ITライフハック

ChargeSPOT

モバイルバッテリーは“持ち歩く”から“借りる”時代へ!INFORICHのレンタルモバイルバッテリー「ChargeSPOT」が便利過ぎる

chargespot

スマートフォン(以下、スマホ)をより便利に活用できるINFORICHのレンタルモバイルバッテリー「ChargeSPOT」をご存じだろうか。手ごろな価格で利用でき、スマホのバッテリー切れを防ぐことができるこのサービスが、現在じわじわと浸透中なのだ。

■内蔵バッテリーの大容量化でモバイルバッテリーの必要性も低下
スマホ自体の消費電力は、高性能化しつつも低消費電力化してきていると同時に内蔵バッテリーの容量も、ひと昔前とは比べ物にならないほど大容量化してきている。わずか数時間でバッテリーが空になってしまうなどという端末は見なくなった。

ただ、現在でも高解像度の配信動画の再生やネット通信を行いつつプレイするTPSなどの3Dゲームをスマホでプレイしていれば、あっという間にバッテリーは底をつく。帰宅するだけなら自宅にたどり着くまでバッテリーが持てばよいが、たとえば社会人なら友人と食事を取る約束をしていたり、週末の飲み会に参加予定だったり、学生なら放課後の予備校通いだったり、アルバイトだったりと職場や学校からまっすぐ帰らないこともある。

そうした時のためにモバイルバッテリーを常に持ち歩いているという人も多いだろう。しかし、家に帰るまでにモバイルバッテリーから充電する機会ってそんなにあるだろうか。たとえば、アップルの公式発表ではないが海外メディアの情報によるとiPhone 11のバッテリー容量は3110mAh、iPhone 11 Proは3046mAhと言われている。1世代前のiPhone Xは2716mAh、iPhone XSは2658mAh、さらに前世代のiPhone8は1821mAh、iPhone8 Plusが2675mAhと、旧iPhoneと比べて大幅に大容量化している。また、Androidの最新端末も、各メーカーの平均で3000mAh程度となっており、ハードに使わない限り1日は十分に持つまでに進化してきている。

このように現在の最新スマホでは内蔵バッテリーが大容量化したことで、スマホをガンガンに使う人は除いてモバイルバッテリーを常に持ち歩く必要性は薄れてきたと言える。

■モバイルバッテリーが必要なら借りてしまえばいい
そうはいっても、スマホのバッテリー残量が底をついてしまいそうになったとき、どう対応したらいいのだろうか。「コンビニに飛び込んで乾電池式の充電器を購入する」「スマホ充電できますと書いてあるネットカフェに入って充電する」「スマホの充電器を貸し出してくれるカフェに行って充電する」といった方法が考えられる。

しかし、すぐにでも移動しなければならない場合、約束の時間が迫っている場合などでは、スマホの充電が終わるまで特定の場所で待っていることはできない。またお店が満員で入れなかったり、入ったはよいが、充電器が全部貸し出し中で充電できないなんていうケースもあるだろう。100%充電できる保証はないのである。

利用者図


そこでおススメしたいのがINFORICHのレンタルモバイルバッテリー「ChargeSPOT」だ。モバイルバッテリーを一定時間決まった金額で貸し出すサービスなので100%充電できる。しかも、48時間借りてたったの300円(税抜)だ。それから1日ごとに150円が加算され1週間(168時間)借りて1050円(税抜、)とリーズナブルな設定だ。

※:レンタル開始後168時間(7日間)を超えた場合は、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生。
price_table


■5000mAhの大容量で充電ケーブルも3種類内蔵
貸し出してくれるモバイルバッテリーは容量5000mAh、最大2A出力なので最新のiPhoneをはじめほとんどの端末をフル充電可能だ。しかも、モバイルバッテリーにはAndroid端末に多いmicroUSB、iPhone向けのLightning、最新のUSB Type-Cのケーブルが内蔵されているので、特殊なケースを除き、ほとんどの端末を充電することができる。

■専用アプリやLINEを使って簡単レンタル
ChargeSPOTの借り方は簡単だ。まずは専用のアプリをスマホにダウンロードしインストールする。アプリを立ち上げたら、最寄りのバッテリースタンドを探す。バッテリースタンドでスマホを使ってQRコードを読み込んだらバッテリーを取り出す。これだけでモバイルバッテリーが借りられる。

バッテリーの返却は、借りた時と同じバッテリースタンドである必要はなく、その時点で最寄りのバッテリースタンドで返却すればいい。なお、2020年1月時点で全国のバッテリースタンドで貸し出せるモバイルバッテリーは1万3千台以上で、さらに増える見込みだ。なお海外展開も行っており、香港、タイ、台湾といった人気の旅行先でも、日本と同じ感覚でバッテリーをレンタルできるようになっている。

借り方


また、アプリをインストールせずともChargeSPOTの公式LINEアカウントを友達登録すれば、レンタル可能なので、まずは試しに借りてみたいという人は、LINE経由で試してみるといいだろう。

モバイルバッテリーのレンタルサービスは、今回紹介したINFORICHの「ChargeSPOT」以外にも東京電力エナジーパートナーが提供する「充レン」などが存在しており、要注目のサービスと言える。現在モバイルバッテリーを常に持ち歩いてるけど、あまり使っていない、なんていう人は、ChargeSPOTのようなサービスに思い切って切り替えてみることをおススメしたい。

ChargeSPOT

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
300万人が開通日から1年間プラン料金無料!楽天モバイルが月額2,980円の国内通話無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」の先行申し込み受付の開始を発表
NTTドコモが次世代高速通信「5G」の高速性を象徴的に表現したアンドロイドと人類が協奏する未来のオーケストラ動画「爆奏オーケストラ」を公開!
東京電力エナジーパートナーのモバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」 がサービスエリアを拡大し全国展開へ
シルバー輝くアルミ合金製!折りたたんで持ち運べる小型・軽量なスマホスタンド上海問屋の「DN-915958」
INFORICHのスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が東京メトロ駅構内に導入。有楽町駅設置をスタートに2月5日から順次展開開始








INFORICHのスマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」が東京メトロ駅構内に導入。有楽町駅設置をスタートに2月5日から順次展開開始

main

INFORICH(インフォリッチ)は、東京地下鉄(以下、東京メトロ)、メトロコマースが運営する東京メトロ駅構内に、スマホ充電器レンタル「ChargeSPOT」を順次展開していくと発表した。

■どこでも借りれてどこでも返せる
「ChargeSPOT」は「どこでも借りられて、どこでも返せる」をコンセプトに2018年4月からサービスを開始し、全国の駅、空港、商業施設や飲食店、コンビニエンスストア、公共施設などを中心に設置場所を拡大している。今回、東京メトロ線内の有楽町線有楽町駅への設置を皮切りに順次設置駅を拡大していくとのこと。今後さらに高まることが予想される外出時の充電需要に応えるとともに、駅構内という、認性の高い場所に設置されることにより、ユーザーの利便性を高めることが期待できる。

■設置場所
有楽町線有楽町駅(D6 出入口付近)
銀座線三越前駅(A6 出入口付近)
有楽町線銀座一丁目駅(9 番出入口付近)
丸ノ内線後楽園駅(2 番出入口付近)
南北線後楽園駅(5 番出入口付近)
※利用可能時間:始発~終電まで
※設置駅は今後順次拡大していく

■「ChargeSPOT」ご利用料金
1時間未満150円、その後48時間未満300円、そのあと最大7日間(168時間)まで1日(24時間)150円で利用できる。
※レンタル開始後168時間を超えた場合、合計2,280円(利用料、違約金1,230円を含む)の支払い義務が発生する。
※全て税別価格

■バッテリーの仕様
容量:5,000mAh
対応規格:iOS、MicroUSB、 USB Type-C


sub1

sub3


INFORICH

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Androidがじわじわ増加中!改正電気通信事業法が中古スマホ市場にも大きく影響「中古スマホ取引データの分析結果」~マーケットエンタープライズ調べ~
UQコミュニケーションズからAlexaやWiMAXハイパワー対応で下り最大440Mbps「WiMAX HOME 02」が登場
2年分の通信料込みで販売!子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマホで簡単にできるソフトバンクの「どこかなGPS」
デルの超絶タフなRuggedシリーズより軽量かつパワフルな12インチ モデル「New Latitude 7220 Rugged Extremeタブレット」
安心かつ安全に!リユースモバイル関連ガイドライン検討会がスマホやタブレットの中古端末の品質に関するガイドラインを策定






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ