ITライフハック

CITY

日本各地のAccelerator が IVS 2023に出展。全国のインキュベーション施設とともに起業を後押し【IVS2023】

main

IVS KYOTO実行委員会(Headline Japan / Infinity Ventures Crypto、京都府、京都市、京都知恵産業創造の森)は、2023年6月28日(水)~6月30日(金)の3日間に渡り、京都市勧業館「みやこめっせ」「ロームシアター京都」で開催する、国内最大級のスタートアップカンファレンス「IVS2023 KYOTO」にて、京都知恵産業創造の森 氏をはじめとする全国のAcceleratorが出展する。全国のインキュベーション施設が集うNEXT CITY Incubation street では、各地方のAccelerator が地場のネットワークを活用して起業を後押しする。

「IVS2023 KYOTO」NEXT CITY Incubation street には、京都知恵産業創造の森 氏をはじめ京都府氏やSTATION. Ai氏、Fukuoka Growth Next 氏といった、北は北海道から南は沖縄まで、全国から集まったAccelerator が来場者に「起業しませんか?」と問いかけ続ける。

■ブース出展者の紹介

ssub6


< 京阪神:(一社)京都知恵産業創造の森 田中氏 >
全国各地で実施されるスタートアップの創出・成長支援プロジェクトの中心役となる人々が、京都に一堂に会しIVSを一緒に盛り上げていただけること、大変嬉しく思います。京都や京阪神のエコシステムに関する情報は、3日間、発信しつづけますので、少しでも関心を持たれましたら、ぜひ京阪神ブースに、お気軽に足をお運びください!

sub1


< 東北・北海道(北日本):スパークル 福留氏 >
東京で持った違和感を言語化するために、東北にJターンして早3年。実際に住んで商売をすると、可能性と危機感とが広がる一方です。「課題先端地域」の既定路線を変え新しい資本主義を作る、独立系VC・地域コミュニティの活動に興味ある方は、美味しいお酒だらけの「ヘベレケ壁打ちブース」に是非お立ち寄り下さい!北日本はいいぞ!

sub2


< 愛知:STATION .Ai 佐橋氏 >
日に日に成長しつつある地方スタートアップエコシステムの現在地と今後の展望について、皆さんと議論できるのがとても楽しみです!東海地域として参加させていただきます!興味のある方は是非のぞいていってください!

sub3


< 瀬戸内:SetouchiStartups 山田氏 >
出たくて出たくてたまらなかった地方。 ひょんなことから帰ってみると、知らない、見たこともない、おもしろすぎる世界が広がってました。そこに自分で「+1」をつくっていく。そんなことに興味がある方は、ぜひ見に来てください!

sub7


< 沖縄:Lagoon 兼村氏 >
当セッションに沖縄をセレクトいただき感謝申し上げます。
京都という歴史ある土地で、各地方のスピーカーの皆さんとともに地方を軸にしたセッションができることにワクワクしてます。どうぞよろしくお願いします!

sub8


■「IVS2023 KYOTO」 概要
2007年より開催しているIVS(https://www.ivs.events/2023)は、「次世代の、起爆剤に。」をミッションとして、新たな時代を牽引するインターネット企業の経営者・経営幹部・投資家が一堂に会する、アジア最大級のスタートアップカンファレンス。トークセッションやブース出展をはじめ、これまで数々のスタートアップが熱戦を繰り広げ、過去本戦に登壇してきた企業からは数多くのIPOやM&Aも生まれてきた「IVS LAUNCHPAD」(https://www.ivs.events/ivs2023launchpad)など多種多様なコンテンツを体験できる。

IVS2023 KYOTOでは、イベントを大幅にアップデート。カンファレンスからプラットフォームとして役割の進化を遂げた。次世代を生み出す機会を提供すべく、来場目的別にチケットを3種設定。学生、起業を目指す人、エンジニアにも門戸が広く開かれていることが特徴だ。国内外のスタートアップやWeb3 クリエイターが一堂に会し、新たな繋がりと化学反応を生み出すことが期待されている。
※参加には「Next Pass」「Pro Pass」「Vip Pass」いずれかのチケットが必要になる。

■IVS Crypto 2023 KYOTOも同時開催
Japan Blockchain Week(https://japanblockchainweek.jp/)の主要イベントでもある「IVS Crypto 2023 KYOTO」は、世界中のWeb3起業家、投資家、開発者、メディア、政府機関、そしてWeb3の世界に踏み込みたい人にとって最高峰のイベント。2000名が集まったIVS Crypto 2022 NAHAの成功を受けて、今年のIVS Cryptoは、豊かな歴史とグローバルな人気がある京都で開催する。

世界が注目するブロックチェーンAptosのMo Shaikh氏、日本のWeb3政策の方向性を示す「web3ホワイトペーパー」を起草した自民党web3PTの塩崎彰久氏、ゼロ知識証明を活用した話題なソリューションScrollのSandy Peng氏、ステーブルコインUSDCの発行元CircleのJeremy Allaire氏、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の実証を進める日本銀行FinTechセンターの鳩貝淳一郎氏、そして世界で活躍しているデジタルガレージの伊藤穰一氏、Rippleの吉川絵美氏、Astar Networkの渡辺創太氏などの登壇が決定しています。

sub4


<IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO 開催概要>
開催日 : 2023年6月28日(水)~6月30日(金)
会場 : 京都市勧業館「みやこめっせ」/ロームシアター京都 他
主催 : IVS KYOTO実行委員会
後援 : 日本経済団体連合会(経団連) / 新経済連盟(新経連) / 一般社団法人日本ブロックチェーン協会 / 日本政策金融公庫 / 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST) / 経済産業省(IVS Crypto 2023 KYOTOへの後援)
オフィシャルサイト : https://www.ivs.events/ja
詳細・お申込み: https://www.ivs.events/crypto

<IVS KYOTO実行委員会について>
IVSの京都開催にあたり、スタートアップ・エコシステムのさらなる発展と地域産業のより一層の振興を図ることを目的に、株式会社Headline Japanが、京都府をはじめとする地域の行政機関・産業支援機関とともに設立。京都に集積する企業、大学・研究機関、文化資源等とスタートアップとの融合を促進し、新産業の創出と世界に伍するスタートアップ企業の輩出へと繋げていく。

<構成団体>株式会社Headline Japan / Infinity Ventures Crypto (IVC)、京都府、京都市、一般社団法人京都知恵産業創造の森

sub5


IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO 公式サイト
IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO まとめサイト - ITライフハック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新しいWeb3の冒険が始まる!日本最大級クリプトカンファレンス「IVS Crypto 2023 KYOTO」 主要コンテンツ発表
AIvsプロライター!ChatGPTとプロライターの本気の文章がぶつかるイベントを開催へ
たった1回、5分の採血だけで全身のがんのリスクを発見できる!セルクラウド、「マイクロCTC検査」サービスの魅力
DXに取り組んでいる中堅中小企業は19.1%!業務デジタル化の”カギ”は人材・知識不足をサポートする「アナログな相談相手」
INFORICHとティーガイア、シンガポールにおける「ChargeSPOT」フランチャイズ展開に合意





スタートアップ的人生(キャリア)戦略 (NewsPicksパブリッシング)
ベン・カスノーカ
ニューズピックス
2023-01-06

「IVS2023 KYOTO」で起業家を輩出するための本気プログラムが始動!Sandbox参加者の募集開始

main

IVS KYOTO実行委員会(Headline Japan、京都府、京都市、京都知恵産業創造の森)は、2023年6月28日(水)~6月30日(金)の3日間に渡り京都市勧業館「みやこめっせ」「ロームシアター京都」で、「IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO」を開催する。今回、みやこめっせ3階に新設した「NEXT CITY」で開催されるSandbox参加者の募集を開始した。

NEXT CITYエリア内START Stageで開催されるSandboxでは、「IVS2023 KYOTO」期間中に本気で起業家を輩出するためのプログラムとなっている。

■IVS Sandbox
30人の選ばれし次世代の起業家がIVS京都の会場内の特設スペースを拠点に、2023年6月28日(水)~6月30日(金)の3日間の開催期間中に事業アイディアのタネの宝庫のNEXT CITY内を縦横無尽に走り回り、みやこめっせ内の熱狂のセッションの中から事業シーズを見つけ事業計画・プロトタイプを作成する。

1日ごとに2時間程度のスタートアップに関するレクチャーを受講しながら、それ以外の時間は興味のあるセッションを探して事業アイディアを見つけたり、会場内の会議室にこもってメンターに相談しながら事業案を練り上げたりといった自由な行動が可能。3日間のプログラム終了後、即座にスタートアップ創業に向けて動きだせる超濃密プログラムとなっている。

開催日時:2023年6月28日(木)~30日(金)
開催場所:3F NEXT CITYエリア内 START Stage
レクチャーのカリキュラムについて:
  1日目:経営・金融・キャリア編(スタートアップの考え方)
  2日目:IT編(ノーコードを使ったMVP検証)
  3日目:プロダクト開発・マーケティング編(ユーザー体験の設計)
※カリキュラムは変更の場合がある
※最終日には今後の事業開発につながるメンターたちに向けた発表会を予定している

<応募フォームはこちら>
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSf7nM_qcoOzYeuRIDM2i2_-ogU1T-bYMEcT-RiQJ37DIUeduw/viewform?usp=sf_link
※応募したにも関わらず抽選で外れてしまった人には、Next Passが50%OFFとなるクーポンコードを送付する

sub1

sub2


<IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO 開催概要>
開催日 :2023年6月28日(水)~6月30日(金)
会場 :京都市勧業館「みやこめっせ」/ロームシアター京都 他
主催 :IVS KYOTO実行委員会
後援 :日本経済団体連合会(経団連) / 新経済連盟(新経連)
オフィシャルサイト : https://www.ivs.events/ja
詳細・申込み:https://www.ivs.events/crypto

<IVS KYOTO実行委員会について>
IVSの京都開催にあたり、スタートアップ・エコシステムのさらなる発展と地域産業のより一層の振興を図ることを目的に、株式会社Headline Japanが、京都府をはじめとする地域の行政機関・産業支援機関とともに設立。京都に集積する企業、大学・研究機関、文化資源等とスタートアップとの融合を促進し、新産業の創出と世界に伍するスタートアップ企業の輩出へと繋げていく。
<構成団体>株式会社Headline Japan / Infinity Ventures Crypto (IVC)、京都府、京都市、一般社団法人京都知恵産業創造の森

sub3


NEXT CITY 特設サイト
IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO 公式サイト
IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO まとめサイト - ITライフハック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新しいWeb3の冒険が始まる!日本最大級クリプトカンファレンス「IVS Crypto 2023 KYOTO」 主要コンテンツ発表
AIvsプロライター!ChatGPTとプロライターの本気の文章がぶつかるイベントを開催へ
たった1回、5分の採血だけで全身のがんのリスクを発見できる!セルクラウド、「マイクロCTC検査」サービスの魅力
DXに取り組んでいる中堅中小企業は19.1%!業務デジタル化の”カギ”は人材・知識不足をサポートする「アナログな相談相手」
INFORICHとティーガイア、シンガポールにおける「ChargeSPOT」フランチャイズ展開に合意





スタートアップ的人生(キャリア)戦略 (NewsPicksパブリッシング)
ベン・カスノーカ
ニューズピックス
2023-01-06

参加できるIVSへ、「NEXT CITY」の詳細を公開!「ひんやりドルチェ 葛ベリー ~いちご&ブルーベリー~」「ひんやりドルチェ 葛ソーダ ~パイン&マンゴー~」試食会【まとめ記事】

sub1

新設した「NEXT CITY」は、IVSが自信を持ってお届けするエキサイティングなエリア。スタートアップに関わる人であれば、誰しも「その場にいたい、この目で見たい、誰かとこの話をしたい」という衝動に駆られたことがあるのではないだろうか。最近では、ChatGPTなどのGenerative AI(生成AI)に思わず心が躍った人も多いだろう。

モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、2023年5月24日(水)~ 9月中旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、「ひんやりドルチェ 葛ベリー ~いちご&ブルーベリー~」と「ひんやりドルチェ 葛ソーダ ~パイン& マンゴー~」を期間限定で新発売します。 発売に先立ち、2023年5月18日(木)、メディア関係者向けに試食会が開催された。

招待制から誰もが参加できるIVSへ!新エリア「NEXT CITY」の詳細を公開【IVS2023】
新設した「NEXT CITY」は、IVSが自信を持ってお届けするエキサイティングなエリア。スタートアップに関わる人であれば、誰しも「その場にいたい、この目で見たい、誰かとこの話をしたい」という衝動に駆られたことがあるのではないだろうか。最近では、ChatGPTなどのGenerative AI(生成AI)に思わず心が躍った人も多いだろう。


横スクロールできる!サイドホイール付き、Bluetoothマウス
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、親指で回すことで横スクロールできるサイドホイールを備えたBluetoothマウス「400-MABT191」を発売した。本製品は、横スクロール操作ができるBluetoothマウス。親指でサイドホイールを回すことで画面を左右にスクロールできる。通常のスクロールホイールと合わせて使うことで上下左右にスクロールでき、確認したい箇所に素早く移動できる。


NHK朝ドラの世界に浸りながら、高知の魅力を知ろう!「高知県観光博覧会 牧野博士の新休日」ブース【ニコニコ超会議2023】
NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」のモデルでる植物学者 牧野富太郎博士は、高知県高岡郡佐川町出身だ。牧野博士は植物への深い愛情に溢れ、植物知識の普及にも尽力した人物として知られている。そんな牧野博士の故郷である高知県は自然に恵まれた場所であり、「歩ける植物図鑑」として知られている。超会議では、「ニコニコバスツアー」で紹介された美味しい食べ物や観光のPRを実施していた。


モスオリジナルの“溶けないアイス”が新登場!「ひんやりドルチェ 葛ベリー ~いちご&ブルーベリー~」「ひんやりドルチェ 葛ソーダ ~パイン&マンゴー~」試食会
モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスは、2023年5月24日(水)~ 9月中旬まで、全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)にて、「ひんやりドルチェ 葛ベリー ~いちご&ブルーベリー~」と「ひんやりドルチェ 葛ソーダ ~パイン& マンゴー~」を期間限定で新発売します。 発売に先立ち、2023年5月18日(木)、メディア関係者向けに試食会が開催された。


人気の大型デスクライト!部屋の雰囲気に合わせやすい、色違いのホワイト
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、クランプ取り付けで、机に挟み込んで設置。ロングアームを採用し、デスクライト光源LED部も長く、広範囲に明るく照らすことができるLEDデスクライト「800-LED060W」を発売した。本製品は、集中ブースなどに使用可能なT字型のクランプ固定式デスクライトLED。


IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO 公式サイト
IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO まとめサイト - ITライフハック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新しいWeb3の冒険が始まる!日本最大級クリプトカンファレンス「IVS Crypto 2023 KYOTO」 主要コンテンツ発表
AIvsプロライター!ChatGPTとプロライターの本気の文章がぶつかるイベントを開催へ
たった1回、5分の採血だけで全身のがんのリスクを発見できる!セルクラウド、「マイクロCTC検査」サービスの魅力
DXに取り組んでいる中堅中小企業は19.1%!業務デジタル化の”カギ”は人材・知識不足をサポートする「アナログな相談相手」
INFORICHとティーガイア、シンガポールにおける「ChargeSPOT」フランチャイズ展開に合意





スタートアップ的人生(キャリア)戦略 (NewsPicksパブリッシング)
ベン・カスノーカ
ニューズピックス
2023-01-06

招待制から誰もが参加できるIVSへ!新エリア「NEXT CITY」の詳細を公開【IVS2023】

main

IVS KYOTO実行委員会(Headline Japan、京都府、京都市、京都知恵産業創造の森)は、2023年6月28日(水)~6月30日(金)の3日間に渡り京都市勧業館「みやこめっせ」「ロームシアター京都」で、「IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO」を開催する。みやこめっせ3階に新設した「NEXT CITY」の詳細を明らかにした。

新設した「NEXT CITY」は、IVSが自信を持ってお届けするエキサイティングなエリア。スタートアップに関わる人であれば、誰しも「その場にいたい、この目で見たい、誰かとこの話をしたい」という衝動に駆られたことがあるのではないだろうか。最近では、ChatGPTなどのGenerative AI(生成AI)に思わず心が躍った人も多いだろう。

「NEXT CITY」は、新たに起業を目指す人、新規事業を展開したいと考えている人、仲間を集めたい人などが、そんな衝動に駆られるエリアだ。IVSは16年間スタートアップ業界を見続けている。そんなIVSが、「今、この話を聞いて欲しい」「今、この話は避けて通れない」「この組み合わせは楽しみでしかない」と思っているコンテンツや登壇者に日本全国、そして、世界中に声をかけて集まってもらった。

sub1
画像は大袈裟なイメージ


「NEXT CITY」は、京都最大級のイベント会場「みやこめっせ」の3階をまるまる使った広大なエリア。未来を探索する都市をイメージしており、ひとつまみのエンターテインメント要素も盛り込んだ。スタートアップにワクワク感や高揚感は欠かせない。真面目な議論もしながら、音楽フェスのような感性に響く出会いを体験してもらいたいとの考えだ。

『誰もが参加できるIVSの新エリア「NEXT CITY」へのご来場を心よりお待ちしています。』
"What's Your New Adventure?"

NEXT CITY 特設サイトはこちら:https://www.ivs.events/nextcity

■NEXT CITY イチオシのエリアやセッションを紹介
sub2
画像は大袈裟なイメージ

NEXT CITYのセッションの中でも、特に心が躍るイチオシのエリアやセッションを紹介する。

INCUBATION AREA
〜起業についての悩みが全て解消できるエリア〜

このエリアは、ビジネスを立ち上げるための重要な要素を集約した場所。ステージと8つのブースからなるエリアには、北は北海道から南は沖縄まで全国のIncubation Community が集結。まさに「事業を起こす」ことに特化した空間を提供する。さらに、ビジネスアイデアの壁打ちや資金調達の相談が可能なVCブースも設置。あなたの起業への挑戦が、ここからはじまる。

SOCIAL INNOVATION AREA
〜起業の種となる社会課題と、解決の手段になりうる技術に出会あえるエリア〜

ヘルスケア、エネルギー、ウェルビーイング、ダイバーシティ、脱炭素、AIなど、スタートアップの根幹となるような社会課題と、その解決策となる技術との出会いのエリア。世界がどのように進化すべきかについてのインサイトを共有し、テクノロジーがどのようにこれらの課題に対応できるのかをともに探求しよう。ここに来れば、今、あなたを熱中させる社会課題と出会える。

VCピッチ
約10社のVC(ベンチャーキャピタル)が、自社のファンドの特徴や強みをピッチする。
ジャフコグループ、千葉道場ファンド、New Commerce Ventures、MPower Partners Fund、Vertex Holdingsなど、多種多様なVCのピッチを聞けるまたとない機会。スタートアップとの連携を模索しているLP出資家、事業会社、そしてVCと新たな繋がりを作りたい起業家におすすめだ。また、VCがリバースピッチをすること自体が珍しいので、注目のセッションとなっている。

Generative AI ピッチ
ChatGPTなどのGenerative AIに関連するプロダクトの起業家によるエレベーターピッチが聞けるセッション。めまぐるしく移り変わるGenerative AI環境を多角的に知れるチャンスとなる。また、ピッチ後はGenerative AIの導入や実装の相談できる時間も設けている。Generative AIに関連するプロダクトを使いたい、投資をしたいVCなどにおすすめのセッション。

IVS for Engineer
NEXT CITYでは、エンジニアの方、必見中の必見のセッションも企画している。

業界では知らない人がいない著名なCTOが集まり、エンジニアの組織づくりについて議論を繰り広げるセッションや、エンジニアが思わず転職したくなるスタートアップについて話し合うセッションなどを開催。転職やキャリア相談などを受けられる機会も設ける。

特に注目はDay2の特別企画「IVS for Engineer」。この日はSTART STAGEをジャックし、数々のエンジニア出身起業家、投資家、そして現役CTOやVPoEにお越しいただく。また特設企画「Tech bar」を開催し、著名なスタートアップで活躍するCTO達に技術相談、キャリア相談ができる機会を用意している。

そのほか「台湾のリーディングスタートアップのピッチが聞けるセッション」や、大企業のオープンイノベーション推進を担っている担当者から取り組みや注力領域の話が聞ける「オープンイノベーション・リバースピッチ」、著名な大学で研究されている教授・先生から、研究テーマや解決したい課題などを一挙に聞ける「研究シーズ・リバースピッチ」など、多様なコンテンツを用意している。

■IVS2023 KYOTO 3F NEXT CITY エリアマップを公開
sub3


NEXT CITYは5つのステージ、4つのエリアに分かれており、まるで未来を探索する都市のように構成している。エリアの左半分が、IVS2023 KYOTO。右半分がWeb3プレイヤーが集まるIVS Crypto 2023 KYOTOとなっており、どちらも自由に行き来できる。

各ステージやセクションは独自のコンセプトを設けており、それぞれセッションやピッチを開催する。ステージ横には、コミュニケーションBARを設置。ご要望の多かった、参加者と登壇者が自由に会話を交わせる場所をつくった。

さらに、スポンサーやコミュニティパートナーのブースも設置。新たに起業を目指す人、新規事業を展開したいと考えている人、仲間を集めたい人にとって、新しい発見や気づきを得られる場となっている。

sub4
画像は大袈裟なイメージ


NEXT STAGE & CRYPTO STAGE
〜日本の未来の想像と、今なぜスタートアップが求められているのかを知られるステージ〜

「NEXT STAGE(会場図左奥)」 と「CRYPTO STAGE(会場図右奥)」は、次世代のビジョンを描き出す重要なセッションが行われるNEXT CITYの中心地。NEXT STAGEでは、今話題の人物や注目のコンテンツが数多く登場する。一方、CRYPTO STAGEでは、世界中のWeb3プレイヤーによるセッションやKeynoteを展開。日本の未来をともに想像し、スタートアップの存在意義を証明している。

ADVENTURE STAGE
〜スタートアップに関わる挑戦者たちの"今と、未来"を探求するステージ 〜

スタートアップの今と未来を探求するステージです。DAY1では、グローバル市場についてのセッションなど、スタートアップの現在地を探る。

DAY2では、通常はピッチを聞く側のVCが、逆に起業家予備軍に向けてピッチする特別なセッションを実施。また、台湾のスタートアップの現状や、「Generative AI ピッチ」など、見どころ満載だ。

DAY3では、「オープンイノベーション・リバースピッチ」や「研究シーズ・リバースピッチ」などを展開。日ごとに開催内容が変わる、エキサイティングなエリアとなります。ステージ横のコミュニケーションBARでは、登壇者や参加企業との交流も楽しめる。

START STAGE
〜同士と繋がり、自分なりの解を手に入れられる〜

START Stage は起業の「起こす」にフォーカスしたワークショップが数多く行われる。DAY1は”問い”から始まる事業アイデアや、アート、女性起業家によるセッションなど、新しい世界創造への第一歩を進めるセッション。DAY2はエンジニア向けのワークショップを多数開催。DAY3ではアクセラレーションプログラムを実施するなど、具体的なアイデアやビジネスの創造に焦点を当てる。

Web3 STAGE
~ Web3のビジネスの世界最新を知る ~

Web3 STAGEでは、世界最先端のWeb3技術が集結。AI × Web3ハッカソンやCryptoピッチなど、注目のコンテンツが目白押しです。セッションの終わりに、ミートアップが可能なBARスペースも併設しています。IVS Cryptoの熱気を体現したステージ。

NFT Theme Park by HoneyCon
~「ハニコン」とIVSのコラボ企画 ~

Web3・NFTは数多くのコミュニティとコミュニケーションのスタイルを創造している。このエリアでは、クリエイティブを軸にしたWeb3コミュニティーの祭典”HONEYCON”とIVS Crypto がコラボレーション。新しく楽しいWeb3・NFTの最先端を体感できるエリアとなっている。

Blockchain Game Center by SHAKE! KYOTO
~ブロックチェーンゲームの熱狂が集結~

海外で話題沸騰中のブロックチェーンゲームの世界を味わえる「ゲームセンター」がIVS Cryptoに登場。BCGの魅力はもちろん、世界中のトレンドも把握できる情報発信基地となっており、ネットワーキングも可能な注目エリア。

<IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO 開催概要>
開催日 : 2023年6月28日(水)~6月30日(金)
会場 : 京都市勧業館「みやこめっせ」/ロームシアター京都 他
主催 : IVS KYOTO実行委員会
後援 : 日本経済団体連合会(経団連) / 新経済連盟(新経連)
オフィシャルサイト : https://www.ivs.events/ja
詳細・お申込み:https://www.ivs.events/crypto

sub5


<IVS KYOTO実行委員会について>
IVSの京都開催にあたり、スタートアップ・エコシステムのさらなる発展と地域産業のより一層の振興を図ることを目的に、株式会社Headline Japanが、京都府をはじめとする地域の行政機関・産業支援機関とともに設立。京都に集積する企業、大学・研究機関、文化資源等とスタートアップとの融合を促進し、新産業の創出と世界に伍するスタートアップ企業の輩出へと繋げていくとしている。
<構成団体>株式会社Headline Japan / Infinity Ventures Crypto (IVC)、京都府、京都市、一般社団法人京都知恵産業創造の森

sub6


IVS2023 KYOTO / IVS Crypto 2023 KYOTO 公式サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新しいWeb3の冒険が始まる!日本最大級クリプトカンファレンス「IVS Crypto 2023 KYOTO」 主要コンテンツ発表
AIvsプロライター!ChatGPTとプロライターの本気の文章がぶつかるイベントを開催へ
たった1回、5分の採血だけで全身のがんのリスクを発見できる!セルクラウド、「マイクロCTC検査」サービスの魅力
DXに取り組んでいる中堅中小企業は19.1%!業務デジタル化の”カギ”は人材・知識不足をサポートする「アナログな相談相手」
INFORICHとティーガイア、シンガポールにおける「ChargeSPOT」フランチャイズ展開に合意





スタートアップ的人生(キャリア)戦略 (NewsPicksパブリッシング)
ベン・カスノーカ
ニューズピックス
2023-01-06

カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ