ITライフハック

Mac

iPadPro、Surfaceに挟んで使える! サンワサプライ、Type-Cポートの便利なハブ3種類

sub6

サンワサプライ株式会社は、Type-Cポートを持つSurfaceやiPadProに挟んで使える便利なハブ「USB-3TCH26BK」「USB-3TCH27BK」「USB-3TCH28BK」を発売した。

■クランプ式で取り付けられる
「USB-3TCH26BK」「USB-3TCH27BK」「USB-3TCH28BK」は、Type-Cポートを持つ薄型パソコンやタブレットに挟んで使えるUSB Type-Cハブだ。
01

クランプ式で取り付けることができ、機器の厚さが10mm以下であれば、取り付ける機器の厚みに合わせて本製品をネジでしっかり固定できる。Surface Pro 7やiPad Proなどの機器で使える。
02

「USB-3TCH26BK」はUSB3.2 Gen1×2ポートとLANポートを搭載している。
03

USB Type-Cをギガビット対応のLANポートに変換できるので、有線でLAN接続をしたいときに最適だ。
04

「USB-3TCH27BK」はUSB3.2 Gen1ポートを3ポート搭載している。
05

Type-CポートをUSB Aポートに変換できるので、USB Aポートの数が少ない機器でもUSB A接続機器をより多く接続できるようになる。
06

「USB-3TCH28BK」はUSB3.2 Gen1×2ポートとSDカードリーダーを搭載している。
SDカードが読み取れるので、カメラで撮影した写真や動画データのやり取りが簡単にできる。

USBハブ・USB Type-Cハブ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
ディスプレイ裏を収納スペースに! サンワサプライ、収納ラック4種を発売
10倍ズームで遠隔会議も快適! ワンワサプライ、モニター設置対応USBカメラ
40OFF%のディスプレイボード2個セット! 耐荷重2kgで、設置や取付が簡単
Amazon、50%OFFで販売!Klearlook、折りたたみ式ノートパソコンスタンド
iPhone/Android/Win/Mac対応!ビンテージ タイプライター風メカニカルキーボード






iPhone/Android/Win/Mac対応!ビンテージ タイプライター風メカニカルキーボード

main

株式会社Glotureが運営するECサイト「GLOTURE.JP」は、ビンテージ タイプライター風メカニカルキーボード「Rymek Full Black Edition」を限定で入荷した。

■ビンテージ タイプライター風デザインが魅力のRymekが送る新モデル
Rymek(ライメック)はタブレット、スマートフォン、PCで使えるモバイルキーボード。独自のタイプライター風デザインはクラシックと近未来が融合したユニークな見た目と機能性を両立し、男性女性問わず人気の商品だ。
Rymekシリーズは様々なモデルカラーがあるが、新モデルのRymek Full Black Edition(ライメック フルブラック エディション)はブラックとガンメタリックのコンビネーションにより高級感のあるシックなデザインが特徴となっている。

・iOS、Android、Windows、Macに対応。スマートフォンやタブレットを固定するためのスタンドを備えている。
・キーレイアウトはUS 83キーだ。カナ等の刻印がありませんのでビンテージ タイプライターの世界観を壊さないスッキリとした外観となっている。
・ハンドルを押すことでBluetooth接続、USB接続を簡単に切り替えられる。
・Bluetoothに対応したデバイスを最大3台まで切り替えながら文字入力が可能だ。
・高品質なメカニカルキースイッチを採用し、軽快な打鍵感だ。
・キートップは紫外線硬化塗料とレーザーマーキングで仕上げられ、耐久性の高い設計だ。
sub1

sub2

■Bluetooh接続も、USB接続も
RymekはBluetooth 3.0を採用し、iOS、Android、macOS、およびWindowsを非常に安定した接続でサポートする。最大3台までのデバイスとペアリングし、キーボードショートカットで簡単に切り替えることができる。
【パソコン/タブレット/スマートフォンに対応】
sub3

■PCと互換性のあるUSB接続
USB接続もサポートしているため、WindowsやMacでRymekを使用できる。また、USBポートを2つ備えている点もユニークな特徴だ。
BluetoothモードとUSBモードの切り替えはハンドルを押すだけだ。
sub4

sub5

■1回の充電で長く使えます
Rymekは1,200 mAhのバッテリーを内蔵し、1回のフル充電でおよそ1週間使用することができる(イルミ非点灯の状態で)。

■快適な打ち心地
Rymekは高品質なメカニカルキースイッチを採用。キーを押しこんだ際に適切な触覚フィードバックを返すので、軽快な打鍵感を楽しめる。
sub6

■バックライト効果
Rymek には、ユニークなダイナミックLEDバックライト機能が付属している。好みに合わせて輝度レベル、ライティングのパターン、速度を調整できる。必要に応じてバックライトを完全にオフにすることもできる。
sub7

sub8

■便利な汎用スクロールノブを搭載
音量の調整を瞬時に行うことができますのでBGMを聞きながらの作業でも快適。また、OS側が対応していればショートカットキーで曲送りの操作も可能だ。
sub9

製品仕様
モデル名 :KnewKey Rymek Full Black Edition メカニカル キーボード
接続 :Bluetooth 3.0/USB
キースイッチ :Gateron Blue メカニカルスイッチ
キーレイアウト :US 83キー
寸法 :約360 ×約190× 約70mm
重量 :約1,300g
バックライト :Dynamic RGB LED
素材 :(本体)ABS、(キーキャップ)PC+ABS
バッテリー :リチウムイオン電池
バッテリー容量 :約2,000mAh
連続動作時間 :フル充電後、約1週間(キーライトを常に全点灯した場合は約8時間)
充電端子 :Micro USB×2
対応OS :iOS、Android、Windows、MacOS
同梱物 :KnewKey Rymek メカニカルキーボード×1、
Micro USBケーブル×1、スタンド×1、ハンドル×1
※ 9.7インチを超える大型のデバイスはスタンドを使用した場合に重心が不安定になる可能性があります。他のスタンドのご利用もご検討ください。

ECサイト「GLOTURE.JP」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
超薄型サイズで持ち運びに便利! Macで使えるUSBハブ8種類を発売
360度全方向の声を拾うことができる! サンワサプライ、会議用スピーカーフォンを発売
くるっと画面を見やすく回転できる!サンワサプライ、アルミスタンド「100-CR016」発売
モバイルワークなどに最適! サンワサプライ、モバイルディスプレイ「DP-01」を発売
パナソニック、個人店頭向け秋冬モデル! モバイルパソコン「Let's note」を発売






Macで使えるUSBハブ8種類を発売!ソ連が生んだ希少な「LOMO SMENA 8M」【まとめ記事】

main

サンワサプライ株式会社は、超薄型サイズで持ち運びに便利なUSBハブ「USB-2TCH23S」「USB-3H423S」「USB-3TCH21S」「USB-3TCH22S」「USB-3TCH24S」「USB-3TCH25S」「USB-3HC317S」「USB-3TCHC17S」を発売した。 厚さは最大8mmと超薄型で、カバンの中にしまいやすいコンパクトサイズであり、出張や在宅ワークなど、移動が多く頻繁に機器を持ち運ぶ人におすすめだ。「USB-2TCH23S」はUSB Type-C接続で、USB2.0 Aポートが4ポート搭載されている。合計4台のUSB機器を接続することができるので、マウスやキーボードを接続するのに最適だ。
株式会社ANDOROSは、80年代ごろに製造された「LOMO SMENA 8M」を発売した。「LOMO SMENA 8M」は、ロシア製トイカメラの中でも極めて有名なフルマニュアルカメラだ。カメラ好きファンが多く、通称”スメハチ”といわれる。この大人可愛いクラシックな外見に惑わされてはいけない。ロシアの光学機器メーカー、レニングラード光学器械合同、略して「LOMO」で、1952年から「SMENA」シリーズは生産が始まった。当時、映画は重要な宣伝手段であり武器に等しいと考えられていたためレーニンの指示で映画用のカメラを製造し、その後第二次世界大戦が始まるまで大衆向けカメラと報道用カメラを製造した。そして低価格でポータブルで、誰にでも扱える”若者”という意味の「SMENA」のカメラは大人気になった。

ちょっとした気になるゴミを吸引! サンワサプライ、卓上クリーナーを発売
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト「サンワダイレクト」は、机の上等の小さいゴミを手軽にクリーニングでき、リビング学習でも活躍するUSB充電式の卓上クリーナー「200-CD063」を発売した。本製品は、机の上の小さいゴミやほこりを手軽にクリーニングできる卓上クリーナーだ。


大人が遊べるトイカメラ! ソ連が生んだ希少な「LOMO SMENA 8M」
株式会社ANDOROSは、80年代ごろに製造された「LOMO SMENA 8M」を発売した。「LOMO SMENA 8M」は、ロシア製トイカメラの中でも極めて有名なフルマニュアルカメラだ。カメラ好きファンが多く、通称”スメハチ”といわれる。この大人可愛いクラシックな外見に惑わされてはいけない。ロシアの光学機器メーカー、レニングラード光学器械合同、略して「LOMO」で、1952年から「SMENA」シリーズは生産が始まった。当時、映画は重要な宣伝手段であり武器に等しいと考えられていたためレーニンの指示で映画用のカメラを製造し、その後第二次世界大戦が始まるまで大衆向けカメラと報道用カメラを製造した。そして低価格でポータブルで、誰にでも扱える”若者”という意味の「SMENA」のカメラは大人気になった。


超薄型サイズで持ち運びに便利! Macで使えるUSBハブ8種類を発売
サンワサプライ株式会社は、超薄型サイズで持ち運びに便利なUSBハブ「USB-2TCH23S」「USB-3H423S」「USB-3TCH21S」「USB-3TCH22S」「USB-3TCH24S」「USB-3TCH25S」「USB-3HC317S」「USB-3TCHC17S」を発売した。 厚さは最大8mmと超薄型で、カバンの中にしまいやすいコンパクトサイズであり、出張や在宅ワークなど、移動が多く頻繁に機器を持ち運ぶ人におすすめだ。「USB-2TCH23S」はUSB Type-C接続で、USB2.0 Aポートが4ポート搭載されている。合計4台のUSB機器を接続することができるので、マウスやキーボードを接続するのに最適だ。


600円で松茸が食べられる!? ESOLA新宿、贅沢すぎる「松茸1本かけ放題」イベント
株式会社パートナーズダイニングの運営する「ESOLA新宿」は、2020年10月18日(日)より、旬の高級食材「松茸」を1本 600円(税別)にて期間限定で提供する。松茸がなくなり次第終了するこの企画は、松茸1本をグリルやフライ等、好みメニューでの提供も出来るが、ESOLA新宿ではパスタやお肉にスライスした松茸をかけて贅沢にカスタムする「かけ放題」をすすめている。


TikTok、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』と「#叫べ鬼滅愛」開催
ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」は、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の公開を記念して、2020年10月16日(金)より、ハッシュタグチャレンジ「#叫べ鬼滅愛」を開催する。「#叫べ鬼滅愛」は、「鬼滅の刃」愛を表現した動画をハッシュタグを付けてTikTokに投稿し、投稿者の中から抽選で鬼滅の刃オリジナルグッズ(非売品)が当たるハッシュタグチャレンジだ。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
360度全方向の声を拾うことができる! サンワサプライ、会議用スピーカーフォンを発売
くるっと画面を見やすく回転できる!サンワサプライ、アルミスタンド「100-CR016」発売
モバイルワークなどに最適! サンワサプライ、モバイルディスプレイ「DP-01」を発売
パナソニック、個人店頭向け秋冬モデル! モバイルパソコン「Let's note」を発売
5秒で快適作業スペース! 究極のラップトップケース






超薄型サイズで持ち運びに便利! Macで使えるUSBハブ8種類を発売

main

サンワサプライ株式会社は、超薄型サイズで持ち運びに便利なUSBハブ「USB-2TCH23S」「USB-3H423S」「USB-3TCH21S」「USB-3TCH22S」「USB-3TCH24S」「USB-3TCH25S」「USB-3HC317S」「USB-3TCHC17S」を発売した。

■カバンの中にしまいやすいコンパクトサイズ
「USB-2TCH23S」「USB-3H423S」「USB-3TCH21S」「USB-3TCH22S」「USB-3TCH24S」「USB-3TCH25S」「USB-3HC317S」「USB-3TCHC17S」は、超薄型サイズで持ち運びに便利なUSBハブシリーズだ。
sub1
USB-2TCH23S

厚さは最大8mmと超薄型で、カバンの中にしまいやすいコンパクトサイズであり、出張や在宅ワークなど、移動が多く頻繁に機器を持ち運ぶ人におすすめだ。
sub2
USB-2TCH23S

「USB-2TCH23S」はUSB Type-C接続で、USB2.0 Aポートが4ポート搭載されている。
合計4台のUSB機器を接続することができるので、マウスやキーボードを接続するのに最適だ。

「USB-3H423S」はUSB Aコネクタ接続で、USB3.2 Gen1 Aポートが4ポート搭載されている。
スーパースピードモード(5Gbps・規格値)に対応しており、マウスやキーボードを接続するだけでなく、USBメモリーやHDDなどの高速通信が可能だ。

「USB-3TCH21S」「USB-3TCH22S」はUSB Type-C接続の直付けタイプ。「USB-3TCH21S」はUSB A×3ポートとType-C(USB2.0)×1ポートを、「USB-3TCH22S」はUSB A×2ポートとType-C×1ポートを搭載している。
ケーブルがなく、パソコンなどに省スペースで設置することができる。
 
「USB-3TCH24S」「USB-3TCH25S」はUSB Type-C接続で、「USB-3TCH24S」はUSB3.2 Gen1 Aポートが2ポート、「USB-3TCH25S」は4ポート搭載されている。Type-CポートをUSB Aポートに変換できるので、USB Aポートの数が少ない機器でもUSB A接続機器をより多く接続できるようになる。

「USB-3HC317S」はUSB Aコネクタ接続、「USB-3TCHC17S」はUSB Type-C接続で、USB3.2×3ポートにプラスしてmicroSDカードスロットも搭載している。変換アダプタを使わずにmicroSDカード・microSDHC・microSDXCを読み取ることができる。

サンワサプライ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
360度全方向の声を拾うことができる! サンワサプライ、会議用スピーカーフォンを発売
くるっと画面を見やすく回転できる!サンワサプライ、アルミスタンド「100-CR016」発売
モバイルワークなどに最適! サンワサプライ、モバイルディスプレイ「DP-01」を発売
パナソニック、個人店頭向け秋冬モデル! モバイルパソコン「Let's note」を発売
5秒で快適作業スペース! 究極のラップトップケース






5秒で快適作業スペース! 究極のラップトップケース

sub3

AFU ストアは、クラウドファンディングサービスMakuakeにて、多機能ラップトップケースの先行販売を開始した。

■保護ケース・PCスタンド・マウスパッドの3IN1
1.雨や衝撃からノートパソコンを守る保護ケースとして
本製品は326g(※13インチ)×6mmの超軽量極薄サイズ。素材はポリエステル。パソコンにこもった熱で劣化しない防熱性と、抜群の防水性を兼ねそなえている。

sub2

2.正しい姿勢&放熱をサポートするPCスタンド
ディスプレイ画面の高さをあげる、それだけで姿勢は見違えるほど正すことができる。

sub3

3.どんなデスクでも問題なし!マウスパッドで快適なマウス操作
ガラスデスク等、凸凹がないデスクでも問題なし。ボール式・光学式・レーザー式…あらゆるマウスの操作をサポートする。使用しないときは折り畳むこともできる。

sub1

さらに便利な大容量収納袋付き。
マウスやケーブル、イヤホン…あらゆる備品をまとめて持ち運びができる。

※支援前に必ず、サイズ表を確認の上、自身のノートパソコンのサイズを確かめること。

sub4

その場が5秒で快適作業スペースに!超便利アイテム、多機能ラップトップケース

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
持ち運ぶ時は小さく、使う時は大きく握りやすい! Bluetooth対応マウス「CAPCLIP PRO」
最大3300円オフクーポンあり!在宅勤務用として人気の「Lepowモバイルモニター」
3千円で一眼レフをWEBカメラ化、サンコー「HDMI to USB WEBカメラアダプタ」
MacBookのポテンシャルをフルに引き出す! 1TB SSD内蔵 USB-Cハブの先行予約販売を開始
MacbookPro対応、最大100W超高出力充電アダプター!「CIO-G100W2C」期間限定セール






MacやiPhone、Windows、Androidで使える!タイプライター風メカニカルキーボード「Rymek Full Black Edition」

sub6

株式会社Glotureは、自社のECサイト「GLOTURE.JP」にて、ビンテージ タイプライター風メカニカルキーボード「Rymek Full Black Edition」を発売した。

■デザインが魅力のキーボード
本製品はタブレット、スマートフォン、PCで使えるモバイルキーボード。独自のタイプライター風デザインはクラシックと近未来が融合したユニークな見た目と機能性を両立し、男性女性問わず人気の商品となっている。

Rymekシリーズにはさまざまなモデルカラーがある。新モデルのRymek Full Black Edition(ライメック フルブラック エディション)はブラックとガンメタリックのコンビネーションにより、高級感のあるシックなデザインが特徴だ。

特徴としては、 iOS、Android、Windows、Macに対応。スマートフォンやタブレットを固定するためのスタンドを備えている。キーレイアウトはUS 83キーであり、カナ等の刻印がないので、ビンテージ タイプライターの世界観を壊さないスッキリとした外観だ。

ハンドルを押すことでBluetooth接続、USB接続を簡単に切り替えられる。Bluetoothに対応したデバイスを最大3台まで切り替えながら文字入力が可能だ。

高品質なメカニカルキースイッチを採用し、軽快な打鍵感を実現。キートップは紫外線硬化塗料とレーザーマーキングで仕上げられ、耐久性の高い設計となっている。

sub10

Rymek Full Black Edition

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
直感的に操作ができる!サンワサプライ、ワンボタンプレゼンリモコン「200-LPP045」
取りたいモノを「すぐそばに!」、軽量デザインポケット「202ベルトポケット」
EP-E70Aネックバンド型でノイズキャンセリング! ヤマハ、Bluetoothイヤホン「EP-E70A」
3台同時充電、USB-A to USB-Cケーブル付! モバイルバッテリー「AUKEY PB-N73S」20%オフ
ドコモ回線のデータ通信が使い放題! 月額3,580円の「エキサイトモバイル WiFi」






QC3.0搭載の4ポートUSB充電器! 「AUKEY PA-T18」が35%オフセール

main

Aukey Technology Co.,Ltdは、Amazon.co.jpにて、コンパクトでQC3.0・パワフルな4ポート搭載のUSB充電器「AUKEY PA-T18」の35%オフセールを2020年9月22日(火)より開催する。2020年9月27日(日)までの限定セールであり、1,999円で購入できる。

■4ポート合計で最大42W
「AUKEY PA-T18」は、出力ポートは3+1で、3つのポートはAiPower対応の最大4.8A、一つがQuick Charge 3.0対応、4ポート合計で最大42W、僅か35分間80%まで充電可能、従来よりも大電力の供給を実現した。独自技術AiPowerにより、任意の出力ポートにも最適な電流を供給し、接続された機器に応じて最適な充電ができる。コンパクトな筐体と折りたたみプラグを採用しているため持ち運びにも便利、出張や旅行などには最適だ。

商品仕様
・入力:100V-240V、50 / 60Hz(AC)
・出力1 - 3(AiPower):5 V、接続あたり2.4 A(合計4.8 A)
・出力4(クイックチャージ3.0):5V / 3A、9V / 2A、12V / 1.5A
・総電力:42W
・寸法:64 x 63 x 29 mm
・重量:124 g

sub1

「AUKEY PA-T18」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
ソニー、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」を発売! サンコー、3千円で一眼レフをWEBカメラ化
More Everything、GoPro HERO9 Black 登場
低音の増幅・小サイズを実現! ワイヤレスイヤホン「AUKEY EP-T25」/a>
世界初、摂取カロリーを自動計測! スマートバンド「GoBe3」
世界最小・最軽量システムを実現! ソニー、フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7C」を発売






MacBook Proで検証した着脱バッテリー搭載の「超小型ポータブル電源TECHOSS」、びっくりドンキーの「カリー」を自宅で

「超小型ポータブル電源TECHOSS」

AFU ストアは、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、​超小型ポータブル電源「TECHOSS(テコス)」の先行販売を開始した。「TECHOSS」は、持ち運びに便利なAC/DC出力対応の超小型ポータブル電源だ。ノートパソコンやテレビ、小型冷蔵庫などに給電・充電することができる。ンバーグレストラン「びっ くりドンキー」は、グランドメニュー「カリーバーグディッシュ」にも使用されている、「カリーソース」の テイクアウト販売を2020年8月5日より開始した。

AC/DC出力・PD/QC急速充電・ソーラー充電対応、着脱バッテリー搭載の「超小型ポータブル電源TECHOSS」
AFU ストアは、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、​超小型ポータブル電源「TECHOSS(テコス)」の先行販売を開始した。「TECHOSS」は、持ち運びに便利なAC/DC出力対応の超小型ポータブル電源だ。ノートパソコンやテレビ、小型冷蔵庫などに給電・充電することができる。


加湿器+アロマ+ワイヤレス充電+照明、新発想のプロダクト 「eairpo trinity」
EAP JAPANは、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて、パーソナル加湿器・アロマディフューザー・ワイヤレス充電台・照明 を一体化した新発想のプロダクト 「eairpo trinity」の先行予約販売を2020年8月4日より開始しました。先行販売期間中は、2020年11月の本販売にて予定している小売価格9,680円(税込)に対して、最大25%OFFの7,260円(税込・送料込)から商品を購入することができる。


2020年上半期に最も再生された動画やチャンネルは?「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」
BitStarは、インフルエンサーマーケティングの分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」にて独自集計したデータ「インフルエンサーパワーランキング 2020年上半期 by BitStar」を発表した。 今回発表するランキング結果は、1. 2020年上半期のYouTubeチャンネル総再生数ランキング、2. 2020年上半期のYouTube動画再生数ランキング、3. 2020年上半期の新規チャンネル登録者数ランキング。


あおり運転から身を守る、3カメラ仕様ドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」
オウルテックは、レーシングドライバーやレーシングチームの監督としても活躍している脇阪寿一氏がプロデュースしたドライブレコーダー「OWL-DR803FG-3C」を発売した。価格はオープンプライス。想定市場価格は3万2,800円(税別)。全国の量販店をはじめ、直販サイト「オウルテックダイレクト」等にて取り扱う。


びっくりドンキーの「カリー」を自宅で、オリジナル「カリーソース」のテイクアウトを開始
ハンバーグレストラン「びっ くりドンキー」は、グランドメニュー「カリーバーグディッシュ」にも使用されている、「カリーソース」の テイクアウト販売を2020年8月5日より開始した。「カリーソース」は、約30種類のスパイスと牛挽肉、隠し味にたまねぎソテーと赤ワインを使用し、ハンバーグと合うように開発された、オリジナルのソース。ハンバーグと一緒にテイクアウトして、自宅で「カリーバーグ」を再現できるほか、ライスにかけて、シンプルなカレーライスとしても楽しめる。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
背中スッキリ爽快!風量調整できるヘッドレストファン
声で家電をコントロール、スマートプラグ「Amazon Smart Plug」
男の所有欲を満たす本格派ツール、多機能ドライバーセットIMEZING
なめらかな書き心地、デジタルノート「フリーノ」
キヤノン、デジ一眼「EOS R6」発売へ!EOS初のボディー内5軸手ブレ補正を搭載






Apple T2搭載Macに対応した待望のデータ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」レビュー

PH01

MacやWindowsなど、非スマホ、タブレット端末でひんぱんに行なう「ファイル操作」。人間には間違いがつきものなので、どちらのOSにも「ゴミ箱」が用意されている。しかし、ストレージの容量は限られており、いつかは必ず「ゴミ箱を空にする」を実行してストレージの空き容量を確保しなければならない。そのとき、ゴミ箱に世界でたったひとつのファイルが含まれていたとしたら?

……そんな絶体絶命のピンチから救ってくれるのが、データ復元ソフト「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」だ。
EaseUS「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」Free版(無料)、Pro版(10,900円)、Technician版(35,880円)

■業界で初めてApple T2チップ搭載Macのデータ復旧に対応!
本製品最大の特徴は、「Apple T2セキュリティチップ」を搭載したMac内蔵ストレージのデータ復旧に対応したこと。EaseUSによれば、Apple T2に対応したデータ復元ソフトは「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」が業界初で、かつ唯一とのことだ(記事執筆時点)。

アップルは2017年に発売した「iMac Pro」から、システム管理コントローラー、画像信号プロセッサー、オーディオコントローラー、SSDコントローラーなどを統合した「Apple T2セキュリティチップ」を採用した。「Apple T2セキュリティチップ」には、新しい暗号化されたストレージとセキュアブート機能の基盤となる「Secure Enclaveコプロセッサ」が組み込まれており、セキュリティ性が強化されている。

しかし「Apple T2セキュリティチップ」搭載Macは、高いセキュリティ機能と引き替えに、従来のデータ復旧ソフトでは暗号化されたストレージをスキャンできず、当然ファイルを復元できなくなっていたのだ。

その問題をついに解決したのが、今回の「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」というわけ。EaseUSによれば独自の特殊技術で「Apple T2セキュリティチップ」により暗号化されたストレージを直接スキャンし、削除してしまったファイルを救出できるようになったとのこと。待ちに待った最新バージョンというわけだ。

PH02


2017年に発売された「iMac Pro」、2019年に発売された「Mac Pro」、2018年に発売された「Mac mini」、2018年以降に発売された「MacBook Air」、「MacBook Pro」に「Apple T2セキュリティチップ」が搭載されている。搭載されているかどうかは「このMacについて→システムレポート→ハードウェア→コントローラ」で確認可能だ

PH03


「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」は、この画像のように「FileVault」機能で暗号化されたストレージもスキャンし、紛失データを復元可能なのだ。

■無料で性能を事前に確認! 多くの人ならFree版の2GBで間に合うかも?
「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」には、Free版(無料)、Pro版(10,900円)、Technician版(35,880円)の3つのエディションが用意されている。無料のFree版でも「削除、フォーマットした、アクセスできないデータを復元」、「Time Machineバックアップから復元」、「削除、非表示、紛失したRAWパーティションからファイルを復元」という基本機能は利用できる。また、復元可能なデータ容量も最大2GBぶん用意されているのが嬉しいところだ。

Free版で機能、性能を確認できるのは安心感が高い。また、意外とほとんどの方は2GBのデータ容量でいったんは危機を脱せられるのではないだろうか? とりあえずFree版をインストールして、不測の事態に備えておいて損はない。

各エディションの機能を比較


■3ステップで紛失データを救える! 所要時間はストレージの容量と速度次第
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」の使い方は単純明快。

STEP


……という3ステップでオーケーだ。今回はMacの内蔵ストレージを選択しているが、復旧したいファイルがUSBメモリーやSDメモリーカードに保存されていたのなら、そのストレージを選べばいい。

削除ファイルのスキャンは、「クイックスキャン」→「ディープスキャン」の順番で自動的に実行される。スキャンにかかる時間はストレージの容量とアクセススピードに依存するが、今回、1TBのSSDを搭載する「16インチMacBook Pro」(16inch,2019)で試したときには、おおよそ2時間弱かかった。

ファイルを復旧する際には、ストレージへの新たな書き込みが発生してデータが失われないように、できるだけ早く実施するのが鉄則。ただし、ある程度の時間がかかることは留意しておこう。

スキャンが終わったら、あとは救出したいファイルを選択して、データを保存すればいい。ファイルは種類別にフィルタリング可能で、表示方法はリスト、アイコン、ギャラリーに対応。また、画像、音楽、動画ファイルは復元前でもプレビューできるので、目的のファイルを探すのは容易。なおPro版以上なら、内蔵/外付けストレージだけでなく、クラウドに保存することも可能だ。

PH04
まずは、ファイルを削除してしまったドライブを選択する


PH05
ドライブを選択すると、クイックスキャン、ディープスキャンの順番にスキャンが開始される


PH06
スキャンが完了するとこの画面が表示される。今回は1TBのSSDから、約2時間弱をかけて264,893個(201.61GB)のファイルが検出された


PH07
ファイル表示は、リスト、アイコン、ギャラリーを切り替えられる。メディアファイルは事前にプレビュー再生可能。動画ファイルは多少コマ落ちするが、内容確認には十分だ


PH08


最後に、復元したいファイルを選んだうえで「ローカルに保存」または「クラウドに保存」を選べば救出完了だ。このあともファイルの復旧作業を続けるのなら、復元前のデータが上書きされないように、内蔵ストレージではなく外付けストレージまたはクラウドに保存しよう

■ファイル復元ソフトは事前のインストールを強くお勧めする!
「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」が対応するデバイスは、Mac、USBメモリー、ハードディスク/SSD、音楽/動画プレイヤー、メモリーカード、デジカメ/ビデオカメラ……と多岐に渡る。また、筆者は対象機種を持っていないので今回は試せなかったが、本バージョンはiMacに搭載されているハイブリッドドライブ「Fusion Drive」も新たにサポートしたとのことだ。

前述したとおり、ファイルを誤って削除したときにはできるだけ早く復旧するのが鉄則。削除してしまってから「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2」をダウンロード、インストールしたために、目的のファイルが上書きされてしまったら本末転倒。ファイル復元ソフトについては事前のインストールを強くお勧めする!

PH09


今回はMac版を試用したがWindows用もリリースされている。Mac版は96.2%、Windows版は97.3%の復旧率を実現している。
ジャイアン鈴木

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 12.2

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
クーポンで899円、HDMI VGA変換アダプター「AUKEY CB-V4」
NEC、AMD製CPUのノートPCを発売へ!動画の編集、ゲームが快適
スタンドとスタンディングデスクを融合!リモートワーク時代のスタンド「MOFT Z」
プリンストンからHPブランドの2.5インチSATA SSD「S750シリーズ」およびNVMe M.2 SSD「EX900 Proシリーズ」登場
イー・エム・エーからパソコンやゲーム使用時に腕や手首への負担を軽減するマウスアームスタンド「SR-AM010」






パソコンだけでなくスマホやタブレットで使えるUSB Type-C接続の青色LEDマウス

MA-BLC158BK_FT5L

サンワサプライは、USB Type-Cコネクタをサポートした有線の青色LEDマウス「MA-BLC158BK/W」を発売した。本製品は、USB Type-Cを搭載するパソコンやタブレットで使用できる。ボディカラーは、ブラックとホワイトの2色。価格は、2,268円(税込)。

■感度が高い青色LEDの有線マウス
「MA-BLC158BK/W」は、USB Type-C接続のブルーLEDマウスだ。Windowsだけでなく、MacやAndroid端末にも対応している。本製品ひとつで、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンなどで利用可能だ。ソフトウェアのインストールは必要なく、差し込むだけで使用できる。

従来の光学マウス(赤色LED)のセンサーは、光沢感のあるガラス面を苦手としていた。本製品は、感度が高い青色LEDを読み取りセンサーに採用することで、スムーズな操作性を実現した。手首一振りで画面の端までカーソルが移動できるので、大画面の表計算ソフトなどでも快適に作業ができる。

本体サイズは、約W59×D99×H37mm。重さは、約76g。ケーブル長は、約1.5m。分解能は、1000 カウント/インチ。右利きの人だけでなく、左利きの人でも違和感なく使えるデザインとなっている。

MA-BLC158BK_MO2L


有線ブルーLEDマウス「MA-BLC158BK/W」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
デルが最新第10世代インテルCoreプロセッサー搭載の個人向けPC12機種を順次発売
デル、XPSシリーズなど最新製品を体験できる「DELL Design Labo」第二弾を表参道ヒルズにオープン
グリーンハウスから約700gと軽量で厚さ9mmの薄型でケーブル1本でつながる15.6型フルHDモバイルディスプレイ
CFD販売が手がけるBTOゲーミングPCブランド「AORUS GAMING PC」特設サイトを公開
デル、期間限定「DELL LOUNGE」で新製品のタッチ&トライ イベントを開催






これは困った!消失したデータを復活させるMac用復元アプリ「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8」

image001

自分自身で撮影した写真や動画などのデータはかけがえのない思い出だ。本来であれば、撮影後にすぐデータドライブや、オンラインストレージにバックアップして大切に保管するべきだが、移動させる前に誤った操作でファイルを消してしまったり、メモリーカードの異常によりファイルが見えなくなってしまうことも起きうるだろう。そんなときに消失したデータを復元してくれるMac用のアプリケーションが「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8」だ。

■削除、フォーマットによって消失したデータを復元するユーティリティー
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8はMac用に開発されたデータ復元アプリケーション。macOS 10.6以降に対応しており、Windows版の「EaseUS Data Recovery Wizard Pro 12.8」もリリースされている。このWindows版についてはすでにこちらの記事にて述べているので、参考にしてほしい。

Macのデスクトップにはランチャー「Dock」の右端に「ゴミ箱」が配置されており、不要なファイルはいったんこの中にドラッグしたあと、「ゴミ箱を空にする」を実行すると消去できる。「ゴミ箱を空にする」を実行したあとでファイルを復元する機能は、macOSには用意されていない。

しかし実は、ストレージは「ファイル管理領域」と「実データ領域」に分かれており、「ゴミ箱を空にする」を実行しても、実データ領域に保存されているデータ本体はそのまま残っている。EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8はファイル管理領域と実データ領域をスキャンすることで、OSが認識できなくなったファイルを復元するわけだ。

開発元のEaseUSによれば、フォーマット、ウイルス感染、ソフトクラッシュ、システムエラーなどの原因により紛失したデータを復元可能とのこと。また削除、紛失されたボリュームやパーテーションからデータを復旧することも可能だ。
image002
「ゴミ箱を空にする」を実行してOSから認識できなくなったファイルも、EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8は復元が可能だ

■macOS 10.13以降ではふたつのソリューションを用意
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8のセットアップ自体は簡単だ。製品公式サイトから「無料体験」をクリックするとダウンロードされるdmgファイル「mac_drw_trial.dmg」を実行したのち、画面の指示に従うだけ。特に困るところはないだろう。
image003
左の「EaseUS Data Recovery Wizard」のアイコンを、右の「Applications」にドラッグするだけでインストールは完了する

しかしmacOS 10.13以降がインストールされたMacを使っている場合は、「システム整合性保護(System Integrity Protection、以下SIP)」を無効にするか、macOS 10.8~mac OS 10.12環境でUSB起動ディスクを作る必要がある。なぜならmacOS 10.13以降では、アプリケーションからシステムドライブへのアクセスが許可されていないため。macOS 10.13以降を使っている方は下記の手順を参考にしてほしい。
image004
Macを起動する際に「command+R」キーを押し続けて「macOSユーティリティ」を起動する

image005
「ユーティリティ→ターミナル」を選択する

image006
ターミナルの画面

ターミナルが起動したら、まず「crsutil status」と入力してSIPの状態を確認する。「enabled」と表示された場合はSIPが有効になっているので、「crsutil disable」と入力してSIPを無効化する。なお、ファイルの復元が終わったら、同じ手順でターミナルを起動して「crsutil enable」と入力してSIPを有効にすることを忘れずに。SIPを無効化したままではセキュリティー性が低くなるためだ
image007
ブータブルメディアを作成する画面

USB起動ディスクを作成できるのはmacOS 10.8~mac OS 10.12環境のみ。しかしEaseUSによれば、サポートセンターに問い合わせればmacOS 10.13以降で動作可能な「EaseUS Data Recovery Wizard Bootable Media」を提供するとのことだ

■Trim機能が有効になっているSSDではファイル復元は不可
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8を利用するにあたっては、もうひとつ重大な制限がある。それは、SSDの速度低下を回避するための「Trim」機能が有効になっているドライブでは、ファイルを復元できないこと。Trim機能が有効になっていると、ファイルを消去するとつぎの書き込みに備えてデータ本体も消去される。つまりEaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8をシステムドライブに対して利用できるのは、Trim機能が無効化されているSSDと、ハードディスクに限られることになる。
image008
SSDを標準搭載している現行MacのシステムドライブはTrim機能が標準で有効化されている

■メモリーカードに対するファイル復旧は強力無比!
それではEaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8の実力はどの程度のもなのか検証していこう。今回はSDーカード内のデータ復旧を試してみた。テスト前にSDカードのデータをゴミ箱に移動して、「ゴミ箱を空にする」を実行している。

操作方法だが、EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8を起動したあとのメイン画面でドライブを選択し、「スキャン」ボタンをクリックするだけと簡単だ。Mac自体のパフォーマンス、SDカードの読み書き速度によって所要時間は変わることが予想されるが、「Core i5-8259U」を搭載するMacBook Proと、Class2のSDHCカードという組み合わせでテストしたところ、1807個のファイル(総容量9.25GB)をスキャンするのに約6分、スキャンした全ファイルをシステムドライブに保存するのに約13分かかった。

容量の大きなストレージほどスキャン、復元にかかる時間がもちろん長くなるが、復旧するファイルを絞り込めば所要時間は短縮できる。スキャンしたファイルは種類ごとに分類されており、またリスト、アイコン、Cover Flow表示を切り替えられるので、復元したいファイルは素早く見つけられるはずだ。
image009
EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8を起動したあと、復旧したいファイルが記録されていたドライブを選択して「スキャン」ボタンを押す

image010
スキャンが終了したら復元するファイルを選択する

ファイルは種類ごとに分けられ、またリスト、アイコン、Cover Flow表示に切り替えられるので、目的のファイルを素早く見つけられる。
image011
復元するファイルを選んだら「今すぐ復元」をクリックする

復元先は任意のストレージ以外に「Dropbox」、「Googleドライブ」、「OneDrive」などのオンラインストレージも選択可能だ
image012
1807個のファイル(総容量9.25GB)を復元するのに約13分かかった

画像ファイルが重複しているのは、サムネイル用のデータが含まれているためだ。

■復元可能かどうか購入前に体験版で確認可能!
Trim機能が有効になっているSSDではファイルの復元が困難であることは先ほど述べたが、メモリーカード、USBメモリー、外付けハードディスクであれば、問題なく利用できる。また体験版が用意されており、復元可能なデータ量が2GBに制限されているものの、自分の環境で復元できるかを購入前に試すことができる。もしMacで誤って大事なファイルを消してしまった際には、まずは「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8」を試してみよう。

「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac 11.8」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
Surface Headphonesの予約受付開始、発売は1月29日
失敗することなく簡単にパーティションの管理が行える!「EaseUS Partition Master Professional」
業務用パソコンに特化した高機能バックアップソフト「EaseUS Todo Backup Workstation 11.5」
もしもの場合への備えはもちろん、ドライブ換装時にも活用できる!EaseUS Todo Backup Home
間違ってフォーマットしても大丈夫!簡単操作でファイルを復元できる「EaseUS Data Recovery Wizard Professional 12.0」






WD、ポータブルHDD「My Passport」シリーズの最新モデルを発表

米Western Digital傘下のWDは、第7世代の「My Passport」製品ラインアップとしてデザインを一新したポータブルHDD「My Passport Ultra」と「My Passport for Mac」を発表した。発売は6月下旬、取り扱いは全国のパソコン販売店、家電量販店の各WD製品取扱店となっている。

続きを読む

PCビギナーでも問題なし! ZIGSOWユーザーが「Acronis True Image Unlimited for PC and Mac」を試す

長い間、同じパソコンを使用していると、いつの間にか動作が遅くなったり、今まで何の問題なく動いていたものが突然動かなくなったりと、何らかの不調を来す場合がある。

大事なデータが失われてしまわないようパソコンのバックアップは必要不可欠の操作だ。しかし、パソコン初心者の中には、バックアップの仕方がわからない人もいるだろう。「誰でも簡単にバックアップができたらいいのに!」と思っている人向けのソフトが、いわゆる「バックアップソフト」である。

現在、バックアップソフトは各社から販売されているが、パソコン初心者でも比較的扱いやすいソフトで定番ともいえるのが、アクロニスの「Acronis True Image Unlimited for PC & Mac」だ。

本ソフトを実際に使用した感じを知りたい人もいるだろう。そこで、ZIGSOWレビュアー 宇佐木クマさんの「Acronis True Image Unlimited for PC & Mac」体験レポートを紹介しよう。

続きを読む

急激な円安でアップルがMacを値上げ? しかもiPhone 6以上の値上げ幅か?【デジ通】

アップルは、9月に発売したばかりの、iPhone 6シリーズのSIMフリーモデルの販売価格を11月に改正した。おおよそ1割ほど価格が上がったが、この理由は円安による影響と考えられている。

iPhone 6が発表された9月時点の為替は1ドル107円程度だったが、11月になると115円程度になった。アップルの価格改正はこれを反映したものだろう。そして12月には1ドル120円近くになっており、このまま円安が続くと再値上げの可能性が高まってきている。

iPhoneの価格改訂がどうなるか気になるところだが、値上がりの金額としては同社のPCであるMacシリーズのほうが影響が大きそうだ。

続きを読む

知ってますか? 「パソコン、タブレット、スマホ」のトラブル時におけるセーフモードでの起動方法【デジ通】

昨日紹介したWindowsアップデート問題のようにパソコンやスマートフォン、タブレットが、突然うまく起動しなくなるトラブルが発生する場合がある。基本的な原因としては、OSの上で動作するソフトウェアが原因となっていることが多い。トラブル原因となるソフトウェアをアンインストール(削除)することでトラブルを解消できることが多いのだが、起動できないのでそれも難しい。さあどうしたらいい?

続きを読む

MacBook Proがアップデート! 新型CPU搭載でさらにお買い得に進化【デジ通】

アップルのノートパソコン型Macの上位モデルMacBook Proがアップデートされ最新版が登場した。元は2013年10月に発表された製品をベースにして新しいCPUを搭載するなど、スペックの改良、さらに価格が改正されたことが大きな変更ポイントとなる。

続きを読む

円安で大幅値上げも近い? 突然のiTunes Storeにおける価格改定に注意しよう【デジ通】

赤い線はiTunesでのApp最低価格


現在、為替レートが急激に円安に変動しており、海外から輸入している多くのデジタル機器はこの影響で、徐々に価格が値上がりすることが予想されている。PC本体は、外資系のメーカーの新製品発売時に旧モデルより若干高めに設定されるなど、徐々に変わっていくと思われる。

いっぽうで突然大きく変更されるモノもある。それが、iPhoneやiPad向けアプリ販売サイトのiTunes Storeや、Mac用のソフト販売サイトのMac App Storeだ。加えてAmazonなどで扱っている製品も、ドル建てで輸入していた場合、新しいロットから価格が急に跳ね上がったりするかもしれない。

続きを読む

アップルの2013年度第2四半期決算発表 好調のiPhone&iPadに対しMacの販売が鈍化【デジ通】



アップルが2013年度第2四半期の決算を発表した。2013年1月から3月の決算でiPhoneは過去最高の販売台数の3740万台販売。iPadも過去最高に迫る1950万台販売した。

純利益は95億ドルと100億ドルに迫るものの前年同期を下回った。ただ、資本還元プログラムも拡大しアップルの業績自体は好調と言える。しかし、いままで二桁成長を続けていたMacの販売台数の伸びが鈍化してしまったようだ。続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ