ITライフハック

TVスタンド

55~75型程度までのディスプレイに対応!手動昇降ディスプレイスタンド

00

サンワサプライ株式会社は、55~75型程度までのディスプレイに対応し、従来品より昇降スピードがアップした手動昇降ディスプレイスタンド「CR-PL45BK」を発売した。
「CR-PL45BK」は55~75型程度までのディスプレイを搭載できる手動昇降スタンド。

標準装備のハンドルを使って、ディスプレイ位置を上下昇降させることができる。ブラケット中心位置は1375~1663mmの間で可動する。
01

従来品よりもハンドル一回転で昇降するスピードがアップしているので、スムーズにディスプレイを昇降できます。ハンドルは折りたたんで収納可能だ。
ディスプレイの角度調節もできる。
02

WEB会議用のカメラを設置できる、高さ調節可能な棚板を標準装備している。テレビ上、テレビ下どちらでもカメラを設置できる設計になっている。
03

また、DVDプレイヤーなどの機器を設置できる大きめの棚板を搭載している。
棚板の高さは3段階で調節可能だ。
04

直径100mmのキャスターを搭載しており、前方2個は車輪と車軸ロック付き。
移動に便利な取っ手も搭載している。
05

本体サイズは幅1000×奥行き710×高さ1932~2220mmです。VESA取付け100×100~684×400に対応しています。

55~75型対応手動昇降液晶ディスプレイスタンド「CR-PL45BK」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
コールセンターなどに適した、オーバーヘッドタイプの高品質USBヘッドセット
42型程度までのディスプレイを複数台搭載できるスタンド
厚み約1cmでスリム、ケーブル一体型のType-Cハブ
指にフィットして持ちやすい小型マウス!“ iO+(イオプラス)” 3シリーズ
1000BASE-TX対応のカテゴリ6STP延長LANケーブル






42型程度までのディスプレイを複数台搭載できるスタンド

main

サンワサプライ株式会社は、42型程度までのディスプレイを複数台搭載できるスタンド「CR-PL48BK」を発売した。

■42型程度までのディスプレイを複数台搭載できるスタンド
「CR-PL48BK」は42型程度までのディスプレイを複数台搭載できるスタンド。
40インチ程度であれば4面、24インチ程度であれば6面のディスプレイを搭載することができる。
01

複数拠点とのオンラインミーティングでは拠点ごとに画面を表示したり、画面を組合わせて大型モニターのようにして使用することが可能だ。
02

支柱に取り付ける金具の位置を調節することで、お好みの高さにディスプレイの設置ができる。また、ディスプレイの角度調節も可能だ。
03

棚板一枚を標準装備しており、機器やスピーカー、WEBカメラなどを設置できる。高さ調節が可能で、前方・後方どちらにも設定できる。
04

中心フレームは配線を隠すことができる二重構造になっている。背部に固定できるケーブルフックを付属しており、長いケーブルを引っ掛けておくことができる。
05

移動時に便利な取っ手付き。キャスターは、前方にストッパーが付いた直径100mmの大型キャスターを採用している。
06

サイズは幅1470×奥行き1000×高さ1895mm。
総耐荷重は100kgで、ブラケット1個につき20kgまでのディスプレイを取り付け可能だ。また、VESA取り付け100×100~200×200mmに対応している。

オンラインミーティングなどで、複数のディスプレイを使用したい場合におすすめの製品だ。

多面取付けディスプレイスタンド「CR-PL48BK」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
厚み約1cmでスリム、ケーブル一体型のType-Cハブ
指にフィットして持ちやすい小型マウス!“ iO+(イオプラス)” 3シリーズ
1000BASE-TX対応のカテゴリ6STP延長LANケーブル
接続方法と高さを選べる!手首に優しいエルゴマウス6種
直感操作できるボリュームノブを備えた、スリムなサウンドバースピーカー






ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ