ITライフハック

Panasonic

富山県氷見市×Panasonic株式会社×ベンチャー企業等16社!『氷見ベンチャーサミット』開催

main

氷見まちづくり協議会は、富山県氷見市×全国の成長ベンチャー企業による地方創生オンラインイベント『氷見ベンチャーサミット』を2021年2月25日(木)にオンラインにて開催する。

■富山県の北西部、石川県との県境にある港町
氷見市は、「天然の生簀」とも呼ばれる富山湾に面しており、古くから漁業が盛んな町だ。
また、中心市街地から数分歩けば、富山湾越しに立山連峰が見えるなど、景観・環境にも恵まれた土地でもある。
しかし、そうした豊な資源がありながら、人口流出や少子化、それらに起因した産業の弱体化の懸念から「消滅可能性都市(※)」に数えられている。

氷見まちづくり協議会では、こうした現状に鑑み、新たな事業の創出を連続させることで産業を育み、それによって氷見市を再興させるための活動を行っている。

※民間の有識者らでつくる日本創成会議(座長・増田寛也氏)が2014年に指摘したもので、厳密な定義は「2010年から2040年にかけて、20 ~39歳の若年女性人口が 5 割以下に減少する市区町村」となっている。全国の市区町村1,799のうち、896がこれらに該当すると推計されており、全体の約半数を占めている。

■イベント企画主旨
都市部の企業の持つサービスやプロダクトの中には、地域を活性化する為に有用なものが多くあるのに、地方都市においては情報リソースが少ないが故に機会損失が起こっている事も多いと感じている。
そこで、氷見市のみならず、日本全国の地方都市の人々に、本イベントに登壇する企業のサービス・プロダクトを知り、自分の住む・働く地域を活性化させるための情報収集をしてもらい、また一方で登壇する各企業においても、自社のサービスやプロダクトを広報して頂き、相互のマッチングの機会としてもらいたいと考え、このイベントを企画した。

更に今回は、Panasonic株式会社より西林祥平氏(ライフソリューションズ社 エナジーシステム事業部 くらし空間イノベーションセンター 住宅ソリューション部)を招いて、同社が取り組む地方創生事業において、ベンチャー企業等との連携を創出する契機とし、公民連携の新たなモデルとなることを願っている。

<イベント概要>
日時:2021年2月25日(木)10:00~12:00
参加費:無料
無料(下記URLより事前申込による)
https://tinyurl.com/y2e2c9tw

■主催
氷見まちづくり協議会

■後援
Panasonic株式会社( https://www.panasonic.com/jp/home.html )

■企画・支援
CXOバンク株式会社( https://www.cxobank.jp/ )

■タイムスケジュール
10:00-10:05 開会挨拶(氷見まちづくり協議会)
10:05-10:25 基調講演(Panasonic株式会社)
10:25-10:30 休憩
10:30-11:10 各社登壇①グループ
11:10-11:15 休憩
11:15-11:55 各社登壇②グループ
11:55-12:00 閉会挨拶(氷見まちづくり協議会)

■登壇企業(順不同)
MUJIN(AIロボット) /LRM(情報セキュリティ) /補助金ホータル(確定補助金プラットフォーム)/WiseVine(GovTech)/HUNT BANK(新卒採用HRテック)/サムシングファン(確定動画フラットフォーム)/アクトプロ(コスト適性化/居抜き物件フラットフォーム)/ファミワン(妊活プラットフォーム)/エナーバンク(電力プラットフォーム)/インフォマート(請求書電子化)/トラストドック(eKYC=本人確認システム)/NowRoom(賃貸不動産プラットフォーム)/エンジョイワークス(不動産金融×テクノロジー)/ワイヤレスゲート(5G,回線構築)/Houyou(感染症対策DX)/スマートドライブ(モビリティデータプラットフォーム)

【氷見まちづくり協議会について】
氷見まちづくり協議会​(富山県氷見市、会長:氷見商工会議所 専務理事 京田賢)は、富山県氷見市の地方創生・まちづくりの為に、氷見市・氷見商工会議所・氷見金融協会等からなる任意団体です。

氷見ベンチャーサミット

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
先端50社超のDX企業がオンライン出展!「デジタルトランスフォーメーションEXPO」初開催
成⻑ベンチャー企業50社のCOOが集結!「ベンチャーCOO⼤登壇会」初開催が決定
ものすごいHR展、3⽉開催決定!HR関連企業50社の最新情報を知れるオンライン展⽰会
TOKYO FM、オーディオコンテンツプラットフォーム事業に元インスタグラム日本事業代表 長瀬次英氏を起用
二日間で成長企業100社の最新ツールを知ろう!2021年新春デジタルベンチャーサミット



地方創生大全
木下 斉
東洋経済新報社
2016-10-07



パナソニックよりハイレゾ音源再生に対応したステレオインサイドホン「RP-HDE10」

CDを超えるマスター音源に近い情報量を持つハイレゾ音源とその再生機器が急速に普及しつつある。毎日持ち歩くスマホでもハイレゾ音源再生に対応している製品もあり、外出中でも気軽にハイレゾ音源を、より高音質に楽しみたいという声が高まってきている。

そこでパナソニックは、人気のカナル型インサイドホンのラインアップに、広帯域・高解像度再生を実現したハイレゾ音源再生対応モデル「RP-HDE10」を投入することを発表した。

続きを読む

パナソニックから省エネ法2017年度目標基準値を達成したLED電球プレミア(全方向タイプ)新発売

パナソニックは、同社のLED電球(全方向タイプ)のラインアップを一新、新製品は省エネ法2017年度目標基準値を達成しており、さらに省エネを実現しているのがポイント。全6機種で発売は10月21日より。

続きを読む

パナソニック、Wi-Fiで音楽を聴ける「AllPlay」に対応した2製品を発売

パナソニックは、Wi-Fiを利用して複数の機器で同時に音楽を再生する規格「AllPlay」に対応した、CD再生が可能なコンパクトステレオシステム「SC‐ALL5CD」と、ワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL2」を7月24日より発売する。価格は2製品ともオープンプライスで、市場想定価格はSC‐ALL5CDは4万5,000円前後。SC-ALL2が3万円前後。

続きを読む

格安SIMを話題のノートPCに装着!Let's note CF-RZ4でBIC SIMを使う

日本企業の本気の技術が結実したモバイルノート! Core M搭載の新型レッツノート秋冬モデル」という記事でも紹介したように、パナソニックはPCとタブレットの1台2役(2-in-1)で約745gの世界最軽量のモバイルノートPCを新たに投入し、大きな話題となった。

同機種を昨年購入した人の中には、「LTEがついてくるキャンペーン」を利用して、“無料”で利用できるSIMカードをゲットした人もいるだろう。そんなSIMカードの無料期限は2015年1月までなので、有料でも継続しようか、ほかのSIMカードを使おうか、悩んでいることだろう。

筆者は、BIC SIMファミリーシェアプランを契約しており、3枚のSIMカードを所有している。そのうちの1枚を試したところ、運良く使えたので、ひとつの選択肢となり得るので、ここで紹介しよう。

続きを読む

パナソニックよりデジタルカメラLUMIXの新モデル5シリーズが登場

パナソニックは、同社の誇るデジタルカメラ人気ブランドの「LUMIX(ルミックス)」シリーズに新たに新製品5モデルの投入を発表した。

コンパクトデジタルカメラが3モデルで、それぞれ光学12倍ズーム(iAズーム24倍)レンズを搭載した小型で高倍率のコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-SZ10」、光学20倍ズーム(iAズーム40倍)レンズを搭載した高倍率・高機能なコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ57」、光学30倍ズーム(超解像iA ズーム60倍)の高倍率・高画質コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ70」となる。

そして気軽に持ち歩けるコンパクトなボディとスタイリッシュなデザインに、自分撮りができる180度チルト式モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラ「LUMIX DMC-GF7W」、さらに1.0型の大型センサーや新開発ライカレンズ、LTE通信機能を搭載し、4K動画が撮影可能な、世界最薄のポケットサイズのコミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM1」だ。全部合わせて5モデルとなる。

コミュニケーションカメラ「LUMIX DMC-CM1」は3月12日からの限定発売、それ以外は2月13日からの発売となる。

続きを読む

50代、60代の「目利き世代」へ!パナソニック初のシニア向け家電シリーズを発表

国内の白物家電出荷額は、13年度は消費増税前の駆け込み購入の影響で12年度比9%程度伸びたが、過去10年はおおむね2兆円強で推移している。一方、65歳以上の人口は全体の25%近くになり、60歳以上の消費額は60兆~70兆円に達しているといわれており、縮小する家電市場ではシニア層の取り込みが更に激化している。

そうした状況を踏まえ、パナソニック株式会社は、50代、60代の「目利き世代」へ向けて、これからの日本の暮らしにあった新コンセプト家電 「Jコンセプト」シリーズを10月下旬より順次発売する。

続きを読む

パナソニックから1枚のSDカードに4K解像度で60pの動画が撮影可能なビデオカメラ

パナソニックは、4K解像度で60pの動画撮影に対応したデジタル4Kビデオカメラ「HC-X1000」を10月23日より発売する。本製品は、ハイアマチュアやプロユーザー向けとなる。

本製品は、フルハイビジョンの4倍の解像度をもつ4K画質での動画撮影に対応し、世界で初めて4K解像度で60pという、きめ細かい躍動感ある映像が1枚のSDカードに記録できる。

続きを読む

1インチ大判センサーに光学16倍! 4K動画撮影が可能な「DMC-FZ1000」

パナソニック株式会社は、レンズ一体型デジタルカメラとして世界初の4K動画撮影機能を搭載し、大判1.0インチセンサーに光学16倍ズーム(25mm~400mm)が可能な「LEICA DC VARIO-ELMARITレンズ」を搭載するデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ1000」を発表した。発売は7月17日より。

続きを読む

世界初の4K解像度で30p撮影を実現したウェアラブルカメラ「HX-A500」

アクションカムと呼ばれるウェアラブルカメラは一定のユーザー層が存在しており、またプロスポーツの分野でも、プレイ中にウェアラブルカメラによる選手の視点でスポーツを楽しむことができるように変化してきている。

続きを読む

ビジネスの世界で新しい価値を創造する!パナソニック 原田氏が「MX3」を語る



既報の通り、パナソニックはUltrabookとタブレットの両方の機能をあわせ持つノートPCの新モデルとして、「レッツノートMXシリーズ」を発表した。発表会会場にて、パナソニック株式会社 Tプロダクツ事業部 事業部長 原田秀昭氏にお話をうかがうことができた。

続きを読む

パナソニックが男性美容を変える!Panasonic Beauty 新製品発表会レポ



近年、男性の美容や身だしなみに対する関心はますます高まっている。そのような環境の下、美容家電の市場も大きく成長することが見込まれている。
そうした状況を踏まえ、パナソニックは2013年03月14日、パナソニックセンターにおいて、報道関係者向けに「Panasonic Beauty 男性美容 新製品発表会」を開催した。

続きを読む

パナソニック初のUltrabook兼タブレットPC! 新型Let'snote AXシリーズまとめ



今年はタブレットやスマートフォンの需要が大きく伸び、iPhone 5や間もなく登場する新OS「Windows 8」など大きく市場が変化する年となった。そうした状況に合わせ、パナソニックは、9月26日に同社のモバイルPCノート「レッツノート」の新製品発表会を開催。

同社はモバイルの本質を追究した「軽量」「長時間駆動」「頑丈(タフ)」「高性能」を進化させたモバイルノートパソコン「Let'snote(レッツノート)」の2012年秋冬モデル「AXシリーズ」を10月26日より順次発売する。価格は実勢価格で16万~25万円(税抜)見込み。

新モデルであるレッツノートAX2は、レッツノートとしての初のUltrabookであり、さらに2軸ヒンジによって360度回転するディスプレイを搭載することでタブレットモードにも変形する、ノートPCとタブレットの1台2役として使える製品だ。

続きを読む

2軸ヒンジで360度自在に回転!【動画で見る新型Let'snote AXシリーズ】



「動画で見る新型Let'snote AXシリーズ」も今日で最後だ。今日は先日行われたパナソニックの新製品発表会で、新型Let'snote AXシリーズのタッチ液晶の回転方法について紹介しよう。2軸ヒンジになっているのでディスプレーを360度自由な角度に開くことができる。通常のノートPCと変わらない利用スタイルに加えてピュアタブレットのような利用方法も行える。

続きを読む

タッチ液晶だからWindows 8も簡単操作【動画で見る新型Let'snote AXシリーズ】



今週から掲載を始めた「動画で見る新型Let'snote AXシリーズ」も残すところ2回。今日は先日行われたパナソニックの新製品発表会で、新型Let'snote AXシリーズのタッチ液晶を使ったWindows 8スタイルUIのデモンストレーションを紹介しよう。ノートにもタブレットにもなる新型Let'snote AXシリーズは、液晶ディスプレイ面をタッチしてWindows 8を操作するWindows 8スタイルUIに対応。非常に軽快にWindows 8を操作できるようになっている。

続きを読む

何と!PC起動中でもバッテリー交換できる!【動画で見る新型Let'snote AXシリーズ】



先日行われたパナソニックの新製品発表会で、新型Let'snote AXシリーズの高機能性をアピールするデモンストレーションとして、電源が入った状態でWindowsが起動している状態でバッテリーを取り外し、別のバッテリーと交換するデモが行われた。従来のノートPCであれば、バッテリーを外した途端に電源が落ちてしまうところがLet'snote AXなら、電源を落とさずに交換することが可能になっている。

続きを読む

驚きのタフネス! モデルが乗っても壊れない!【動画で見る新型Let'snote AXシリーズ】



先日行われたパナソニックの新製品発表会で、新型Let'snote AXシリーズの堅牢性をアピールするデモンストレーションとして、モデルさんが液晶部分を閉じた状態のLet'snote AXの上に乗ってポーズ、それでも問題なく動作するというデモ動画を紹介しよう。

続きを読む

Let'snoteのボスが語る! 新型Let'snote AXシリーズ



先日行われたパナソニックの新製品発表会で、新型Let'snote AXシリーズ開発のボスと言えるパナソニック AVCネットワークス社 ITプロダクツビジネスユニット ビジネスユニット長 原田 秀昭 氏に新製品「Let'snote AXシリーズ」の魅力について語っていただきました。

続きを読む

やっぱいいわ!レッツノート! SX2の中身はコレだ!最強モバイルノートPC開封フォトレポ



パナソニックは、モバイルの本質を追求した「軽量・長時間・頑丈(タフ)・高性能」を進化させたモバイルノートPC「レッツノート」の2012年夏モデル第2弾として、「SX2」「NX2」シリーズを2012年6月8日より発売した。高性能なモバイルノートPCであるだけに、大いに気になっている人がいるはずだ。

とくに同社の直販サイト「マイレッツ倶楽部」では、プロセッサーやメモリー容量が店頭モデルよりもワンランク上のプレミアムエディションが用意されており、“最強のモバイルノートPC”仕様が選択できる。レッツノートの中で史上最高と言っても過言ではないほど優れたパフォーマンスが大きな魅力となっている。ということで当然、仕事の生産性を高める目的で購入を決意! 

マイレッツ倶楽部で最強カスタマイズした「レッツノート SX2」が編集部に届いたので、ITライフハック読者に向けで恒例の開封フォトレポートをお届けしよう。

続きを読む

ついに本日、発売開始!パナソニック、最強カスタマイズの「レッツノートSX1」開封レポート



パナソニック、「レッツノートSX1」を発表!品川駅でT&Tイベントを開催」でお伝えしたように、パナソニックは「レッツノートSX1」を発表した。「レッツノートSX1」は、世界最軽量※薄型スタイリッシュタフボディと高性能を両立させた新シリーズなので、注目している人も多いだろう。

そんな「レッツノートSX1」は本日(2011年2月25日)、発売開始となった。運良く実機を入手できたので、写真で見てみよう。

続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ