ITライフハック

Dream

April DreamパートナーDREAMS COME TRUEが夢を発表!4月1日を夢の日にするプロジェクト「April Dream」

main

株式会社 PR TIMESは、4月1日に夢を語る文化を提唱する「April Dream(エイプリルドリーム)」において、2023年4月1日(土)東京夢の島で全国から集まった2200人超の夢とパートナーであるDREAMS COME TRUEの夢を展示する。

■「夢見」をしよう! 実施コンテンツ
〇ドリカムと2000人の夢を展示
世界中から集まった夢2000枚の夢の桜として展示。パートナーのドリカムの夢も。

sub5


〇あなたの夢で桜を咲かせよう
来場者は誰でもその場で、手書きで自分の夢を桜に描いて展示できる。

sub1


〇リアルタイム夢ビジョン
夢の島には大型ビジョンが出現。特設サイトから発信された夢がリアルタイムで映し出される。

夢の島に展示される夢イメージ
夢の島に展示される夢イメージ


■DREAMS COME TRUEがパートナーに
今回、世代を超えて愛されるDREAMS COME TRUEがApril Dreamを応援するDreamパートナーに決定した。

メンバーの中村正人さんによる夢を発信することや発信した方への応援メッセージ動画を3/27と4/1に公開する。さらに、ドリカムの夢も直筆で桜に書いて夢の島に展示される。

4月1日にはDREAMS COME TRUEの夢を発信する動画も公開された。

DREAMS COME TRUE 中村正人氏からの応援メッセージ

YouTube:https://youtu.be/CjSNVbqAE54

■April Dreamとは
PR TIMESは、2020年より4月1日に夢を発信することをApril Dreamという新たな発信文化により提唱してきた。2022年までの3年間で1500を超える企業・団体・自治体、3000人以上の個人の方が夢を発信してきた。

2023年は日本全国から集まった2000超 の夢を「夢が咲く、桜の花」にして、全国8地域の主要駅と東京の夢の島に展示する。

また、April Dreamに賛同し、夢の発信などをともに推進いただけるDreamパートナーも集まり、大阪府・大阪市万博推進局、横浜マリンタワー、有明ガーデンなどでそれぞれ取り組みを実施する。

sub4


​<夢を見上げて「夢見」をしよう!イベント 実施概要>
開催日時 2023年4月1日(土) 9時00分~17時00分
会  場 夢の島公園アーチェリー場(東京都江東区夢の島2-1-4)
アクセス 東京メトロ有楽町線・JR京葉線・りんかい線「新木場駅」徒歩7分

April Dream 特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
堀江貴文氏によるオリジナル格安SIM誕生!「HORIE MOBILE (ホリエ モバイル) 」
iMobie Inc.による、6つまとめ!iPhoneのデータをWindows/Macパソコンに移行する方法
TVアニメ『進撃の巨人』「自由の翼」デザイン!耐衝撃スマートフォンケース「JIGEN X Case Vogel」
10.9インチiPad(第10世代)専用!傷に強く、スタンドにもなるハードケース
モバイル機器の接続・充電に便利!4in1 USBケーブル





ドリカム吉田美和物語
水野泉
メディアタブレット
2013-11-08

ママ&パパたちの8割以上が寝かしつけ効果を実感したセガトイズの動く絵本プロジェクター「Dream Switch」

sub7

セガトイズは、親子の夜の時間を変える「動く絵本プロジェクター Dream Switch」を2018年11月15日(木)に発売する。

「動く絵本プロジェクター Dream Switch」は、搭載している計30作品の絵本全てを“動く絵本”化している。いつも読んでいる絵本が、子どもが興奮してしまうフルアニメーションではなく、絵本に登場するキャラクターや背景が眠りを誘う絶妙なスピードで、ゆっくりと動く絵本となって、寝室の天井に映し出される。

また、 “動く絵本”となった物語には音声も収録。 BGMとゆったりとしたナレーターによる語りが、子供の耳に心地よく響く。物語の前後には、羊が登場し、「素敵な夢がみられるといいね、おやすみなさい」など、子供と寝る約束をする仕掛けを導入しており、自ら寝ようとする自主性を促してくれる。

2018年11月3日に開始した「『動く絵本プロジェクター Dream Switch』先行モニターキャンペーン」では、体験者の85%以上が「お話を早くみたくて、寝る準備を早くするようになった」「いつの間にか眠りに落ちていた」と、我が子の寝かしつけの効果を実感しているという。寝かしつけに90分かかっていたたのが「動く絵本プロジェクター Dream Switch」を使用することで10分で寝るようになったと回答する方もいるなど、親子の寝る前の時間を変えてくれる画期的な商品に仕上がっている。

■製品概要
商品名:動く絵本プロジェクター Dream Switch(ドリームスイッチ)
内容物:本体、台座、リモコン、 ACアダプター、 SDカード、保証書、取扱説明書
素材:本体:ABS、 PMMA /台座:SBS /リモコン:ABS、 PMMA
使用電池:リモコン用 単4形アルカリ乾電池×2個(別売)
対象年齢:3才以上
発売日:2018年11月15日(木)
価格:オープン価格


sub4


©Marcus Pfister/KODANSHA (C)SEGATOYS

■Dream Switch
http://www.segatoys.co.jp/dreamswitch/

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
子供たちが東京の写真展をVR空間に創出!PlayStation VR活用ワークショップ「MEMOREUM TOKYO」レポート
AIをゼロから解説!メディアバンクとアララ、AI TOKYO LAB 北出宗治氏による人工知能セミナーを開催へ
コスプレプロダクション「12カンパニー」が「12CO2CO2COちゃんねる」を開設
クラフトビール「GOOSE ISLAND」が期間限定でBurger Maniaとコラボ!激ウマバーガーを食べ最高のビールを飲んできた!
毎日新聞社とサードウェーブ、「全国高校eスポーツ選手権」を開催





カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ