ITライフハック

GoPro

More Everything、GoPro HERO9 Black 登場

sub2

GoPro, Inc. は、HERO9 Black を発表した。本製品は、5Kビデオと 20メガピクセルの写真の撮影を可能にする新型センサー、カメラ内ホライゾンレベリングを備えた次世代の HyperSmooth 3.0 ビデオスタビライゼーション、新しいフロントディスプレイ、サイズアップしたリアディスプレイ、HERO8 Blackから最大30%アップしたバッテリー駆動時間など、あらゆる性能が向上したGoProカメラとなっている。

■超広角の写真およびビデオの撮影に対応
新たに登場するアクセサリー、Max レンズモジュラーを利用することで、Max HyperSmooth ビデオスタビライゼーションと、Max SuperView による超広角の写真およびビデオの撮影を、HERO9 Black でも楽しむことができる。

また GoProはサブスクリプションサービスの名称を、「GoPro Plus」 から「GoPro サブスクリプション」に変更した。これはブランドから提供される製品体験の中で、サブスクリプションが特に重要となっていることを表している。

「ユーザーは、製品に価格以上のバリューを求めていたり、あらゆる要望を持っています。それらの要望に応えていくと言う当社のコミットメントが HERO9 Black に反映されています」と、GoPro 創業者兼 CEO のニコラス・ウッドマンは語ります。「HERO9 Black は非常に優れた製品です。さらに、GoPro サブスクリプションに登録していれば GoPro.com で スペシャルなオファーがあるほか、GoPro で撮影したフッテージを保存できる無制限のクラウドストレージ、無条件で利用できるカメラの交換補償といった特典も受けられます。また、年内には、GoPro サブスクリプションの登録ユーザーに対して、さらに新たなバリューを提供する予定です。」

main

■高品質なトラベルケースに入れて販売
さらに、GoPro は HERO9 Black のパッケージからプラスチックを排除するだけでなく、カメラをマウントやアクセサリーも収納できる高品質なトラベルケースに入れて販売する事で、新たなバリューを加えた。

「当社の事業から、できるだけプラスチックの利用を削減できるように目標を定めています」とウッドマンは語ります。「HERO9 Black を無駄の多かった従来のパッケージではなく、有益なトラベルケースに入れて提供できることをうれしく思います。また、当社の他のカメラについても、2021 年中に同様の対応を行う予定です。」

sub1

HERO9 Black の機能
・新型イメージセンサー
・ビデオ: 5K30、4K60、2.7K120、1440p120、1080p240 など
・写真: 20MP
・ライブプレビューとステータスモードに対応した新しい 1.4 インチフロントカラーディスプレイ
・タッチズーム機能を搭載し 2.27 インチにサイズアップしたリアタッチディスプレイ
・HERO8 Blackより最大 30%アップしたバッテリー駆動時間 + 低温環境下での性能アップ
・取り外し可能な充電式バッテリー
・HyperSmooth 3.0 (ハイパースムーズ 3.0) + カメラ内ホライゾンレベリング (水平維持)
・「リアルスピード」と「ハーフスピード」機能を搭載した TimeWarp 3.0 (タイムワープ 3.0)
・1080p ライブストリーミング
・1080p ウェブカメラモード
・パワーツール: HindSight (ハインドサイト)、LiveBurst (ライブバースト)、スケジュールキャプチャー、デュレーションキャプチャー
・SuperPhoto (スーパーフォト) + HDR ナイトラプスビデオ
・RAW 写真
・デジタルレンズ
・14 種類のコマンドに対応したボイスコントロール (11 の言語と 6 地域のアクセントをサポート)
・3 つの進化したウィンドノイズ低減マイク
・ステレオ + RAW オーディオ
・サイズアップしたスピーカーによりオーディオの再生機能が向上
・取り外し可能なレンズカバー
・ビルトインマウントフィンガー
・優れた耐久性 + 水深 10 m までの防水性能
・HERO9 Black 用の Max レンズモジュラー、ライトモジュラー、ディスプレイモジュラー、メディアモジュラーに対応

「HERO9 Black」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
14分で炊ける超小型炊飯器! サンコー「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器 さくら色/藍色」
104言語の即時翻訳! 文字起こしもできるAIボイスレコーダー「Summit」
完全防水で雨でも安心! サンコー「衝撃感知&完全防水!バイク用前後ドライブレコーダー」
マスクや下着をシッカリと乾かす、超小型卓上乾燥機「パラソルドライハンガー」
ワイヤレス充電対応/ストラップホール付/手作り!「OAKYWOOD WALNUT AirPods Case」






ハウジングが大幅に小型軽量化! アクションカメラのGoProシリーズに最新モデル登場【デジ通】



へビューデューティーな環境で利用できる小型アクションカメラで、人気ナンバーワンのGoProの最新モデルが発表された。名称は従来モデルの「GoPro HERO3」に「+」が加わり、「GoPro HERO3+」となった。

従来はBlack Edition、Sliver Edition、White Editionの3モデルあったが、「+」になるのは上位のBlackとSliverの2モデルでWhiteはそのまま併売される。機能面では名称を見てわかるように基本的な部分は従来とほぼ同じ。大きく変化したのは、ケースの小型軽量化など、本体以外の改良のほうがインパクトが大きい。

続きを読む

超小型のビデオカメラ! カメラ目線の迫力ある動画が撮れるアクションカム【デジ通】

ソニーのアクションカム HDR-AS15


通常はなかなか撮影できない環境で、動画を撮影する「POV」(Point of View)と呼ばれているビデオカメラ市場が成長している。こうした撮影ができるカメラをアクションカメラと呼び、通常のビデオカメラと区別している。

たとえば日本のテレビ番組で、高い場所からのバンジージャンプやジェットコースターといった怖いけど大人気の遊園地の乗り物に乗っている様子を撮影するためにヘルメットなど取り付けられているのを見かけることがあるだろう。まさにアレのことだ。

例えばサーフィンやスキーなどのスポーツ中のカメラ目線での風景を撮影するのにも使われる。F1中継などで車載されているカメラなども、同じ類のものだ。こうした多少のことでは壊れない小型ビデオカメラは従来、比較的小規模な会社が製品を販売していたが、最近は大手メーカーもこの市場に参入し始めている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ