ITライフハック

KDDI

AIスマホでアーティストの世界観に没入!?「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」内覧会レポ

s「Future WALL by au」4※リリース使用

KDDI株式会社は、2024年2月23日(金)から2月28日(水)まで、Google Pixel を使ってまるでアーティストのような世界観で写真が撮れる新感覚フォトスタジオ「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」 を東京・原宿で開催する。さらに、2024年2月27日・28日にZ世代からの人気を誇る「FRUITS ZIPPER」、「ヤングスキニー」とコラボレーションし、Google Pixelを使った演出が楽しめる「Google Pixel | au #ビジュ盛れライブ」を開催し、抽選で各公演合計100組200名様を無料で招待する。これらの開催に先立ち、2024年2月22日、報道関係者向けに「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」内覧会が実施された。

■新感覚の写真撮影が楽しめる!「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」
「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」は、Google Pixel のAI機能とauのコラボレーションにより、アーティストのCDジャケットのような世界観で“ビジュ盛れ”な写真を撮影することができる、新感覚のコンセプト・フォトスポットだ。Google Pixel の「ベストテイク」や「編集マジック」などのAI機能、au、アーティストがコラボレーションする新感覚の写真撮影を楽しめる。

00


<「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」 >
実施期間:2024年2月23日(金)から2月28日(水)まで 
期間中11時00分から19時00分まで
会場:原宿 ヨドバシJ6ビル 住所 東京都渋谷区神宮前6丁目35−6
入場料:無料

本イベントでは会場にてスマートフォン「Google Pixel 8」「Google Pixel 8 Pro」の貸し出しを行い、4つのブースを体験することができる。

s入場
スマートフォンを借りて入場する


1. 「ミラーなルーム feat. FRUITS ZIPPER」
「FRUITS ZIPPER」コラボ 鏡の世界の自分と共演しよう|ベストテイク・編集マジック

第一の撮影ブースは、FRUITS ZIPPER とコラボしたポップでかわいい空間で、異なる表情の自分たちが一枚の写真の中に収まった不思議な写真を撮ることができる。鏡の中の自分たちと写真を撮影したら、ベストテイク機能を使って、自分たちと、鏡の中の自分たちのベストな表情を選んでみよう。メインビジュアルで彼女たちが撮影したような、笑顔と驚き顔が同居したクリエイティビティあふれる写真があっという間に出来上がる。

s「ミラーなルーム feat. FRUITS ZEPPER」4
ベストテイク・編集マジック


s「ミラーなルーム feat. FRUITS ZEPPER」10
ベストテイク・編集マジック


「FRUITS ZIPPER」コラボ 鏡の世界の自分と共演!ベストテイク・編集マジックを解説

YouTube:https://youtu.be/EGulvmgdyKU


2. 「ポップキャッチャー」
カラフルなUFO キャッチャーに入り込み、まるで自分が景品に|編集マジック

第二の撮影ブースは、カラフルで明るい世界観のミュージックビデオを連想させる空間で、まるで自分がUFO キャッチャーの景品になったかのような非日常的な写真を撮ることができる。思い通りの写真が作れる編集マジック機能を使って自分のサイズや位置を変えることで、おしゃれで面白い1 枚が簡単に仕上がる。

s「ポップキャッチャー」3※リリースp.1使用
編集マジック


s「ポップキャッチャー」6
編集マジック


自分がUFO キャッチャーの景品になる!編集マジックを解説

YouTube:https://youtu.be/QVkAB0rzxxk

3. 「Mirror World feat. ヤングスキニー」
「ヤングスキニー」コラボ 鏡の世界の自分と共演しよう|ベストテイク・編集マジック

第三の撮影ブースは、ヤングスキニーとコラボしたクールな空間で、異なる表情の自分たちが一枚の写真の中に収まった不思議な写真を撮ることができる。鏡の中の自分たちと写真を撮影したら、ベストテイク機能を使って、自分たちと、鏡の中の自分たちのベストな表情を選んでみよう。メインビジュアルで彼らが撮影したような、笑顔と決め顔が同居したクリエイティビティあふれる写真があっという間に出来上がる。

ss0222_2024_KDDI_007
ベストテイク・編集マジック


s「Mirror World feat. ヤングスキニー」5※リリース使用
ベストテイク・編集マジック


4. 「Future WALL by au」
アーティストコラボ 自分で選んでビジュ盛れしよう|ベストテイク・編集マジック

最後の撮影ブースは、参加者自身がビジュアルをデザインできる空間。デジタルエフェクトを好きなように組み合わせてオリジナルビジュアルを作成し、作ったビジュアルを壁面に投影して写真を撮ることができる。ヤングスキニーやFRUITS ZIPPERをモチーフにしたエフェクトもあり、両アーティストのファンはもちろん、そうでない方も自分の作った世界観に没入して楽しむことができる。

s「Future WALL by au」4※リリース使用
ベストテイク・編集マジック


s「Future WALL by au」5
ベストテイク・編集マジック


KDDIスタッフが語る!新感覚フォトスタジオ「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」の魅力

YouTube:https://youtu.be/qr4_LXQf7pw

ブースで撮影した写真は、QRコードを利用して、クラウド経由で保存することができる。
また撮影した写真をラベルにした「オリジナルドリンク」を作ってもらい、持ち帰ることができる。

sオリジナルドリンク1
「オリジナルドリンク」を作ってもらう


sオリジナルドリンク3
「オリジナルドリンク」を持ち帰ることができる


本イベントに参加すれば、「Google Pixel 8」「Google Pixel 8 Pro」の「ベストテイク」「消しゴムマジック」「編集マジック」を使用して写真撮影を楽しめる。会場は、JR山手線線原宿駅東口より徒歩2分にある。興味を持った人は、この機会に体験してみよう。

■FRUITS ZIPPER・ヤングスキニーのスペシャルライブ!「Google Pixel | au #ビジュ盛れライブ」
2024年2月27日(火)・28日(水)に、アソビシステムが手掛けるアイドル文化を世界に向けて発信する新プロジェクト「KAWAII LAB.」より誕生した新アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」と、若者のリアルな思いを描く等身大の歌詞でティーンズから支持を受けるロックバンド「ヤングスキニー」が出演するスペシャルライブ「Google Pixel | au #ビジュ盛れライブ」を開催する。

sFRUITS ZIPPER
アイドルグループ「FRUITS ZIPPER」


sヤングスキニー
ロックバンド「ヤングスキニー」


応募フォームから応募した人の中から抽選で各公演合計100組200名様を無料で招待する。また、au公式Xのポストをリポストすると当選確率が2倍になる。ライブの模様はスペースシャワーTVおよびオンライン配信(YouTube、TikTok)でも視聴することができる。

<「Google Pixel | au #ビジュ盛れライブ」>
開催日時:2024年2月27日(火)、28日(水)
※開場・開演時間は、当選者にのみメールにて通知する。
※19:00ごろ開始、2時間程度を予定している。
・会場:表参道某所
・主催:KDDI株式会社
※27日(火)、28日(水)で出演アーティストは異なる。
出演アーティスト情報は当社所定のウェブサイト(https://www.au.com/pr/googlepixel/)をご確認ください。

〇応募概要
・応募期間:2024年2月9日(金)18:00から2月16日(金)23:59まで
・募集人数:各公演100組200名様
・応募方法:当社所定のウェブサイト(https://www.au.com/pr/googlepixel/)に掲載の専用の応募フォームより応募できる。
※応募完了後に、入力したメールアドレス宛に応募完了のメールを送付
※auの公式Xアカウント上で当社が指定するポストをX上でリポストした人は、本イベントの当選確率が2倍になる。
※au、Google Pixelを使用していない人でも応募できる。
(但し、複数回リポストした場合でも、当選確率は2倍以上には上がらない。)
・当選発表:応募者多数の場合は抽選。2/21(水)を目途に当選者を発表する。
・発表方法:当選者に対してのみ、応募の際に登録したメールアドレス宛に、「info@au-googlepixel2024.jp」よりメールにて連絡がある。ただし、当選者がグループの場合には、応募時に申告した当該グループの代表者にのみ、メールにて応募する。メールのドメイン指定受信など、受信制限機能を利用している人は、「@au-googlepixel2024.jp」のドメイン名からのメールを受信できるようにあらかじめ設定すること。

〇スペースシャワーTVによる特別番組
2024年4月3日(水)22時からスペースシャワーTVにてスペシャルライブの模様をお届けする特別番組を放送する。
放送日時:2024年4月3日(水)22時00分から23時00分まで

〇オンライン配信
YouTube :https://www.youtube.com/@SPACESHOWERTV 
TikTok:FRUITS ZIPPER:https://www.tiktok.com/@fruits_zipper 
ヤングスキニー:https://www.tiktok.com/@yangskinny_official 
配信日時:2024年2月27日(火)・28日(水)ともに19時00分頃から20時30分頃まで

「#ビジュ盛れスタジオ by Google Pixel|au」公式サイト

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook
ITライフハック YouTube

モバイルに関連した記事を読む
探し物を「音」で見つける!紛失防止タグ「Tile」より新色“第4弾”が登場
“キス王子”荒井啓志さんにインタビュー!“観察型”恋愛リアリティー番組「テンキス〜キスすると人は恋に落ちるのか?〜」 期間限定 無料配信中
呪術廻戦スマホケース、獄門疆のAirPods Proケース!「呪術廻戦 x CASETiFY」コレクション
USB Type-Cとライトニングコネクタを使い分けられる!2in1急速充電ケーブル
ちょっとした小物を収納、ツートンカラーの3色展開!気軽に使えるスマホポーチ






データ使い放題プレゼント!povo2.0、JAL Payを5回利用

main

KDDI、沖縄セルラーは、2023年11月7日から2024年1月31日まで、スマホ決済サービス「JAL Pay」で500円以上の支払いを5回利用すると、povo2.0の「データ使い放題(24時間)」(注1)がもらえるキャンペーンを実施する。2023年8月から10月まで提供していたJALマイルからpovo2.0のデータへの交換)など(注2)に続く、JAL連携取り組みの一環だ。

なお同日から、JAL Payはスマートフォンのタッチ決済に対応する。これまでのコード決済などに加えて、より幅広い店舗で利用できる。

<JAL Pay 5回利用でデータ使い放題プレゼント>
1.概要
特設サイトでエントリーかつ、対象期間にJAL Payにて1回あたり500円以上の支払いを5回利用すると、povo2.0の「データ使い放題(24時間)」をプレゼントします。なお、1カ月あたりもらえるコードは1枚までです。
2.実施期間
2023年11月7日~2024年1月31日

キャンペーンのエントリーおよび詳細はこちら( https://www.jal.co.jp/jp/ja/jmb/jalpay/pay/campaign/jalpaypovo2311/ )

(注1) ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合がある。
(注2) JALのマイルからpovo2.0のデータへ交換が可能に
※表記の金額は、特に記載のある場合を除きすべて税込。
※会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標。

キャンペーンのエントリーおよび詳細

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Apple iPad&汎用モードの切り替えが可能!ハイブリッド充電式極細タッチペン
水と汚れからスマートフォンを守る!お風呂やキッチンで楽しめる、スマホ用防水ケース
型はガラケー、中身はスマホ!SIMフリースマートフォン『Mode1 RETRO Ⅱ』
スマホやNintendo Switchが設置できる!スタンド付きドッキングステーション
スマホや小物を水没から守る!iPhone・スマートフォン用防水ケース






GINZA 456「デジタルコネクションストーリー」を開催へ!岩国市・和木町・KDDI ・ANA あきんど、デジタルデバイド解消取り組み説明会【まとめ記事】

1027_2023_KDDI_154

KDDIは、KDDIコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」において、デジタルデバイド解消に向けた取り組みを学べる体験型イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を2023年11月2日より開催する。

KDDI株式会社は、山口県岩国市、山口県和木町、ANAあきんど株式会社と共同で、デジタルデバイド解消を目的に岩国錦帯橋空港などの4カ所で「デジタルサービス体験型スマホ教室」を2023年11月14日(火)より開催する。また、KDDIのコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」でも、2023年11月2日(木)から終了日未定(2024年春ごろ)まで、デジタルデバイドについて体験を通して学べるイベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を開催する。

32インチまで対応した、高さ調整を簡単に変更できる!シンプルなモニタースタンド
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、見た目に目立たない底床キャスター採用。置き場を自由に変更できるモニタースタンド「100-LAST003」を発売した。本製品は、低床キャスター採用で移動も楽々で、見た目も綺麗なモニタースタンド。お店でのサイネージ用途や、会議・病院、家庭での使用に便利だ。キャスターは360°回転可能で5個搭載している。画面の回転機能付きで縦使い横使いと用途に合わせて変更できる。高さの変更が可能なので立った位置、座った位置での高さを設定できる。ブラケットの取り外しが可能でモニターの取り付けがラクにできる。ケーブルアシスト付きで配線処理も可能だ。


GINZA 456 内覧も併催!岩国市・和木町・KDDI ・ANA あきんど、デジタルデバイド解消取り組み説明会
KDDI株式会社は、山口県岩国市、山口県和木町、ANAあきんど株式会社と共同で、デジタルデバイド解消を目的に岩国錦帯橋空港などの4カ所で「デジタルサービス体験型スマホ教室」を2023年11月14日(火)より開催する。また、KDDIのコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」でも、2023年11月2日(木)から終了日未定(2024年春ごろ)まで、デジタルデバイドについて体験を通して学べるイベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を開催する。


写真と絵画の手法を取り入れた唯一無二の世界!YU-KI作品展『Wonderland』【Art Gallery M84】
Art Gallery M84は、2023年11月13日(月)よりYU-KI作品展『Wonderland』を開催する。今回の作品展は、Art Gallery M84で第134回目の展示として実施するYU-KI(ユーキ)さんこと三瀬有紀氏の個展だ。


乃木坂46の現役藝大生アーティスト・池田瑛紗さんが参加!第15回渋谷芸術祭「探せ!ARTハチ公100変化 ARスタンプラリー」
XR(AR/VR/MR)に関する開発及びコンサルティングを提供する株式会社playknotは、開発/制作に参加する「第15回渋谷芸術祭2023〜SHIBUYA ART SCRAMBLE〜」におけるARコンテンツ『〜ハチ公生誕100年特別企画〜 探せ!ARTハチ公100変化 ARスタンプラリー』にて、乃木坂46の現役藝大生アーティスト・池田瑛紗さんの参加が決定したことを発表した。


平成ノスタルジーを懐かしもう!GINZA 456、デジタルデバイド解消をテーマとした体験型イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を開催へ
KDDIは、KDDIコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」において、デジタルデバイド解消に向けた取り組みを学べる体験型イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を2023年11月2日より開催する。


ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
JR埼京線にて、運行開始!乃木坂46『国消国産』ラッピング電車
「座る」「寝る」ができる!リクライニング付きゲーミングチェア
松屋“台湾上陸”5周年記念企画!台湾フェア第2弾「魯肉飯」
自由&コンパクトに使える!フォールディングデスク
独自技術「コアバランスストレッチ」を提供!ストレッチ専門店Dr.stretch「虎ノ門ヒルズ店」がオープン【虎ノ門ヒルズ】

日本はデジタル先進国になれるのか?
牧島 かれん
日経BP
2023-02-17





平成ノスタルジーを懐かしもう!GINZA 456、デジタルデバイド解消をテーマとした体験型イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を開催へ

1027_2023_KDDI_154

KDDIは、KDDIコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」において、デジタルデバイド解消に向けた取り組みを学べる体験型イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を2023年11月2日より開催する。

本イベントではポケベルや赤外線通信を使った連絡先交換などの演出で平成ノスタルジーを体験できる。また、触ると不思議な変化が起こる壁面の映像やARでデジタルデバイド解消に向けた解説で、平成を懐かしみながら、「誰もがデジタル化の恩恵を受けることができる世界」を体感できる。

1_original
デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~


■誰もがデジタル化の恩恵を受けられる社会を共に目指していこう
KDDIはデジタルデバイド解消に向けて、auショップでのスマートフォン教室や行政サービスのデジタルトランスフォーメーション(行政DX)・スマート農業などの地域のデジタル化を実施している。一方で、デジタルデバイド解消には自治体と企業が一緒になって協力しあうことが重要だ。

本イベントは、デジタルデバイド解消の取り組みを知り、誰もがデジタル化の恩恵を受けられる社会を共に目指していこうという想いに共感してもらうことを目的としている。

なお、本イベントは、KDDIのオウンドメディア「KDDIトビラ」の「デジタルデバイド解消特集(https://tobira.kddi.com/pickup/digitaldivide/)」を実際に体験できる場と位置づけている。また、2023年11月1からはデジタルデバイド解消をテーマとしたCMを放送する。

3_original
KDDIトビラ ムービー「デジタルデバイド解消篇」


■「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」
1.体験内容
GINZA 456の地下1階と1階を活用した2部構成展示になっています。地下1階では平成のノスタルジーとデジタルデバイドが解消されたちょっと先のミライを感じられる。1階では平成の携帯電話展示やデジタルデバイド解消に向けたKDDIの取り組みの詳細を紹介する。

(1)エントランス「平成のケータイ史」
エントランスでは、ホワイトを基調とした空間に、アナログ携帯電話からスマートフォンに至るまでの携帯電話端末を展示し、プロダクトの進化とともに変化していった当時の生活を懐かしく感じられる。

1027_2023_KDDI_175
エントランス


(2)地下1階「時空を超えてデジタルがつなぐ物語の中へ」
地下1階では、映像で囲まれた空間と、触ると不思議な変化が起こる壁や、のぞくと説明が浮かび上がるARカメラで没入感のある体験ができる。
平成の街からタイムスリップし、シーンが村に変わり、そのミライの姿を体験できる。

4_original
平成の渋谷のシーン


5_original
村のシーン


1027_2023_KDDI_271
ARカメラで写真を撮ることもできる


【触ると反応する壁面・床面】
壁面映像は、お客さんの動きに反応して変化します。壁面を触ると映像が大きく浮かび上がる。

6_original
触ると変化が起きる壁面


「触ると反応する壁面」をタッチ!GINZA 456、デジタルデバイド解消をテーマとした体験型イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」

YouTube:https://youtu.be/8CuO3QFj7MU

【ARカメラ】
ARカメラで壁面の吹き出しをのぞくと、平成を象徴する懐かしいシーンや、デジタルデバイド解消に向けた取り組みに関する解説がスマートフォンの画面上に浮かび上がる。たとえば、物流ドローンや、スマート農業の取り組みが学べる。

7_original
のぞくと説明が浮かび上がる


(3)1階「全国に広がるKDDIのデジタルデバイド解消の取り組み」
1階ショールームでは、地下1階で体験したデジタルデバイド解消に向けたKDDIの取り組みを、スライドショーと展示で解説している。

【展示】
・スマートフォン教室
・行政デジタルトランスフォーメーション(DX)
・スマート農業、スマート漁業
・オンデマンド交通、スマートドローン
・ケーブルテレビ
・地域教育支援
・スターリンク
・二次元バーコードを使った搭乗方法疑似体験

9_original
トビラをモチーフにした7つのブースで表現


トビラをモチーフにしたブースの様子

10_original
全国での取り組みを日本地図で表現


二次元バーコードを使った搭乗方法疑似体験!GINZA 456、デジタルデバイド解消をテーマとした体験型イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」

YouTube:https://youtu.be/7FaVTgZyfvA

2.開催期間
2023年11月2日~終了時期未定(2024年春頃予定)

3.参加方法
事前予約は不要で、すべて無料で体験できる。
本イベントの企画演出は「KDDI Open Innovation Fund 3号」(KOIF3号)出資先企業である株式会社stu協力のもと実現した。

231027_KDDI0126
「GINZA 456 Created by KDDI」の外観


KDDI株式会社 ブランド・コミュニケーション本部 米澤ちなつ氏が語る!GINZA 456で体験できる「デジタルコネクションストーリー ~平成ノスタルジーと村のミライ~」の魅力

YouTube:https://youtu.be/SDmEszO4ASI

「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
JR埼京線にて、運行開始!乃木坂46『国消国産』ラッピング電車
「座る」「寝る」ができる!リクライニング付きゲーミングチェア
松屋“台湾上陸”5周年記念企画!台湾フェア第2弾「魯肉飯」
自由&コンパクトに使える!フォールディングデスク
独自技術「コアバランスストレッチ」を提供!ストレッチ専門店Dr.stretch「虎ノ門ヒルズ店」がオープン【虎ノ門ヒルズ】

日本はデジタル先進国になれるのか?
牧島 かれん
日経BP
2023-02-17





GINZA 456 内覧も併催!岩国市・和木町・KDDI ・ANA あきんど、デジタルデバイド解消取り組み説明会

1027_2023_KDDI_102

KDDI株式会社は、山口県岩国市、山口県和木町、ANAあきんど株式会社と共同で、デジタルデバイド解消を目的に岩国錦帯橋空港などの4カ所で「デジタルサービス体験型スマホ教室」を2023年11月14日(火)より開催する。また、KDDIのコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」でも、2023年11月2日(木)から終了日未定(2024年春ごろ)まで、デジタルデバイドについて体験を通して学べるイベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を開催する。

それに伴い、10月27日(金)に記者説明会と内覧会を開催。説明会では、KDDIが本教室の取り組み内容を説明し、ANAあきんど・岩国市・和木町が本教室の目的や期待を説明した。説明会後には、本教室のタッチアンドトライおよび、デジタルデバイド解消をテーマにしたGINZA 456イベント「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」の内覧会を実施した。

■「車両型の『出張auショップ』、自宅訪問型スマホ教室の実証実験の開始」を発表
初めに、KDDI株式会社経営戦略本部 副本部長 江幡智広氏が登壇し、KDDIのサステナビリティ経営について説明。2030年の未来を見据えた「KDDI VISION2030(ニーマルサンマル)」として、「つなぐチカラを進化させ、誰もが想いを実現できる社会をつくる。」を掲げていることを紹介。「『つなぐ』こととは、命・暮らし・心を『つなぐ』ことである。その中で、私たちが大切にしている考え方の一つとして、『心をつなぐ 安心で豊かなデジタル社会構築』というものがある」と説明。そのため今後はデジタルデバイドにより一層力を入れる旨を発表し「24年度末までに累計で1,500万人のデバイド解消を目標に掲げ、通信を核として、人と地域の想いをつなぎ、地域社会が抱える課題に向き合い、地域共創を実現していく」と力強く語った。

続いて、デジタルデバイドの現状について説明しました。スマホの所有率が60代で8割・70台で6割を超えており普及が進んだ一方で、60歳以上のスマホの主な利用シーンは、家族や友人との電話やメールが中心で、LINEなどのSNSや行政・金融機関のオンライン手続きなど、スマホの積極的な利活用までは至っていない状況を紹介。その現状を踏まえ、新たな取り組みとして、auショップやスマホ教室への移動が困難なお客さまのもとへ伺う、車両型の「出張auショップ」と、自宅訪問型スマホ教室の実証実験を11月から開始することを発表した。これらの取り組みを進める事で、「運転免許を返納した高齢者など移動が困難な方たちのデジタルデバイド解消につながると考えている」と展望を明かした。

また、代表事例である日高村の取り組みについても解説しました。今年の8月に、地方自治体横断でデジタルデバイド解消を目指す一般社団法人「まるごとデジタル」を、全国の自治体とチェンジ社とともに設立したことに言及。「まるごとデジタル」では、自治体ごとに適した課題解決策の議論や実行支援を行うことで、デジタルデバイド解消に取り組んでおり、例として、高知県日高村の事例を紹介しました。2020年5月時点でスマホ普及率は約65%とデジタルとの接点を持たない住民への対応が課題だった日高村で、住民のスマホ普及率100%の実現に向け、デジタルデバイド解消に向けた取り組みを推進したことを念頭に、「いまでは、普及率が80%まで上昇し、住民向けのデジタルサービスの拡大につながっている」と進捗を公表した。

■デジタルデバイド解消に貢献したい
続いて、デジタルサービス体験型スマホ教室の開催についても説明した。旅行においては、空港でのオンラインチェックインやオンラインツアーなど、航空業界においてもデジタルサービスが拡大しており、高齢者も含めたすべてのお客さまにスマホを活用した便利な旅行を体験していただける環境を整備することが求められていることに言及。そこで、山口県岩国市、和木町、KDDI、ANAあきんどと共に、2023年11月14日から、岩国錦帯橋空港などの3カ所で、空港でのオンラインチェックインなどを疑似体験するデジタルサービス体験型スマホ教室を開催することを発表。「航空業界のデジタルサービスを疑似体験いただくことで、地域のデジタルサービス利活用を促進し、デジタルデバイド解消に貢献していく」と決意を述べました。具体的な活動内容に関しても解説し、Webブラウザの使い方などの基本操作のほか、QRコードリーダーを活用し、オンラインチェックインや二次元バーコードを使った搭乗の疑似体験が可能になることを明かした。

1027_2023_KDDI_012
KDDI株式会社経営戦略本部 副本部長 江幡智広氏


■地域におけるデジタルデバイド解消への取り組みの重要性を再認識
続いて、ANAあきんど 執行役員 地域創生部長 池田暢也様が登壇。ANAあきんどが目指す地域創生について、観光振興・産農振興を軸とすることを紹介した。地域とともに活性化策を検討・実施し、地域の交流人口・関係人口を拡大させることで、ヒト・モノの流れを生み地域の活性化を目指す、持続的な好循環を標榜していることを解説。また、山口県との取り組みについて、ANAあきんどが山口県より委託を受けて「山口型ワーケーション」を推進していることに言及した。

「山口型ワーケーション」とは、観光だけではなく、地域事業者や魅力あふれる起業人との交流や、地域資源を活用したワークショップ等のプログラムを提供する「ビジネス創出型」や「地域課題解決型」などのワーケーションプログラムだ。今回の取り組みに至った背景として「2022年度 山口型ワーケーションの モニターツアーにKDDIの社員が有志で参加してくださった。そのモニターツアーのプログラムで、地域の高齢者向けにスマートフォン操作の教室の取り組みを体感し、地域におけるデジタルデバイド解消への取り組みの重要性を再認識した」と振り返った。

1027_2023_KDDI_056
ANAあきんど 執行役員 地域創生部長 池田暢也氏


■より質の高い行政サービスの提供を
岩国市 総合政策部 デジタル推進課 デジタル推進班長 船本和利様が登壇。他の自治体同様、人口減少や少子高齢化など課題がある中で効率的に一定水準以上の行政サービスを提供していくためには、DXの推進が必要であり、高齢者に対するスマートフォンの購入助成や自宅訪問型のスマホ教室など、これまで岩国市が行ってきた、デジタルデバイド対策の取り組みを説明した。

また、本教室に関して、「これまでなかったこうした特徴的なスマホ教室を実施し、実際のデジタルサービスに触れていただくことで、地域の皆様に「デジタル」を身近に感じていただくと同時に、デジタルサービスへの関心が高まることを期待しています。今後は、市民の誰もがデジタルを通じたより便利で、より質の高い行政サービスを受けることが出来るよう、今後も継続して取り組んでまいります。」と語った。

1027_2023_KDDI_059
山口県岩国市 総合政策部 デジタル推進課 デジタル推進班長 船本和利氏


■どこでも誰でも便利で快適に暮らせるデジタル社会を実現したい
和木町 企画総務課 主任主事 吉田郁也様が登壇。これまでのデジタルデバイド解消の取り組みに関して、デジタル社会のいしずえとなるマイナンバーカードの取得促進を図るとともに、国の『自治体DX推進計画』に基づき、『情報システムの標準化及び共通化』『各種行政手続のオンライン化』『パスポート交付等の各種電子申請化』『AI及びRPA等の利活用推進』について、山口県及び県内各市町とも連携し、地域社会のデジタル技術の導入に向けて取り組んでいると解説。また、今後の展望について「どこでも誰でも便利で快適に暮らせるデジタル社会を実現したい」と語った。

1027_2023_KDDI_073
山口県 玖珂郡 和木町 企画総務課 主任主事 吉田郁也氏


【教室概要】
参加無料 申し込み方法:以下番号に先着順にて、電話にてお申込み。 申込期間:2023年11月1日(水)~12月14日(木) (1)岩国市 岩国錦帯橋空港(2023 年 11 月 14 日 13:00~15:00) 山ほたる(美川ムーバレー)(2023 年 11 月 20 日 13:00~15:00) 電話:岩国市デジタル推進課 0827-29-5029(平日8:30~17:15) KDDIスマホ教室受付0800-777-0543(平日9:00~17:00) (2)和木町 和木町文化会館講習室(2023 年 12 月 8 日 、12 月 15 日 13:30~15:30) 電話:和木町企画総務課 52-2136(平日8:30~17:15) KDDIスマホ教室受付0800-777-0543(平日9:00~17:00)

■デジタルデバイドを楽しく学べる「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を「GINZA 456 Created by KDDI」で開催
KDDIは、2023年11月2日(木)から「GINZA 456 Created by KDDI(以下「GINZA 456」)」にて、「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」を開催する。

本イベントではポケベルや赤外線通信を使った連絡先交換などの演出で平成ノスタルジーを体験できる。また、触ると不思議な変化が起こる壁面の映像やARでデジタルデバイド解消に向けた解説で、平成を懐かしみながら、「誰もがデジタル化の恩恵を受けることができる世界」を体感できる。

KDDIはデジタルデバイド解消に向けて取り組みを行っているが、デジタルデバイド解消には自治体と企業が一緒になって協力しあうことが重要だ。本イベントは、デジタルデバイド解消の取り組みを知り、誰もがデジタル化の恩恵を受けられる社会を共に目指していこうという想いに共感してもらうことを目的としている。

01


<イベント概要>
「デジタルコネクションストーリー~平成ノスタルジーと村のミライ~」
開催期間: 2023年11月2日(木)~終了時期未定
会場: GINZA 456 Created by KDDI
料金: 無料
参加方法: 予約不要・自由入場

KDDI株式会社 ブランド・コミュニケーション本部 米澤ちなつ氏が語る!GINZA 456で体験できる「デジタルコネクションストーリー ~平成ノスタルジーと村のミライ~」の魅力

YouTube:https://youtu.be/SDmEszO4ASI

<KDDI トビラ新ムービー概要>
「デジタルデバイド解消」篇
ムービー放映開始:2023年10月27日(金)
放映地域:全国・YouTube
ムービー本編URL:

KDDI


〇KDDIトビラとは
KDDIが掲げる「KDDI VISION 2030」のメッセージ「『つなぐチカラ』を進化させ、誰もが思いを実現できる社会をつくる。」の実現の加速に向け、KDDIがパートナーとともに取り組む挑戦や、その思い、支える技術を紹介するメディア。KDDIの「つなぐチカラ」は、遠く離れた場所を通信でつなぐというだけではなく、人々の命、暮らし、心をつないでいる。「KDDI トビラ」という名前には、「つなぐチカラ」を進化させていくことで、「誰もが思いを実現できる社会」へのトビラとしての役割を担っていきたいという思いが込められている。

KDDI株式会社
ANAあきんど株式会社
山口県

ITライフハック
ITライフハック X(旧Twitter)
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
”シェア乗り“構想で共鳴!日の丸交通、シェア乗りタクシー参入に向けて『NearMe』の年内導入が決定
ワークエンゲージメントを向上させる!「 TEC&ITリーダーのためのオフサイトミーティングとは!?」Vol.2を開催
喫緊の“交通‧移動”課題に対する取り組みや実装プランを3社1県合同で発表!NearMe『“シェア乗り”構想』発表会
ジャスミー 執行役員 柿沼英彦氏に聞く!テレワーク環境をブロックチェーンで管理する「Jasmy Secure PC」とは
起業家 山口豪志氏が語る!人類に気ヅキの視ゲキを与える雑誌『THE RACE』を出版した理由

日本はデジタル先進国になれるのか?
牧島 かれん
日経BP
2023-02-17





ライブ会場さながらの一体感を実現!「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022」サテライトライブイベント

01

KDDIは去る2022年3月15日(火)、「GINZA 456 Created by KDDI」と「KDDI DIGITAL GATE」にて、5G SA×8Kを利用した「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022」サテライトライブイベントを開催した。

■まるでライブ会場にいるような臨場感・一体感を体験可能
GINZA 456会場では「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022」を5G SA×8Kを用いて同時にライブ配信し、KDDI DIGITAL GATEでは8KVR映像 (3D180度)を体験できるコーナーを設置。Xperiaスマートフォンを用いた5G SA無線による低遅延のライブ配信により、ほぼリアルタイムでライブを体験できるだけではなく、 8Kライブ配信※や8KVR映像(3D180度)体験によりまるでライブ会場にいるような臨場感・一体感を体験可能にした。
※安定通信のために一部固定回線を使って8K配信を行った

さらに、MCによるトークコーナーでは、5G SAスマートフォンを送受信機として使用しライブ会場にいるような形でのコール&レスポンスも実施。本会場さながらの一体感で、大盛況となった。

02


〇いとうせいこう「高画質、時差のない配信で届くのは嬉しいですね」
MCのいとうせいこう、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、emma3名が無観客のライブ会場から、GINZA 456でのサテライト参加者に呼びかけを実施。
遠隔配信にも関わらず、時差のないやり取りでGINZA 456の参加者も手を振るなど、MCの呼びかけに楽しそうに反応していた。
そのスムーズなやり取りを受けて、いとうせいこうは「 5G SAによる8Kの高画質やこういった時差のない配信でライブが届くのは嬉しいですね」と笑顔でコメントした。

〇サテライトライブ参加者の感想
「GINZA 456 Created by KDDI」のサテライトライブ参加者は、次のようにそれぞれの感想を語った。
「画質が綺麗なところと、音と口の動きにズレがないところが良かったです。」
「自分でもアカペラで音楽活動をしているんですが、実際にオンラインライブをすると「ラグがあるんだろうな…」と思うことが結構ある。」
「配信のラグがなくなることで、そういった心配もなくなるし、オンラインで見ている人も違和感なく楽しめるので、新しい形でライブができるようになるのは嬉しいしこれからが楽しみです。」

■5G SA配信で実現した3つの特徴
5G SA配信は、次のような3つの特徴がある。

①インタラクティブなサテライトライブの実現
03

5G SAの低遅延を活かすことで、アーティストのいる本会場との時差を解消し、コールレスポンスや各遠隔会場との一体感を出す演出が可能になった。地方在住の方が主要都市のライブ会場などへの遠征する際に交通費や宿泊費などの費用がかさむ傾向があるなか、5G SAを用いたサテライト公演を実施することで、居住地近隣のサテライト会場で本会場さながらの臨場感を体験することが可能になる。

②5G SA無線により、サテライトライブを実施しやすい環境を実現
04

Xperiaスマートフォンの5G SA無線を活用することで、配信専用の固定回線が不要になった。これまで、配信用の固定回線は大きな費用が掛かり、さらに事前工事等の工数もかかる傾向にあった。5G SA無線では固定回線が不要になるため、主催者の費用削減・工数削減。サテライトラ
イブを通して、ライブ会場へ来ることが難しい人へもライブ体験を届けやすい環境を実現する。

③新たなライブ体験を実現
05

8Kライブ配信や8KVR映像(3D180度により、まるで本会場にいるような臨場感のあるライブ体験を実現しました。ライブでは、生の音楽体験やアーティストとのやり取りだけではなく会場の観客を含めた一体感も醍醐味のひとつ。8Kによる高画質とVR映像(3D180度)による臨場感により、これまでのサテライトライブではなかった没入感を実現した。
※8K VRは別会場(KDDIDIGITALGATE)で実施した。


YouTube:https://youtu.be/oWnxF7Q3Ius

ソニーとKDDIは5G SAを活用した新たなビジネスユースケースやエンターテインメントサービスの創出を目指した技術検証を2021年1月から推進している。本イベントも両社の取り組みの一環であり、参加者は本イベントを通して、8K映像配信では、離れた場所でも臨場感をもってイベントに参加できることを体感できた。

両社は5G SA時代の新たなサービスの創出に向けた取り組みを推進していくとしている。今後の展開を楽しみに待っていよう。

GINZA 456 Created by KDDI

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
USB Power Delivery規格20W出力に対応!TypeCポート搭載AC充電器
ふかふかビーズクッション付き!膝上テーブル2種類
最大10ヶ月間55%OFF、データ通信料大特価SALE!モバイルルーター『ZEUS WiFi』
ACコンセント出力ができる!マグネット搭載モバイルバッテリー
工事車両などに設置してタブレットを快適に操作できるタブレットホルダー






類似する他社ポイント運用サービスと比較!au PAY ポイント運用、好調なパフォーマンスを発揮

au_main

auアセットマネジメント株式会社は、同社がシステムと投資信託をポイント運用の裏付け商品として提供し、KDDI株式会社が運営するサービス「au PAY ポイント運用」において、サービスの連動対象の投資信託である「auスマート・プライム(高成長)」が、サービスのリリース日である2019年4月9日来の基準価額の騰落率24.27%(※1)と好調であり、国内投信に連動する他社ポイント運用サービスと比較し高いパフォーマンスを発揮していることを明らかにした。

■「au PAY ポイント運用」のパフォーマンスが好調
前述のとおり、「auスマート・プライム(高成長)」が高いパフォーマンスを発揮している。サービスの2019年4月9日来のトータルリターンは、国内投信に連動する他社ポイント運用サービスのアクティブコース(※2)のパフォーマンスを上回っていることが、下記のグラフからわかる。

au PAY ポイント運用のパフォーマンス比較(※3)
Graph
出所:各社公表資料を元にauアセットマネジメント作成


(※1)2019年4月9日から2020年12月30日の基準価額の騰落率。
(※2)楽天株式会社が運営するポイント運用のアクティブコース、株式会社クレディセゾンが運営する永久不滅ポイント運用の資産形成の達人コース、株式会社NTTドコモが運営するポイント投資のアクティブコース(対象は比較期間のパフォーマンスが公表されているもの)。
(※3)2019年4月9日の基準価額を100とした時の2020年12月30日までの基準価額の推移。

■「au PAY ポイント運用」とは
「au PAY ポイント運用」は、Pontaポイントを活用した資産運用の疑似体験サービスだ。
以下4点の特長がある。

(1)面倒な手続き不要で、100ポイントからすぐに資産運用の疑似体験が可能
口座開設を行う必要なく「au PAY アプリ」上で、運用するポイント数を決めるだけですぐに利用できる。

(2)リアルに近い資産運用の疑似体験が可能
実際に利用者が運用しているポイントが投資信託の基準価額に連動して増減する(※)ため、リアルな資産運用の疑似体験をすることができる。運用中のポイントの運用状況は「au PAY アプリ」からいつでも確認できる。
※投資信託の基準価額に連動した結果、運用中のポイントが減少することもある。

(3)運用中のポイントを引き出せば、Pontaポイントとして利用できる
運用中のポイントは、1ポイント単位で「Pontaポイント」として引き出すことができる。引き出したポイントは、通常の「Pontaポイント」と同様に、au PAY 残高へのチャージや、お買い物などに利用できる。

(4)運用で迷った時は、みんなの動向も参考にできる
「みんなの運用状況」を見れば、現時点で運用ポイントを追加する人が多いのか、引き出す人が多いのかを一目で把握できる。

■「au PAY ポイント運用キャンペーン」を実施中
現在、運用ポイントを100ポイント以上追加した利用者を対象に、100Pontaポイントをプレゼントするキャンペーンを実施している。期間限定の特典なので、興味を持った人は、この機会に「au PAY ポイント運用」を資産運用に利用してみては如何だろうか。

<キャンペーン詳細情報>
期間:2020年12月24日10:00~2021年2月26日23:59
条件:キャンペーン期間中に、運用ポイントを100ポイント以上追加した利用者が対象
特典:100Pontaポイントをプレゼント(特典の還元は2021年3月末を予定)

「au PAY ポイント運用キャンペーン」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
軽量コンパクトなスマホ&タブレット・スタンド!Reloop「SMART DISPLAY STAND」
iPhoneやAndroidで使えるハンドヘルドジンバル!「Smart XR」スマホジンバル
30W高出力・多機能・最小級モバイルバッテリー!『SMARTCOBY Pro 30W』
タブレット・スマホをパソコン化!スタンド機能付きのUSB Type-Cドッキングハブ
『劇場版 「鬼滅の刃」 無限列車編』が公開中!ワイヤレスイヤホン~柱モデル~を予約販売






無料で電子書籍が読み放題に!KDDIがauの「ブックパス読み放題プラン」を3月28日までの期間限定で無料提供を開始

BookPass

KDDIは2020年3月9日から2020年3月28日の間、新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえ、読み放題プラン「ブックパス読み放題プラン(総合コース/マガジンコース)」(以下、ブックパス 読み放題プラン)の月額情報料を無料で提供する。

■auユーザーでなくても会員登録すれば利用可能
ブックパス読み放題プランは、多くの電子書籍が読めるサービスで、実用書などによる学習や、コミック・雑誌などを手軽に楽しめる。

同施策では、既にブックパス読み放題プランに加入しているユーザーも、新規加入のユーザーも、2020年3月利用分の月額情報料を無料とする。なお、本施策利用期間中に新規に加入したユーザーは、同施策終了後、自動的に2020年3月29日に退会処理をするので安心して利用できる。この施策ならびに、ブックパスはau回線の契約の有無にかかわらず利用可能だ。

ブックパス読み放題プラン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
ドワンゴのN予備校がコロナウイルス感染拡大によるオンライン授業の無料開放に伴い特別生配信授業を実施
対象はすべての人!コロナ感染拡大でバンタンがクリエイティブ分野のオンライン動画学習サービス「バンタンフリップチャンネル」をオンライン学習アプリ「N予備校」にて無料開放
こんなところにもコロナの影響、観客のいない音楽会を生中継!ドワンゴが「niconico」でミューザ川崎シンフォニーホールと東京交響楽団による史上初の無観客コンサートを無料で生中継
新型コロナウイルスによる全国一斉臨時休校を受けベネッセが進研ゼミ「春の総復習ドリル」無償配布やライブラリー解放などによる小中高への学習支援を表明
コロナ蔓延で自宅作業すなわち自宅飯が増えることを受けクックパッドが有料機能の「人気順検索」の無料開放を実施



るるぶ ゆるキャン△ (JTBのムック)
ジェイティビィパブリッシング
2020-02-04



eスポーツの甲子園「STAGE:0」決勝大会にてSTAGE:0×au 「マルチアングル配信」を実施

9_large

KDDIは、2019年8月15(木)に開催される、eスポーツの甲子園「STAGE:0」リーグ・オブ・レジェンド部門の決勝・準決勝の3試合にて、「STAGE:0」と共同で「マルチアングル配信」をインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」で実施する。応援チーム別ゲーム画面2配信に選手個別のゲーム画面10配信を加えた、合計12チャンネルの配信を行うことで、視聴者に寄り添った新しい観戦体験を提供する。

「マルチアングル配信」を通して、応援チーム視点配信と応援選手視点配信の2種類の配信を行う。合計12チャンネルによる配信映像は、インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」にて楽しめる。

配信の概要は以下の通り。

・応援チーム視点配信:各チームにフォーカスしたゲーム画面を配信。22/7(ナナブンノニジュウニ)のメンバーも登場し、応援チーム目線で実況配信する。

・応援選手視点配信:観戦したい選手の個人視点のゲーム画面を配信。観戦したい選手の個人視点配信をクリックすると映像が切り替わり、よりコアな応援視聴の体験を可能にする。

今回の配信をきっかけに、KDDIは2020年の5G実用化を見据えた大容量マルチアングル配信技術を有効に活用することにより、eスポーツにおける「モバイル」での新たな観戦体験を提案していくとしている。

10_original

2_original

3_original


SPORTS BULL

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
JRA×機動戦士ガンダム40周年記念プロジェクト!総勢32種類のモビルスーツが登場するケイバ診断コンテンツ。ガンダムJRA「診断のシャア」が解禁
スイミングウェア「Speedo」×「蔦屋」コラボで書籍を通じて“水を哲学する”展示イベントおよびポップアップストア開催
今夏人気の山は「鳥海山」!富士山は何位? NTTレゾナントがgooの検索数から見る人気の登山スポットを発表!
お気に入りバッグをこれまで以上に活用するためのライフハックグッズ『コアルーストラップ「α」』
期間限定!新宿歌舞伎町にニンニク料理とチーズ料理の楽園誕生!


5Gビジネス (日経文庫)
亀井 卓也
日本経済新聞出版社
2019-06-15




「これで誰でもセンターになれる!」推しメンの声が際立つ、新しい音楽視聴体験「音のVR」を初体験

01

KDDI、KDDI総合研究所は「音のVR×ハロー!プロジェクト お披露目説明会」を2018年3月14日(水)に開催した。

今回披露した「音のVR」は、360度映像と音に対し、視聴者の見たい・聞きたい部分に、自由自在にズームできる、音と映像が体感的に合致したインタラクティブ視聴技術だ。

当日はモーニング娘。‘18 が春らしい装いで登場。イベント直前に撮影した「音のVR」について聞かれたメンバーは「自分がその場にいるような感覚を楽しめるコンテンツ!(飯窪)」「VR は今まであったけど『音のVR』は初めての体験でした。一人一人の声が聴けるということなので、音程とか大丈夫かな……(笑)。ただ自分達らしいものが出来たと思います。新時代の技術を使った動画なので、ある意味この作品が伝説的になるんじゃないかなと思います(譜久村)」、「お話しを聞いて5Gすごい!みんなが快適に過ごせる時代がそのうち来るんだ!と思いました。5Gや『音のVR』とか、この世の中どれだけ住みやすい世界になっちゃうんだろうと思いました!(生田)」、「テスト体験しましたが、周りの音が消えるわけじゃなくて、聞きたい音による感覚で本当にそこにいる感覚でした!(小田)」と「音のVR」のすごさを口々にしていた。

イベントでは実際に直前に撮影した映像を使って、譜久村、飯窪、加賀が『音のVR』の体験デモンストレーションが行われた。映像はメンバー全員が「I WISH」を歌っている中、譜久村、飯窪、加賀が手紙を読んでいるという内容。手紙を読んでいる譜久村にズームアップすると、譜久村の声が会場内に際立っていた。

譜久村は「めっちゃ恥ずかしいですね!」と照れ笑いを見せた。体験後感想を聞かれた加賀は「撮影中、譜久村さんの手紙を読んでいるのを聞いて泣いてしまったんです。その感動の内容を際立って聞くことが出来てよかったです。」と撮影中の秘話を話した。

また飯窪は「ズームをしたときに、他のメンバーの声もいい感じで入っていましたね。あっ!自分がセンターになれるんだ!と思いました(笑)。これだと何回でも楽しめますね。『モーニング娘。』は13 人いるので少なくても13回は楽しめます!(笑)」と話した。

そして最後に譜久村が「ファンの皆様とつながる、5G 時代が楽しみです!」とイベントを締めくくった。

02


au

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
屋根の状態をドローンで確認して様々な問題を解決!「日本屋根ドローン協会」が発足
スマホ画面で確認しながら耳掃除できる「カメラで見ながら耳掃除!爽快USBイヤースコープ」
妊婦さんの不安を解消!正しい情報がタイムリーに得られる医師監修アプリ「Baby+」
サーティワン アイスクリームがソフトバンクとのコラボフレーバーを期間限定で販売
北陸新幹線トンネル内において携帯電話のサービスエリアが拡大


二十歳のモーニング娘。(初回生産限定盤)(DVD付)
モーニング娘。20th
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =
2018-02-07



九州新幹線 新鳥栖駅~新大牟田駅間トンネル内の携帯電話サービス開始

6b4ea6fc35303d6133b9d0afb6e4435d_l

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、九州新幹線トンネル内における携帯電話のサービスエリア拡大や品質改善を目的に、九州旅客鉄道と共同でエリア整備を進めているが、このたび、新鳥栖駅から新大牟田駅間のトンネル内においても携帯電話サービスエリアが拡大され、携帯電話が利用できるようになった。

1. サービスエリア拡大予定時期
2017年12月1日(金)始発列車よりサービス開始予定

2. 拡大サービスエリア
新鳥栖駅~新大牟田駅間の以下3トンネル 約2.3km

3. サービス提供事業者
ソフトバンク
NTTドコモ
KDDI

[注]“ワイモバイル”の携帯電話も利用可能。

4. 事業内容

トンネル等の人工的な構築物により電波が遮へいされ、携帯電話等が使用できない地域において、移動通信用中継施設等を設置して携帯電話等を利用可能にするなど、電波の適正な利用を確保することを目的として実施されている「電波遮へい対策事業」に基づく国の補助金を活用して工事が行われている。

5. 今後の予定
九州新幹線の下記の区間については、現在対策工事実施中で順次サービスが提供される予定だ。

①新大牟田駅~新玉名駅間のトンネル内
②新玉名駅~熊本駅間のトンネル内
③新八代駅~新水俣駅間のトンネル内

ニュースリリース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
AUKEY、6700mAh超ミニサイズのモバイルバッテリー「PB-N62」を発売
「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」の発売を記念して「旅する3Dフィギュアフォトコンテスト」を開始
AUKEY、13400mAhのモバイルバッテリー「PB-N63」を発売
名刺入れにもなる!?カードが最大5枚収納できるiPhoneXケース
AUKEY、2USBポート搭載で20000mAhのモバイルバッテリー「PB-N61」を新発売






月面探査車「SORATO」がみんなのメッセージを運ぶ「1億人のムーンチャレンジ」募集開始

IMG_5347

KDDIと日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、人類初の民間による月面探査を目指すプロジェクト「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」にチャレンジしている。「HAKUTO」の月面探査ローバー「SORATO」の打ち上げに向け、この度「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」では、みなさまから募集したメッセージを月面に届ける「1億人のムーンチャレンジ」キャンペーンを実施する。

本キャンペーンでは、月面探査ローバー「SORATO」に、応募された画像やメッセージのデータを搭載し、実際に月面まで運ぶというもの。

また、「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」のアンバサダーを務めるサカナクションによる応援楽曲“SORATO”の音源データと、同じくアンバサダーとしてチームに参加している「宇宙兄弟」の漫画データ、HAKUTOからは、日本の月文化にまつわる「動物=兎」と「植物=稲」のゲノムデータもメッセージとともに月面へ送り込む。

月に届けるメッセージは、2017年8月21日(月)10:00から9月15日(金)23:59の期間中にキャンペーンサイト及びSNSから応募可能だ。

■キャンペーン概要
キャンペーン名称:au x HAKUTO MOON CHALLENGE「1億人のムーンチャレンジ」
募集期間:2017年8月21日(月)10:00 ~ 9月15日(金)23:59
提供内容:キャンペーン応募者の「写真・メッセージ」を「SORATO」に載せて月面にお届け。
※写真の応募は任意。
応募資格:
・応募規約に同意した人に限る。本キャンペーンに応募した場合には、応募規約に同意いただいたものとみなされる。
・未成年は応募する前に保護者の同意が必要。未成年が応募した場合、保護者の同意を得た上でのご応募とみなす。
・未就学児が応募する場合には、保護者の代理で応募のこと。
応募方法:
・本キャンペーン専用のWebサイトの応募フォームに必要事項を記入するか、本サイト経由で本キャンペーン指定のSNSから投稿して応募。
・twitterで、本キャンペーン応募用のハッシュタグ「#1億人のムーンチャレンジ」をつけると共に、当社が別途本サイトで指定する公式アカウントのツイートを引用リツイートして投稿することでも応募可能だ。当該投稿がなされた場合には、応募規約に同意の上、本キャンペーンに応募したものとみなされる。
・当社が別途本サイトで指定するFacebookアカウントの特定の記事に対して、画像を添付したコメントの投稿でも本キャンペーンに応募することができる。当該投稿がなされた場合には、本応募規約に同意の上、本キャンペーンに応募したものとみなされる。
・PCまたはスマートフォンから応募のこと。
・応募は一人につき何回でも可能。


キャンペーンサイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
SIEJA「劇場版 仮面ライダーエグゼイド スペシャルコンテンツ 幻夢VR Ver.」を配信
サードウェーブ、経験ゼロからUnreal Engine 4を徹底的に学べるEpic Games公認アカデミーを開催
LINE、「LINE×週刊少年ジャンプ」キャンペーンを開始。72タイトルのジャンプ作品の無料マンガと公式スタンプを毎週配信
「駅メモ!」がコミカライズ!「やわらかスピリッツ」にて連載決定
ソニー・エクスプローラサイエンスで「ペットボトルと牛乳パックでつくるヘッドホン」を開催






山陽新幹線における全トンネル内で携帯電話サービスが利用可能に

3ad81f109966f08441b11be2ec5a7a62_s

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは山陽新幹線の全線に渡って携帯電話サービスが利用できるようになったと発表した。利用可能になるのは2016年12月22日(木)始発列車から。

今回工事が終了したのは、峠山トンネルから厚狭駅及び、厚狭駅から小倉駅間。

ニュースリリース(ソフトバンク)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
「ウルトラマンシリーズ×SHINZI KATOH」のiPhone7ケースが発売
「1秒を切り取る」新しい画像アプリ「ポラロイド・スイング」
ファーウェイ・ジャパン、最上位グレードに位置する「HUAWEI Mate 9」を発売
ASUS JAPAN「ASUS ZenWatch 3(WI503Q)」を発売
かわいい哺乳瓶デザインの5500mAh薄型モバイルバッテリー






au STAR会員を新感覚リアル脱出ゲームへご招待

『SANTA & SIX GIFT BOXES』会場イメージ

KDDIは、AndroidスマートフォンとGoogleサービスを使って謎を解く新感覚リアル脱出ゲーム「au STAR presents “SANTA & SIX GIFT BOXES”(サンタクロースと6つのプレゼント)(以下、SANTA & SIX GIFT BOXES)」を、2016年12月22日~12月25日の期間限定で六本木ヒルズにて開催し、「au STAR」会員1,600名を無料で招待する。

「SANTA & SIX GIFT BOXES」は、参加者がトナカイに扮し、サンタからプレゼントされた謎をGoogle検索やGmail やGoogle マップ、Google カレンダーなどの便利な各種Googleサービスを駆使して解く新感覚リアル脱出ゲーム。ストーリー体験型のイベントを通じて、スマートフォンを使う楽しさや、生活を豊かにする便利機能を体感できる。

なお、リアル脱出ゲームの企画構成はSCRAPが担当。また、ゲーム内で使用する Android スマートフォン・タブレットは、Xperiaの最新機種をソニーモバイルコミュニケーションズが提供している。

■名称:「au STAR presents “SANTA & SIX GIFT BOXES” (サンタクロースと6つのプレゼント)」
開催日時:
2016年12月22日(木)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月23日(金)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月24日(土)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
2016年12月25日(日)①11:00~②13:00~③15:00~④17:00~⑤19:00~
プレイ形式:回遊型。1チーム4人。各回80名/20組程度が同時に参加します。
参加人数:各回80名。合計1,600名を想定。
参加料金:無料
会場:六本木ヒルズ ヒルサイド2F ヒルズカフェスペース (東京都港区六本木6-10-1)
応募条件:
下記条件を全て満たすauのユーザー
(1)応募時及び、イベント当日にauのAndroid スマートフォンを契約している方
(2) 応募時及び、イベント当日にau STAR にご登録している方
(3)契約者様の年齢が18歳以上
応募方法:特設サイトより、1名、2名、もしくは4名で応募。
応募期間:2016年11月21日(月)~11月28日(月)まで
参加した人には、当イベントの限定アイテムである「オリジナルマグカップ」をプレゼント。


「SANTA & SIX GIFT BOXES」特設サイト

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む

フォーカルポイント、iPhone 7とiPhone 7 Plusにそれぞれ対応したメタルバンパーを発売

マウスコンピューター、GeForce GTX 1050を搭載したゲーミングパソコンを販売開始
Synologyが同社製品向けのユーザーイベント「Synology 2017」を開催
知らない人は損している!何でもできる魔法の箱「QNAP」活用術第五回「HDDの増設」
ドスパラ、「War Thunder」のGALLERIA 推奨パソコンが登場





京急本線・逗子線・久里浜線のトンネル区間で携帯電話のエリア化工事を開始

05_00-3


京浜急行電鉄、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは、2016年8月8日(月曜)から、京急本線・逗子線・久里浜線のトンネル区間において、携帯電話サービスの提供をめざした工事に着手すると発表した。2017年度以降、順次利用できるようになる。



本工事は、各駅間のトンネル区間でも、携帯電話やタブレットなどによるモバイル通信を可能にするために行うもの。サービス提供開始後は、列車内において、事故や災害発生時などの非常時でも、情報収集の手段として利用できる。

なお、今回の該当区間での工事が完了することで、京急線全線トンネル区間で携帯電話サービスがご利用可能となるとのこと。

■工事概要
・工事開始日(予定):2016年8月8日(月曜)
・サービス提供開始予定時期:2017年度~2018年度(工事が終了次第、順次サービス提供を開始)
・工事開始区間:本線「戸部~浦賀駅間」のトンネル内23か所、逗子線「六浦~神武寺駅間」のトンネル内2か所、久里浜線「京急久里浜~津久井浜駅間」のトンネル内4か所 以上、計29か所
・既存のサービス提供区間(サービス開始日):空港線「糀谷~羽田空港国内線ターミナル駅間」のトンネル内(2014年12月~)、本線「泉岳寺~品川駅間」のトンネル内(2015年2月~)


05_00-1


ニュースリリース(NTTドコモ)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
ロジクール、9.7インチiPad Pro向けバックライト付きキーボードケースを発売
リンクス、ウレタン素材を採用した柔らかいスマホVRゴーグルを発売
ソフトバンク、「ギガカップヌードルプレゼントキャンペーン」を7月29日より開始
フォーカルポイント、プロクオリティの収録を可能にするスマホ用マイクプリアンプ内蔵ビデオグリップを発売
マウスコンピューターより6型でContinuum対応のWindows 10 Mobileスマホ「MADOSMA Q601」登場







名古屋鉄道 名古屋本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、2016年3月16日(水)午後1時より、名古屋鉄道 名古屋本線 「山王駅~栄生駅」区間のトンネル内において、携帯電話サービスの提供を開始すると発表した。
続きを読む

仙台市地下鉄 東西線開業に合わせ、携帯電話のサービスを提供開始

ソフトバンク、NTTドコモ、KDDIは、仙台市地下鉄 東西線の開業に合わせて、仙台市地下鉄 東西線 全区間(「八木山動物公園駅~荒井駅」)の駅およびトンネル内において、携帯電話サービスを提供開始すると発表した。
続きを読む

近鉄奈良線における携帯電話サービスエリアの整備が完了!

8月27日に『阪神電気鉄道阪神本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始』といった記事で、阪神電気鉄道阪神本線「梅田駅~野田駅」区間のトンネル内において、携帯電話サービスの提供を開始したことをお伝えした。今回は近鉄こと近畿日本鉄道の奈良線におけるサービスエリア拡大情報をお伝えしよう。

続きを読む

8月28日から3日間限定で世界へワープ!KDDI「Hello, New World. warp cube」イベントを開催

世界中を旅してみたい、世界のいろいろな場所へ訪れてみたい。そう思う人は多いはず。2015年8月28日(金)~8月30日(日)までの期間、東京・六本木にある東京ミッドタウンで開催されるKDDIの「Hello, New World. warp cube」イベントは、そんな夢を実現してくれる体験型のイベントだ。

このイベント開催に先駆けて本日8月27日に、プレス向けの発表会が開催された。発表会には、KDDIの「Hello, New World」篇のCMにも出演している新木優子さんと、タレントのGENKINGさんが登場。今回のイベントについて紹介してくれた。
続きを読む

阪神電気鉄道阪神本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始

7月30日の『JR西日本の東西線および関西本線のトンネル内で携帯電話サービスを提供開始』といった記事などで、これまで全国各地の鉄道における携帯電話の通話やモバイル通信関連のサービスエリア拡大情報をお伝えしてきている。今回は阪神電気鉄道阪神本線のトンネルにおける携帯エリアサービスの拡大情報をお伝えする。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集


l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ