ITライフハック

PR

SNSを中心とした集客業務を支援 !没入型アートヴィラ『ONEBIENT』

main

宿泊・観光事業者様へのPR業務支援を行う株式会社BuddyCompassは、2021年08月19日(木)に株式会社Hodgeがプレスリリースしたイマーシブリトリート『ONEBIENT(ワンビエント)』(2022年秋に富山県で開業予定)のSNSを中心とした集客業務を支援することを発表した。

■背景
株式会社BuddyCompassは、個人のニーズが複雑化した現代社会で、本質的な体験価値をカスタマーに届けたいと考える宿泊・観光事業者様にブランディングやマーケティングのスキルを駆使した戦略性の高いPR業務支援や商品(アクティビティ)開発を提供している。

今回、人・地域社会・自然環境が一体となった没入型の体験を提供する宿泊施設を株式会社Hodgeが運営開始するにあたり、本質的な体験価値を提供する株式会社BuddyCompassの理念に共感いただき、お取り組みを開始することになった。
sub1

過去には、行政によるYouTubeを駆使した観光誘致施策のプロデュースやブライダル・宿泊事業を中心とした地域活性化のプロデュースを通して、施設のリブランディングやSNSを用いた地域振興に取り組んできた。
また、自社メディアの『aojifilm』では、女子旅をテーマに、スポット単位での紹介ではなく、鎌倉や那須の地域単位での体験価値を紹介している。

現在は、川崎市内の武蔵新城にある商店街を中心とした暮らしの価値を向上させるための地域創生プロジェクトの計画や、全国に拠点を置く宿泊事業者のリブランディングやアクティビティ開発にも取り組んでいる。
sub3

・自社メディア『aojifilm』
Instagram:https://www.instagram.com/aojifilm_official/
YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCWJ6_aATqozlaAk1MtckHyw

■支援内容
2022年秋の開業に向けてSNS(主にInstagram)を中心としたPRを株式会社BuddyCompassのSNSトータルプランで支援する。また今後は、富山県内での『ONEBIENT』を中心としたアクティビティ開発支援や他県での開業に合わせたPRを支援する予定。『ONEBIENT』は、建築とアートと自然の融合を同時の統合制御システムが支える先進的な宿泊施設。その魅力を余すことなくSNS上で伝える必要がある。

一方で、あえて無人サービスにすることで地域社会の資源と共生する役割を備えている宿泊施設でもあると考えている。BuddyCompassは、富山の地域社会やそこに生きる人々の文脈や歴史と『ONEBIENT』を、SNSを通してつなぐことで、先進的かつ機能的な『ONEBIENT』と情緒的かつあたたかな富山の共生を図り、『ONEBIENT』を訪れる人が富山の良さをより体感できる世界を目指す。

InstagramアカウントURL:https://www.instagram.com/onebient_official/

■ONEBIENTについて
『ONEBIENT』は、その土地特有の自然現象を用いて、その場でしか体験できない”新しい環境”ともいえる場を、建築家の浜田晶則と、アーティストの穴井佑樹が共同で設計。建築とアートと自然が融合するイマーシブな空間を、日本各地で展開予定。

また、自然エネルギーを建築の内部に取り込み、絶えず室内環境の快適性を維持。太陽光発電や薪ボイラーの活用、電力供給に頼らない完全オフグリッドを目指し施設運営の全自動化も可能にする独自の統合制御システムを導入予定。同時に、存在を意識できないほど周囲の環境に溶け込んだカームテクノロジーによる無人サービスを開発し、まったく新しい没入型の宿泊体験を提供する。
2022年秋頃に富山県の神通峡(住所:富山県富山市春日56-2)に開業予定。その後、滋賀県の大津市にも開業を予定。

<アートヴィラ> (3棟4室)
▽曇庭 - kumoniwa
main

sub4

▽宿森 - yadomori
sub5

sub6

▽川吟 - kawautai
sub7

sub8
sub7

sub8

ONEBIENT(ワンビエント)

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
みんなが好きなオリジナルチキンとポテト!今だけおトク「1000円パック」「1500円パック」
赤坂のバー「Bar三代目」、映画『グレーゾーン』特別メニューを販売
今年のお盆も帰省自粛傾向!「“自然”なみまもり」ニーズ高まりの兆しも
首都圏のイトーヨーカドー各店で発売!『マンゴツリーカフェ監修ガパオライス』など計6品
家庭用ゲーム『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』!ufotable描き下ろしイメージビジュアル第2弾公開






⾞体を活⽤したシェアリングエコノミーサービス!「Cheer Drive」開始

sub6

株式会社チアドライブは、⼀般ドライバーが⾞に商品のステッカーを貼ることで、その商品を応援しながらスポンサー収⼊を得ることができるサービス「Cheer Drive」(読み⽅:チアドライブ)を2021年3⽉23⽇(⽉)にリリースした。

■⾛⾏距離に応じたスポンサー収⼊(ポイント)を獲得
Cheer Drive は、会員登録からキャンペーンの申し込み、⾛⾏距離の確認、⾛⾏完了の申請、スポンサー料の獲得まで、すべてスマホアプリで⼿軽に完結することできる国内初のサービス。まず、アプリから応援したい商品のステッカーを選び、770 円(税込)の参加費⽤を⽀払い、キャンペーンに申し込む。ステッカーが⼿元に届いたら⾞の指定位置に貼り、⾛⾏開始の申請をして、いつも通りにドライブする。キャンペーン期間が終了したら⾛⾏完了申請を⾏い、⾛⾏距離に応じたスポンサー収⼊(ポイント)を獲得する。

ポイントは1km ⾛⾏あたり7 円以上で、コンパクトカーや軽⾃動⾞など燃費の良い⾞であれば、ガソリン代が実質無料になる。
sub12

< Cheer Drive の特⻑ >
・⾛⾏距離に応じたインセンティブの⾼さ(1km=7 円〜:ガソリン代が実質無料に)
・スマホアプリで簡単に始められるユーザビリティの⾼さ
・誰でもキレイに貼れる⾞の両サイド+リアウィンドウの⼤型ステッカーで⾼い認知効果を獲得
・商品のファンを宣伝に巻き込むことでエンゲージメントが⾼まり、SNS での情報拡散などPR 効果も期待できる

< キャンペーンの流れ >
1. 会員登録しステッカーを選ぶ 
2. ステッカーを貼り走行開始を申請
3. いつものようにドライブ
4. 走行完了申請しポイントを獲得
sub13

なお、サービス開始時でのクライアントは、株式会社ブシロード、株式会社サードウェーブ、学校法⼈⾓川ドワンゴ学園、株式会社バンタンの4 社が決定。3⽉30⽇よりステッカーの申し込みを開始する。各社のステッカーデザインおよび⾞の参加台数は次の通り。
sub8
【ブシロード:333台】

sub15
【サードウェーブ:200台】

sub16
【角川ドワンゴ学園:400台 】

sub7
【バンタン:300台】

 遊休スペースを活⽤したシェアリングエコノミーサービスのCheer Drive は、⼀般的な広告とは異なり、商品のファンである消費者が媒体となることで、付加価値のある質の⾼いPR 効果を得ることが期待できる。また、終息のみえないコロナ禍で、安全に外出を楽しみながら、企業と消費者が相互に応援し合えるサービスとなっている。
Cheer Drive では、今後もクライアントを拡⼤していくとともに、様々なキャンペーン企画を実施予定です。また、新機能の追加などサービス拡充を図っていくとしている。

【アプリ名称】Cheer Drive
【リリース⽇】2021年3⽉23⽇
(同⽇より会員登録の受付開始。キャンペーンの申し込みは3 ⽉30 ⽇より開始)
【推奨環境】
iOS:iOS 13.0 以上を搭載したiPhone
Android:Android 6.0 以上を搭載した端末
PC:Google Chrome 最新版

株式会社チアドライブ

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
日頃の感謝を込めて!人気ドリンクを1杯 税抜 99円で提供する『大感謝セール』
ANIPLEX+にTVアニメ「鬼滅の刃」より!「竈門禰豆子<爆血>」スケールフィギュア
自宅がゲーセンに!Switch用充電スタンドにもなる「アーケードコントローラー」
使いたい時だけサッと出せる、木目天板とブラックフレームのスタイリッシュな折りたたみデスク
人気のタレカツが合い盛りに!「タレカツとから揚げの合い盛り」が登場

いまこそ知りたいシェアリングエコノミー
長田 英知
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2019-09-27




見るだけでわかる!ビジネス書図鑑
荒木博行
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2019-01-29

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ