ITライフハック

JBL

ポータブルBluetoothスピーカー!ハーマン「JBL GO3」新登場

sub2

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてポータブルスピーカー2年連続販売台数No.1に輝く「JBL」ブランドより、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL GO」シリーズの最新モデル「JBL GO3(ゴー3)」を、2020年11月13日(金)より発売する。一部カラーは11月下旬発売予定。

■フルリニューアルして新登場
「JBL GO」シリーズは、2015年の初代「JBL GO」発売以来、全世界累計で3,200万台の販売数を誇るポータブルBluetoothスピーカーだ。シリーズ最新作である「JBL GO3」は、「JBL GO」シリーズ伝統の「ウルトラコンパクトなサイズ感」を継承しつつ、音質と外観デザインをゼロから再設計し、よりアクティブに高音質で楽しめるようフルリニューアルして新登場する。

約209gと手のひらサイズのコンパクトな筐体でありながら、本モデルのために新たに設計したJBL独自の43×47mm径フルレンジスピーカー(1基)とパッシブラジエーターを装備しており、サイズを超えた広がりと奥行きがある高音質を楽しめる。また、ボディの全周には、インテリアテキスタイルやアクセサリー小物のようにファッションに調和する、温かみのあるファブリック素材を採用。サイドには持ち運びにも便利でどこにでも引っかけることができる、耐久性の高い落下防止用のストラップを装備するなど、デザインも大胆な革新を遂げた。
sub1

カラーは、鮮やかでアクティブな全6色(ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、オレンジ、ピンク)のバリエーションを用意した。ブラック、ブルー、レッド、ホワイト、ピンクの5色はボディとロゴのカラートーンを併せた「TONE on TONE(トーンオントーン)」、 前モデルから大人気のオレンジには、ベースカラーとハイコントラストカラーを組み合わせた「Bi-Color(バイカラー)」を採用。コンパクトでデザイン性も高いため、ファッションアイテム感覚でも使える。

さらに、本モデルより防水機能に加え、新たに防塵機能を搭載したIP67を採用。万が一の水没にも対応しているため、水辺での使用や砂埃などが気になる屋外でも安心して使える。本体側面に搭載された充電端子(USB Type-C)も防水・防塵対応のため、ボディが汚れてもそのまま丸洗いが可能だ。前モデルに引き続き、約2.5時間の充電で、最大約5時間のワイヤレス再生が可能なため、キッチン周りでの使用や、そのほかの屋外などあらゆるシーンでも活躍する。

昨今の著名なアーティストの相次ぐ楽曲配信解禁により、日本での2019年の音楽ストリーミング配信の再生回数は前年の1.6倍に拡大するなど、音楽ストリーミング配信サービスの充実と普及によって、より身近で自由に音楽を楽しむことができるようになっている。こうした背景から、ポータブルBluetoothスピーカーは益々需要が高まることが予想され、今回フルモデルチェンジを果たした「JBL GO3」は、幅広いシーンでアクティブに活躍し、音楽ストリーミング時代にふさわしいポータブルBluetoothスピーカーとして、音楽のあるライフスタイルを提供する。
sub3

ハーマンインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
iPhone 12シリーズと一緒に使いたい!AUKEYスタッフ、イチオシの急速充電器はコレ
ペットボトルのお水を約2秒で沸かせる!サンコー、瞬間湯沸かしケトル「ホットウォーターサーバーmini2」
超小型折りたたみ式2ポートUSB充電器!AUKEY「PA-U32」がセール特価799円
大人が遊べるトイカメラ! ソ連が生んだ希少な「LOMO SMENA 8M」
ちょっとした気になるゴミを吸引! サンワサプライ、卓上クリーナーを発売






柔らかな光と高音質サウンドで自然な目覚めを誘う! Bluetoothスピーカー「JBL HORIZON 2」

main

ハーマンインターナショナル株式会社は、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランドであり、日本においてポータブルスピーカー2年連続販売台数No.1に輝く「JBL」ブランドより、柔らかな光とJBLならではの高音質サウンドで心地よい目覚めを提供するアラームクロック付きのBluetoothスピーカー「JBL HORIZON 2(ホライズン2)」を、2020年10月9日(金)より発売する。

■使いやすさに磨きをかけたアップデートモデル
「JBL HORIZON 2」は、2015年に本体にアラームクロックを搭載しながらFMラジオやスマートホンの音楽も楽しめる、今までにないBluetoothスピーカーとして登場した「JBL HORIZON(ホライズン)」の機能とデザインをより向上させ、さらに使いやすさに磨きをかけたアップデートモデルだ。

本製品は、「JBL HORIZON」の多機能さを継承しつつ、モダンで高級感のあるファブリック素材と柔らかな光のLEDアンビエントライトによって、より高いインテリア性を実現した。ハーフミラー仕上げのディスプレイ部、そしてブラックで統一されたボディは、上質な存在感を放ちながらも温かみのある質感が特徴だ。

sub3

モダンなビジュアルに仕上げているので、どんなテイストのお部屋にも自然と溶け込むインテリアとしても使える。また、ボディの背面全体に装備されたライティング面積の広いLEDアンビエントライトは、アラームとリンクして朝日が登るように徐々に発光することで、自然で快適な目覚めをサポートする。さらに、本製品より新たにボディ上部に回転式の大型ロータリーノブを設置している。このノブひとつで、アラームをはじめ音や光など、様々な調節が直感的にできるようになった。

本製品に搭載されたアラームクロックは、ライフスタイルに合わせて2パターンのタイムセットが可能だ。アラーム音は、内蔵されたオリジナルトーンの他に、ワイドFMに対応したラジオも選べる。3つのプリセットボタンによってお気に入りのラジオ局を登録し、ボタンを押すだけですぐに視聴できるよう設計した。

また、コンパクトなボディには最大出力4Wのスピーカーを2基搭載しており、スマートホン、PC、タブレットなどのデバイスと接続することで、単なるアラームクロックではなくJBLならではの上質な音を楽しめるスピーカーとしても使える。サイドには電力供給専用のUSBポートを2基装備しているため、ベッドサイドに置いた本製品とスマートホンやタブレットなどを接続して給電する、などといった使用が可能だ。

「多彩な機能を備えたデザイン性の高い「JBL HORIZON 2」で、JBLならではの高音質と心地よい目覚めをご体感ください。」

sub1

【主な仕様】
製品名:JBL HORIZON 2(ホライズン 2)
タイプ:アラームクロック付きBluetoothスピーカー
カラー:ブラック
Bluetooth:バージョン 4.2
オーディオ入力:Bluetooth、外部音声入力
最大出力:最大8W (4W × 2)
使用ユニット:38mm × 2
周波数特性:75Hz–20KHz (-6dB)
サイズ(H x W x D) :162 × 178 × 75.7(mm)
重量:約810g
付属品:電源アダプタ、FMアンテナ
発売日:2020年10月9日(金)
価格:オープン価格 ※JBLオンラインストア販売価格11,800円(税抜)

JBLオンラインストア

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
超高精細4Kドライブレコーダー! 「AUKEY DR02J」進化版が40%オフ
東京2020 オリンピック・パラリンピック公式テレビ!パナソニック、有機ELビエラ HZ2000シリーズ2機種を発売
ソファでも使える自分だけの歩けるこたつ!サンコー「おひとりさま用着るこたつ」
完全ワイヤレスイヤホンとスピーカーが融合! 一台三役の「Duolink Go」
Galaxy初のオープンイヤー型で快適な着け心地! 「Galaxy Buds Live」体験会レポート






待望のモデル日本上陸!迫真サウンドとプロ向けの装用感日本未導入だったゲーミングヘッドセット「JBL Quantum 400 / 100」正式発売

sub3

ハーマンインターナショナルは、世界的オーディオブランドJBLより、独自のゲーミング用音響技術を搭載し、これまでにないリアルで迫力のあるサウンドを実現したゲーミング用ヘッドセット「JBL Quantum」シリーズに、「JBL Quantum 400 / 100」の2モデルを追加した。2020年6月26日(金)より発売。

今回発売となる「JBL Quantum 400」、「JBL Quantum 100」は、すでに米国などでは発売済みの中核モデルで、待望の日本正式発売となる。

「JBL Quantum 400」は現在発売中の同シリーズ・フラッグシップモデル「JBL Quantum ONE」を踏襲。「JBL QuantumSOUND ™」、「JBL QuantumSURROUND™」、「JBL QuantumENGINE ™」に対応している。これにより、ヘッドホンを使用した際の頭内音場がヨコ方向だけでなくタテ方向にも広がり、広大で立体的なサウンドを実現した。

また、プレーヤー間のスムーズなコミュニケーションを可能にするため、マイク部を押し上げることですぐにミュートに切り替わるフリップアップブームマイクを搭載。さらにイヤーパッドにはメモリーフォームクッションを使用している他、軽量デザインを実現しているため、長時間でも快適に使うことができ、ゲームへの集中が途切れることはないだろう。

「JBL Quantum 100」は、上位モデル同様の「JBL QuantumSOUND ™」とメモリーフォームクッションを使用した、軽量デザインのベーシックモデル。 φ3.5mmオーディオ接続採用により、さまざまな機器への接続が可能。ゲーム初心者から本格的に楽しみたい人まで、幅広いプレーヤーに対応する。

sub1


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
関東の梅雨入りで井の頭線線路わきの紫陽花(アジサイ)が超見頃!走行中の電車からの紫陽花動画も公開中
ローソンの「からあげクン」が宇宙に!「スペースからあげクン」正式に宇宙日本食を認証
2か月ぶりに再開!大井川鐵道のSL列車かわね路号井川線(南アルプスあぷとライン)が6月20日(土) より営業運転を再開
おなじみの車やキャラクター、宇宙船などの世界の名作を忠実に再現!!レゴジャパンが「大人のレゴ」を発表!
ファミリー向けドームテントとオープンタープが一体化!新構造のコールマン「タフオープン2ルームハウス」






淡く華やかなイルミネーションに際立つデザイン!360度全方位に広がる高音質サウンドを実現したJBLのポータブルBluetoothスピーカー「JBL PULSE4」

PULSE4

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、LEDライティングによる躍動感のあるイルミネーションと高音質サウンドが360度全方位に広がるプロダクトデザインを採用した、ポータブルBluetoothスピーカー「JBL PULSE4(パルス4)」を2020年6月19日(金)に発売する。価格はオープンプライスで、JBLオンラインストア販売価格は1万9,800円(税別)。

「JBL PULSE4(パルス4)」は、華やかなイルミネーションが特徴の「JBL PULSE」シリーズの機能を継承しつつ、筐体デザインをより美しく進化させたポータブルBluetoothスピーカー。

ボディ全体に搭載されたLEDライティングにより、美しく躍動感のあるイルミネーションを演出。リビングやベッドルームはもちろん、防水(IPX7)対応により、バスルームでのリラックスタイムをはじめ、屋内外の水濡れが気になる場所でも安心して利用できる。

また、本体からイルミネーションのテーマを切り替えでき、JBL Connectアプリ(無料)を使えば、好みに合わせてライティングをカスタマイズすることも可能だ。さらに複数台のPULSE4を利用するときは、スピーカー本体をシェイクすることでテーマを同期させることができる。

音質面では、本体上部に大口径57mmドライバーユニット、底面にパッシブラジエーターを搭載。その筐体デザインと合わせて、 360度に広がる高音質サウンドを実現した。JBLならではの迫力のある豊かな低音とクリアな中高域を、部屋中どこからでも楽しめる。

再生時間は最大約12時間を確保。加えて前モデルに搭載の「JBLコネクトプラス」が、新世代技術を採用した「JBL PARTYBOOST」へと進化した。 PULSE4同士を2台接続したステレオ再生や、同機能を搭載したスピーカーを同時に複数台接続できる使い勝手はそのままに、より安定したBluetooth接続を実現している。



■主な仕様
製品名:JBL PULSE4
タイプ:ポータブルBluetooth スピーカー
カラー:全2色 (ブラック、ホワイト)
連続使用時間:最大約12時間再生※3
防水機能:IPX7
充電時間:約3.5時間充電(5V/3A時)※5
サイズ(幅×高さ×奥行き):96×207×96(mm)
重量:約1260g
Bluetooth:バージョン 4.2(Class 2)
対応プロファイル:A2DP、 AVRCP
周波数特性:70Hz - 20kHz
スピーカー構成:57mm 径ドライバー×1、パッシブラジエーター×1
アンプ出力:最大20W
付属品:充電用USB Type-Cケーブル(1.2m、 5V3A対応)

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
保冷&保温の両対応!ドリンクの温度を長時間維持!1本用の卓上温冷ホルダーデスクで使える「温冷ドリンクカプセル」
アイリスオーヤマから、より自然で鮮やかな映像を実現した4Kチューナー内蔵の液晶テレビ「LUCAシリーズ」4機種登場
大画面ディスプレイを 6月8日(月)までお手頃価格で提供!JAPANNEXTから大きな75型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS7500TUHD」
専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」






専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」

①

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、専用アプリでJBLサウンドを簡単にベストチューニングできる高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS(ライブ 300 トゥルーワイヤレス)を2020年5月29日(金)より発売する。予約は5月21日(木)より開始中。JBLオンラインストア販売価格は1万4,800円(税別)。

■アプリを使って好みのサウンドにチューニングできる
高音質完全ワイヤレスイヤホン「JBL LIVE300TWS」は、好みに応じた設定を可能にする専用アプリに対応するとともに、70年以上に及ぶ研究開発の成果でもある、豊かでクリアなJBLシグネチャーサウンドを実現したJBLの完全ワイヤレスイヤホン。

必要な際に瞬時に周囲の環境音を取り込むことができるアンビエントアウェア機能や、イヤホンを耳から取り外すことなく会話をすることができるトークスルー機能、運動による汗や突然の降雨の際も安心な防水性能(IPX5)など、音楽と過ごす毎日に心強い多彩な機能を備えている。

また、テレワークにおける長時間のビデオ会議の際にも、耳が痛くなることなく、着けていることを忘れるほどの快適な装着感も、特長のひとつだ(4サイズのウイング付きスタビライザーを同梱)。

また合計最大約20時間の長時間ワイヤレス再生が可能(イヤホン本体は約6時間再生可能、充電ケースはフル充電でイヤホンに14時間分の充電が可能)なほか、時間がないときにも便利な急速充電機能を装備。わずか10分の充電で約1時間の再生ができるので、急な充電切れの際でも安心して使うことができる。

「JBL LIVE300TWS」は、専用アプリとの連動により、好みのJBLサウンドにカスタマイズ可能。これまでにない自分だけのJBLサウンドを楽しむことができる。さらに、 Google アシスタント、 Amazon Alexaといったボイスアシスタント機能の活用も可能だ。

■主な仕様
製品名:JBL LIVE300TWS
タイプ:Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン
カラー:ブラック、ブルー
Bluetooth:バージョン5.0 ※伝送範囲:Class2
対応プロファイル:A2DP v1.3、 AVRCP v1.5、 HFP v1.6
ユニット:5.6mm径ドライバー
周波数特性:20Hz-20kHz
対応コーデック:SBC、 AAC
重量:イヤホン本体:各約6g、充電ケース:約55g
連続使用時間:
・電池(イヤホン):充電: 約2時間、音楽再生: 最大約6時間
・電池(ケース):イヤホン充電可能時間:最大約14時間
・急速充電対応:充電時間10分で約1時間の再生が可能
※充電・再生時間は使用環境により異なります。
防水規格:IPX5(ヘッドホン本体のみ)
付属品:USB Type-C充電ケーブル、イヤチップ(S / M / L) 、ウイング付きスタビライザー(SS / S / M / L)
価格:オープン価格 ※JBLオンラインストア販売価格 1万4,800円(税抜)
発売日:2020年5月29 日(金)発売予定 ※5月21日(木)より予約販売開始


life


ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
6月4日まで4万円以下の特価中、デジタルサイネージ利用も可能なJAPANNEXTの43型4K液晶ディスプレイ「JN-VT4302UHD」
サンワサプライからおしゃれでスッキリしたデザインの壁寄せ設置テレビスタンド「100-PL019」
約2人に1人がテレビ音声の“聞き逃し”経験あり!パナソニックがリビングの隠れストレス自宅のテレビの“音事情”をガッツリ調査
MMCX対応でケーブルを様々に交換して音の変化を楽しめるダイナミックイヤホン「QZX-R8 DN-915963」
ソニーから大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大し、より没入感のある立体音響を再現する3.1チャンネルサウンドバー『HT-G700』が登場






大ヒットしたポータブルスマートスピーカーにGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーの最新モデル「JBL LINK Portable」

main

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」から、 Google アシスタントを搭載し、持ち歩いて使えるオールインワンタイプのポータブルスマートスピーカー「JBL LINK Portable」を2019年11月29日(金)に発売する。価格はオープンプライスで、JBLオンラインストアでの販売価格は1万4,800円(税別)。

■かつて大ヒットを飛ばしたスマートスピーカーのコンセプトを踏襲
今回発売する「JBL LINK Portable(リンクポータブル)」は、人気のJBLポータブルスピーカーに、「Google アシスタント」を搭載した最新のスマートスピーカー。バッテリーを内蔵して持ち運べる元祖ポータブルスマートスピーカーとして人気を博した「LINK10」および「LINK20」のコンセプトを踏襲し、より洗練させた後継モデルとして開発された。

片手でも持ち運べるコンパクトなボディに、大口径ドライバーとパッシブラジエーターを搭載。 JBLサウンドならではのクリアな高音、シャープな中音、深みのある低音を実現した。本製品においては360度どこからでも同じように聞こえる無指向性サウンドにチューニングされており、置き場所や聴取位置を問わず部屋中に広がる高音質を体感できる。

質感の高いファブリック素材の外装を採用し、リビングやインテリアを邪魔しないテイストに仕上げました。落ち着いた色調のブラックをベースに、主張しすぎないシルバーのJBLロゴをあしらい、高級感を持たせたデザインとしている。

本体に内蔵しているバッテリーにより、連続最大約8時間のワイヤレス再生が可能。防水(IPX7)対応で万が一の水没にも耐えられるため、キッチンや浴室などの自宅内だけではなく、バーベキューやキャンプに持ち出しても、突然の雨やプールや川などでの落水を気にすることなく、安心して利用できる。持ち運んだ後は、同梱されているクレードルに本体を戻すだけで、簡単に充電を開始することができる。

「Google アシスタント」を搭載し、音声コマンドによる音楽再生が可能。音楽ストリーミングサービスの選択肢も充実しており、事前に設定すれば手元にスマートホンや音楽データがなくても、気軽に話しかけるだけで音楽を再生することができる。また、音楽に限らず、情報検索や対応スマートホーム機器の操作など、一歩進んだ使い方も可能だ。

本製品では従来モデルと同様にChromecast built-inを備え、また新たに Airplay2に対応。YouTube Music や Apple Music など様々なサービスから音楽再生をすることが可能だ。 Androidスマートホンに加え、iPhoneにおいても使い勝手が向上した。また、 Bluetooth接続の機能も備えているので、通常のBluetoothポータブルスピーカーと同様の使い方が可能だ。

■主な仕様
製品名:JBL LINK Portable
タイプ:Google アシスタント 搭載ポータブルスピーカー※4※5
カラー:ブラック
使用時間・充電時間:最大約8時間再生・約3.5時間充電(5V/2A時)
防水機能:IPX7
外形寸法(幅×高さ×奥行):88×170×88(mm)
重量:約735g
Bluetooth:バージョン 4.2 (Class 2)
対応プロファイル:A2DP、 AVRCP
Wi-Fi・対応周波数:IEEE802.11a/b/g/n/ac ・ 5GHz/2.4GHz
スピーカー構成:49mm径ドライバー×1、パッシブラジエーター×2
アンプ出力:最大20W
周波数特性:65Hz - 20kHz
付属品:充電用USB Type-Cケーブル(1.2m、 5V3A対応)、充電用クレードル


sub5


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
三脚だけど一脚にもなり真俯瞰撮影ができる便利なやつ!その名は「一脚にもなる「俯瞰三脚」」
なんとズボンの乾燥にも対応!アイロン掛けまでできちゃう超便利なシャツ乾燥機「アイロンいら~ず2」
タニタからラップを巻いても使いやすい「くるっとシリコーンタイマーTD-420」を発売
会社で自宅で!自由に足湯ができるヒーター内蔵式の加温式折りたたみ足湯フットバス「足ぽっか」
タニタが「量」と「質」で体の見える化を実現した体組成計「RD-910」「RD-911」を発売






高級ステレオを体感できる3日間!ハーマンインターナショナルが“HARMAN Sound Summit in TOKYO”を開催

sub2

ハーマンインターナショナルは、 2019年11月22日(金)、 23日(土)、 24日(日)の3日間、ハイエンドオーディオを試聴できる「HARMAN Sound Summit in Tokyo」を東京・銀座にて開催する。

■多くの高級ステレオブランドを持つハーマンインターナショナル
世界最大級のオーディオメーカーであるハーマンインターナショナルは、複数のブランドを有している。オーディオ業界をリードし続ける伝統ブランドJBL、米国を代表するハイエンド・オーディオブランドMark Levinson、個性的な製品開発を続ける気鋭のブランドREVEL。これらのブランドが提供する精緻なサウンドは、世界中のオーディオファン、ホームシアターファンを魅了し、ライブ感あふれる音楽再現性が音楽好きの人々を虜にし続けている。HARMAN Sound Summit in Tokyoでは、これらの実力派オーディオブランドによる魅惑のハイエンド・オーディオ・コンポーネントを体験できる。

■HARMAN Sound Summit in Tokyo概要
会場:銀座SOLA(東京都中央区銀座2-2-18 TH銀座ビル10F)
入場:無料
開催日時:
・2019年11月22日(金)13:00~19:00
・2019年11月23日(土)11:00~19:00
・2019年11月24日(日)11:00~17:00

※試聴会のスケジュールは下記をご覧ください。試聴会以外の時間はフリータイムとなります。
※入退場はご自由ですが、試聴会は混雑時立ち見になることが予測されます。ぜひご予約の上ご来場ください。

■試聴会スケジュール
・Project EVEREST DD67000 Project EVEREST DD67000
■11月22日
14:00~ インテグレーテッドアンプで鳴らすブックシェルフスピーカー
15:30~ ステレオパワーアンプで鳴らす4367WXスタジオモニター
17:00~ モノラルパワーアンプで鳴らすProject K2
18:30~ New HFDriver搭載EVERESTを満喫!
■11月23日
12:00~ インテグレーテッドアンプで鳴らすブックシェルフスピーカー
13:30~ インテグレーテッドアンプで鳴らすフロアスピーカー
15:00~ ステレオパワーアンプで鳴らす4367WXスタジオモニター
16:30~ モノラルパワーアンプで鳴らすProject K2
18:00~ New HFDriver搭載EVERESTを満喫!

・4367WX 4367WX
■11月24日
12:00~ インテグレーテッドアンプで鳴らすブックシェルフスピーカー
13:30~ インテグレーテッドアンプで鳴らすフロアスピーカー
15:00~ ステレオパワーアンプで鳴らす4367WXスタジオモニター
16:30~ New HFDriver搭載EVERESTを満喫!

※各回定員25名です。
※各回とも所要時間は30分で、定刻に開始いたします。
※お電話等での受付は行っておりません。上記のサイトに必要事項をご入力のうえ、ご予約ください。
※定員になり次第、予約受付は終了いたします。

sub1

main


試聴会予約サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
周囲を気にせずに自分だけが起きられる!光と振動で起こしてくれる「アイマスクアラーム」
こんなオシャレなカメラバッグ見たことない!機能性抜群で普段使いもできるカメラバッグ「comora(コモラ)」がKibidangoでプロジェクト挑戦中
いつまでも足先あったか!バッテリーを収納してコードレス感覚で使える「モバイルバッテリーポケット付き USBあったかスリッパ」
パナソニックから「テクニクス」ブランドのステレオヘッドホン「EAH-DJ1200」が登場
集中力向上!!JVCケンウッドより高い遮音性能で不快音や騒音から耳を守るイヤーマフ「EP-EM70」






JBL世界的ヒットモデルのコンパクトバージョンが登場!パーティースピーカー「JBL PARTYBOX 100」新発売

d12767-174-804958-1

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」からパーティースピーカー「JBL PARTYBOX 100」を2019年9月6日(金)に発売する。

「JBL PARTYBOX 100(パーティーボックス100)」は、 JBLのプロ用スピーカーの高音質・高信頼性を継承し、光の演出を作り出すライティング機能を融合して、世界的なヒットモデルとなった「JBL PARTYBOX 300」の機能をそのままに、コンパクトなサイズと軽量化を実現することでより使う用途の幅が広がったワイヤレスパーティースピーカー。

ドイツやオランダをはじめ、欧州でトレンドとなっているパーティースピーカーは、光と音の演出で、大人数で一緒に音楽を楽しむことができる新しいジャンルのスピーカーだ。既存モデルの「JBL PARTYBOX 300」と、今回日本に上陸する「JBL PARTY BOX 100」は、今年ドイツで開催された「reddot design award」を受賞し、高い機能性・デザイン性とともに新たなライフスタイルシーンの提案が高く評価されている。

「JBL PARTYBOX 100」は、世界中のライブやコンサートで活躍するJBLプロフェッショナルサウンドを身近に楽しめるよう、ダブルウーファーと大型バスレフポート、 2基のツィーターを搭載。迫力のある重低音と、それに埋もれないクリアでエネルギー溢れるパワフルなサウンドを再生する。

パーティーやイベントに映える華やかな光の演出ができるライトショー機能を備え、鮮やかで躍動感のある美しいイルミネーションが空間を彩る。雰囲気に合わせた効果的なライトショーで、友人同士のパーティーやバーベキューはもちろん、パブリックなイベントの際にも、シーンに応じて本格的な演出が可能だ。

本体に大容量の充電式バッテリーを内蔵することで最大約12時間の連続ワイヤレス再生に加え、チャージング機能も兼ね備えているため、手持ちのスマートホンやタブレットを繋いで給電することができ、スマートホンから音源を再生する際でも電源切れの心配がない。

持ち運びや設置しやすさを重視し、縦置き、横置きどちらにも対応。底部に設けた36mm径のPA用スピーカースタンド用レセプタクルカップを装備、イベント時に汎用のPA用スピーカースタンドに立ててより安全に且つ遠くまで音を届けることが可能になる。

マイク入力やギターのアンプ入力ができる端子を搭載しているため、ライブやコンサートに加え、クリアな音声出力を活かし、スピーチや講演会などにも最適だ。





プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
「懐かしいレトロデザインとアナログ音質にこだわる」SANSUI真空管ハイブリッドアンプ搭載CDステレオ2機種を発売
ソニーより広範囲に響く迫力の重低音とライブ会場のような臨場感を楽しめるスマートスピーカー
ワイシャツなら10枚洗え、使わない時は折りたたんで棚にしまえる!容量3kgの洗濯機
自宅を映画館に変える!ハイセンスジャパンの「シアターサウンドシステム」2機種が10月に登場
たった1週間で爆売れした大人気コラボ商品「真空管アンプ・キット」の追加予約を開始







JBLからトゥルー・ワイヤレスイヤホンのエントリー向け新モデル「TUNE120TWS」が登場

sub8

ハーマンインターナショナルはオーディオブランド「JBL」から、「JBL TUNE120TWS(チューン120トゥルーワイヤレス)」を2019年6月28日(金)より発売する。

■「JBL TUNE」シリーズ初の左右独立型ワイヤレスイヤホン
「JBL TUNE120TWS」は、大迫力のJBLサウンドとファッション性を兼ね備えたエントリーライン「TUNE」シリーズ初となる左右独立型のトゥルー・ワイヤレスイヤホン(左右がケーブル等で接続されておらず、右と左が個別に機能するイヤホンのこと)。

トゥルー・ワイヤレスイヤホンのベーシックなスペックをすべて搭載し、ファッション性に富んだカラーバリエーションとデザインを兼ね備えているため、トゥルー・ワイヤレスイヤホンの入門モデルとして、初心者の方にも最適だ。JBLの入門モデルながらJBLらしいサウンドにもこだわり、5.8mm径ドライバーを採用。プレイリストを圧巻のJBLサウンドで再生してくれる。

イヤホン本体は、約2時間の充電で最大約4時間の長時間ワイヤレス再生が可能。さらに、付属の充電ケースにイヤホンを収納すれば最大約12時間分の充電をすることができ、合計で最大約16時間の音楽再生が可能だ。時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているため、外出先での急な充電切れの際でも安心して使える。長時間の使用でも快適にお使いいただけるよう、人間工学に基づいた、耳にフィットしやすい形状と装着感を実現した。

また、通勤や通学など、日常のライフスタイルの中で音楽もおしゃれも本格的に楽しめる豊富なカラーバリエーションを用意。ブラック、ホワイト、グリーン、ピンクの全4色の中から好みのカラーを選ぶことができる。

音質やデザインに加え、ハンズフリー通話、 GoogleNow やSiriにも対応し、機能面も充実。左右のイヤホンに配置されたボタンをワンタッチするだけで、音楽の再生から通話や音声アシスタント機能へ切り替えることができる。

ハーマンインターナショナル

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
パナソニックから動画の視聴が可能なディスプレイ付きワイヤレススピーカー「SC-VA1」を発売
Sonos JapanからスマートホームエンターテイメントにつなぐSonos Ampが登場
ロジクールのゲーミングブランド「ASTRO Gaming」からヘッドセットの新製品「A40 TR」と「A50+BASE STATION」最新モデルが登場
月の裏側の景色を自宅で鑑賞できるセガトイズ「HOMESTAR Classic Satellite MOON」
77インチの迫力に北川景子さんも感嘆!ソニーの4Kテレビ「ブラビア」の新テレビCM、スペシャルサイトにて6月3日より公開中






JBLから完全ワイヤレスのイヤホン新モデル「JBL FREE X」登場

d12767-145-103904-0

ハーマンインターナショナルは、アメリカ カリフォルニア発祥の世界最大級のオーディオブランド「JBL」より、完全ワイヤレスイヤホン新モデル「JBL FREE X」を2018年10月26日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、公式通販サイト販売価格は1万4,880円(税別)。

■左右独立型でBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホン
今回発売する「JBL FREE X(フリーエックス)」は、 JBLの左右独立型のBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホン。JBL初の完全ワイヤレスイヤホンである「JBL FREE」の特徴を引き継ぎ、 Bluetooth接続性、通話音量、音楽再生音量等の基本性能を向上させた。

ケーブルがないので、ストレスフリーな環境で使用することができる。スタイリッシュなデザインは、人間工学に基づき設計し、しっかりと耳にフィットする快適な装着感を実現。 3種類のイヤチップと2種類のソフトカバーも付属しているので、自分の耳にあった組み合わせを選ぶことができる。また、プレミアム5.8mm径ドライバーの採用により、いつでもどこでもJBLならではの良質なサウンドを堪能することができる。

■充電機能付きケースを活用すれば最大24時間再生が可能
イヤホン本体は、 Bluetooth接続に対応し、最大約4時間のワイヤレス音楽再生ができるだけでなく、充電機能付きイヤホンケースを活用することで最大約24時間の音楽再生が可能だ。さらに、時間がないときにも便利な急速充電機能に対応しているので、約15分の充電で最大約1時間の音楽再生ができる。

また本製品は、イヤホン本体のJBLロゴ部分にあるボタン操作により、音楽再生や曲のスキップなどができるため、かばんからスマートホンを取り出すことなく、快適に音楽を楽しめる。また、右イヤピースにはマイクを搭載しており、ボタンをワンプッシュするだけで、高品質なハンズフリー通話も可能だ。さらに、左イヤピースの電源をオフにし、右イヤピースのみで音楽再生・通話をおこなうこともできる。

加えて、雨天時や汗をかいた際にも安心して使えるスプラッシュプルーフ(IPX5防水機能)に対応。いつでもどこでも手軽にJBLサウンドを楽しめる。

■主な仕様
製品名:JBL FREE X(フリーエックス)
カラー:ブラック、ホワイト
Bluetooth:バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、障害がない場合)
対応プロファイル:A2DP v1.3、 AVRCP v1.6、 HFP v1.6、 HSP v1.2
ユニット:5.8mm径ドライバー
周波数特性:10Hz-22kHz
重量:イヤホン:約15g、充電ケース:約84g
電池(イヤホン):充電: 約2時間 音楽再生: 最大約4時間
電池(ケース):イヤホン充電可能時間:最大約20時間
付属品:イヤチップ(S、 M、 Lサイズ) ※Mサイズ装着済、ソフトカバー(M、 Lサイズ)、充電ケース、充電用ケーブル

※仕様、価格は変更となる場合がございます。
※充電・再生時間は使用環境により異なります。


プレスリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
本格的な“挽きたて”コーヒーが全自動で楽しめる「Toffy全自動ミル付4カップコーヒーメーカー」
スマホの画面に耳の中を映し出して耳掃除ができる「スマホでWi-Fi耳かきスコープ」
もうHDMIケーブルの抜き差しは不要!入出力に対応する「1台2役双方向HDMI切替器」
タニタから水や洗剤で丸洗いできるデジタルクッキングスケール2機種
エレコム、ロック機能搭載で水がこぼれにくいアロマ加湿器「エクリア ミスト」発売




Amazon、JBLの Bluetooth対応ヘッドホンが抽選で900名に当たるPrime Musicキャンペーンを実施

Amazonは、Amazonプライム会員向けの聴き放題・音楽配信サービス「Prime Music」を利用して、対象期間中に音楽を聴いた人の中から抽選で900名に、JBLのBluetooth対応型、高音質ヘッドホン 「EVEREST300」が抽選で900名に当たる、「Prime Musicキャンペーン」を、6月8日(水)~6月21日(火)の期間で実施する。
続きを読む

8万円台から3D出力や迫力サウンド!デルが究極のエンターテインメントノートPC「XPS 14/15/17」



高性能なCPUなどを搭載し、ブルーレイドライブや3Dなどのエンターテインメント機能を強化した高機能パソコンが人気となっている。特にノートPCでは、コンパクトで持ち運びやすいネットノートタイプの人気と同じくらい、デスクトップを凌駕するような高機能ノートの人気も高い。
デルから登場したノートPC「XPS 14/15/17」は、サウンドや映像にこだわった最高のエンターテインメントマシンに仕上がっている。「XPS 14」は8万9980円から、「XPS 15」は9万9800円から、「XPS 17」は10万9980円からだ。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ