ITライフハック

M2

ワイヤレスイヤホンと翻訳機の一台二役!イヤホン型多機能翻訳機「Timekettle M2」日本上陸

main

深圳発AI翻訳スタートアップのTimekettle(タイムケトル)社は、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、音楽再生も可能なイヤホン型多機能翻訳機「Timekettle M2」のプロジェクトを2020年10月15日(木)より開始した。
体験用の実機をお借りしたので、気になる使い勝手をレポートしよう。

■3つの翻訳モードを搭載
「Timekettle M2」は、高音質イヤホンに独自の翻訳機能を搭載したイヤホン型多機能翻訳機だ。同社はAI翻訳技術が統合された翻訳機を専門に開発したプロダクトを販売しており、第一弾プロダクトでは世界初のイヤホン型翻訳機「WT2Plus」、第二弾プロダクトではスマホに挿すだけの「スマート翻訳機ZERO」を発売している。

今回の「Timekettle M2」は、「イヤホン型翻訳機で音楽も聴きたい」というユーザーの声をもとに開発したプロダクトであり、日常では音楽再生、外出時は翻訳機として活躍してくれる。ハンズフリーのため、他社製翻訳機のように手に持つ必要がなく、より自然な会話を楽しめる。
sub
「Timekettle M2」と説明書類。

「Timekettle M2」では、活用シーンに合わせて3つの翻訳モードを使い分けることができる。
1. タッチモード
お互いが片方ずつイヤホンをつけて話すことで、リアルタイムで翻訳ができる。イヤホン上のタッチ操作だけで、双方向に翻訳音声が流れ、より快適で自然な会話を楽しめる。

2. スピーカーモード
自分はイヤホンをつけ、相手はスマホから話すことで、会話を翻訳してくれる。道を尋ねる、料理を注文するなど、簡単な質問や会話で使える。
タッチモードとは異なり、相手はイヤホンをつける必要がないので、海外旅行やビジネスなど初対面の相手でも気軽に使える。

3. リッスンモード
自分のスマホで相手の話を聴きとることで、スマホでは文字起こし、イヤホンには翻訳音声が流れる。「相手を理解する」という当たり前のようで難しかったことがワンタッチで可能になる。外国語での講義やスピーチ、ニュースの聴きとり、自宅で外国語の動画を見る際にもおすすめの機能だ。

翻訳エンジンにはTimekettle社独自のものをはじめ、Google、Microsoft、iFlytek、DeepL※など、世界を代表する翻訳エンジンを使用している。言語の組み合わせに応じて常時最適な翻訳エンジンを使用するため、その時々で適切な翻訳をしてくれる。40種類93言語に対応しており、購入後も無料アップデートされるので、安心して利用し続けられる。
※DeepLは2020年12月末搭載予定。
06
USB Type Cケーブル経由で充電する。

「Timekettle M2」は、インターネット接続がないオフライン環境でも翻訳が可能だ。2020年10月現在、日本語と中国語、英語と中国語、中国語とその他3言語(ロシア語/スペイン語/フランス語)に対応する。また、日本語と英語など、英語を起点としたオフライン対応言語も開発中で、今後追加を予定している。
なお、オフライン翻訳機能を使用するには、別途料金が必要になる。

■手軽に使える携帯型翻訳機
今回は手持ちのiPhone Xで「Timekettle M2」を使用してみた。
最初だけBluetoothによるペアリングを必要とするが、一度ペアリングしてしまえば、あとはモードを切り替えるだけで、音楽再生のイヤホンと翻訳機の機能を使用することができる。
sIMG_7284
ペアリングしてBluetoothで接続した状態。イヤホンのバッテリー残量もわかる。

言語を選択した後、話したいときにイヤホンにタッチすると、翻訳結果が両方のイヤホンに同時に流れる。対話者が話したいときは、相手のイヤホンをタッチすればよい。
タッチモードで、話した言葉(日本語)と、翻訳結果(英語)を確認してみると、非常に正確に翻訳されていることがわかる。
02
日本と英語との翻訳精度は非常に高い。


外国語を習得していない人にとって、翻訳機の壁をなくし、より自然な会話を実現するために、翻訳機は欠かせない。とはいえ、音楽再生用イヤホンと一緒に、いつ使うかわからない翻訳機を持ち歩きたくないだろう。イヤホン型多機能翻訳機「Timekettle M2」であれば、日常では音楽再生を楽しみ、必要なときに翻訳機として使用できる。しかも耳に着けるだけなので、翻訳機を持ったり、翻訳ボタンを押すわずらわしさもない。「Timekettle M2」が欲しいと思った人は、「Makuake」でお得な先行予約販売プランを実施している今がまさにチャンスだ!

Timekettle

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Spigen、Apple iphone12 シリーズのアクセサリーを発売
ペットボトルや中に入れたものを保温できる!サンコー、いつでもホカホカ「ヒーター内蔵ホッとキーパーポーチ」
スマートフォンを選ばず左右同時接続できる!完全ワイヤレスイヤホン「TrueAir2」
デスクはもう、持ち運ぶ時代へ!PCスタンド×マウスパッド機能付き4WAYスマートデスク「エルゴミ4WAY-Lapdesk」
照らしたい方向を自在に変形できる! サンワサプライ、LED投光器を発売






エントリーユーザー向けミラーレスカメラ! キヤノン「EOS Kiss M2」を発売

main
EOS Kiss M2(ホワイト) *EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM(シルバー)装着時

キヤノンは、高速・高精度なAF性能を備え、高画質な静止画・動画撮影を楽しめるエントリークラスのミラーレスカメラ「EOS Kiss M2」を2020年11月下旬に発売する。

■本格的な撮影を手軽に楽しめる
「EOS Kiss M2」は、小型・軽量なミラーレスカメラとして好評を得ている「EOS Kiss M」(2018年3月発売)の後継機種だ。充実した基本性能の継承と、AF性能や動画撮影機能および操作性の向上により、カメラ初心者でも本格的な撮影を手軽に楽しむことができる。
sub1
EOS Kiss M2(ブラック) *EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM(グラファイト)装着時

■高速・高精度なAF性能による快適な人物撮影
各画素が撮像と位相差AFの両方の機能を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」の搭載により高速・高精度なAFを実現している。また、AF追従で最高約7.4コマ/秒、AF固定で最高約10コマ/秒の高速連写性能と、動く被写体の瞳を検出してピントを合わせる、サーボAF/動画サーボAF対応の「瞳検出(※1)」により、動いている人物も快適に撮影できる。

■エントリーモデルでありながら高画質な静止画・動画撮影が可能
有効画素数約2410万画素(※2)のAPS-Cサイズ CMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8の組み合わせにより、高画質な静止画や動画の撮影を手軽に楽しむことができる。4Kの高精細な動画撮影(※3)ができ、4K動画から任意の1フレームを静止画として切り出して保存することも可能だ。

■カメラ初心者にも親しみやすい快適な操作性
タッチ操作対応のバリアングル液晶モニターや、約236万ドット有機ELの電子ビューファインダー(EVF)を備えている。キヤノンで初の搭載となる「タップで被写体選択」機能により、EVF内に表示されている顔/瞳を対象としたAFフレームの位置を、液晶モニターをタップすることで簡単に切り替えることができる。

※1 「顔+追尾優先AF」、「瞳検出:する」時に機能。ワンショットAF、サーボAF、動画サーボAFで使用可能。初期設定では、カメラに近い方の瞳を自動選択。同程度の距離の場合には、画像中央に近い方の瞳を自動選択。手動で任意の瞳を選択することも可能。
※2 総画素数約2580万画素。
※3 センサー中央部の画素をクロップした 4K(23.98 fps/25.00 fps)で撮影可能。4K動画撮影時のフォーカス方式はコントラストAF。

キヤノン

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
水を入れるだけで足湯が楽しめる! サンコー、温度調整できるバブルフットバス「足ぽっか」
二画面分割の機能が便利! 13.3インチE Inkタブレット「BOOX Max Lumi」
TVアニメ「鬼滅の刃」と ICE-WATCHがコラボ! 限定モデルウォッチが予約受付を開始
香りを楽しめるアロマトレイ付! サンコー、キレイを保つ「UV&超音波式アロマ加湿器」
バッファローが継承。2021年春、発売決定! ネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ