ITライフハック

Figma

Figma Japan、デザインコラボレーションツール「Figma」日本語版を発表【まとめ記事】

s642A0778

ブラウザ上で共同編集できるデザインプラットフォーム「Figma(フィグマ)」を提供するFigma Japan株式会社は2022年7月27日、表参道「WALL&WALL」にて、メディア向け戦略発表会を開催した。

机に挟めるクランプ固定式のUSB3.2 Gen1 4ポートハブ
サンワサプライ株式会社は、机に挟めるクランプ固定式のUSB3.2 Gen1 4ポートハブでUSB A接続の「USB-3H434BK」とType-C接続の「USB-3TCH31BK」を発売した。「USB-3H434BK」はUSB A接続、「USB-3TCH31BK」はType-C接続の、クランプ付きUSBハブ。机の天板などに挟んでしっかり固定して使えるので、片手でケーブルの抜き差しができる。ハブとクランプ部分はネジで脱着可能で、ハブの位置や向きの付け替えができる。コの字型のクランプ部分の上面と側面の付け替えもできる。USB3.2 Gen1(USB3.1/3.0)のスーパースピードモード(5Gbps・規格値)に対応した4ポートハブで、ACアダプタ不要のバスパワータイプ。


予備のインクや用紙をしっかり収納できる!観音開きのプリンタスタンド
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、レーザープリンターなどの大きめタイプにも対応して、扉付きで見た目もスッキリできるレーザープリンタ台「100-LPS014M」を発売した。本製品は、リビングや書斎に合う落ち着いた木目調のプリンターワゴン。総耐荷重は70kgまでで、プリンターの他用紙やインクなど多くのものを設置できる。中棚は3段階で高さを調整でき、固定棚は組立時に上部か下部に設定できる。ルーターやゲーム機の収納や、電話・FAX台としても使用できる。


ノートパソコンをモニターアームに固定!ノートパソコントレー
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、ノートパソコンやタブレットをモニターアームに装着して、高さと角度を自由に調整できるようにするノートパソコントレー 「100-VESA004」を発売した。本製品は、ノートパソコンをモニターアームに固定するためのトレー。ノートパソコンの高さと角度を自由に調整できるようになるため、より快適な作業環境を作れる。また、ノートパソコンを浮かせることでデスク上のスペースを有効利用できる。


日本語の公式Webサイトも公開!Figma Japan、デザインコラボレーションツール「Figma」日本語版を発表
ブラウザ上で共同編集できるデザインプラットフォーム「Figma(フィグマ)」を提供するFigma Japan株式会社は2022年7月27日、表参道「WALL&WALL」にて、メディア向け戦略発表会を開催した。発表会は、米国本社 Figma, Inc. の共同創業者でありCEOのDylan Field氏の挨拶から始まった。同社は、チームで共同編集可能なデザイン設計プラットフォーム「Figma」を提供している。Figmaは、GoogleやMicrosoft、New York Timesなどの企業で利用されており、より優れたデザインを生み出し、共有し、テストし、リリースするために必要な、ブレインストーミングから構築までの全プロセスをウェブ上でおこなえる。


JR東京駅、もんじゃ焼きが初出店!聖地 月島で連日行列ができる「月島もんじゃ たまとや」
月島に本店を構える「月島もんじゃ たまとや」が、東京駅構内グランスタ八重北の地下一階 黒塀横丁に「月島もんじゃ たまとや 東京駅」を2022年8月1日(月)よりオープンした。明治四年創業の豊洲市場水産仲卸が直営し、もんじゃ焼きの聖地・月島で連日行列ができる『月島もんじゃ たまとや』がJR東京駅構内八重洲北口改札外のグランスタ八重北の地下1階 黒塀横丁に初出店。長い歴史を持つ月島の"もんじゃ焼き"だが、東京駅構内に専門店ができるのはこれが初となる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
日本での本格的なサービス展開!米国発・テスト自動化ソリューション「mabl」記者会見
小売事業者・メーカーの売上アップに貢献!株式会社フェズ 伊丹社長に聞く、リテールテックへの想い
国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS。「グローバルWeb3カンファレンス」を目指し「IVS2022 NAHA」「IVS Crypto」を開催へ
DATAFLUCT、個人向けのCO2排出量可視化・オフセットサービス「becoz wallet」を提供開始
事故のない世界の実現へ!イーデザイン損保、新自動車保険「&e」への一本化を加速






日本語の公式Webサイトも公開!Figma Japan、デザインコラボレーションツール「Figma」日本語版を発表

s642A0778

ブラウザ上で共同編集できるデザインプラットフォーム「Figma(フィグマ)」を提供するFigma Japan株式会社は2022年7月27日、表参道「WALL&WALL」にて、メディア向け戦略発表会を開催した。

■すべての人がデザインにアクセスできるようにする
発表会は、米国本社 Figma, Inc. の共同創業者でありCEOのDylan Field氏の挨拶から始まった。

同社は、チームで共同編集可能なデザイン設計プラットフォーム「Figma」を提供している。
Figmaは、GoogleやMicrosoft、New York Timesなどの企業で利用されており、より優れたデザインを生み出し、共有し、テストし、リリースするために必要な、ブレインストーミングから構築までの全プロセスをウェブ上でおこなえる。

今回、デザインコラボレーションツール「Figma」とオンラインホワイトボードツール「FigJam(フィグジャム)」の日本版をリリースするだけでなく、Webサイトやヘルプセンターも日本語版で提供する。Figmaの製品が英語以外の言語にローカライズされるのは、今回が初めてとなる。

ホームページのデザインを変更するには、通常、デザイナーの手を借りる必要がある。その点、Figmaであれば、デザイナー以外の人でも簡単に扱える。実際、Figmaのユーザーの3分の2以上は非デザイナーだという。

s642A0714
デザインコラボレーションツール「Figma」の日本語版


Dylan Field氏は、「Figmaは『ウェブは本質的にボーダレスである』という考えをもとに創業され、そのアイデアは私たちの製品にも表れています。Figmaのユーザーコミュニティの81%と、収益の50%以上は、日本など米国以外の市場によるものです。 東京に新しいオフィスを構え、日本にローカライズした製品を発売することで、国際的な視野を広げながら、日本における『デザイン経営』へのシフトを加速させ、『すべての人がデザインにアクセスできるようにする』という私たちのビジョンの実現に近づけたいと考えています。」と、日本進出について語った。

s642A0662
米国本社 Figma, Inc. の共同創業者でありCEOのDylan Field氏


■言語の壁で利用できなかった方もアクセスできる
米国本社 Figma, Inc. Chief Product Officer(プロダクト責任者)を務める日本人開発者 山下祐樹氏は、Figmaの日本語ローカライズ版についてデモンストレーションを交えて紹介した。

完成間近のホームページのデザインを変更するには、時には最初からやり直す必要が出てくる。Figmaで制作したホームページあれば、デザインの変更は簡単にできるし、チームで誰が編集しているのかがリアルタイムでわかる。どんな修正を加えたのかをコメントに残せば、チームでの情報共有もたやすい。そんなFigmaだからこそ、楽天やYahoo! Japan、LINE、富士通のような大手企業を含む多くの顧客が、すでに日本で利用している。

山下氏は、「今回のFigma初の日本語化には、CPOとしても、日本をバックグラウンドに育ったものとしても、特別な想いで開発に携わりました。このローカライズによって、これまで言語の壁のためにFigmaを利用できなかった方も、気軽にデザインにアクセスできるようになることを願ってやみません。」と、語った。

s642A0693
米国本社 Figma, Inc. Chief Product Officer(プロダクト責任者)を務める日本人開発者 山下祐樹氏


Figmaは、デザインを共同編集したいチームに最適なデザイン設計のプラットフォームだ。
英語版からのユーザーも多く、製品に対して熱い思いをもったユーザーコミュニティも存在する。今年5月には、デザインカンファレンス「Config」を視聴するイベント「Tokyo Config Watch Party」が開催されえ、200人以上のコミュニティメンバーが終結した。

Figma, Inc.は、日本法人の設立とスタッフの採用を通じて、日本での存在感を高め、企業やユーザーをさらにサポートしていく考えだ。デザイン設計で悩んでいる企業は、ブレインストーミングから構築までの全プロセスをウェブ上で実現できるFigmaの導入を検討してみるとよいだろう。

Figma Japan

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
日本での本格的なサービス展開!米国発・テスト自動化ソリューション「mabl」記者会見
小売事業者・メーカーの売上アップに貢献!株式会社フェズ 伊丹社長に聞く、リテールテックへの想い
国内最大級のスタートアップカンファレンスIVS。「グローバルWeb3カンファレンス」を目指し「IVS2022 NAHA」「IVS Crypto」を開催へ
DATAFLUCT、個人向けのCO2排出量可視化・オフセットサービス「becoz wallet」を提供開始
事故のない世界の実現へ!イーデザイン損保、新自動車保険「&e」への一本化を加速






鬼滅の刃、水柱「冨岡義勇」が登場! 1/12スケールアクションフィギュア BUZZmod.第7弾

main

TVアニメ「鬼滅の刃」より”冨岡義勇”が、1/12スケールアクションフィギュアライン「BUZZmod.(バズモッド)」に登場した。

可動と保持、ポージングのつけやすさや遊びやすさを徹底研究!
様々なシチュエーションを「BUZZmod.」冨岡義勇で体感しよう。
sub1

表情パーツは全部で3種類。物憂げな表情をたたえる「通常顔」とポーズ付けに使い勝手の良い「目閉じ顔」、さらに猛々しい「咆哮顔」が付属し、シーンクリエイトの楽しさを幅広くする。
sub2

羽織パーツは布製で、襟元から外周にかけて針金が入っているため、動きをつけて固定が可能な「可動布」。
sub5

3つのパーツで構成された「水の呼吸」エフェクトはひねりを加えることでその表情が変化する。
ポージングに合わせて様々な動きを楽しめる。
sub4

sub3

『広がり続けるBUZZmod.ラインナップ!是非お手元でご堪能ください!』
sub7

<予約受付期間>
2021年5月29日(土)10:00 ~ 2021年7月25日(日)24:00
※ 当商品は受注生産商品となる。
※ 「代金引換払い」決済は利用できない。
※ 購入者の都合によるキャンセル・返品はできない。

<発送時期>
2022年2月 発送予定
※ 発送時期は変更となる可能性がある。

<商品仕様>
商品名 : BUZZmod. 鬼滅の刃 冨岡義勇
スケール: 1/12スケール
作品名 : 鬼滅の刃
仕様  : 塗装済み完成品アクションフィギュア
素材  : PVC・ポリエステル・ABS・POM・PA
全高  : 約150㎜
付属品 : 羽織・表情パーツ×3・拳パーツ(左×4 右×4)・日輪刀×2(抜刀・納刀)・正座用足パーツ・座布団
原型制作: 長汐響(株式会社GB2)/[ミニフィギュア] カーブモデルズ
彩色制作: koppe(株式会社GB2)
制作協力: ゼロジーアクト株式会社
衣装協力: 山本真由美(人形工房)
発売元/販売元: 株式会社アニプレックス
※ 開発中の商品画像につき、実際の商品とは異なる場合がある。
※ 商品の塗装は彩色行程を手作業で行うため、商品個々に多少の差異がある。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

ANIPLEX+(2021年5月29日(土)10:00 ~)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
銀座コリドー街に新業態がオープン!グリルレストラン「スーパーグリルブラザーズ」試食会
鬼滅の刃グッズ!イオン店舗とWEBで甚平5柄を販売
剥がすとシール部分に文字が現れる!糊残りがでない開封防止シール
ベルギー王室御用達チョコレートブランド!「ヴィタメール」夏の限定ショコラを販売
リュックも濡らさないドーム形状の傘!とことん濡らさない傘「リュックガードアンブレラ」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ