ITライフハック

LG

直感的に使えるマジックリモコン!LG、3D対応の液晶テレビ「LG Smart TV」が凄い



LG Electronics Japanは2011年5月9日、ザ・プリンス パークタワー東京「コンベンションホール」において、報道関係者向けに液晶テレビ「LGSmartTV」に関する製品発表会を開催した。同社は、LED液晶テレビ「LGSmartTV」5シリーズ14モデルを2012年6月初旬より発売する。

続きを読む

軽量設計・充電不要の3Dメガネ!LG、27型3D対応液晶モニターが凄い



LGエレクトロニクス・ジャパンは2011年9月8日、27型3D対応液晶モニター CINEMA 3D「D2770P-PN」を9月中旬より発売すると発表した。「D2770P-PN」は、今年4月に発売した23型「D2342P-PN」、8月に発売した21.5 型「D2242P-PN」、9月に発売した25 型「D2542P-PN」と同じCINEMA 3D シリーズの新製品となり、同シリーズの中で最も大きな画面サイズになる。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

LGの新ディスプレイは超解像技術でも省エネ!ということでエコな液晶を比べてみた



応答速度が速い大画面液晶から縦に横に自由自在の液晶までさまざまな液晶を開発しているLGエレクトロニクス・ジャパンが、省エネモデルの液晶モニター「E2251VR-BN」(21.5型)、「E2351VR-BN」(23型)を8月中旬から発売する。

超解像技術を搭載によりぼやけた映像や画像を鮮明に再現し、シュートコントロール技術で解像度が補正され
過ぎたために発生する白浮きも抑制し、自然で上品な解像感を実現している。それでいて、光を効率的・均一的に取り出して活用するLEDバックライトを採用することで、「E2351VR-BN」(23型)で通常時30Wという低消費電力となっているとのことだ。

それなら、春以降に登場した23型モデルと比べてみよう。

続きを読む

動きの速いゲームが快適に遊べる!LGの大画面27インチ液晶モニター



消費電力を大幅に抑えたモニターから、デザイナー向けの縦横に向きが変えられるモニターまで、ユーザーのニーズにあわせた、さまざまな種類の液晶モニターを提供してきたLGエレクトロニクスが、ゲームに最適な27インチ大画面モニター「E2770V-BF」を発表した。

続きを読む

二酸化炭素の削減量が見える!消費電力を大幅に抑えたLGの液晶モニター

ノングレアパネルの「E2241V-BN」「E2341V-BN」「E2441V-BN」(左)と、グレアパネルの「E2341VG-BN」(右)


デザイナー向けの縦に横に向きを変えられる液晶モニターから、ゲームに最適な反応が速い液晶モニターまで、ユーザーのニーズにあわせた液晶モニターを開発してきたLGエレクトロニクスがLED液晶モニター「E41Vシリーズ」4機種を発表した。
特徴はバックライトにLEDを採用し、消費電力を大幅に抑えていることだ。

続きを読む

縦に横に自由自在!LGの液晶モニターなら高さ調節やチルト、スイベルで作業効率アップ



格闘ゲームに最適な反応が速いフルHD液晶をはじめ、さまざまニーズに応えてきたLGエレクトロニクス・ジャパンが、ビジネスに最適なモデルを投入した。
それが、2月下旬から発売する液晶モニター「IPS231P-BN」だ。IPS(UH-IPS)パネル、LEDバックライト採用の省エネモードを搭載し、スピーカーまでも装備している。しかし、一番の特徴は調節機能が充実していること。

続きを読む

格闘ゲームに強い!反応が速いLGのフルHD液晶



3D液晶テレビ「INFINIA」を日本国内に投入し、Android 3.0タブレット「G-Slate」を発表するなど、その動向が注目を集めているLGエレクトロニクス・ジャパンが、液晶モニター「E2370V-BF」を1月下旬に発売する。

1920×1080とフルHDの解像度を持つ23インチワイドで、価格は3万3000円前後の見込みだ。特徴は、動きの速いゲームに適したスルーモード機能を搭載していること。エヌ・シー・ジャパンのオンラインRPG「タワー オブ アイオン」の推奨モニターとして認定されている。

続きを読む

Android 3.0が宣戦布告!タブレット端末が次世代に進化【ITフラッシュバック】



スマートフォンに引き続き、タブレットも戦国時代に突入しようとしている。Googleの最新OS「Android 2.3」は、IP電話やおサイフケータイに対応しやすくなるなど、機能を強化してきた。そう、AndroidはiPhoneを機能面で超えてきたのだ。

Googleはそれだけでなく、iPadに対抗するように新しいAndroidの開発が進んでいた。スマートフォンの次はタブレットをターゲットにした。それが、ラスベガスで開催しているCESで発表されたAndroid 3.0だ。

最新記事の中から気になる記事をピックアップするITフラッシュバックでは、Android 3.0にフォーカスしてみた。

続きを読む

最大200型超の大画面に!合体する42型フルHDモニター



TV or LGTVのCMで知られる家庭用テレビ「INFINIA」をはじめ、PC用モニターやスマートフォンなどで日本市場に参入しているLGエレクトロニクスが、いままでにないくらいの大型モニターを12月下旬に発売する。
42型「M4214CCBA」と37型「M3702CCBA」の2モデルで、明るい場所でも見やすいためパブリックユースに適している。

続きを読む

【速報】世界初のデュアルコアCPU!LG、Androidスマートフォン「Optimus 2X」を発表



モバゲーがスマートフォン版を開始するなど、スマートフォンは世界的に大ブレークの兆しがある。そうしたスマートフォン市場に対して、LG電子が新たな動きを見せた。
LG電子は2010年12月16日(韓国 ソウル 現地時間)、デュアルコアプロセッサーを搭載した、世界初のスマートフォン「Optimus 2X」を発表した。

続きを読む

2万円以下のエントリースマートフォン「Optimus chat L-04C」【ドコモ 2010-11冬春】



スマートフォンにも力を入れていくというドコモが、エントリー向けに用意したのが「Optimus chat L-04C」だ。ほかのスマートフォンが3D、テレビなどのさまざまなハイエンド機能を搭載していく中、初めてでも使いやすいことにこだわっている。2011年発売予定でカラーリングはWhiteSilverで提供する。

持ってみると分かるが、軽量・コンパクトだけでなく、ラウンドフォルムのため、とても手にフィットする。これからスマートフォンデビューするユーザーにピッタリとくる。

続きを読む

3Dテレビも登場!LG、液晶テレビ「INFINIA」で日本市場に本格参入



欧米を中心に世界的なブランドになったLGの液晶テレビは、2009年の売り上げは約96億ドル、販売台数は約1630万台と出荷額で世界シェア11.2%を占め、世界2位の企業にまで成長している。2010年度の第1四半期は、シェアを12.7パーセントに伸ばし、韓国の攻勢はすさまじいものがある。

このLGの液晶テレビがついに日本市場へ参入する。テストパターンとして発売した2008年以来2年ぶりとなるが、前回とは違いLG ElectronicsのR&Dセンターの日本市場調査の結果を基に、日本の市場特性にあわせたプレミアムLED液晶テレビ「INFINIA」5シリーズ10モデルを、11月に投入するのだ。

コンセプトは“Another View, Another Way”で、フラッグシップモデル「LX9500」はパネル厚の最薄部がわずか2.3cm、フレームが1.6cmのフルLEDタイプとなっている。さらに8倍スキャン、コントラスト比1000万:1、フルハイビジョン3Dなどの機能を持つ。このほか、上位モデル「LE8500」、世界的なベストセラーモデル「LE7500」「LE5500」、セカンドテレビとしても人気の「LE5300」と豊富なラインアップとなっている。

続きを読む

1万円台でYouTubeやPicasaに対応!激安でも高性能なBDプレーヤー「BD550」

同じ映画コンテンツでも、DVD版よりもBD版のほうがよく売れはじめてくるなど、急激に普及してきたブルーレイ。LGから9月下旬に登場するブルーレイディスクプレーヤー「BD550」は、店頭想定価格が1万3000円と低価格ながら、さまざまな機能を搭載したハイパフォーマンスモデルだ。


続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ