ITライフハック

SANYO

コスプレしてなくても楽しめる!超会議リアル会場はフォトスポットがいっぱい【ニコニコ超会議2023】

1

ニコニコ超会議2023のリアル会場では、フォトスポットがたくさんあり、コスプレしてなくても楽しめた。ここでは、数あるフォトスポットの中から、人気のスポットを紹介しよう。

〇マーベル・スタジオ
マーベル・スタジオ最新作映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』の全国劇場公開を記念して、超会議リアル会場にスペシャルブースが設置された。ースには、人気キャラの等身大フィギュアが展示されたり、フォトスポットが用意されりしていた。ブースで撮影して投稿した画面をスタッフに見せると、ステッカーがプレゼントされた。

2


〇SANYO
SANYOブースは、モデルさんの撮影で盛り上がっていたが。聖闘士星矢のゴールドクロスはいっけんのかちアリだ!

3


〇松竹
松竹ブースには、銀河英雄伝説の自由惑星同盟側の主人公 ヤン・ウェンリーのパネルがあった。

4


〇ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム フォトスポット
2023年5月12日(金)発売のシリーズ最新作『ゼルダの伝説 ティアーズ オブ ザ キングダム』。その主人公のリンクと一緒に記念撮影ができた。

5
ニコニコより


〇マイクラスクエア2023
Minecraftの世界に入り込んで、写真を撮影できる。

6
ニコニコより


〇超超てんちゃん
SNSで映える写真が撮れるようにセッティングされたこちらのフォトブースは、女性に大人気だった。
7.jpg(ニコニコより)
7
ニコニコより


来場者は、お気に入りのフォトスポットで撮影した写真を友達と見せ合ったり、SNSに投稿したりと、それぞれ思い思いの超会議を楽しんでいた。

ニコニコ超会議2023 公式サイト
ニコニコ超会議2023 特設サイト - ITライフハック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
新しいWeb3の冒険が始まる!日本最大級クリプトカンファレンス「IVS Crypto 2023 KYOTO」 主要コンテンツ発表
AIvsプロライター!ChatGPTとプロライターの本気の文章がぶつかるイベントを開催へ
たった1回、5分の採血だけで全身のがんのリスクを発見できる!セルクラウド、「マイクロCTC検査」サービスの魅力
DXに取り組んでいる中堅中小企業は19.1%!業務デジタル化の”カギ”は人材・知識不足をサポートする「アナログな相談相手」
INFORICHとティーガイア、シンガポールにおける「ChargeSPOT」フランチャイズ展開に合意



るるぶ岩手 盛岡 花巻 平泉 八幡平'24
JTBパブリッシング
2023-02-06



海物語の世界観を表現!SANYOブース5年ぶり出展で大盛況【ニコニコ超会議2023】

main

株式会社三洋販売は、2023年4月29日(土)・30日(日)に幕張メッセでリアル開催されたサブカルチャーの祭典「ニコニコ超会議2023」に、2018年以来、5年ぶりとなるSANYOブースを出展した。テーマは「SEA STORY ISLAND(海物語の島)」で、ブース全体で海物語の世界観を表現。各コーナーやステージを通して、海物語の魅力を発信した。SANYOブースの来場者は2日間で延べ約3万名を記録するなど、会場は大いに盛り上がった。

■SANYOイメージガール「10代目ミスマリンちゃん」発表
初日には人気お笑い芸人の岡野陽一さんをゲストに迎えて、SANYOイメージガール10代目ミスマリンちゃんの就任式と9代目ミスマリンちゃんの卒業セレモニーを行った。10代目ミスマリンちゃんに選ばれた、あのんさん、小日向ゆかさん、賀村恵都さんの3名は、それぞれ「絶対になりたいと思っていたので、合格の連絡が来たときはめちゃくちゃ大きなガッツポーズをしました」(あのんさん)、「オーディション当時19歳だったので、保護者の同意をもらうために母に報告し、びっくりされました」(賀村さん)、「小学生の頃、ゲームセンターの海物語を打ったことがあり、昔から接点がありました」(小日向さん)とコメント。一方、今回で卒業となる9代目ミスマリンちゃんの桃衣香帆さん、御子柴かなさん、宮本りおさんは美しいドレスを身にまとって登場し、ミスマリンちゃんとして活動した思い出や、これからの抱負などを語った。

sub2
あのんさん(左)、小日向ゆかさん(中央)、賀村恵都さん(右)


■アイマリンCV内田彩さんの登場で会場が熱気に包まれる
今年で9年目に突入した『アイマリンプロジェクト』は、2019年より『新章アイマリンプロジェクト』としてさらなる進化を遂げ、最新のトレンドやテクノロジーを積極的に採用したMVをYouTubeで配信している。「ニコニコ超会議2023」SANYOブースでは2日間を通して、全世界で累計1億回を超える人気2.8次元アイドル「アイマリン」の最新MV発表を行った。

2日目にはスペシャルゲストとして人気VTuberの「おめがシスターズ」とアイマリンのCVを担当する内田彩さん、MV監督の篠田利隆さん、楽曲プロデューサーのムラタユーサクさんが登場し、MVに対するこだわりや推しポイントを語った。最新MVを視聴して、内田さんは「後半の絵のタッチが変わるシーンが大好き」と話し、「シーンとマッチする歌い方を何度も試行錯誤した」とコメント。さらに、後半のクイズセッションでは、登壇者全員がクイズに取り組み、一部珍回答で会場内に笑いが起きた。

sub5


■『アイマリン&ナギナミSPECIAL LIVE』in メタバース水晶宮!ハイクオリティなメタバース空間を堪能
アイマリン(CV:内田彩)と壱華零[イチカゼロ](CV:佐伯伊織)が、Vtuberユニットの「ナギナミ」とコラボレーションし、水晶宮のメタバース空間でスペシャルライブを開催した。VRChatでも参加可能で、多くのユーザーが臨場感あふれるライブを体験し、会場とVRChatの双方で盛り上がりを見せた。

sub6


■4代目ミスワリンの澪花さんと一緒に、参加者がサンゴの苗づくりを体験
沖縄サンゴ保全プロジェクト「南の島のミスワリン in ニコニコ超会議2023」のステージでは、4代目ミスワリンとして沖縄サンゴ保全プロジェクト「南の島のミスワリン」の活動を行う澪花さんが登壇。これまでに累計5,500本※のサンゴを植え付けてきた軌跡などを振り返りながら、参加者と一緒にワークショップを実施した。参加者のメッセージが書かれたサンゴの苗づくりに必要な専用プレートは、今後「南の島のミスワリン」で沖縄の海に植え付けられる予定だ。ワークショップに参加した方からは「思いを込めたサンゴが沖縄の海で大きくなってくれることを楽しみにしている」「SANYOがこのような活動をしていることを初めて知った」といった声が聞かれるなど、海物語の舞台となった海を救う取り組みを認知することができた。
※「南の島のミスワリンプロジェクト」のほか、サンゴの日イベントでの活動も含む

sub7


■とにかく明るい安村さん、庄司智春さんとライフセーバーが対決!
同社のもうひとつのCSR活動、SANYOライフセービング日本代表応援プロジェクト「海を見守る物語~救命体験」。ライフセービング日本代表への協賛では「海を見守る物語~救命体験~」と称したステージを展開。ゲストとして、初日は海外の番組に出演し人気急上昇中のとにかく明るい安村さん、2日目には庄司智春さんが登壇し、ライフセービング日本代表の前川拓道さんと腕立て伏せ&心臓マッサージによる対決を繰り広げ、会場内は爆笑に包まれた。

sub8


そのほかにも、岡野陽一さん、空気階段の鈴木もぐらさん(2日目のみ)が登壇してパチンコの遊び方をレクチャーする「はじめてのパチンコ~THE FIRST 海物語~」や、NoBさん(MAKE-UP)による「聖闘士星矢SPECIAL LIVE」、REAL AKIBA BOYZさんや人気の踊り手さんが登場する「大工の源さん&クジラッキー超ダンスステージ」など、さまざまな企画を展開し、「ニコニコ超会議2023」でも一際目立つブースとなった。

sub12

sub13


SANYO ニコニコ超会議2023 特設サイト
ニコニコ超会議2023 公式サイト
ニコニコ超会議2023 特設サイト - ITライフハック

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
初夏を先どり、爽やかに薫る!からやま「梅おろしからあげ定食」
厳選した約35点を展示、販売!大坂寛写真展『女性美』【Art Gallery M84】
本格的にオープンした「EcoFlow House」を訪ねてみた
8種具材のうま煮&タレカツ!かつや「タレカツとうま煮の合い盛り」
ハンドルに引っ掛けて、すぐに使える!車載テーブル



ニコニコ哲学-川上量生の胸のうち
川上 量生
日経BP
2014-11-14



これがKDDIの隠し玉か!スマートフォン「Sanyo Zio」を発売へ



スマートフォン市場では、一歩遅れをとっていたKDDIの動きが激しい。
KDDIアメリカは2010年10月22日、米国内で日系および韓国系市場に向け、同社としては2機種目となるAndroid搭載スマートフォン「Sanyo Zio(ザイオ)」を年内に発売することを明らかにした。日系市場には同社が展開している携帯電話サービス「KDDI Mobile」からの販売となる。

Sanyo Zioは、京セラ株式会社の子会社にあたるKyocera Communications Inc.が開発したAndroid OS搭載スマートフォン「Zio」のKDDI Mobile向けモデルだ。

続きを読む
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ