ITライフハック

Honda

CASIO『EDIFICE』!Xiaomi初の人型ロボット「CyberOne」を発表【まとめ記事】

sEQB-2000HR

カシオ計算機は、「Speed and Intelligence」をコンセプトとした腕時計“EDIFICE(エディフィス)”の新製品として、「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」の車体の赤バッジに使用される赤色の塗料を文字板パーツに採用したコラボレーションウオッチ『EQB-2000HR』を2022年9月30日に発売する。メーカー希望小売価格は、7万7,000円(税込)。
Xiaomiは、2022年8月11日に開催した新製品発表会にて、Xiaomi初の人型ロボット「CyberOne」を発表した。

Type-Cコネクタを採用!アイソレーションテンキー
サンワサプライ株式会社は、Type-Cコネクタ採用のアイソレーションテンキー「NT-18CUBK」「NT-18CUHBK(USB2.0ハブ付き)」を発売した。「NT-18CUBK」「NT-18CUHBK」は、USB Type-Cコネクタを搭載したパソコンで使用できる有線テンキー。キーとキーの間に間隔があるアイソレーション設計で、隣り合うキーに触れにくく入力ミスを防げる。長い爪でも引っかかりにくく、女性でも安心。キーピッチはデスクトップキーボードと同じ19mm。軽快なキー入力が可能な薄型メンブレンタイプだ。


Honda Racingとコラボ!通称「赤バッジ」の塗料を文字板に採用した、CASIO『EDIFICE』
カシオ計算機は、「Speed and Intelligence」をコンセプトとした腕時計“EDIFICE(エディフィス)”の新製品として、「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」の車体の赤バッジに使用される赤色の塗料を文字板パーツに採用したコラボレーションウオッチ『EQB-2000HR』を2022年9月30日に発売する。メーカー希望小売価格は、7万7,000円(税込)。


Xiaomi、自社初の人型ロボット「CyberOne」を発表
Xiaomiは、2022年8月11日に開催した新製品発表会にて、Xiaomi初の人型ロボット「CyberOne」を発表した。加えて、スマート電気自動車の研究開発を進めている「シャオミ・パイロット・テクノロジー」(Xiaomi Pilot Technology)について、最新進捗状況のプレゼンテーションを行った 。


キングコング西野亮廣がデザイン監修!ゴミNFTコレクション『Poubelle』がOpen Seaで販売
株式会社 CHIMNEY TOWNが運営協力するDAOコミュニティ「CHIMNEY TOWN DAO (以下、CTD)」は、週に1体ずつ描きおろしの1点物のゴミのNFTコレクション「Poubelle」(読み:プベル)を2022年8月29日(月)よりオークション形式にて販売する。


秋もパワーチャージ!ランチタイム『コスパランチ』がフルリニューアル
中華料理店「れんげ食堂Toshu」「中華東秀」を展開しているイオングループのオリジン東秀株式会社は、8月25日(木)より、ランチメニュー「コスパランチ」をフルリニューアルする。『コスパランチ』は、毎日オープンから17時まで限定で、お得な価格で提供するランチメニュー。今回、『コスパランチ』のメニューがフルリニューアルし、涼しくなる秋に向けて定食&麺メニューが登場。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ビデオ・写真・録音・再生・Webカメラをこの1台に!1080P次世代レコーダー「X5」
最大100Wの出力に対応、ポータブル電源やUSB機器へ給電できる!ポータブルソーラーパネル
有線と無線接続に対応!ネックスピーカー
アルミを使用した軽量仕様!プロジェクタースクリーンフック
ケーブルを繋げなくても、ライトが点く!充電式トレース台






Honda Racingとコラボ!通称「赤バッジ」の塗料を文字板に採用した、CASIO『EDIFICE』

sEQB-2000HR

カシオ計算機は、「Speed and Intelligence」をコンセプトとした腕時計“EDIFICE(エディフィス)”の新製品として、「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」の車体の赤バッジに使用される赤色の塗料を文字板パーツに採用したコラボレーションウオッチ『EQB-2000HR』を2022年9月30日に発売する。メーカー希望小売価格は、7万7,000円(税込)。

■赤バッジの精悍なレッドをまとった高機能ウオッチ
「Honda Racing」は、本田技研工業株式会社(以下、Honda)が世界で展開するモータースポーツ活動の総称。「Honda Racing」と“EDIFICE”は、ともに高度な技術を駆使した日本発のブランドとして世界へ挑み続ける姿勢が相通じることから、2018年よりコラボレーションを行っている。

sEQB-2000HR
EQB-2000HR


『EQB-2000HR』は、フォーミュラカーのサスペンションから着想を得たケースデザインの「EQB-2000」をベースモデルに、Hondaで受け継がれてきた赤バッジの精悍なレッドをまとった高機能ウオッチ。赤バッジは、1964年に日本の自動車メーカーで初めてF1に参戦した「RA271」をルーツに、市販車では速さを追求したTYPE R車のみに装備され、Hondaのレーシングスピリットを象徴するもの。

sアルカンターラを採用した人工皮革バンド
アルカンターラを採用した人工皮革バンド


このバッジに用いられる赤い塗料を使って文字板中央のX型パーツにカラーリングし、象徴的なアイコンとすることで精悍さと力強さを兼ね備えたデザインにまとめた。また、文字板の3時位置には、今年刷新された「Honda Racing」の「HRC」ロゴをレイアウトしたほか、裏蓋に1962年にHondaが建設した鈴鹿サーキットの開場60周年の記念ロゴを刻印している。

さらに、TYPE Rの内装にも使われ、耐久性、通気性に優れ肌触りが良い人工皮革のアルカンターラをバンドに採用。レースに情熱を注ぐHondaの世界観を表現したモデルに仕上げている。

s鈴鹿サーキットの開場60周年を記念した特別ロゴ
鈴鹿サーキットの開場60周年を記念した特別ロゴ


機能面では、太陽や蛍光灯の光で駆動するタフソーラーとBluetoothによるモバイルリンク機能を搭載している。専用アプリ「CASIO WATCHES」と接続することで自動での時刻修正に加え、ワールドタイムの時刻を簡単かつ直感的に設定が可能だ。さらには、時計で計測したストップウオッチのデータをアプリへ転送・表示ができ、レース活動をサポートする。

sHondaの赤バッジの塗料を採用したX型パーツ
Hondaの赤バッジの塗料を採用したX型パーツ


「EQB-2000HR」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ビデオ・写真・録音・再生・Webカメラをこの1台に!1080P次世代レコーダー「X5」
最大100Wの出力に対応、ポータブル電源やUSB機器へ給電できる!ポータブルソーラーパネル
有線と無線接続に対応!ネックスピーカー
アルミを使用した軽量仕様!プロジェクタースクリーンフック
ケーブルを繋げなくても、ライトが点く!充電式トレース台






EDIFICEとHonda Racingがコラボ! CASIOの腕時計「EFS-560HR」

img01_l

カシオ計算機は、「Speed and Intelligence」をコンセプトとした高機能メタルウオッチ「EDIFICE(エディフィス)」の新製品として、「Honda Racing(ホンダ・レーシング)」とのコラボレーションモデル「EFS-560HR」を2020年10月9日より発売する。

■サーキットをデザインをモチーフにした
「Honda Racing」は、本田技研工業株式会社(以下、Honda)が世界で展開するモータースポーツ活動の総称。同社がサポートをしているF1チーム「Scuderia AlphaTauri(スクーデリア・アルファタウリ)」へ、パワーユニットを供給していることでも注目を集めている。「Honda Racing」と「EDIFICE」は、ともに高度な技術を駆使し、ジャパンブランドとしての誇りを持って世界へ挑戦し続ける姿勢が相通じることから2018年よりコラボレーションを開始した。

img02_l

第4弾目のコラボレーションモデルとなる「EFS-560HR」は、レースを通じて培った技術を市販車の開発に還元するHondaと、同じくレーシングチームへのヒヤリングを通じて時計の技術開発を行う「EDIFICE」の共通項として、象徴的なサーキットをデザインのモチーフとした。文字板には、路面のアスファルトを模した特殊加工を施したほか、文字板の円周とインダイアルにはサーキットの縁石をイメージした赤のアクセントを採り入れるなど、こだわりのデザインに仕上げている。

img03_l

ベゼルには、モータースポーツと親和性の高いカーボン素材を採用。メカニックのハードな使用シーンを想定し、バンドは、素材にCORDURAファブリックを表面に用い、さらにケブラー繊維をインサートしている。また、風防には傷がつきにくいサファイアガラスを備えたほか、ソーラー充電にも対応し実用性も確保しました。文字板やバンド、裏蓋には「Honda Racing」のロゴを随所に刻印しています。専用パッケージも用意し、「Honda Racing」を応援する思いを盛り上げるコラボレーションモデルだ。

img04_l

主な仕様
防水性:10気圧防水
ストップウオッチ:1秒計測、 30分計、スプリット付き
その他の機能:バッテリーインジケーター表示、日付表示
使用電源:ソーラー充電システム
連続駆動時間:フル充電時から運針停止までの駆動時間:約6カ月
常温携帯精度:平均月差±20秒
大きさ:50.2×45.4×10.3mm
質量:約84g

<お問い合わせ電話番号>
 カシオ お客様相談室 03-5334-4869(時計専用)

EFS-560HR

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
軽量デザインポケット「202ベルトポケット」、Philippe Salaün写真展「猫や犬など動物達」
球体デザインと10インチのHDスクリーンモデル! 新しいAmazon Echoシリーズを発表
MacBook Proに最適! 100W出入力ワイヤレスモバイルバッテリー「SUPER」
MacやiPhone、Windows、Androidで使える!タイプライター風メカニカルキーボード「Rymek Full Black Edition」
直感的に操作ができる!サンワサプライ、ワンボタンプレゼンリモコン「200-LPP045」






これはすごい! アイルトン・セナのスーパーラップ再現プロジェクトが完成 その全貌が明らかに!

ブラウザで見る3D CGによるスーパーラップの再現


第43回東京モーターショーで音速の貴公子アイルトン・セナの24年前のスーパーラップを再現する特別コンテンツ展示」で紹介したようにHondaは、2013年11月20日(水)から12月1日(日)まで開催された東京モーターショー2013のHondaブース内にて、1989年に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本グランプリで孤高の天才F1パイロット「アイルトン・セナ」が記録した世界最速ラップの1周分のエンジン音と走行軌跡を様々な視点から体験することができる、特別コンテンツを展示したことをお伝えした。


続きを読む

第43回東京モーターショーで音速の貴公子アイルトン・セナの24年前のスーパーラップを再現する特別コンテンツ展示

Sound of Honda/Ayrton Senna 1989.


Hondaは、11月20日(水)から開催される「第43回東京モーターショー」のHondaブース内にて、1989年に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本グランプリでアイルトン・セナが記録した世界最速ラップ(スーパーラップ)の1周分のエンジン音と走行軌跡を様々な視点から体験できる特別コンテンツを展示する。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ