ITライフハック

Wacom

デザイナーのための新しいタブレット!「秋の海鮮フライ定食」と「カキフライ」【まとめ記事】

main

株式会社ワコムは、クリエイターのために使いやすさを追求した新しい「Wacom Cintiq Pro 16」を11月5日(金)に発売する。
とんかつ専⾨店「かつや」を展開している株式会社かつやは、国内「かつや」にて、「秋の海鮮フライ定食」と「カキフライ」を2021年10⽉29⽇(⾦)より期間限定で販売する。

デジタルアーティストやデザイナーのための新しいタブレット!Wacom Cintiq Pro 16
株式会社ワコムは、クリエイターのために使いやすさを追求した新しい「Wacom Cintiq Pro 16」を11月5日(金)に発売する。「Wacom Cintiq Pro 16」は、35年以上にわたり蓄積してきたノウハウと技術で実現した自然な描き味と多彩な表現力を備え、さらにお客様の声を反映した機能性と操作性の改良を加ることで、クリエイターのひらめきを直感的に表現する、制作を止めないクリエイティブツールへと生まれ変わった。


モニター上にも小物を置きやすい!ディスプレイ・モニター裏収納ラック3段 ハイタイプ2種類
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、ハイタイプでディスプレイボードのようにモニター上にも小物を置きやすくなったディスプレイ裏収納ラック「200-STN057」と「200-STN058」を発売した。本製品は、液晶ディスプレイなどのPCモニター裏のデッドスペースを収納スペースに変えて有効活用できる3段タイプの収納ラック。ハイタイプでディスプレイボードのようにモニター上にカレンダーや小物を置くことができるので、デスクスペースを有効活用できる。ルーターや外付けHDD、ACアダプタや電源タップなどをモニター裏に一括して収納することでモニター周りと机上をスッキリと整理できる。


通話時間と装着感と改良!オーバーヘッド型Bluetoothヘッドセット
サンワサプライ株式会社が運営している直販サイト『サンワダイレクト』は、パソコンやスマートフォンで快適にハンズフリー通話を行える、オーバーヘッド型片耳タイプのBluetoothヘッドセット「400-BTMH023BK」を発売した。本製品は、パソコンやスマートフォンとワイヤレス接続して快適にハンズフリー通話を行える、オーバーヘッド型のBluetoothヘッドセット。連続通話時間が従来品(400-BTMH013BK)と比べて9時間も長い約20時間となり、バッテリー残量の心配をせずに通話できる。


アニキャラヒーローズ 鬼滅の刃 vol.2 12個入りBOX
ホビー通販大手の「あみあみ」は、メーカー「タカラトミーアーツ」の『アニキャラヒーローズ 鬼滅の刃 vol.2 12個入りBOX』を現在、予約受付中。


秋の贅沢、広島産カキフライ!かつや、「秋の海鮮フライ定食」と「カキフライ」
とんかつ専⾨店「かつや」を展開している株式会社かつやは、国内「かつや」にて、「秋の海鮮フライ定食」と「カキフライ」を2021年10⽉29⽇(⾦)より期間限定で販売する。ぐっと気温が下がり秋の深さを感じる、そんな時期に旬を迎えるカキフライが期間限定で新登場。今年獲れた広島産のカキを、店舗でひとつひとつ丁寧に仕上げたカキフライに海老フライを合わせれば「かつや」で味わう秋の風物詩に。サクサクの海鮮フライには、「タルタルソース」が欠かせない。秋の贅沢をいつものメニューにプラスできる「カキフライ」は1個170円(税込187円)で用意する。


ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
フルHD画質で60fpsに対応!ステレオマイク内蔵Webカメラ
スマホ感覚でパソコンを操作できる!Bluetoothタッチパッド
左右対称形で使いやすい!ワイヤレスブルーLEDマウス
軽量&コンパクトで持ち運びしやすい!Type-Cドッキングステーション
Bluetooth+2.4GHzワイヤレス!静音5ボタンブルーLEDマウス






デジタルアーティストやデザイナーのための新しいタブレット!Wacom Cintiq Pro 16

main

株式会社ワコムは、クリエイターのために使いやすさを追求した新しい「Wacom Cintiq Pro 16」を11月5日(金)に発売する。「Wacom Cintiq Pro 16」は、35年以上にわたり蓄積してきたノウハウと技術で実現した自然な描き味と多彩な表現力を備え、さらにお客様の声を反映した機能性と操作性の改良を加ることで、クリエイターのひらめきを直感的に表現する、制作を止めないクリエイティブツールへと生まれ変わった。

「新たにフラグシップモデルに追加された、進化したWacom Cintiq Pro 16は、これまで以上に操作性が高いポータブルサイズの液晶ペンタブレットで、クリエイターの作業環境や場所に柔軟性を持たせることができます。ワコムは、クリエイターやデザイナーが自分の可能性を最大限に引き出す製品をお届けしていきます」とクリエイティブ・ビジネス・ユニットのエグゼクティブバイスプレジデント、ファイク・カラオグルは述べている。

■快適さと操作性が向上
「Wacom Cintiq Pro 16」は、ワコムの最新タッチスクリーン技術を採用し、前世代モデルと比べ操作性が向上した。スムーズなタッチ操作でナビゲーションしたり、2Dや3Dソフトウェアを使用中にイラスト、写真、3Dモデルをピンチ、ズーム、回転しながら作品を制作できる。加えて、作業中にタッチ機能をオフにしたい方のために、筐体上部にマルチタッチのオン/オフを簡単に切り替えられる物理スイッチを搭載した。

さらに、よく使う機能やショートカットなどをカスタマイズして登録できる、人間工学に基づく使いやすいデザインのExpressKeyを筐体背面の両サイドに4つずつ配置することで、広い描画エリアを確保した。また多くのユーザーの皆様が自然に手を添える液晶ペンタブレット背面のサイド位置にExpressKeyが配置されているため、直感的な操作が可能だ。
sub1

洗練されたスリムなデザインの「Wacom Cintiq Pro 16」は、ノートPCケースやリュックに入れて持ち運べるサイズで、場所を変えて作業することもできる。すでにスタジオや会社で大型のWacom Cintiq Pro 24または32を使用しているプロクリエイターにとっても、Wacom Cintiq Pro 16を自宅用に導入することで、慣れたデバイスで制作を続けることができる。また、アニメーション、工業デザイン、ゲーム開発、写真などの分野でプロを目指す学生が学ぶ学校でも活用できる。

■自然な描き心地
同梱の「Wacom Pro Pen 2」は、8192レベルの筆圧感知やペンの傾き検知をサポートすると同時に、繊細なペンタッチ、精度、レスポンスを実現し、思い通りに描くことができる。液晶パネルに、ペン先とカーソルとの視差を最小限に抑えるダイレクトボンディング方式を採用し、ガラスディスプレイにアンチグレア加工を施すことで紙のような描き心地を実現した。

■充実したアクセサリー製品
オプションの「Wacom Adjustable Stand」は、描きやすい角度に調整でき、快適な作業姿勢で作品制作に集中することができる。また、筐体背面にあるVESAマウントに他社製のスタンドやアームも取り付けることができる。「Wacom Cintiq Pro 16」は、「Wacom Pro Pen 2」の他、同シリーズで提供している、鉛筆のような細さの「Wacom Pro Pen slim」、ワークフローをより効率化できる3つのサイドスイッチが特徴の「Wacom Pro Pen 3D」も利用できる。カラー管理がワークフローにとって重要な場合は、「Wacom Color Manager」でディスプレイ上の色と完成した作品を意図した色に再現することができる。片手デバイスが必要な人は、「ExpressKey Remote」 で、使用するソフトウェアごとに17 個のカスタマイズ可能なボタンとタッチリングにショートカットを登録することで、生産性を向上することもできる。

■価格と発売日
「Wacom Cintiq Pro 16 (2021)」 はMac とWindowsに対応している。USB-C または HDMI 接続で4K (3840x2160) 表示が可能で、Adobe RGBカバー率98% CIE 1931 (標準値)の鮮やかな色を再現する。さらに、接続ケーブルには、環境負荷の低いPVC フリー素材を採用した。

「Wacom Cintiq Pro 16 (2021)」 はワコムストア(https://store.wacom.jp/)および一部家電量販店にて本日10月26日(火)から予約販売を開始し、11月5日(金)より販売します。ワコムストアの販売価格は184,800円(税込)。

なお、ワコムストアで「Wacom Cintiq Pro 16 (2021)」を予約すると、先着50台限定で「Wacom Pro Pen slim」をプレゼント。

「Wacom Cintiq Pro 16」

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

パソコンに関連した記事を読む
フルHD画質で60fpsに対応!ステレオマイク内蔵Webカメラ
スマホ感覚でパソコンを操作できる!Bluetoothタッチパッド
左右対称形で使いやすい!ワイヤレスブルーLEDマウス
軽量&コンパクトで持ち運びしやすい!Type-Cドッキングステーション
Bluetooth+2.4GHzワイヤレス!静音5ボタンブルーLEDマウス






お絵かきペンタブの「raytrektab」新モデルで三菱鉛筆コラボデザインのデジタイザペンがプレゼントされるキャンペーン

raytrektab1
筆圧感知ペン付き“お絵かきタブレット”「raytrektab レイトレックタブ」10インチモデルに、CPUをインテル Pentium Silver N5000に変更し性能向上した新製品「DG-D10IWP2」を追加した製品が、2019年6月27日(木)より発売された。価格は8万2,800円(税込)。なお購入者様にもれなく三菱鉛筆コラボデザインの筆圧感知ペン「三菱鉛筆9800 デジタイザペン」をプレゼントするキャンペーンを実施する。

今度の“お絵かきタブレット”「raytrektab」は、手軽に持ち運べるサイズにもかかわらず、Wacom feel IT technologies対応液晶パネルと、4096階調の筆圧感知ペン採用し、まるで紙に書いているかのような滑らかな描き心地を実現した。さらに、OSにWindows10を搭載することで、普段のお絵かき環境をそのまま移行できるうえ、お手ごろな価格により、お絵かきユーザーから圧倒的な支持を得る革命的な製品となった。

raytrektab4

1946年に発売し、製図用、また筆記具として消費者の圧倒的支持を得たおなじみの鉛筆「9800」のデザインを踏襲したWacom feel IT technologies 搭載デジタイザペン 三菱鉛筆コラボモデルをプレゼント。見た目は鉛筆そのものだ。デジタル時代にも、その素材の温かみや、六角柱形状の握りやすさ、鉛筆用の追加グリップなどのアクセサリーが使用できるなど、アナログ的な感性を大事にしているクリエイターの方におすすめ。デジタイザペンとしては、Wacom feel IT technologiesを搭載し、最大4096レベルの筆圧感知に対応する。

■製品詳細
OS・・・Windows 10 Pro 64ビット
CPU・・・インテル Pentium Silver N5000 プロセッサー(クアッドコア / 定格1.10GHz / キャッシュ 4MB)
デジタイザ・・・Wacom feel IT technologies デジタイザ 4096 階調
ディスプレイ・・・10 インチ 1920×1200 WUXGA 液晶
メインメモリ・・・8GB LPDDR4
ストレージ・・・・128GB SSD
カードリーダー・・microSDXC 128GB まで対応
サウンド・・・・・USB Type-C×1 (給電兼用)、 マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子 ×1
LAN・・・・・・・IEEE802.11ac/a/b/g/n
Bluetooth・・・・Bluetooth 5.0
バッテリー・・・・リチウムイオンバッテリー
サイズ・重量・・・重量 W245 × H176 × D9mm / 本体 約657g, ペン 約5g
付属品・・・ACアダプター / 筆圧感知機能付きペン / 手書き風液晶保護フィルム / CLIP STUDIO PAINT DEBUT
持込修理保証・・・保証期間1年
製品価格・・・8万2,800円(税込)


raytrektab DG-D10IWP2(インテル Pentium Silver N5000 / 10インチ液晶)

raytrektab DG-D10IWP2(インテル Pentium Silver N5000 / 10インチ液晶)






クリエイティブの可能性を広げる!ワコム、新世代の液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」を発表

s-top

株式会社ワコムは2016年11月16日、新世代の液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13」および「Wacom Cintiq Pro 16」を発表した。
「Wacom Cintiq Pro」はWindowsとOS Xに対応し、プロクリエイターの湧き上がるインスピレーションをそのままに表現することができる。

■より進化したペン
「Wacom Cintiq Pro」の特筆すべき進化は、ひらめきを直感的に、そしてより正確に表現する「Wacom Pro Pen 2」だ。これまで提供されていた「プロペン」の4倍(8192レベル)の筆圧感知をし、ペンの追従性も大幅に向上した。

また、反射防止を施したなめらかなフルフラットのガラス仕上により直感的な、紙にペンで描くような自然な描き心地を実現した。

「Wacom Cintiq Pro」はいずれのモデルもマルチタッチ機能に対応しており、ピンチ、ズーム、ナビゲーション、イラスト・写真・3Dモデルなどの回転も可能だ。

■洗練されたデザインと機能
洗練されたスリムなデザインを採用した点も見逃せない。「Wacom Cintiq Pro」は薄く軽量で、スタジオや自宅など場所を変えて自由に作品を制作することができる。
また「Wacom Cintiq Pro」はフルフラットのタッチスクリーンを採用し、画面いっぱいに描画が可能だ。

オプションで提供する「ExpressKey Remote」には、頻繁に利用する機能のショートカットを登録して使用することができる。さらに折り畳み式内蔵スタンドやオプションの「モバイルスタンド」(3段階にチルト角度調整が可能な専用スタンド)を用意すれば、ワークスタイルに合った角度に調整して作品づくりに集中することができる。

「Wacom Cintiq Pro」製品情報

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
Apple Designの20年を振り返る「 Designed by Apple in California」
旅行の最新スタイルは、海外で人気の「ステイケーション」、エクスペディア調べ
AbemaTV、ピコ太郎が自身初のテレビCM出演で初のアレンジバージョンを披露
キングジム、ぬりえ感覚でオリジナルシールを作れる「マスリエ」発売へ
子どもに取り組ませたいスポーツ、「テニス」が「野球」を上回る。ジャストシステム調べ







手書きノートをデジタル化、編集・共有を可能にするワコムの「Bamboo Spark」

ワコムは、手書きノートをデジタル化し、アイデアを編集・共有できるスマートフォリオ「Bamboo Spark」を10月に発売する。ひらめいたアイデアを「Bamboo Spark」に手書きで書きとめ、皆で発展させるためにデジタル化して共有することができるなど、新しいコンセプトの製品だ。

■紙の上のアイデアをクラウドに世界に共有
「Bamboo Spark」は紙の上に書いたアイデアを素早くデジタルインクで保存し、簡単に編集することができる“デジアナ文具”。手書きの気軽さと自由さに、デジタルインクとクラウドの利便性を融合させる次世代のデジタル文具ソリューションをコンセプトとした製品になる。

たとえば「Bamboo Spark」を使って、会議メモや授業のノート、部屋のレイアウトなど、ノートに書きとめた内容は、ボタンを押すだけで、クラウドに保存され、これらのアイデアを、友人や同僚と共有したり、デジタルインクやデジタルノートとして編集したりできる。アナログを簡単にデジタル化してクラウドやネット経由で世界中に送ることができる。

■簡単に使えるBamboo Spark
スマートフォリオ「Bamboo Spark」の使い方だが、まずは専用のスマートペンを利用して、A5サイズのノートにアイデアを自由に書きとめる。

「Bamboo Spark」本体にはワコム独自の電磁誘導方式(EMR:Electro-Magnetic Resonance)のデジタイザーが搭載されており、専用スマートペンの紙の上のインクと同時に、高精度のデジタルインクデータを生成する。ペンの動きを追跡し、リアルタイムでデジタルインクデータを生成する。こうしてできたデジタルインクデータは、簡単な操作でクラウド上に保管され、自由に共有や検索、編集が可能になる。

■端末とはBluetoothで接続
初めに「Bamboo Spark app」(専用管理ツール)をiOSまたはAndroid端末にダウンロード。次にアプリと「Bamboo Spark」をBluetoothでペアリング(同期)する。これだけで手書きのインクをデジタル保存する準備は完了。

手書きのメモやノートは「Bamboo Spark」中央にあるボタンを押すだけですべてアプリ上に保存される。オフラインでもノート100枚分まで「Bamboo Spark」にデータ保存が可能だ。ノートは「Bamboo Spark app」上で編集、またはノートアプリ「Bamboo Paper」やEvernote、Dropboxなどのクラウドにエクスポートできる。

ボタン一つでデジタルインク化 ボタン一つでデジタルインク化

また無償で利用できる「Wacom Cloud」にアカウント登録してPCやMacなど、様々なデバイスからデータにアクセスすることも可能だ。

バッテリー内蔵で2.5時間のUSB充電で約8時間使用可能だ。また、専用スマートペンのインクは約3か月間使用可能。

スマートフォン、ペン、名刺、紙などが入れられるガジェットポケットつきモデル「Bamboo Spark, with gadget pocket」、スマートフォン、タブレット、ペン、紙などが入れられるタブレットスリーブつきモデル「Bamboo Spark, with tablet sleeve」、iPad Air 2専用モデル「Bamboo Spark, with snap-fit for iPad Air」から選択できる。なお、iPad Air 2専用モデルはワコムストアのみの取り扱いとなる点に注意。

■製品概要
製品名:Bamboo Spark
価格:オープンプライス
ワコムストア参考価格:17,800円(税別)


Bamoo Spark詳細
ワコム

ITライフハック
ITライフハック Twitter
ITライフハック Facebook

モバイルに関連した記事をもっと見る
サードウェーブデジノス、Windows 10 Mobileを標準搭載したスマートフォンの開発を発表
20000mAh超で世界最小級のモバイルバッテリー、Anker PowerCore 20100
auの新CMが明らかに! なんと浦ちゃんが歌手デビュー!! 三線で乙ちゃんへの想いを弾き語る!
リーズナブルな活動量計「MISFIT FLASH」が登場
フレッシュネスバーガーが朝日ネットを利用し無料Wi-Fiスポットの提供を開始




ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ