ITライフハック

Ink

二画面分割の機能が便利! 13.3インチE Inkタブレット「BOOX Max Lumi」

sub14

ONYX Internatinalの正規代理店であるSKTは、13.3インチのE Inkパネルにフロントライトが搭載された「Boox Max Lumi」を、自社店舗であるSKTNETSHOP、Amazon.jp及びYahooショッピング!にて発売した。

■PDFをめくる時の速度や手書きの描画性能が向上
BOOX Max lumiは13.3インチE Inkパネルにフロントライトを搭載した世界で最初のAndroid E Inkタブレットだ。アップグレードされたCPUとAndroid10搭載により、PDFをめくる時の速度や手書きの描画性能が向上した。また、各種Androidアプリのレスポンスもよくなっている。
main

フロントライトは32段階で調整可能(暖色及び寒色)です。お部屋や周囲の環境に合わせて色を調整することができる。
バッテリーは大容量の4300mAh搭載。スタンバイ状態では6週間も動作する。
クイックチャージ4.0により、Max Lumiは2時間で満充電の3分の2まで給電できる。
sub2

Android10の標準機能である二画面分割機能をサポート。異なるAndroidアプリを左右に表示することができる。英語のPDFをドイツ語などの他の言語に翻訳して二画面で表示することも可能だ。
sub10

製品紹介ページ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
バッファローが継承。2021年春、発売決定! ネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」
柔らかな光と高音質サウンドで自然な目覚めを誘う! Bluetoothスピーカー「JBL HORIZON 2」
超高精細4Kドライブレコーダー! 「AUKEY DR02J」進化版が40%オフ
東京2020 オリンピック・パラリンピック公式テレビ!パナソニック、有機ELビエラ HZ2000シリーズ2機種を発売
ソファでも使える自分だけの歩けるこたつ!サンコー「おひとりさま用着るこたつ」






なめらかな書き心地、デジタルノート「フリーノ」

デジタルノート「フリーノ」

キングジムはデジタルノート「フリーノ」を2020年7月31日より発売する。
文房具の温かさを残しつつ、デジタルならではの機能性により「手書き」の良さを追求した商品となっている。
価格はオープンプライス。

■紙のノートの不満を解決
「フリーノ」は、紙のノートの不満を解決するために誕生したデジタルノートだ。
手書きのノート機能に加え、PDFの閲覧や書き込みができるドキュメント機能、ノートとの紐づけも可能なカレンダー機能を備えた。最大約87,000ページ分を保存できる。

画面には、E Ink社の電子ペーパーディスプレイを採用した。
明るさと色味を調整できるフロントライトの搭載により、暗い場所でも使用可能だ。
また、ワコム製のデジタイザとデジタルペンを採用し、紙に書くようなスムーズな書き心地を実現した。

保存したデータはUSBケーブル、microSDカード、オンラインストレージサービスのDropboxとデータ連携が可能だ。
ボディカラーは日常に溶け込みやすいナチュラルなマットベージュを採用した。
別売の専用カバーは素材にクラフトペーパーを採用し、心地のよい手触りと使うほどに馴染む経年変化を楽しめる。

なお、本製品は一般発売に先駆けて2019年12月より約3ヵ月間クラウドファンディングを実施し、目標金額の10倍以上にあたる約6,000万円の支援を集めることに成功した。

デジタルノート「フリーノ」02


デジタルノート「フリーノ」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
キヤノン、デジ一眼「EOS R6」発売へ!EOS初のボディー内5軸手ブレ補正を搭載
新世代ラッパー「Rin音」とコラボ!Soundcore初のプロモ「#夏の願い2020」を始動
家庭用エアコンと同じ方式!片手で持ち運べる「ワイルドクーラー」
ラベルライターP-TOUCH CUBEに新製品!ブラザー「PT-P910BT」オンライン発表会
腕が回らなくても長い柄と電動ブラシで背中の隅々まで洗える超便利な電動回転ブラシ「孫の手ウォッシュFive」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ