ITライフハック

NEX-5

ソニーNEXユーザーに朗報!広角から望遠までカバーする交換レンズが登場



ソニーの「NEX-5」「NEX-3」は、小型のデジタルカメラだが、APS-Cサイズの大型センサーの搭載によって一眼レフカメラと同等の高画質性能と、新開発したレンズマウント(Eマウント)によるレンズ交換の楽しみを持たせた点が大きな魅力だ。

そんな「NEX-5」「NEX-3」は、新製品であるがゆえに、交換レンズの少なさが悩みのタネだった。しかし、このレンズがあれば、ほとんどの撮影はこなすことができるだろう。

ソニーは、デジタル一眼カメラ「α」Eマウント]用レンズ E 18-200mm F3.5-6.3 OSS「SEL18200」を、2010年9月10日より発売を開始すると発表した。
価格は、オープンプライス。メーカー希望小売価格は、9万9,750円(税込み)。

続きを読む

パナ、オリンパスを撃墜できるか?背景ぼけ・3D対応のソニー最薄デジ一眼【最新ハイテク講座】



コンパクトタイプでも1000万画素を超えたデジタルカメラの進歩は、目を見張るものがある。綺麗な写真に加えてHD動画まで撮れて、どこにでも手軽に持ち歩けるコンパクトデジタルカメラは性別や年齢を問わずに人気がある。しかし、最近はマイクロ一眼や小型のデジタル一眼が大ヒットし人気と注目を集めており、先行するオリンパス、パナソニックに続き、ソニーも参入するなど、各社とも力を入れてきている。

デジタル一眼は、コンパクトデジタルカメラに比べ、高画質でいろいろな撮影ができる反面、「大きい」「重い」「高い」「難しそう」という4つの壁があった。この壁を取り除いているのが、小型デジタル一眼なのだ。

製品の小型化に定評があるソニーは、同社としては初となる小型デジタル一眼「NEX-5」を2010年6月3日より発売すると発表した。ワンタッチでプロのような背景ぼけのきれいな写真がとれる。さらに、3D写真にも対応を予定しているというほどの意気込みだ。

そこで今回は、ソニーが持つ技術の推移を集めた小型デジタル一眼「NEX-5」についてフォーカスしてみた。
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略

■ソニーが挑戦した4つのポイント
ソニーの小型デジタル一眼「NEX-5」の特長は、独自技術による次の4つのポイントだ。

●一眼レフと同等の高画質性能
「NEX-5」は、これまでデジタル一眼レフカメラに多く採用されてきたAPS-Cサイズの大型イメージセンサーを採用することにより、一眼レフカメラと同等の高画質性能を実現している。有効画素数は約1420万画素、交換レンズの性能を生かした美しいボケ味の表現が可能となっている。

●世界最小・最軽量のボディ
「NEX-5」の大きなポイントが、24.2mmというボディの薄さだ。光学ファインダー式一眼レフカメラに搭載されているミラー、焦点板、ペンタプリズム、位相差検出AF用のセンサーを使わない構造を採用することで、マウント面からイメージセンサーまでの距離(フランジバック長)を18mmまで短くし、驚くほどスタイリッシュな薄型ボディを実現した。

●誰でも簡単に背景をぼかす写真が撮れる
直感的な操作で手軽に背景のボケをコントロールすることができる「背景ぼかしコントロール」機能により、被写界深度や絞りの知識がなくてもボケの調整ができるようになった。

●3D写真を単眼レンズで撮影
「NEX-5」を左から右にスイングしながら撮影する「スイングパノラマ」により、パノラマ撮影を可能にしたが、それだけではない。左右の目の視差を計算して右目用と左目用の2枚の画像を同時に自動生成し、単眼レンズで3D写真を撮影することができる。本機能は、7月中旬頃のファームアップデートにて対応予定だ。

小型デジタル一眼では、オリンパスとパナソニックに先行を許したソニーだが、超薄型と簡単プロなみの撮影機能、3Dで猛追をかけることになる。小型デジタル一眼の市場は、今、激戦の時代に入ったといってもいいだろう。今しばらくは目が離せそうもない。

デジタル一眼カメラ「α」
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

最新ハイテク講座の記事をもっとみる
出遅れを挽回できるか?4つの液晶技術で挑むシャープの3Dテレビ
ただものじゃない!インテル、新プロセッサー「Core i7-980X 」が最強最速な理由
ソニーの3Dテレビはどこが違う?「3Dブラビア」で目差すもの
安いだけじゃない!EOS Kiss X4が綺麗な写真を撮れる理由

天下をとれるか!ソニー、デジ一眼とVAIOの新モデルの魅力と戦略【ITフラッシュバック】



ソニーは、デジタル一眼カメラ“α”シリーズの新製品として「NEX-5」「NEX-3」の2機種を、ノートパソコン「VAIO P」の新モデルを発表した。1週間に2種類の新製品を発表するというのは、IT業界全体を考えてみても、ごく稀なことであり、並々ならぬ意欲が感じられる。まさに、天下をとりにきたと言っても過言ではないだろう。

ソニーの新製品とイベント、そして戦略をITライフハックの記事で振り返ってみよう。

一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略
デジタル一眼カメラ“α”シリーズのイベントの会場にて、コンシューマ向け製品の責任者であるソニー株式会社 業務執行役員 SVP パーソナル イメージング&サウンド事業本部長 今村 昌志氏にお話しをうかがうことができた。


北川景子は自慢したい!浅野忠信には短編映画を撮らせたくなったソニーの新デジ一眼
「写真も動画も一眼クオリティを、すべての人に」というキーワードのメッセンジャーとして、ソニーは俳優の俳優の浅野忠信さんと北川景子さんをCMキャラクターに起用する。新製品は誰でも簡単に背景をぼかして高いクオリティの写真を撮影できる「背景ぼかしコントロール」やフイルハイビジョン動画を撮影できる点が最大の特長だ。


新しい映像の楽しみ方を提案!ソニーの小型デジ一眼
ソニーは2010年5月11日、デジタル一眼カメラ“α”シリーズの新製品として、「NEX-5」「NEX-3」の2機種を発表した。両機は、新開発の有効約1420万画素の「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサーと高性能な交換レンズ等により、一眼レフカメラと同等の高画質写真とフルハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式デジタルカメラだ。


新しいライフスタイルを提案する ソニー伊原部長がVAIO Pの戦略を語る
「VAIO P」のイベントの会場にて、マーケティングの責任者であるソニーマーケティング株式会社 ITビジネス部門 ITマーケティング部 統括部長 伊原 諭氏にお話しをうかがうことができた


奥さんの尻にしかれてる!石田純一がVAIO Pの発表会で秘密を暴露
“COMING-OUT” PROJECTの初日ともなる5月10日、渋谷 ラウンジ「SECO」において、プレス向けのキックオフイベントも開催、石田純一さんと佐田真由美さんがスペシャルゲストとして応援に駆けつけた。


「VAIO New Ultra Mobile」の詳細が明らかに
新Pシリーズは、より活動的な使用シーンにも適したデザインと利便性を備えた、新しい「ポケットスタイルPC」だ。片手で掴んで持ち運べる携帯性とキーの打ちやすさを両立したサイズ、丸みを帯びて手になじむ柔らかいデザイン、アクティブな印象を与えるビビッドなカラーリングを採用した。


デジタル一眼カメラ“α”シリーズ
VAIO P
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略
ソニーの新発想!新ウォークマンが防水仕様の理由
北川景子は自慢したい!浅野忠信には短編映画を撮らせたくなったソニーの新デジ一眼
新しい映像の楽しみ方を提案!ソニーの小型デジ一眼

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ブラック MDR-EX300SL/B
ソニー (2008-10-10)
売り上げランキング: 1942

一眼レフを使いたいが買えない人へ ソニー執行役員 今村氏が語るデジカメの戦略



ソニーは2010年5月11日、デジタル一眼カメラ“α”シリーズの新製品として、「NEX-5」「NEX-3」の2機種を発表した。両機は、新開発の有効約1420万画素の「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサーと高性能な交換レンズ等により、一眼レフカメラと同等の高画質写真とフルハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式デジタルカメラだ。
北川景子は自慢したい!浅野忠信には短編映画を撮らせたくなったソニーの新デジ一眼

今回のデジ一眼は、どういうユーザー層をターゲットにした商品なのだろうか?

■コンパクトで軽い一眼レフ - ソニー執行役員 今村氏
イベントの会場にて、コンシューマ向け製品の責任者であるソニー株式会社 業務執行役員 SVP パーソナル イメージング&サウンド事業本部長 今村 昌志氏にお話しをうかがうことができた。「これがこのたび発表いたしましたNEX-5という商品です。みていただくと、非常にコンパクトで軽い一眼レフになります。」とのこと。続きはこちら。

・ソニー株式会社 業務執行役員 SVP パーソナル イメージング&サウンド事業本部長 今村 昌志氏(動画)

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【責任者が語る事業戦略と本音】をもっとみる
新しいライフスタイルを提案する ソニー伊原部長がVAIO Pの戦略を語る
選ばれるブランドになりたい サムスン部長が語るスマートフォン戦略
3Dコンソーシアム 泉事務局長に聞く!3Dの現状
ASUS エミリー・ルー氏が語る!3D市場への抱負

北川景子は自慢したい!浅野忠信には短編映画を撮らせたくなったソニーの新デジ一眼



ソニーは2010年5月11日、デジタル一眼カメラ“α”シリーズの新製品として、「NEX-5」「NEX-3」の2機種を発表した。両機は、新開発の有効約1420万画素の「Exmor(エクスモア)」APS HD CMOSセンサーと高性能な交換レンズ等により、一眼レフカメラと同等の高画質写真とフルハイビジョン動画を撮影できるレンズ交換式デジタルカメラだ。
新しい映像の楽しみ方を提案!ソニーの小型デジ一眼

会場では、新製品のメッセンジャーである、俳優の浅野忠信さんと北川景子さんによるトークショーも行われた。

■想像が膨らんだ浅野忠信さん、写真を撮る喜びを広めたい北川景子さん
「写真も動画も一眼クオリティを、すべての人に」というキーワードのメッセンジャーとして、ソニーは俳優の俳優の浅野忠信さんと北川景子さんをCMキャラクターに起用する。新製品は誰でも簡単に背景をぼかして高いクオリティの写真を撮影できる「背景ぼかしコントロール」やフイルハイビジョン動画を撮影できる点が最大の特長だ。

「αで何がしたいか?」とのMCの問いに対し、浅野さんは「映像を撮ってみたいというのがありまして、これはフルハイビジョンの動画が撮れるので、ちょっとした映画とか、面白いものが撮れるのではないかと思います。」と、短編映画にも挑戦したいと、胸の内を語った。

一方、北川さんは「今まで何気ない風景をかっこよく撮ろうと思っても、ベタっとした写真になりがちだったと思うんですけど、今回のCM撮影で神戸の何気ない街並みを撮影したときに、勝手に背景がぼけてくれたので、シャッターを押しただけでカッコイイ写真が撮れてしまいました。挑戦したいというよりも、みんなに見せたいという感じなので、ブログにカメラで撮った写真をどんどんアップして自慢したいなと思います。」と、素直な気持ちを明かしてくれた。

浅野さんは「αという良いカメラに出会えて、俳優だけではない表現者としての想像が膨らんだので、皆さんに使っていただけると、非常に楽しめるカメラではないかと思います。それと同時に、カメラのことがわからない僕でも、すごく楽しめてめりこめるカメラなので、一生懸命応援したいと思います。皆さんも、ぜひ、よろしくお願いいたします。」と、誰でも簡単に使いこなせるカメラであることを強調した。

北川さんは「何か新しい趣味が欲しいなと思うときに、一番最初に思いつくのはいつも一眼レフで...。でも、説明書を読むと難しくてという感じで、なかなか購入もできなかったんですけど。今回、このカメラに出会って、簡単に本格的なプロ並みの写真が撮れるという楽しみだったりとか、写真を撮る喜びというか、そういったことを私も覚えたので、それをCMを見たかたや日本中のかたに広めたいと思います。皆さんも宣伝にご協力いただけたら嬉しいなと思います。」と、メッセンジャーらしいコメントを語った。

2人が出演するCMは6月5日から放送予定だ。今回の発表会では、「カメラはソニー」というキャッチをしきりに強調していたが、オリンパスやパナソニックなどの強力なライバルウがいる小型デジ一眼の市場でも、その名をあげることができるだろうか。

デジタル一眼カメラ“α”シリーズ
ソニー

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■AV関連の記事をもっとみる
新しい映像の楽しみ方を提案!ソニーの小型デジ一眼
小さいだけじゃない!携帯性に優れた高性能ヘッドフォンが登場
出遅れを挽回できるか?4つの液晶技術で挑むシャープの3Dテレビ
広角・高倍率ズームもOK!リコー、GXR用カメラユニットを発売へ

SONY 密閉型インナーヘッドフォン EX300SL ブラック MDR-EX300SL/B
ソニー (2008-10-10)
売り上げランキング: 1942

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ