ITライフハック

International

野村SRIイノベーション・センター、新メンバー企業を発表!2022年に向けてメンバーシップ拡大を計画

002

SRIインターナショナル(以下、SRI)と野村ホールディングス株式会社(以下、野村ホールディングス)は2021年12月17日、カリフォルニア州メンローパークのSRIメインキャンパス内の野村SRIイノベーション・センター(以下、NSIC)が、アサヒグループホールディングス株式会社の独立研究子会社であるアサヒクオリティーアンドイノベーションズ株式会社、昭和電工株式会社をはじめとする複数の企業を新たにメンバー企業として迎えることを発表した。

■2022年にさらなるメンバー企業の募集を検討
新メンバー企業は、既にプログラムに参加している株式会社大林組、株式会社静岡銀行、株式会社野村総合研究所、株式会社ハーモニック・ドライブ・システムズ、株式会社村田製作所など、各産業を代表する創設メンバー企業に加わることになる。シリコンバレーは、オープンイノベーションにおいて重要な役割を担い続けることが期待され、徐々に様々なイベントや会合が再開されてきており、従前の勢いを取り戻しつつある。NSICでは、2022年にさらなるメンバー企業の募集を検討している。

NSICは、SRIと野村ホールディングスのパートナーシップを記念して、9月下旬にオープニング・セレモニーを開催し、シリコンバレー現地にて参加可能な参加者だけではなく、COVID−19による渡航制限の影響によって現地参加が困難な日本の参加者もリモートで参加した。基調講演では、NASAエイムズ研究センターのChief RoboticistであるTerry Fong氏と、SRI Venturesからのスピンアウト企業LeoLabs, Inc.のCEOであるDan Ceperley 氏が、宇宙および軌道追跡に関するディープテックの知見を紹介した。

野村ホールディングスのインベストメント・バンキング グローバル・ヘッドの後藤 匡洋は、
「メンバー企業をお迎えしオープニング・セレモニーを無事に開催できたことを嬉しく思います。SRIと連携し、メンバー企業の皆様とともにイノベーション追求の実践的な場をご提供できるように努めて参ります。当社は、引き続きクライアント企業の成長と企業価値の向上に資するサポートをしていきたいと考えています」
と述べている。

003


■3日間集中のキックオフ・イベントを開催
セレモニーの翌週、NSICでは3日間集中のキックオフ・イベントが開催され、メンバーはプログラムの4つの主要トラック(テクノロジー、イノベーションプロセス、スタートアップ、シリコンバレー・イマージョン)に参加した。シリコンバレーエコシステムのオピニオンリーダーたちは、シリコンバレーのイノベーションに注目し、ビジネス、テクノロジー、システムのイノベーションのタイプを分類する双方向型のセッション等、様々な演習を通じてメンバーにその知見を共有し、また、SRIの主任研究員や外部の各分野のリーダーたちが、AI技術、ディープアダプティブセマンティックロジック(DASL)※、経験に基づくマインドセットの育成等、キーとなる見識を共有した。

さらに、日本企業がシリコンバレーでどのように成功を収めてきたかを紹介するゲストパネルセッションも開催された。
今後、メンバー企業にはNSICを通じて新しいコンテンツやツールについて探究し、新しいアイデアを実践で試すことを通じて得た学びを自社で活用していくことが期待される。
※ディープアダプティブセマンティックロジック(DASL):
https://dish-japan.sri.com/n/n357aa20db512

NSIC の所長である Chris Cowart(クリス・コワート)は、
「NSIC では、シリコンバレーのエコシステムを本格的かつ活気に満ちた形で体現して、長期的なパートナーシップの構築と強化を図りたいと考えています」
と述べている。

001


なお、NSICのメンバーシップについての詳細は、野村SRIイノベーション・センターの公式サイトを参照のこと。

Photo Credit: SRI International

野村SRIイノベーション・センター

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
AIがプロの肩もみを再現!AIイナダチェア「ショルダープロ」で社員の健康を改善
DXの羅針盤となるシミラーウェブのデジタルインテリジェンス!「DIGITAL EGDE TOKYO 2021」開催
“セキュリティ人材”不足の解消に貢献!サイバーセキュリティサービス「WafCharm for Google cloud」発表会
敷布団は干すから「高温スチーム除菌・消臭・乾燥」へ!TOSEI展示会
投資初心者が気軽に資産運用できる!かんたんスマホ投資「ferci」説明会






IT業界の2013年動向を見る 2013年International CES関連記事まとめ



毎年、年始に最先端のITテクノロジーやデジタル家電、新製品のお披露目となる場所が米国ネバダ州ラスベガスである。今年2013年は1月8~11日(火~金)にかけて世界最大の消費者向けテクノロジートレードショー「International CES」(CES=Consumer Electronics Show:コンシューマー・エレクトロニクス・ショー、開催者:CEA)が開催された。

砂漠の中の人口都市、カジノの都、ギャンブルのイメージが強いラスベガスは、この時期気温が零下になり雪が降ることもあるオフシーズンにも関わらず、大勢のIT関係者やメディアが押し掛けCES一色に染まる。4日間で15~16万人が来場するため、この期間中は会場近くのホテルは宿泊代金が軒並み高騰し、会場となるLas Vegas Convention Center and World Trade Center(LVCC)近くのホテルから埋まっていく。

続きを読む

直行便も運行される家電ショーのCES 航空券は高騰気味行くなら早めに【デジ通】



新年一発目の大規模展示会として約1か月後の2013年1月8日にアメリカのラスベガスで「2013 International CES」が開催される。CESとは「Consumer Electronics Show」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)の略で日本では「セス」や「シーイーエス」などと言われている家電やIT機器関連の一大イベントだ。

近年はドイツで開催されるIFAなども規模を増し、大きな会社は自社イベントにも力を入れるなどしてきており、CESでお披露目される新製品や新技術は少なくなってきている。しかし、市場的にはかなり大規模の北米を対象にしたCESは、その年の最初に行われることもあり、その年の1年間のトレンドを知るには重要なイベントに位置づけられている。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ