7.42時間、ドイツは4.06時間と、日本が最低の結果となった。さらに、その時間が、自分の理想に対してどれくらいなのかを調査したところ、北米では81%、ドイツでは75%だったのに対し、日本では47%と低く、一番理想からもかけ離れているという結果になった。また、父親はアウトドアで子どもと過ごしたいのに対し、「反抗期で大変だった子どもを卒業旅行としてアウトドアに連れて行こうとしたら旅費支払い後にドタキャンされた」など、子どものほうが取り合ってくれない悲しい体験談も寄せられた。

アウトドアでは様々な便利グッズがある。日本の父親が一年にかけるアウトドアグッズの予算は1万円未満が34%、10万円以上が11%なのに対し、北米は100ドル未満が9%、1000ドル以上が23%と真逆の結果になった。
さらに北米の父親は、「状況が許せば1000ドル以上使いたい」が42%にのぼった。子どもとアウトドアで過ごす時間を一番確保している北米の父親は、アウトドアグッズでさらにその時間を有意義なものにしたいようだ。

「子どもとアウトドアで過ごす1時間は、友人とアウトドアで過ごす時間に置き換えた場合、何時間に相当するか?」という問いに対し、日本は平均3.83時間、北米は5.8時間、ドイツは2.92時間となった。北米の父親にとって子どもとの時間はとても価値の高いものであり、ドイツの父親にとっては友人との時間も子どもと同じくらいかけがえのない時間のようだ。
スマートアウトドアウォッチ「WSD-F10」

今回の調査では、各国の父親が「アウトドアで子どもとの絆を深めたい」「アウトドアで子どもを成長させたい」という思いを抱く一方、実際のアウトドアシーンでは様々なアクシデントに見舞われていたり、理想どおりの時間や予算をかけられていないことがわかった。

プレスリリース
カシオ計算機

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
毎月500MB未満まで無料! ソネット、「0 SIM」をスタート
ドラえもんの誕生日を記念した腕時計「Doratch Limited Edition’14-’15
前に購入したアプリを確認する技!購入済みアプリを一覧表示しよう【快適術】
iPhoneで使える7つの便利技!意外と知らないテクニックはコレだ【快適術】
PCを使わずにスマホ同士でデータ交換ができるKingstonのUSBメモリ「DataTraveler microDuo」







スマホとの連携を強化! カシオ、デジカメ「EXILIM EX-ZR1700」を発売へ




カシオ計算機は、デジタルカメラ「エクシリム」の新製品として、スマートフォンとの連携機能を強化し、より便利になった「EX-ZR1700」を2月5日より発売する。価格は、オープンプライス。

続きを読む

これ凄い! なんと鼻歌で作曲できるiPhoneアプリ!CASIOの「Chordana Composer」

「作曲をしたいけど、音楽の専門知識がないので、作曲ができない!」と、作曲を諦めている人に朗報だ。カシオ計算機は、思いついた2小節(※1)のメロディーをもとに、一曲まるごと自動作曲してくれるiPhone用アプリ「Chordana Composer(コーダナ コンポーザー)」を発売した。価格は、500円。

本ソフトを使用すれば、鼻歌(歌声)からオリジナルの楽曲を作ることもできる。

※1:初期設定のテンポ(1分間に107拍)の場合、約4.5秒。一曲はおよそ30小節~110小節。自動作曲の設定により変動する

続きを読む

子供の一瞬の表情も逃さない!「EX-ZR300」開封レポート



カシオ計算機は、デジタルカメラ“EXILIM”の新製品として、撮りたいときにすぐ撮れる「快速シャッター」と多彩な撮影機能を兼ね備え、広角24mm/光学12.5倍ズームレンズを搭載した最上位モデル『EX-ZR300』を2012年6月8日より発売した。

「EX-ZR300」は、0.95秒の高速起動や0.12秒の高速オートフォーカス、最短0.26秒の撮影間隔など、“ハイスピードエクシリム”最速の「快速シャッター」を搭載した。取材用にカメラを新調しようと思っていたのと重なったため迷わずに購入することにした。

ということで「EX-ZR300」の実機を入手できたので、いつもの開封レポと行きましょう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ