ITライフハック

Soundcore

ワイヤレス接続でハイレゾ音質!ウルトラノイズキャンセリング搭載「Soundcore Life Q35」

main

Soundcore初となる高音質コーデック・LDAC対応のワイヤレスヘッドホン「Soundcore Life Q35」を2021年7月28日よりAnker Japan公式サイト等にて販売開始。Anker独自のウルトラノイズキャンセリングや外音取り込み機能等も搭載し、音質 / 没入感 / 機能性全てにおいてシリーズ最高レベルのクオリティに仕上げました。

■シリーズ最高レベルのクオリティを実現
本製品は、Amazon.co.jp 売れ筋ランキング【オーバーイヤーヘッドホンカテゴリ】でベストセラーを獲得した(※2021年6月29日時点)「Soundcore Life Q30」の進化版にして、音質 / 没入感 / 機能性の全てにおいてシリーズ最高レベルのクオリティを実現したモデル。
sub1

最大の魅力は高音質を追求し、 Soundcoreとして初めてソニーが開発した高音質コーデックLDACに対応したこと。通常のコーデックと比較して3倍の情報量を伝送できるため、音楽を原音に忠実に再現することができる。加えて40mmの大口径ドライバーが、ハイレゾ音源による豊かなサウンドをクリアに届ける。また没入感にもこだわり、Anker独自のウルトラノイズキャンセリングをヘッドホンとして初採用した点も注目のポイント。イヤホンの外側と内側に合計5つのマイクを搭載したハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリング(ANC)とSoundcoreアプリ上でのシーン選択を組み合わせ、環境に適したノイズキャンセリング強度を設定できる。

音楽を聴きながら会話や公共施設のアナウンス等の外音取り込みができ、LDAC使用かつノイズキャンセリングモードでも最大38時間の長時間再生が可能なため、長距離の移動時から自宅でのリラックスタイムや映画鑑賞まで幅広いシーンで便利に使える。カラーは、顔周りを明るく演出する柔らかい印象のネイビーとピンクの2色展開。

LDAC対応のワイヤレスヘッドホン「Soundcore Life Q35」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
4K撮影に対応で高精細な映像が確認できる!トレイルカメラ
スマートフォンやパソコンの画面を映し出せる!ポケットサイズのモバイルプロジェクター
「水曜どうでしょう」コラボレーションモデル!AQUOSサウンドパートナー
風向きが変わっても安定して測定できる!カップ式デジタル風速計
スマホで住まいの状況を見守り!Wi-Fi接続のネットワークカメラ






ノートPCの充電器に何を求める?Anker、コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査

main

2011年の創業当初より先駆的にD2Cを採用し、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社は、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」において、「コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」を実施した。

【調査のポイント】
1. コロナ禍でリモートワークが進んだことで、オフィス以外で仕事をする機会が増えた人は全体の約4割
2. リモートワーク中心で働く人のうち、約8割の人が「移動時の荷物をコンパクトにしたい」と考えている
3. リモートワーク中心で働く人のうち、約4割の人がノートPCの充電器に不満を感じており、充電器に最も求めているのは「軽さ」と「コンパクトさ」

調査によるとコロナ禍で働き方が変化し、オフィス外で仕事をする機会が増えたという人は全体の約4割。その中でリモートワーク中心の働き方にシフトした人に「移動時の荷物を軽量・コンパクトにしたいか」と質問したところ約8割が「とてもそう思う / そう思う」と回答し、また同グループの約4割がノートPCに付属する純正充電器に「不満を持っている」と回答を寄せた。全体の約7割が純正充電器を使っているとの調査結果と併せると、不満を持ちながらも純正充電器を使い続けていることを見て取ることができる。またノートPCの充電器に求める要素については、第1位に「軽さ」、第2位に「コンパクトさ」が挙がっており、荷物を軽量化できる充電器が求められていることがわかった。

これらのニーズを満たした最新モデルとして2021年5月25日(火)の発売から高い支持を得ているのが、Anker独自の新技術「Anker GaN ll」を搭載し、超コンパクト&超軽量設計を実現した「Anker Nano ll 45W」。一台でスマートフォンからノートPCまで幅広い機器を急速充電でき、Amazon.co.jp売れ筋ランキングの【携帯電話・スマートフォン用AC式充電器】カテゴリでは、ベストセラー1位を獲得(※)した。7月中にはコンパクトさを追求した「Anker Nano ll 30W」とMacBook Proを含むより幅広い機器の充電に最適な「Anker Nano ll 65W」の発売も控えており、手持ちの機器やライフスタイルに合わせた選択が可能だ。

『オフィス外にノートPCを持ち出す機会が増える等、コロナ禍において働き方は急速に多様化しています。AnkerではAnker Nano llシリーズの他にも「Anker PowerPort Atom III 45W Slim」や「Anker PowerPort Atom III 63W Slim」等、ノートPCの充電に適したモデルを多数取り揃えております。今回の調査結果に見るお客様のニーズを基に、今後もスマートな充電環境の構築をサポートする製品をご提案して参ります。』

※ 2021年5月29日3時30分時点

■「コロナ禍における仕事環境の改善ニーズに関する調査」結果(一部抜粋)
------------------------------------------------------------
調査期間:2021年4月23日(金)〜4月26日(月)
調査対象:全国の20~50代の会社員男女1,094名
調査方法:インターネット調査(Anker調べ)
-----------------------------------------------------------

1. 約4割の人が仕事環境に変化があったと回答
「コロナ禍において、あなたが仕事をする場所について、選択肢の中からあてはまるものをお選びください」という質問に対して37%の人が「オフィス外で仕事をすることが増えた」を選択。仕事場所の多様化が進んでいることがわかった。
sub1

2. リモートワーク中心の人の約8割が荷物の軽量・コンパクト化を希望
リモートワーク中心の働き方にシフトしたと回答した人のうち、「移動時の荷物を軽量・コンパクトにしたいか」という質問に対して「とてもそう思う・そう思う」と回答した人が75%と、仕事に係る荷物に関して軽量・コンパクト化のニーズの高さが見られた。
sub2

3. リモートワーク中心の人の約4割がノートPCの充電器に不満あり
「あなたが使用しているノートPCの充電器に不満はありますか?(純正充電器 / 別途購入したもの問わず)」という質問に対して、リモートワーク中心の働き方にシフトしたと回答した人の36%の人が「ノートPCの充電器に不満を抱えている」と回答した。仕事に欠かせないノートPCの充電器に関する不満および問題解決ニーズがあることがわかった。
sub3

4. 約7割の人が純正充電器を使用
ノートPCに付属する純正充電器を使用している人が約70%と、大多数を占める結果になった。不満がありつつも純正充電器を使い続けている状況が見えた。
sub5

5. ノートPCの充電器に求めること第1位は「軽さ」、第2位は「コンパクトさ」
「ノートPCの充電器に求めるものとして、選択肢の中から当てはまるものを全てお選びください(複数回答可)」という設問に対して、「より軽いタイプの充電器がほしい」と回答した人が38%で第1位となった。第2位は「よりサイズが小さい、コンパクトなタイプの充電器がほしい」、第3位は「より充電のスピードの速い充電器がほしい」と続き、ノートPCの充電器には【軽量】・【コンパクト】・【充電速度の速さ】の3要素が求められていることがわかった。
sub4


アンカー・ジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

ITビジネスに関連した記事を読む
ものすごいベンチャー展、7月開催!成長企業約120社の最新ツールやトレンドが知れる5DAYS
ひとつのビーコンで最大6種発信できる!マルチアドバタイズBLEビーコン
M&Aアドバイザーが一度に担当できるディール数増加に寄与!Digitalize M&Aの結果を発表
扉で収納物を目隠しでき、室内をすっきり見せる!木製プリンタスタンド
ネクイノが医療のデジタル化、DXのあるべき姿を考える






アンカー・ジャパン、直営店事業を担う新会社!アンカー・ストア株式会社を設立

main

アンカー・ジャパン初の子会社として、直営店Anker Store / Anker Store Selectの運営事業を担うアンカー・ストア株式会社が2021年4月1日付で設立。代表取締役CEOには日本法人の事業部門創設より責任者を務めるアンカー・ジャパン取締役COOの猿渡歩が就任(兼任)し、直営店の全国展開を力強く推進していくとしている。

■「Empowering Smarter Lives」の実現を目指す
2011年の創業当初より先駆的にD2Cを採用し、米国・日本・欧州を中心にデジタル関連製品でトップクラスの販売実績を誇るAnkerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社は、常設直営店Anker Store / Anker Store Selectの運営事業を担う100%出資の新会社、アンカー・ストア株式会社を2021年4月1日(木)付で設立した。

「製品を手に取って選びたい」という顧客の声に応えるべく、2018年6月に立ち上がったストア事業は2021年3月現在でAnker Store 8店舗、ショップインショップ等の柔軟な取り組み形態のもと全国展開を目指すAnker Store Select 23店舗の計31店舗を数えるまでに拡大した。

今回の新会社設立に伴い、ストア事業の構想から展開までを牽引してきたアンカー・ジャパン株式会社の取締役COO猿渡歩がアンカー・ストア株式会社の代表取締役CEOに就任し(兼任)、事業拡大のスピードを加速させると共に、顧客に寄り添い、ストア事業のさらなる成長とAnkerグループのコーポレート・ミッションである「Empowering Smarter Lives」の実現を目指すとしている。

■より多くの方のスマートな生活を応援したい
アンカー・ストア株式会社 代表取締役CEO 猿渡歩氏のコメント
「暮らし方や働き方の変化、技術の進化に合わせ、ここ数年で、Ankerグループはより幅広い製品を日本の皆様へお届けするようになりました。

現在ではモバイルバッテリーや充電器等のチャージング関連製品からオーディオ機器、ロボット掃除機、スマートプロジェクター等まで製品カテゴリが広がっていますが、特にイヤホンやプロジェクターは実機を自分の目で確かめたり、十分な製品知識を持ったアドバイザーと相談しながら最適な一台を選びたいというニーズが大きいと実感しております。

Anker Storeはお客様をより快適で過ごしやすい毎日へと誘う入口だと考えています。今後はこれまでよりも積極的に直営店の全国展開へ臨み、より多くの方のスマートな生活を応援して参ります。」

■Anker Store / Anker Store Select | 店舗情報(一覧) ※2021年3月31日時点
○Anker Store:新製品や人気製品を含めAnkerグループ製品を幅広く網羅し、常時100製品以上を取り扱い
sub2

○Anker Store Select:チャージング関連製品やオーディオ製品を中心に人気製品を厳選して取り扱い
sub1

アンカー・ジャパン株式会社

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事を読む
Osaka Metroの3駅に設置!モバイルバッテリーシェアリング「ChargeSPOT」
iPhone12シリーズに最適!20W PD3.0急速充電器PA-Y20Sホワイト&ブラック
探し物トラッカーTile!初のウェアラブル製品とのコレボレーションが実現
立っても使える!超安定モバイルディスプレイ&タブレットスプリングアームスタンドtall
Lightning・microUSB・Type-C端子を持つ!1台3役の巻取り式充電ケーブル






Anker独自のノイズキャンセリング!「Soundcore Liberty Air 2 Pro / Life A2 NC」

main

アンカー・ジャパン株式会社は、オーディオブランド「Soundcore」において初めてアクティブノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」および「Soundcore Life A2 NC」の販売を開始した。

■音楽への没入感を極限まで高めた
「Soundcore Liberty Air 2 Pro」は、Amazon売れ筋ランキングの【イヤホン・ヘッドホンカテゴリ】で1位を獲得し、累計20万台超の販売実績を誇る(※)大人気モデル「Soundcore Liberty Air 2」の進化版にして、音質・機能性の両方を徹底強化したLiberty Airシリーズの最上位モデル。

イヤホンの外側と内側に1つずつマイクを配置したハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリングと、Soundcoreアプリ上で屋外 / 交通機関 / 屋内の3つのモードからのシーン選択を組み合わせ、最適なノイズキャンセリングを設定できるAnker独自のウルトラノイズキャンセリングを採用することで、音楽への没入感を極限まで高めた。
sub1

音楽を聴きながら会話や公共施設のアナウンス等の外音を聴くことができる外音取り込み機能も搭載し、没入感と利便性を両立した。音質にもこだわり、10層のナノレイヤーで構築されたPureNoteドライバーによりクリアで洗練されたサウンドを実現した。

さらに最先端のイコライザー機能を進化させたHearID 2.0を搭載し、アプリ上で音の聴き取りやすさを測定すると自動作成されるHearing Profileをベースに、ロックやポップ等の音楽ジャンルに合ったイコライザーを追加でカスタム設定できるようになった。
sub2

同時発売となる「Soundcore Life A2 NC」は、Anker独自技術のウルトラノイズキャンセリングを搭載しながら手に届きやすい価格が魅力。ノイズリダクション機能を搭載した6つのマイクによって周囲の雑音を除去し、より大きくクリアな音声通話を実現した。

イヤホン本体のみで最大7時間(アクティブノイズキャンセリング使用時は6時間)、付属の充電ケースを合わせて使うと、最大35時間(アクティブノイズキャンセリング使用時は30時間)の連続再生ができる。また10分間の充電で約1.5時間再生できる短時間充電にも対応しており、利便性も抜群だ。
(※)Amazon売れ筋ランキングは2020年12月25日12:00時点 / 累計販売個数は2020年12月31日時点

完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」
完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life A2 NC」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
4K・60Hz・HDR対応!小型で2入力1出力・1入力2出力対応のHDMI切替器
USBとコンセントが使える!急速充電QC3.0対応ハイブリッド電源タップ
中を見ながら煮出せる電気ポット!『煮出し&温度調整ができる電気ティーポット』
テレビに“後付け”できる!WEBカメラ台としても使用可能なサウンドバー台
AVナビゲーションシステム!JVCケンウッド、彩速ナビゲーション搭載の3機種を発売






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ