ITライフハック

Camera

レノボ、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」を発売

lenovo-mirage-solo-media-2000x1126-2

レノボ・ジャパンは2018年4月24日、従来のVRに比べ「簡単」「リアル」「コンテンツの拡充」をコンセプトとしたスタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」(以下Mirage Solo)を発表した。Web直販予定価格は5万1,200円(税別)。

ケーブルレスのスタンドアロン型の使いやすいVR(バーチャルリアリティ)ヘッドセットは、Googleのインサイドアウト式モーショントラッキング技術WorldSenseを採用し、ヘッドセット単独でもリアルな動きを実現する。

Mirage Soloでは、豊富なDaydream対応のゲームや動画などのコンテンツに加え、Googleサービスとの優れた連携によりGoogle フォトやYouTube VRコンテンツを簡単に楽しむことができる。

また同時にVR180対応 4K 2眼カメラ「Lenovo Mirage Camera with Daydream」(以下、Mirage Camera)も発表された。価格は3万5,800円(税別)。

Mirage Cameraは、Googleの提唱する3D180度写真・動画フォーマットVR180をデジタルカメラ感覚で簡単に撮影でき、Google フォトやYouTubeに簡単に投稿できる。Mirage Soloとの組み合わせで、家庭で誰でもVR180コンテンツを楽しむことができる。

Mirage Solo
Mirage Camera

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
かたまり肉を360度回転させながら焼くノンフライ調理もできるドーム型のオーブン
世界中どこにいても自宅に来た訪問者と話せるクラウド対応インターホン「SpotCam-Ring」
自宅がルーヴル美術館に大変身!家にいながらにして3万点以上の名画が鑑賞できる電子キャンバス
超便利!USBポートから直接充電が可能な「充電器不要!USB充電できる乾電池」
置くだけで冷却や加熱が自在に!専用カップも付属する「デスクトップ冷熱カップ」





Time-Lapse(微速度)撮影ができるカメラ! COMPTEX TAIPEIで見つけたオモシロガジェット【デジ通】



植物の生育状況や、雲の動きなどを短く撮影した動画を見たことがある方は多いと思うが、これらの動画は微速度撮影とかTime-Lapse(タイムラプス)撮影などと言われる。

撮影自体に時間がかかるし、機材選び、長時間撮影するためのバッテリー問題、撮影後の編集など、敷居が高く誰でも気軽に撮影できるわけではない。もちろん、やる気と高い機材さえ揃えられれば何とか可能だが、基本的な設定だけして後は放置しておくだけで、勝手に動画をTime-Lapse作成してくれるカメラをCOMPTEX TAIPEIで発見した。それが、バイコム社の販売するタイムラプスカメラ「TLC200」だ。
続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ