ITライフハック

LINEリサーチ

好きなものを食べるタイミング、「最初に食べる派」は少数で「合間に食べる派」が約半数

調査

LINE株式会社では、同社が保有する約552万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営している。今回LINEリサーチでは、日本全国の男女を対象に、幕の内弁当※で最初に食べるものや、好きなものを食べるタイミングについて調査し、その結果を発表した。
※幕の内弁当のサンプル写真を見て回答

■幕の内弁当で最初に食べるものは?1位は「おひたし」、2位は?
main

ふだん、幕の内弁当で最初に何を食べるか、比較的よくあるお弁当の画像を見ながら想像して答えてもった。
その中で、最初に食べるもの全体TOPは「おひたし」で3割弱、2位は「ごはん」で約2割だった。全体3位以降は「焼き魚」「天ぷら」「卵焼き」といったおかず系がランクイン。「肉団子」「フライ/コロッケ類」「ソーセージ」などはランキング外となり、最初に食べる人は少ないこともわかった。
sub1

年代別にみると、1位の「おひたし」は20~40代で1位にランクイン。10代と50代でも1位と僅差で2位にランクインしている。特に20~30代で割合が高く、3割超となっている。女性ではすべての年代で「おひたし」が1位となった。

全体2位の「ごはん」も、全年代で2位以内にランクインしています。10代では1位で、特に10代男性で2割超と高い割合だった。

全体3位の「焼き魚」は全年代で3位にランクインしていますが、特に40~50代で割合が高めだった。全体4位の「天ぷら」は10代・50代で4位、40代で5位にランクイン。特に10代では1割超と他の年代と比べて割合が高めです。また、すべての年代で「卵焼き」が5位以内にランクインしている。

■好きなものは「最初」「最後」「合間」どのタイミングで食べる人が多い?
sub2

ふだんの食事のとき、好きなものはいつ食べることが多いかを聞いた。
全体でもっとも割合が高いのは「合間に食べる派」で半数弱、次に多いのは「最後に食べる派」で約4割という結果になった。「最初に食べる派」は全体で1割強と少数派。多くの人は食事のとき、好きなものは「合間」か「最後」に食べることがわかった。

年代別にみると、10~20代では「最後に食べる派」の割合がいちばん高く5割前後となった。
一方30~50代では「合間に食べる派」の割合がいちばん高く5割前後となっている。また「最初に食べる派」の割合はどの年代でも1割弱から2割弱と低めでしたが、年代が上がるほど高くなる傾向で、50代では2割弱だった。

<調査について>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2021年7月6日~2021年7月8日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数点以下第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なる場合がある

好きなものはいつ食べる?

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
お湯を注ぐだけ!ふわふわの優しい味わいを家庭で楽しめる「手延べえびたまめん」
高さと角度を自在に調整可能!ガス圧式昇降デスク
安心の日本製、かけるだけで効果抜群!静電気防止マルチカバー
全面に低反発ウレタンを内蔵!ハンドル収納式のスリムインナーケース
牛カツ食べ放題、挑戦者10,000人突破!ひとくち牛カツ50個以上完食で食事代が“全額無料”に






LINEリサーチ、「いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー」は?

アンケート02

LINE株式会社では、同社が保有する約545万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営している。LINEリサーチでは、四半期毎に全国の15~24歳の男女に対して、「最近流行っているコト・モノ・ヒト」についてアンケート調査(自由記述形式)を実施しており、2021年3月にインフルエンサー・有名人に関する調査を実施した。

■​テレビ番組やSNSでおなじみの顔が勢揃い。YouTuberが4人もランクイン!
「いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人※」は、YouTubeのチャンネル登録者数が900万人超えを達成した「HIKAKIN」が総合1位に。YouTubeでは4つのチャンネルを運営、誰が見ても楽しめるように工夫されており、視聴者を飽きさせない動画が人気のようだ。

2位は「ひろゆき」がランクイン。「2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)」の開設や「ニコニコ動画」などを手掛けた実業家であり、プログラマーやYouTuberなどとして幅広く活躍。レギュラー出演も多く、2ちゃんねるを知らない若者の間でも注目を集めているようだ。

3位は「渡辺直美」と「松本人志」が同率でランクイン。インスタグラムのフォロワー数が950万人を超える「渡辺直美」。最近は活動拠点をニューヨークに移してグローバルな活動でも話題を呼んでおり、活躍の場はお笑いにとどまらず、ファッションブランドのプロデューサーなどマルチに活躍している彼女の影響は大きいようだ。
同じく3位にランクインした「松本人志」。誰もが知るお笑い界のレジェンド。Twitterのフォロワー数も多く、後輩芸人の兄貴的な存在感も。情報番組でのコメントやTwitterなどの格言に反響が集まっているようだ。

※「インフルエンサー・有名人」とは、Twitter・Instagram・YouTube・TikTokなどのSNSでフォロワーが多い人や、SNS内の有名人。(有名人・芸能人本人がSNSをやっているかどうかは問わない。)
main

■男性は「HIKAKIN」がすべての年齢層で1位に。女性は年齢層でランキングに違いが
男女、年齢別のランキングをみてみると、男性はすべての年齢層において「HIKAKIN」と「ひろゆき」がTOP2に。
15~18歳、19~22歳の3位は「松本人志」がランクインしている。
23~24歳の3位は「東海オンエア」がランクイン。学生時代に知り合ったメンバーが繰り広げる内輪ネタや企画の発想が面白いということが人気の理由のようだ。また、男性23~24歳を除いてすべての年齢層でランクインを果たしたのは「渡辺直美」で男女問わず人気が伺える。

男性のランキングの傾向として、男性15~18歳のランキングのほとんどはYouTuberが占めており、19歳以上から有名人の割合が増えるようだ。
男性23~24歳では乃木坂46の元メンバー「白石麻衣」や「乃木坂46」、元プロ野球選手の「イチロー」がランクインしている。
また、どの年齢層においてもゲーム実況系YouTuber「キヨ。」「瀬戸弘司」「加藤純一」が入っているのが特徴的だ。

女性は年齢層で全く異なるランキング結果となった。
それぞれの1位の顔ぶれをみていくと、女性15~18歳は岐阜弁訛りが可愛らしい美容系YouTuberの「nanakoななこ」が1位に。今年大学を卒業したばかりの彼女はこれまでに「現役の女子大学生が教える”バレないスクールメイク”」などで人気に。すっぴんで実演していることも好感を持たれる理由のようです。コスメのプロデュースなども手掛けている。

19~22歳の1位は昨年末にグループでの活動を休止した「嵐」。個々のメンバーの活動としてYouTubeや有料サイトの「Johnny’s web」でブログを開設しています。テレビ以外の場でも活動の幅を広げている彼らに注目が集まっているようだ。

23~24歳の1位はフリーアナウンサーで最近は女優としての活躍も目立つ「田中みな実」。普通なら教えたくない美容法や商品も惜しみなく発信しており、率直な意見が信頼を得ている理由のひとつのようだ。また、30代でもエイジレスな彼女の美容法やファッションは若者にとって真似してみたい、あこがれの存在なのかもしれない。

女性では、2位以降のランキングにおいても年齢によって差が出る結果に。
女性15~18歳では、「嵐」「SixTONES」「BTS/防弾少年団」「Snow Man」など多くの男性アイドルがランクインしている。また、マルチにインフルエンサーとして活躍する「なえなの」や「中町綾」に加えて、美容系YouTuberがランクインしていることがわかる。

女性19~22歳では、美容系YouTuberの「nanakoななこ」「ふくれな」「コスメヲタちゃんねるサラ」「水越みさと」でランキングの大半を占めている。

女性23~24歳では、「ゆうこす」や「指原莉乃」などアイドル活動を経てタレントや実業家になった人やファッションライバー「牛江桃子/ももち」やファッションモデルの「藤田ニコル/にこるん」がラインクインしている。
sub1

■その人をいちばん信頼している/参考にしている理由は?
回答してもらったインフルエンサー・有名人について、その人をいちばん信頼している/参考にしている理由を聞いてみた。
「その人のファンだから」が最も多く1位。次いで、「その人のセンスが好きだから」が2位となりました。その人のファンやセンスが好きといった理由以外では、その人のトークから視聴者が感じる「説明が上手・説得力があるから」「知的/スマートな人だから」などがランクイン。
また、「正直/誠実な人だから」「言動に裏表がないから」など率直な意見が聞けるということもその人を信頼している/参考にしている理由のひとつになっているようだ。
sub2

■理由別!インフルエンサー・有名人ランキングTOP5
その人をいちばん信頼している/参考にしている理由を紹介したが、今度は「理由別でみたときに、誰の支持が高いのか」をみてみた。中でも特徴的だったものを6つピックアップして紹介する。

「その人のセンスが好きだから」では、「ひろゆき」「HIKAKIN」「nanakoななこ」がTOP3に。4位にはYouTube界で注目の若手5人組「コムドット」がランクイン。現在のチャンネル登録者数は180万人超え。"地元ノリを全国ノリに”、 "放課後の延長”というスローガンを掲げ、学生遊びの延長のようなノリで配信される面白い動画にセンスを感じる人が多いようだ。

「説明が上手、説得力があるから」では、「ひろゆき」「HIKAKIN」「nanakoななこ」がTOP3に。また、数多くのレギュラー番組をもつ「マツコ・デラックス(マツコデラックス)」がランクイン。自身の番組などで、あらゆるジャンルのゲストとトークする中で知識の豊富さを活かした分かりやすい説明や、自身の体験をベースに話していることも多く説得力があると感じる人が多いのかもしれない。

「たくさんの人から支持されているから」では、「HIKAKIN」「松本人志」「nanakoななこ」がTOP3に。また、昨年YouTubeで「さしはらちゃんねる」を開設した「指原莉乃」がランクイン。YouTubeではふだんの食事や美容法、オフの日の過ごし方などを紹介しており、飾らない感じのキャラクターが人気のようだ。

「正直/誠実な人だから」では、「HIKAKIN」「嵐」「マツコ・デラックス」がTOP3に。また、東大卒業のクイズ王・伊沢拓司を中心とした「QuizKnock」がランクイン。分かりやすい解説で次々と難問が解かれていく様子が視聴者にとってはスカッとして気持ちが良いのかもしれません。知識の豊富さはもちろんですが、楽しみながら真剣にクイズに取り組む様子が誠実さや親近感などを与えているようだ。

「言葉に熱意を感じるから」では、「HIKAKIN」「nanakoななこ」「嵐」がTOP3に。また、YouTubeのチャンネル登録者数は430万人超え。1000ガチャや誰もが気になることにお金を使って検証する動画が人気のYouTuber「ヒカル」がラインクイン。多くのYouTuberや有名人とのコラボも配信もあり、テンポの良いトークから言葉に熱意を感じる人も多いのかもしれない。

「本当に質のよいものだけ、おすすめする人だから」では、「HIKAKIN」「田中みな実」「マツコ・デラックス」がTOP3に。5位には「メンタリストDaiGo」がランクイン。人間の心理に関する幅広いジャンルをテーマに科学的思考のエンターテイメントチャンネルをYouTubeや有料会員サイトのニコニコ動画などで配信。研究機関の結果に基づいた根拠のある分かりやすいトークでわかりやすいトークで本人が本当によいと思ったものを紹介しているので参考にしている人が多いようだ。
sub3

<調査詳細>
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~24歳の男女
実施時期:2021年3月1日~3月3日
有効回収数:4732サンプル
※回収比率は、[男性]15-18歳:19-22歳:23-24歳:[女性]15-18歳:19-22歳:23-24歳が2:2:1:2:2:1
・「いちばん信頼している/参考にしているインフルエンサー・有名人」について自由記述形式で聴取
・回答をコーディングしてランキング化。

若年層が選ぶインフルエンサー・有名人の1位は「HIKAKIN」に!

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
期間限定開催!1,650円で、本格寿司食べ放題
大人気声優 梶裕貴さんと鬼頭明里さんが登場!Twitterライブ「#禁断のフルーチェ夜会」開催
2個で500円!バーガーキングが「2コ得(ニコトク)」開催
第2位「鬼滅の刃」 、今後ハリウッドで実写化してほしいアニメ・漫画は?
G.E.M.シリーズ 鬼滅の刃!てのひら禰豆子ちゃんもういっちょ、完成品フィギュア






新高校生の約8割が「同じ高校になる人と事前に知り合っておきたい」と回答、男子はリアル、女子はソーシャルで繋がりを持つ傾向が高い~LINEリサーチ調べ~

shingakki_sekigae

LINEが運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、春から高校生になる女子高校生(First JK=FJK)と男子高校生(First DK=FDK)を対象に、「高校生活が始まる前にやっておきたいこと」に関する調査を実施した結果を発表した。

■高校生活が始まる前にやっておきたいことの1位はダイエット
平成の時代は、「中学卒業後、環境が変わることをキッカケにガラリと雰囲気を変えて新しい自分になる」=「高校デビュー」といった言葉があったが、令和の今はどうなのだろうか?高校生の最初の年、つまりFirst JK=FJKとFirst DK=FDKにアンケートを実施した。

その結果、女子がやりたいことの1位は「ダイエット」という結果になった。一方男子は「趣味ややりたい事に打ち込む」が1位だった。また男女ともに「勉強をしておく」という人が半数以上に。その他に、女子は「持ち物の整理をして生活を整えておきたい」と断捨離に励む人が多かったのも特徴だ。

女子はダイエットをはじめ、メイクを変える・ヘアスタイルを変える、など見た目をアップデートしようと思っている人が多く、男子は高校生になる前に趣味を楽しみつつ、筋トレをしてたくましい身体をめざしたりして準備に励んでる、そんな様子がうかがえる結果だった。

sub4


■友だち作りは入学前からスタート
「同じ高校になる人と、入学前につながりを持ちましたか(持とうと思いますか)」という質問をしてみると、 76.5%の子が「つながりを持った(持ちたいと思う)」と回答。入学前から友だち作りは早速スタートし、「早くつながりたい」と思う人がとても多いようだ。

main


■友だちとのつながり方、ソーシャルとリアルどちらが多い?その選択には男女差も
同じ高校になる人とつながりを持った(持ちたいと思う)場合、「どんな方法でつながりましたか(ますか)?」と聞いてみると、男女ではつながり方に少し差がある結果となった。

全体として男子より女子のほうが、 7.6ポイント多く入学前につながるためのアクションをしている(するつもりである)ことがわかった。男子は、「ソーシャル」よりも「リアル」なシーンでのつながりが多く、中でも「入学先が一緒である同じ中学の子を探す」という回答が最も多くなった。次に続くのが「入試のときに直接話をして連絡先を交換する」という回答だった。

一方、女子は男子に比べて「ソーシャル」でのつながりを持つ子のほうが多いという結果に。「Instagram」「Twitter」「LINE」などから、同じ高校の人を見つけて、つながりを作っているようだ。次に多かったのが、男子で一番多かった「入学先が一緒である同じ中学の子を探す」という結果だった。

「ソーシャル」の中で最も人気が高かったのは、男女ともに「Instagram」で、女子の37.9%、男子の19.0%が「Instagramでつながった(つながりたい)」と回答している。

sub1


■高校生活の3年間でやってみたいことは?
最後に、これから始まる高校3年間で、どんなことをしたいと思っているかを聞いてみた。

sub2

sub3


LINE リサーチ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
地元から復興支援!会津発ベンチャー企業のシンクが新型コロナウイルス感染症で苦しむ飲食店・宿泊施設で利用できる「ふくしま先腹(ばら)い応援団」
もうこれでいいんじゃないか!?ビーズから究極の俺だけのゲーム空間「ゲーミングベッド」登場
小学生以下なら一風堂の「お子様ラーメン」が無料!春休み・お子さま応援キャンペーンを実施
N予備校が「Unity」を使った3D/2Dゲーム向けのプログラミングコースを新たに一般会員にも公開~春休みにUnityをマスターせよ~
ベネッセはコロナ対策を全学年でサポート!「こどもちゃれんじ」が遠隔でも幼稚園にいるような生活が送れる「オンライン幼稚園」を新規開園






男女ともに全年代で「鬼滅の刃」が上位にランクインし「タピオカ」は人気が下降!LINEリサーチが若年層の流行に関する定点調査を発表

drink_tapioka_tea_woman

LINEでは、同社が保有する500万人のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチフプラットフォーム「LINEリサーチ」にて、全国の15~24歳の若年層の男女に対して、四半期ごとに「最近流行っているコト・モノ・ヒト」「2020年に流行りそうだと思うもの」についてアンケート調査した結果を発表した。

■2019年下期の若年層流行、男女ともにマンガ/アニメ「鬼滅の刃」が急上昇
・「タピオカ」は4回連続1位を維持するも、2019年9月をピークに下降傾向
・マンガ/アニメ「鬼滅の刃」が6月から約4.3倍上昇、12月には3位にランクイン
・「Official髭男dism」が2019年下半期中、上位をキープ

■男性19~24歳では、「タピオカ」を上回り「ポケットモンスター/ポケモン」が1位
・「鬼滅の刃」は男女ともに全世代で2位もしくは3位にランクイン
・男性15~18歳でのゲーム人気が続き、上位10項目中6項目がゲーム関連
(ポケットモンスター/ポケモン:8.3%、ゲーム:5.6%、CALL OF DUTYシリーズ:3.4%、
クラッシュ・ロワイヤル:3.4%、モンスターストライク:3.1%、Winning Elevenシリーズ:2.4%)
・女性は全年代で「嵐」がランクイン、男性アイドル「SixTONES」「PRODUCE 101 JAPAN」等も上位に
・全体では下降傾向の「タピオカ」も、女性は全世代で20%を超える
(女性15~18歳:24.4%、女性19~22歳:21.5%、女性23~24歳:23.4%)

■2019 年下期の流行予測、「鬼滅の刃」「ポケモン」が引き続き注目のトレンドに
・「2020年に流行りそうだと思うもの」について、『YouTuber』『漫画・アニメ・映画』
『ゲーム』『歌手・アイドル』『お笑い芸人』の5ジャンルで調査
・『漫画・アニメ・映画』では「鬼滅の刃」が1位(33.4%)、特に高い注目を集める
・『ゲーム』では「ポケットモンスター ソード・シールド」が1位(17.3%)、ポケモン人気が続く見込み

01_2019年下期_流行ランキング

02_2019年12月_性年代別流行ランキング

03_2020年_流行予測ランキング


LINEリサーチ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
『銀河英雄伝説 Die Neue These 』 待望のセカンドシーズンとなる「星乱」をファミリー劇場で初放送開始
石原さとみさん出演の東京メトロ「Find my Tokyo.」新CM第4弾は「錦糸町 世界とニッポンが、もっとつながって見える街」篇を先行公開!
観なければよかった・・・胸が切なくなる映画「尾崎豊を探して」公開記念!auスマートパスプレミアム会員であれば映画の劇中歌が聴ける「尾崎豊プレイリスト」を配信
aiboを使ってアートを創作!ソニースクエア渋谷プロジェクトで「aibo x graphic artコンペティション」を開催

アウトドアに加え災害時にも大活躍!2万円台で買え6口の同時充電、PD急速充電にも対応で容量60,900mAhのコンパクトな「ZEEPIN ポータブル電源」






カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ