ITライフハック

Disney

レゴ、くまのプーさんセット!ノスタルジックな大人向けセットが登場

sub3

レゴジャパン株式会社は、ファンのアイデアが商品化されるレゴ アイデアシリーズより、100エーカーの森を想起させるノタルジックな大人向けレゴセット「レゴ くまのプーさん」を2021年4月1日(木)より発売する。

■「レゴ くまのプーさん」は大人向けに設計
「レゴ くまのプーさん」は大人向けに設計されており、大きな木やミツバチ蜂の巣があるプーさんの家をメインに、プーさん、ティガー、ラビット、ピグレット、イーヨーといったキャラクターもミニフィギュアで再現されている。

プーさんの家を開けると、中には「プーさんの壁掛け時計」や小説「プー横丁にたった家」に登場する、棒きれを使った遊び「プー棒投げ」に使われる棒の箱、ティガーのペンダント、そしてハチミツの壺など、様々な家具やユニークなアイテムが揃っている。
sub4

家の外には、プーさんを想起させる丸太と焚火や、愛らしい青いベルがついた玄関ドアには"ミスターサンダース "のサインが掲げられています。さらにプーさんの家を示す100エーカーの森への道しるべも再現されている。また、プーさんは赤い風船、ピグレットはスカーフ、ティガーは袋のついた棒、ラビットはおやつのニンジン、イーヨーは尻尾と取り外し可能なリボンのアクセサリーが付いている。

セットはレゴ アイデアシリーズの最新作であり、一般消費者のレゴ作品をもとに実現したセット。レゴの大ファンであるベン・アルダーのアイデアによって創造されたこのセットには、大人がリラックスした時間を過ごし、大好きなとプーさんとその仲間たちの冒険を思い出しながら、夢中になって制作できる要素が散りばめられている。
main

■ベン・アルダー氏のコメント
「私はくまのプーさんが大好きで、子供の頃に両親が読んでくれたのを覚えています。私は今、私の子供たちに同じくまのプーさんの物語を読んでおり、とても懐かしく感じています。私の子供たちが、就寝時に聞いている物語に命を吹き込むことができるように、私はこのセットを作ろうと思いましたが、みなさんからここまで多くの反響をいただけるとは思っていませんでした。」

■レゴグループ グローバル・マーケティングVP Federico Begher(フェデリコ・ベガー)氏のコメント
「くまのプーさんは、95年前から世界中で愛されている物語なので、ベンのデザインを見たとき、私たち全員にノスタルジーが湧いてきました。 さらに、家族のために、くまのプーさんの物語を遊ぶために、レゴブロックを使ってこのセットを作ったというベンの個人的な話は、家族、レゴブロック、くまのプーさんの美しい組み合わせのように感じられ、他の人たちと共有したいと思いました。」

<商品概要>
シリーズ・商品名 :レゴ くまのプーさん
製造番号 :21326
希望小売価格 :オープン価格
対象年齢 :18歳以上
ピース数 :1,265個
サイズ :高さ 約24m、幅 約18cm、奥行 約22cm
発売日 :2021年4月1日(木)
販売店舗 :全国のレゴストア (http://clickbrick.info/shop/)
及びレゴ認定販売店ベネリック レゴストア 楽天市場店 (https://www.rakuten.ne.jp/gold/benelic-lcs/)
レゴランド・ディスカバリー・センター東京
レゴランド・ディスカバリー・センター大阪

レゴジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
かつやのうどんは『追い飯」!「チキンカツカレーうどん」期間限定で新登場
おうち時間にゆったりリラックス空間!スヌーピーのアワーグラス
ボタン1つで車のタイヤの空気入れができる!充電式空気入れ「電動エアコンプレッサーmini」
豪快もも一枚肉!じっくり漬け込んだ「山賊揚げ定食」
第一線で活躍してきた巨匠!Jeanloup Sieff写真展『Monochrome』【Art Gallery M84】






物語と魔法があふれ出る!ディズニーのスマホ「Disney Mobile on docomo SH-05F」【ドコモ2014年夏モデル】

音声通話をLTEに乗せるVoLTE ドコモが2014夏モデルの12機種を発表」で紹介したように、NTTドコモは、2014夏モデルのラインアップとして、スマートフォン・タブレット9機種、ドコモケータイ2機種、USB型データカード1機種の合計12機種を2014年5月15日(木曜)より順次発売する。

このコーナーでは、その中での注目すべき機種としてディズニー好きには絶対に外せない「Disney Mobile on docomo SH-05F」をピックアップしてお届けしよう。

続きを読む

家族と楽しみ、家族と学ぶ 驚異の3D映像『Disney's クリスマス・キャロル』

(C)Disney


3D映画が続々と公開され大ヒットを記録した2010年。上半期の国内映画興行ランキングも、1位から『アバター』、『アリス・イン・ワンダーランド』、『カールじいさんの空飛ぶ家』と“3D”作品が上位を占める結果となった。3D映画の魅力は何と言っても、自分も映像の中に入り込んだ様な気分になれるリアルでダイナミックな奥行き感のある映像だ。

画面から人や物が飛び出してくるような映像は、私たちの好奇心を強く惹きつけてはなさない。3Dでしか体験できない迫力のあるシーンの数々は想像力をかきたて、真のエンタティメントを感じさせる。しかし、作品の上映時間と劇場が限られているのが映画の難点。ブルーレイやDVDを観賞する“お部屋派”として、「3D映画もお部屋で楽しめたら…」と願う人も多いだろう。

11月17日に発売される『Disney's クリスマス・キャロル』は、初の“ディズニーブルーレイ3D”。部屋でリラックスして映画を観ることが出来るため、家族水入らずの時間が手に入る。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集








l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ