ITライフハック

Google

5人に1人が転職に興味!Google、調査データや分析を公開

image001

Googleは、「新たな生活様式での人々の意識」に関する調査データを閲覧できるダッシュボード及びこれに基づく分析を2020年11月13日に公開した。本ダッシュボードは新型コロナウイルス感染拡大後における日本の生活者の意識と行動の推移を理解・把握するために実施している複数の調査データをまとめたものだ。

Googleでは、調査期間内における生活者の意識と行動を振り返ることにより、今後の社会を考える参考情報としての活用を期待している。この調査データに基づいた分析及びインサイトをまとめたレポートをThinkwithGoogleに公開中だ。

■ダッシュボードについて
ダッシュボードに含まれるデータは緊急事態宣言が発令された2020年4月11日の週から最新までの約30週間に渡る「生活動向に関する週次調査1」の結果の一部で、新型コロナウイルス感染症に関連した不安や予防行動、日々の生活における感情の動き、日常生活におけるオンライン・オフライン活動の移り変わり、デジタルコンテンツの利用動向や生活満足度等に関する時系列の調査結果を掲載している。
image003

例えば、新型コロナウイルス感染症に関連した感染不安や予防行動の実施では、最近の感染数が増える状況を反映するかのように感染不安は29週(10月24日〜10月30日)に少し増加している一方で、予防行動の実施率は20週(8月22日〜8月28日)以降、基準値より高めの数値を保っている。気持ちの変化についても、16〜18週(7月25日〜8月14日)を境に特に不安な気持ちについては落ち着きつつある傾向が見て取れる。

※1「生活動向に関する週次調査」株式会社:Intage(websurvey)|調査対象:全国、男女18-69歳|調査期間:2020年4月11日~週次で実施調査頻度:毎週新規回答者|サンプル数:n=1000ss(毎週)
image005

一方、働き方については、28週(10月17日〜23日)には、25週(9月26日〜10月2日)と26週(10月3日〜10月9日)に続き、オンライン活動とオフライン活動が逆転した。オンラインに移行していた働き方にも少しずつ日常が戻りつつあるのかもしれない。今後の動向が注目される。

■分析レポートについて
Googleマーケットインサイトチームでは、ダッシュボードに公開した本年4月開始の「生活動向に関する週次調査2」と、8月に実施した「新たな行動様式と生活ニーズに関する調査3」のデータを元に、変化する生活者の意識を分析した。このレポートは11月13日(金)にThinkwithGoogleで公開した。
以下は、レポートの一部サマリーとなっている。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、従来、安心を保証すると思われていたことが覆され、社会や経済に潜む不確実性がより顕在化している。そのような状況下において、人々の「環境」や「プライオリティ」に変化が見られる。
例えば、不安定な社会情勢下でありながらも、「部屋の模様替えや在宅勤務に適した家への住み替えなどで身の回りの快適さを整えようとした人」が36.7%いた。

他にも、「好きなことをより充実させたいと思うようになった人」(45.1%)や、「新たな楽しみや没頭できることを見つけた人」(33.7%)等、身の回りの幸せを固める行動が見て取れる。
image007

”変え”たり、”新しく始め”たりした人々もいた一方で、家のものを整理したり処分したりする人も36.2%いました。自分にとっての価値や優先順位を見直して、不要なものを「なくす」「減らす」人がいたようだ。

生活の拠点の充実させる一方で、今までの当たり前を見直す動きも見えてきた。
たとえば、自ら積極的に変化を起こしたいという思いを反映するかのように、5人に1人が転職に興味を持っているというデータが出ている。さらに、社会や会社に対する依存を減らしたいという考えの現れか、スキルアップの意向も高まった。

※2「生活動向に関する週次調査」株式会社:Intage(websurvey)|調査対象:全国、男女18-69歳|調査期間:2020年4月11日~週次で実施|調査頻度:毎週新規回答者|サンプル数:n=1000ss(毎週)
※3「新たな行動様式と生活ニーズに関する調査」株式会社:Intage(websurvey)|調査対象:全国、男女18-69歳|調査期間:2020年8月7日〜8月11日|サンプル数:n=5,000ss
image008

誰もが初めて経験する急激な変化を受けて、今まで当たり前のように見過ごしてきた「暮らしに存在する本質的な価値」が、人々の反応からあらわになった。

Googleでは、今回公開するデータが、今後様々なビジネスを営む皆様が、生活者にとって有意義な新しいサービスや商品を生み出すことにつながる貴重なインサイトとなることを期待している。

Think with Google

IT経済総合に関連した記事を読む
『鬼滅の刃』効果もあり「映画館」消費が大幅に増加!10月後半の国内消費動向指数
オンライン就活の悩み、第3位は「目疲れ」!?TISが新卒採用向けコンテンツ「目をいたわる企業紹介」をリリース
「マイナポイントの陣」はPayPayに軍配! 燻製できちゃう鍋、グラスドームクッカー
キャッシュレス戦争「マイナポイントの陣」中間発表、「普段使い」ができるPayPayに軍配
コロナ禍のカップルデートスポットアンケート! びわこ箱館山や淡路島などが回答に






電子書籍(PDF版)がもらえる!『いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本 人気講師が教える新しいメディアの基礎』

main

株式会社インプレスは、書籍『いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本 人気講師が教える新しいメディアの基礎』を2020年12月18日(金)に発売する。これに先駆け、2020年10月30日(金)から2020年12月17日(木)までの期間中、本書をオンライン書店で予約した人を対象に、本書の電子書籍をプレゼントするキャンペーンを実施する。

■急成長する音声配信市場のトレンドがよくわかる
テレビ、新聞、インターネットなどのサービスや広告において、主戦場は「ユーザーの視覚をいかに奪うか」にあった。しかし、Spotifyやradiko(ラジコ)などの強力な音声プラットフォームの登場や、ASMR(エーエスエムアール:咀嚼音などのゾクっとする音)の流行に代表されるように、ユーザーの「聴覚」に注目が集まりつつある。先進的な企業ではすでに、音声広告、ポッドキャスト、プレイリストマーケティングといった取り組みをはじめている。

本書は、音声配信ビジネスの特徴やポテンシャルについて網羅的に解説した書籍だ。音声配信ビジネスとはなんなのか、その特徴や発展の背景をはじめ、実際の配信方法、マネタイズや音声を活用したマーケティングのコツにいたるまで丁寧に解説している。

■本書に登場するサービス例(順不同)
・Amazon Music(音楽配信サービス)
・Apple Podcast(ポッドキャスト)
・Spotify(音楽配信サービス)
・Google Podcasts(ポッドキャスト)
・radiko(音声コンテンツサービス)
・himalaya(音声配信サービス)
・Radiotalk(音声配信サービス)
・REC.(音声配信サービス)
・Spoon(音声配信サービス)
・stand.fm(音声配信サービス)
・Voicy(音声配信サービス)

■予約キャンペーンの概要
発売に先立ち、2020年12月17日(木)までにAmazon.co.jp等の各オンライン書店で本書を予約し、キャンペーンにお申し込みいただいた方を対象に、本書の電子書籍(PDF版)を提供する。
本キャンペーンは以下の特設ページから申し込める。

<予約キャンペーン特設ページ>
https://book.impress.co.jp/readers_entry/9784295010449yoyaku.html
キャンペーン対象期間:2020年10月30日(金)から2020年12月17日(木)のご予約まで

いちばんやさしい音声配信ビジネスの教本 人気講師が教える新しいメディアの基礎

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
1,350円で坦々麺が1年間食べ放題!陳麻婆豆腐、幻の屋台式担担麺1年間無料キャンペーン
「鬼滅の刃」とのコラボが決定! GU、秋冬ラインナップでお届け
ミスドでポケモンといいことあるぞ!「misdo Pokémon」コラボレーションを順次展開
劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編の公開記念! マルチアングルも楽しめる、舞台「鬼滅の刃」
ついに来たiPhone 12!『週刊アスキー特別編集 週アス2020November』






YouTube広告の効果的な活用方法を伝授! Google発のガイドブックを一般公開

001

コロナ禍によってマーケティングのあり方も大きく変わり、デジタル広告へシフトしようとする動きも強まった。人々は外出自粛の影響で、これまで以上にECサイトを利用し、特定の商品の購入や情報収集を意図しないままECサイトを眺める新しい形の“ウインドウショッピング”をするようになったり、動画配信サービスを楽しんだりと、その生活や行動も変化した。そうした中で、Googleでは改めて、今後の広告展開においてYouTube広告をどうビジネスに活用できるのかを1冊にまとめたガイドブックのダウンロード提供を開始した。

■YouTube広告の成果につなげるノウハウを解説
ガイドブックでは、YouTube広告をより効果的に活用するために、認知度アップや購入促進など目的に合わせた広告フォーマットの選び方、組み合わせ方や、クリエイティブ制作のサポート内容、広告配信後の効果測定ツールまでさまざまな情報を解説している。

こうしたマーケティング施策全体を工夫することで、より高い成果につなげることができる。
例えば、まずデジタル広告を活用するにあたり、自社が想定する顧客に適切なメッセージを届けることが大切だ。そこでYouTube広告は、従来の広告メディアで一般的だった、性別や年齢、地域などの統計的な情報に合わせた広告だけではなく、より具体的に「引っ越しを考えていそうな人」「スポーツ観戦に行きたいと考えていそうな人」など、興味関心や状況をベースとした人々にもアプローチする。

GoogleとIpsosの米国での調査によると、こういったライフイベントや人々の興味関心に合わせた広告はアテンションが3倍高いとのデータもあり、より深く顧客とのつながりを構築するのに役立つとしている。
このように、デジタル広告に取り組む上での基本的な考え方から、クリエイティブや効果測定などより具体的な施策レベルの話まで、この1冊で網羅している。

ガイドブックはThinkwithGoogleのページからダウンロードできる。

ガイドブックのダウンロードはこちら

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
合盛りシリーズに煮込みメニュー!かつや「豚すき煮肉うどんチキンカツ」
京都府指定文化財にも指定! 明智光秀の判物もある「天寧寺」【京都 明智光秀ゆかりの地】
ブラッシングで髪がキレイにまとまる、どこでもスタイリング「充電式コードレスホットブラシ」
完全個室のフィンランド式サウナ、ひとりでストレスフリーに「ととのう」
可愛すぎる! ねこねこチーズケーキのクリスマスケーキ2020

改訂 YouTube 成功の実践法則60
木村 博史
ソーテック社
2018-04-21





Androidスマホに話しかけるだけでメッセージを送れるようにLINEがAI対応を強化しGoogleアシスタントへの対応を開始

LINE_Google_Assistant_Main

LINEが運営するコミュニケーションアプリ「LINE」は、Googleが提供する「Google アシスタント」に対応した。

■OK Googleとやれば操作やLINEメッセージが送れる
「LINE」が「Google アシスタント」に対応を開始したことにより、Androidを搭載したスマホに話しかけるだけで「LINE」のメッセージを友だちに送ったり、受け取ったメッセージを確認したりできるようになった。「Google アシスタント」にテキストを入力して「LINE」を操作することも可能だ。

「Google アシスタント」経由で「LINE」のメッセージ送受信を行えるのは1:1のコミュニケーションにおいて可能で、送受信する内容はテキストに限られる。対応言語は日本語・英語の2か国語となっている。

利用方法は非常に簡単。スマホ内の「Google アシスタント」を起動して、メッセージを送る場合は「OK Google, 〇〇にLINE送って」、新着メッセージを確認する場合は「OK Google, メッセージを読んで」などと話しかければ、メッセージの送信や新着通知の内容を確認できる。また、「Google アシスタント」を画面から起動しなくても、「OK Google」と話しかけることでこれらの操作を開始することも設定により可能だ。車の運転中や料理の最中、子育てなどで手が離せない時など、日常の様々なシーンで、より便利に「LINE」を利用できるようになる。今後、機能を順次拡大していく予定でとなっている。

Google アシスタント「LINE」紹介ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
スマホやPCから専門医に相談できる!東大病院18診療科でオンライン診療システム「CLINICS」を活用したオンライン・セカンドオピニオン外来を開始
新型コロナウイルスでライブ中止ならライブ配信で盛り上がれ!イープラスがアーティストらに向けたライブ配信サービスの提供を開始
希少なトロリーバス最後の一台を残したい!長野県大町市が最後の「トロバス」保存に向けたクラウドファンディングを開始
ドワンゴのN予備校がコロナウイルス感染拡大によるオンライン授業の無料開放に伴い特別生配信授業を実施
対象はすべての人!コロナ感染拡大でバンタンがクリエイティブ分野のオンライン動画学習サービス「バンタンフリップチャンネル」をオンライン学習アプリ「N予備校」にて無料開放






Googleが大躍進!AppsFlyerが2019年上半期のパフォーマンスインデックスを発表

main

モバイルアトリビューションとマーケティングアナリティクスのプラットフォームを提供するAppsFlyer Japan株式会社(以下、AppsFlyer)は、2019年上半期(1~6月)の「パフォーマンスインデックス」(以下、インデックス)第9版を発表した。同インデックスはAppsFlyerが年2回グローバルで発行している、進化するモバイル広告業界に関する最も包括的な調査レポートである。

2019年上半期の活動を網羅した同レポートでは、520のメディアネットワークを活用して、230億のアプリインストール、15,000個のアプリ、および450億のアプリ起動を調査。調査対象となったカテゴリーは、ショッピング、ユーティリティ、ライフスタイル&カルチャー、ゲーム(4カテゴリー:カジュアル、ハードコア、ミッドコア、ソーシャルカジノ)となっている。

ここでは、インデックス概要を紹介するが、詳細なインデックスは、専用サイトからダウンロードできるようになっている。

■今回初めてGoogleがFacebookを抜き首位を獲得
今回のレポートでは、アトリビュート対象の総合インストール数において、同調査開始以降で初めてGoogleがFacebookを抜き首位を獲得した。これによりGoogleは、過去5年間でアプリインストールのシェアを8倍拡大したことになる。

いっぽうFacebookは、引き続き量と質を掛け合わせた総合成績を指す「グローバルパワーランキング」ではトップのメディアソースとしての地位を保持し、多くの地域とカテゴリーにおいてハイクォリティのユーザー提供を実現している。

また、同社はiOSでのシェアを独占しており、ゲームカテゴリーにおけるミッドコア以外のグローバルランキングにおいて、iOSプラットフォーム上で最大の非オーガニックインストール数を獲得している。

■南米および東南アジアでAndroid端末の普及が著しく加速
Googleのビデオとディスプレイプレースメントにおける実質的な成長の鍵は、モバイル市場でのAndroidシェアの独占にあると言える。地域別の統計では、特にラテンアメリカ(18%増)と東南アジア(8%増)で最も成長が著しい結果となっている。

■Apple Search Adsが市場での存在感を拡大
アプリストア市場の競争は、ますます激化しており、アプリマーケターはGoogle PlayとApp Storeでのランクアップに大幅な投資を行ってきた。iOS向けのアプリ検索を容易にするApple Search Ads(以下、ASA)は世界のアプリインストール全体のシェアを82%に伸ばしている。この主な要因は、2019年第2四半期にApple Search Adsがさらに42の国と地域でリリースされたことにある。

強力なユーザーインテントシグナル(検索意図モデル)を活用して、ASAは全てのカテゴリにわたってランキングが上昇。2018年下半期(昨期)では、Appleはインデックスにおけるカテゴリーの半数で「クォリティの高いプレーヤー」としてトップ6入りを達成。2019年上半期となる今回は、ゲームと非ゲーム両方のジャンルで、ランキングの60%でトップ3にランクインするなど、全ての分野でトップ6以内のランクを獲得している。

■新ブランドと新製品の台頭、そして新たなビジネスチャンス
TikTok広告は、動画制作ブームの火付け役であるTikTokとTopBuzzニュースアプリの広告基盤として、世界のアプリインストール市場で大旋風を巻き起こしたことは記憶に新しい。これにより中国発の同社の全体のシェアは10倍まで急上昇し、さらにアジア太平洋、北米、欧州、中東、アフリカでも成長を見せている。

TikTok広告はすでにインデックスのトップ10入りを果たしており、TikTokとTopBuzzの大躍進により、同プラットフォームの急成長するマーケティング効果は今後のインデックスにおいてますます力を増していくとみられている。

■日本発の媒体や日本市場のハイライト
ちなみに日本と韓国市場では、各カテゴリーにおいてそれぞれ以下のような自国および海外発媒体が頭角を表しつつあるようだ。

たとえば株式会社サイバーエージェントが提供するDynalyst(ダイナリスト)は、前回に引き続きリターゲティングコンバージョン数とコンバージョンから生まれた収益を掛け合わせたグローバルリターゲティングインデックスにランクインしており、ゲームで8位、ノンゲームでは4位をそれぞれ獲得している。

先述したように量と質を掛け合わせた「パワーランキング」およびインストール合計数を示す「ボリュームランキング」においては、「ドットゲームス」、「フクロウラボ」、および「Zucks Ad Network」等の日本発の媒体がそれぞれ複数のカテゴリーにおいてランクインし、日本と韓国市場での存在感を高めつつある。

また近頃頭角を表している「Moloco Ads」は、「ライフスタイル&カルチャー」のカテゴリーにおいて、「パワーランキング」および「ボリュームランキング」においてそれぞれ6位と5位を獲得している。

インストール、アプリ数、アプリあたりの平均インストール数、そして全体のシェアの伸びなどを組み合わせて算出した「グロース(成長)インデックス」においては、日本と韓国市場でAppDriver、Moloco Ads、nend、seedApp、およびZucks Ad Networkがランクインしている。

■AppsFlyerモバイルインサイト担当責任者Shani Rosenfelder氏のコメント
「振り返ると、グロースインデックスからは一貫した傾向が見て取れます。ほとんどのメディアソースにとって、ランキング入りするのは1回限りです。つまり、競争の激しいこの分野で成長を維持することは非常に難しいため、企業は常に神経を尖らせ、ポテンシャルを認識しながら、現在の地位を維持するために迅速に行動する必要があります。プラス面としては、異なるタイプの製品と品質を売りとする新参企業が登場しているということです。これはこの業界で生き残るためにまだまだ十分なチャンスがあることを示しています。」

■AppsFlyer Japanカントリーマネジャー大坪直哉氏のコメント
「AppsFlyerは、健全な日本のデジタルマーケティング業界の形成を担う一手として、広告主様およびパートナー様にお役立ていただけるインサイト提供の重要性を認識しており、日頃の意思決定およびビジネスの成長にご活用いただけるよう定期的に本調査レポートをリリースしております。人口の減少に伴い日本市場の競争が年々厳しくなる中、マーケターにとって最善の結果が期待できる媒体に予算投資を行うことはこれまで以上に重要さを増しています。本レポートでは、そのような市場背景を認識した上で、マーケターのニーズに答えようとするローカル媒体の姿勢が特に見受けられます。AppsFlyerが、グローバルはもとより、国内でも最も利用される計測ツールとなったことで、本インデックスもより現実を反映した意味のあるものになったと自負しています。」

前述したように最新のインデックス完全版を専用サイトからダウンロードできるので気になる人はアクセスしてみるといいだろう。

2019年上半期(1~6月)の「パフォーマンスインデックス」
AppsFlyer Japan


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
九州新幹線のトンネル内で携帯電話のサービスエリアが拡大
青函トンネルの全区間で携帯電話サービスが利用可能に
NTTドコモ、「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」で5Gプレサービスを提供
G&Rジャパンからハイパーパフォーマンス時計ブランド「Gorilla」の夏モデル登場
「Galaxy S10/S10+」発売を記念して、えなこ×Galaxyコスチュームでツーショット撮影会実施

モバイル・マーケティング
恩蔵 直人
日本経済新聞出版社
2008-01-01






「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」がLINE「Clova」に対応

main

サイバードは、2018年8月7日より、現在推進しているVoice UI事業において、 LINEが提供する AIアシスタント 「Clova(クローバ)」で利用できる「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」の提供を開始した。

■AIアシスタント向けに登場したサービス
「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」は、 Amazon Alexa、 Google Assistant向けに2017年に提供を開始したサービス。音声での対話を通して、クラスの委員長を務める椎名乙葉が知りたい時間を教えてくれる。そのほか、特定の時刻を尋ねると時間に加え、 “肉か魚かで言うと、肉の方が好きです。”などの、彼女のパーソナリティが垣間見える何気ない会話も楽しめる。

なおLINE Clova アプリ内のスキルストアにて 「委員長・椎名乙葉 時間ですよ」や「サイバード」 を検索し、有効化することで利用可能。また、直接対応デバイスに対して「ねぇClova、乙葉の時間を開いて」と話しかけることで、音声のみで、起動することも可能だ。

委員長・椎名乙葉 時間ですよ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
SNK「NEOGEO mini」が人気声優花澤香菜さんと山下誠一郎さんを起用し最新トレーラーを公開
おまいらはまだグンマのインスタ映えを知らない!「#インスタグンマー高崎」専用サイトがじわじわ来てるらしい
“移動に困っている方”と“困っている方を支援したい人”をスマホでつなぐ。JR大阪駅で実証実験を開始
SNKブランド40周年記念キャンペーンの応募作品を紹介するスペシャルムービーを公開
誰もが好きなキャラクターを嫁にできる「Gatebox」の量産モデルが15万円で予約販売開始






愛猫のお散歩ルートやサイクリングのログをとって確認できる超小型GPSデータロガー

1_000000002773

サンコーは、「超小型GPSデータロガー『お散歩ロガー』」を2017年4月19日より発売した。価格は4,480円(税込)。

本製品は、通った経路を記録してくれるわずか14gの超小型のGPSロガー。電源を入れて持ち歩くだけ。記録したログは「Google Earth」を使用して、パソコンで簡単に確認できる。

付属のシリコンカバーを使えばペットの首輪などにも簡単に装着可能。IPX6相当の防水性能を搭載して、多少の雨や水は問題ない。愛猫のお散歩ルートを確認したり、サイクリングの記録をとるのにも便利だ。

■製品仕様
・サイズ/幅40×高さ22×奥行14 (mm)
・重量/14g
・USBケーブル長/145(mm)※コネクタ含まず
・電源/USBより充電 (充電時間:約4時間)
・連続稼働時間/約10時間 ※使用状況により異なる。
・ソフトウエア/Google Earthでログの確認が可能。
※Google Earthの使用方法に関してはサポート外。
・防水機能/IPX6
・記録容量/最大1年分の記録が可能
・ベルト取付サイズ/横向きタイプ 幅15×厚み1.5(mm)程度まで
        縦向きタイプ 幅27×厚み1.5(mm)程度まで
・内容品/本体、シリコンカバー×2、USBケーブル、日本語取扱説明書
・保証期間/6か月


6_000000002773

7_000000002773


超小型GPSデータロガー「お散歩ロガー」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
世界初!SF映画の世界がいよいよ現実に!NTTドコモ「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発
「大人なガリガリ君マンゴー」を発売
LINE、熊本市と「情報活用に関する連携協定」を締結
「東京ゲームショウ2017」の「インディーゲームコーナー」「SENSE OF WONDER NIGHT」募集受付を開始
どLINE FRIENDS、心斎橋オーパB2Fにポップアップストアを展開




今日は「秋分の日」! 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ

Google

今日は「秋分の日」だ。Google検索のトップページには、秋らしいイラストになっており、可愛らしい石のキャラクターがアニメーションで表示される。しばらく見ていると、枯葉がヒラヒラと漂うのが見られる。

イラストをクリックすると、「秋分の日 2016」が検索される。

秋分の日は、日本国民の祝日のひとつだ。
「昼と夜の長さが同じになる日」と言われているが、大気差や太陽の視直径、日周視差などの影響により、実際は昼の方が若干長い。

秋分の日は、1948年(昭和23年)に公布・施行された「国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)」によって制定された。
「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。」ことを趣旨としている。

興味を持った人は、インターネットで調べてみるとよいだろう。

秋分の日 - ウィキペディア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
どういう趣旨か、知ってる? 今年から実施された国民の祝日「山の日」
Googleロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念するアニメーションに!
Googleロゴがハウルの動く城の原作者の生誕80周年を記念したアニメーションイラストに
TGS注目のタイトル「V!勇者のくせになまいきだR」【TGS2016】
動物写真家の前川貴行氏の写真展「MAEKAWA-- The world of animals --」を開催へ







どういう趣旨か、知ってる? 今年から実施された国民の祝日「山の日」

国民の祝日「山の日」


今日(2016年8月11日)は「山の日」だ。「山の日」は2014年に制定され、2016年に施行された日本国民の祝日のひとつであり、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことを趣旨としている。

「山の日」を制定するにあたり、日本山岳会をはじめとする全国「山の日」協議会加盟諸団体などから意見を受け、盆休みと連続させやすいことから8月11日を「山の日」とすることになった。

本日のGoogleロゴは、山の絵となっている。ロゴをクリックすると、「山の日 2016」が検索されるので、興味をお持ちの方は調べてみるとよいだろう。

Google

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

Googleロゴの記事をもっと見る
Googleロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念するアニメーションに!
Googleロゴがハウルの動く城の原作者の生誕80周年を記念したアニメーションイラストに
本日4月22日はアースデイ! Googleロゴもアースデイに合わせてアニメーション仕様に!
本日は「春分の日」! 関東では春一番も吹きGoogleロゴも春仕様に
私たちは忘れない! あの日から3年、本日3月11日は東日本大震災が発生した日









5月6日は何の日? 本日は、精神分析学者フロイト氏の誕生日

「本日は桃の節句3月3日! Googleロゴもひな祭り仕様に!」でGoogleロゴを紹介したが、Googleは何か特別な日には、ロゴを変えてくる。

本日、5月6日も特別な日だ。

続きを読む

本日は桃の節句3月3日! Googleロゴもひな祭り仕様に!

2月29日に『Googleロゴが4年に1度のうるう年、2月29日を祝うアニメーションに』でGoogleロゴが4年に1度だけ存在している2月29日(うるう年)を祝うアニメーションになっているのをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴが4年に1度のうるう年、2月29日を祝うアニメーションに

2月22日に『Googleロゴが日本人で初めて世界に名を轟かせた女性オペラ歌手の132周年を記念するイラストに』でGoogleロゴが日本で初めて国際的に有名になったオペラ歌手の生誕132周年を祝うイラストになっているのをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴが日本人で初めて世界に名を轟かせた女性オペラ歌手の132周年を記念するイラストに

2月17日に『Googleロゴが聴診器を発明したフランス人医師の生誕235周年を記念するイラストに!』でGoogleロゴが聴診器を発明したフランスの医師の生誕235周年を祝うイラストになっているをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴが聴診器を発明したフランス人医師の生誕235周年を記念するイラストに!

2月8日に『Googleロゴが元素周期表を発案したロシア人化学者の生誕182周年を祝うイラストに』でGoogleロゴがロシアの化学者で元素周期表を作成し、その周期律を元に、発見されていなかった元素の存在を予言したことで知られている人物の生誕130周年を祝うイラストになっているのをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴが元素周期表を発案したロシア人化学者の生誕182周年を祝うイラストに

1月28日に『Googleロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念するアニメーションに!』でGoogleロゴが八木アンテナの発明者として知られる電気工学者の生誕130年を祝うアニメーションになっているのをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念するアニメーションに!



1月27日に『Googleロゴが米国で活躍した女性天文学者の生誕75周年を祝うイラストに!』でGoogleロゴがイギリス生まれで、米国で女性天文学者、宇宙物理学者として活躍したであるベアトリス・ティンズリーの生誕75周年を祝うイラストになっているのをお伝えした。
続きを読む

Googleロゴが米国で活躍した女性天文学者の生誕75周年を祝うイラストに!

1月22日に『Googleロゴが辛さを示す値を決めた薬剤師の生誕151周年を祝うミニゲームに!』でGoogleロゴがアメリカの薬剤師で辛さのレベルを数値化したことで知られるウィルバー・スコヴィルの生誕151周年を祝うミニゲームになっているのをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴが辛さを示す値を決めた薬剤師の生誕151周年を祝うミニゲームに!

昨日(1月21日)に『Googleロゴがスペインのロマ民謡の歌手兼ダンサーの生誕93周年を祝うイラストに』でGoogleロゴがスペイン・ロマ民謡の歌手兼踊り子、さらに女優もこなすロラ・フローレスの生誕93周年を祝うイラストになっているのをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴがスペインのロマ民謡の歌手兼ダンサーの生誕93周年を祝うイラストに

1月19日に『Googleロゴがスイス人抽象画家の生誕127周年を記念するイラストに』でGoogleロゴがスイスの抽象画家兼デザイナーであり、彫刻家ジャン・アルプの妻でもあったゾフィー・トイバー・アルプの生誕127周年を記念するイラストになっているのをお伝えした。

続きを読む

Googleロゴがスイス人抽象画家の生誕127周年を記念するイラストに

1月12日に『懐かしい童話イラストが複数楽しめる! Googleロゴが童話集作者の生誕388周年を記念したイラストに』でGoogleのロゴが、ペロー童話集という民間伝承の童話をまとめたことでよく知られるシャルル・ペローの生誕388周年を記念するイラストになっているのをお伝えした。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ