ITライフハック

Willcom

正解すれば「金の延べ棒」ゲットのチャンス!君はこの超難問クイズを解けるか?



みなさん、クイズはお好きですか?

クイズは世界共通の娯楽として、子供から大人まで分け隔てなく楽しんでいますね。もちろん、日本でも、これまでに様々なクイズ番組やクイズゲームが人気を集めてきました。

クイズが、これだけ多くの人の心を魅了するのは何故なのでしょう。

まず、なによりもクイズには、問題を解く楽しさがあります。
「この回答で正しいのだろうか? もしかして間違ってはいないだろうか?」
このハラハラドキドキを超え、正解したときの喜びは、問題が難しければ難しいほど大きいものですが、この喜びや、場合によっては緊張感を高めてくれるのが、正解したときの魅力的な賞金や賞品でしょう。

これらに魅力があればあるほど、クイズを解く楽しさや喜びは何倍にもふくれあがります。

そんな誰でも参加でき、超難問に挑戦できる上、魅力的な賞品が用意されているのが超難問クイズ$ウィルオネアです。ここではなんと、クイズの問題を解けば、「ゴールドバー」をゲットできるチャンスがあるのです。

続きを読む

WILLCOMの切り札!新スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」の内覧会に潜入

株式会社ウィルコム データ通信企画室課長補佐押田優希氏

- 一足お先に最新スマートフォンをチェック!【気になるモバイル】-

ウィルコムの切り札とも言えるWindows Mobile 6.5を搭載したスマートフォン「HYBRID W-ZERO3」を触る機会を得た。
WindowsフォンFANとmemn0ck.com、Kzou's Diary (^^ゞ主催による「HYBRID W-ZERO3 ブロガー向け内覧会」が2009年12月21日に新宿ファーストウェスト3Fにて開催されたのだ。

■新時代のパフォーマンスを実現する - ウィルコム 押田氏
内覧会の会場にて株式会社ウィルコム データ通信企画室課長補佐 押田優希氏に、「HYBRID W-ZERO3」に掛ける意気込みをうかがうことができた。

動画:株式会社ウィルコム データ通信企画室課長補佐 押田優希氏

■「HYBRID W-ZERO3」を堪能した1日
「HYBRID W-ZERO3」は、2010年1月28日に発売が予定されているウィルコムのスマートフォン。クリアな通話品質のPHSと7.2Mbpsの高速データ通信を実現するW-CDMA(3.5G)の2つの無線機能を有する世界初のスマートフォンだ。
ウィルコムの「HYBRID W-ZERO3」

スマートフォンでありながら、ケータイと同様に操作できるスライド型テンキーデザインを採用し、簡単起動するメニュー画面、スタイリッシュな待受画面、電話帳・発着信履歴などオリジナルのUI(ユーザーインターフェース)を搭載することにより、初めてスマートフォンを使う人でも違和感なく利用できる製品となっている。

内覧会では、12台の「HYBRID W-ZERO3」が用意され、参加したブロガーは自由に触ることができた。
「HYBRID W-ZERO3 ブロガー向け内覧会」の様子

内覧会は短い時間だったが、ウィルコムが2005年12月の「W-ZERO3」発売以来、培ってきたスマートフォンに関するノウハウ、ユーザからの評価を活かして開発した新端末だけあり、どのブロガーの顔にも笑みがこぼれていた。

ウィルコムは「HYBRID W-ZERO3」をハイエンド携帯電話およびスマートフォンの今後のトレンドの先駆けとして提案していくとしている。

「HYBRID W-ZERO3」製品情報
ウィルコム

ITライフハックがブログでもオープン
ITライフハック Twitter

■もっとモバイル関連の記事をみる
TV&バッテリーを持ち歩かず、iPhoneでワンセグを楽しむ
日本発売の期待もある?BlackBerry Bold 9700が発売
iPhoneでない選択!小さくスマートなWindows Phone
MotorolaがAndroidスマートフォンで復活か
漫画でニュースを配信!iPhone向けアプリ「漫画の新聞」

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
最新記事
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行いまず。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ