ITライフハック

ZOTAC

NVIDIA GeForce GT 640を搭載するコンパクトベアボーンZOTAC「ZBOX ID45」シリーズ



アスクは、NVIDIA GeForce GT 640を搭載するZOTAC製のベアボーンシステム「ZBOX ID45」シリーズを発表した。「ZBOX ID45」シリーズは、CPUに第3世代のIntel Core i3-3227Uを搭載。GPUにNVIDIA GeForce GT 640を標準搭載するコンパクトサイズのベアボーンである。映像出力端子にはHDMI、DVIを装備し、2画面出力をサポート。省電力ながら4K解像度での動画再生に対応する高いグラフィックスパフォーマンスを発揮する。


続きを読む

NVIDIAのTegra 4を搭載した7インチAndroidタブレット「ZOTAC TEGRA NOTE 7」



アスクは、ZOTAC製の7インチのAndroidタブレット「ZOTAC Tegra Note 7」を発売した。本製品は、パワフルさで定評あるクアッドコアプロセッサー「NVIDIA Tegra 4(1.8GHz)」を搭載。快適なWebブラウジングを始め、Android向け3Dゲームを快適に遊べるのが特徴だ。さらに電力消費と効率性を両立させることで、バッテリー寿命もロングライフを実現している。

続きを読む

Webブラウズや動画再生なら十分! ZOTACよりセカンドPC向きのコンパクトベアボーン



ZOTACのベアボーンは、手ごろな値段に押さえつつも、十分なパフォーマンスを持つスペックになっているのが特徴だ。それにはポイントがあって性能的には不満はないが最新ではない、ちょっと前に登場したスペックに押さえることで、買いやすい価格にすることに成功している。

たとえば最新のZOTAC製ベアボーン「ZBOX ID18」は、最新のHaswellではなくIvy Bridgeコアの低消費電力CPUであるIntel Celeron 1007U(1.5GHz)を搭載する。内蔵GPUは「Intel HD Graphics」と世代的には劣るものの、CPU自体は低消費電力、Webブラウジングや動画再生などでは十分な環境のPCを組むことができる。


続きを読む

NVIDIA最新GPU搭載カード アスクよりZOTAC製Geforce GTX 770搭載カード登場



アスクは、NVIDIA社最新のハイエンドGPU、GeForce GTX 770を搭載するZOTAC社製グラフィックスボード「ZOTAC GeForce GTX 770」を発売する。「ZOTAC GeForce GTX 770」は、1536ユニットのCUDAコアを搭載するNVIDIAのKeplerアーキテクチャ採用の最新GPU「GeForce GTX 770」を搭載。

続きを読む

シングルGPU最強のTITAN登場 ZOTACよりNVIDIA GeForce GTX TITAN搭載カード



昨年の3月にKeplerアーキテクチャが登場しておよそ1年、2月21日23時から情報開示が解禁されたNVIDIAの新型GPUが「GeForce GTX TITAN」。メモリーが6GB(GDDR5)、GPUコアクロックが837MHz(最大876MHz)、2688ユニットのCUDAコアで14ユニットのSMXを構成するKeplerアーキテクチャの最高峰に位置する。バージョンアップした自動オーバークロック機能「GPU Boost 2.0」により、GPUのポテンシャルを最大限に引き出すことで従来以上のパフォーマンスを持つ。そのリファレンスカードとなるのがZOTACの「ZOTAC GeForce GTX TITAN」だ。

続きを読む

補助電源不要のGTX 650 ロープロファイル対応で補助電源不要のグラボ登場



グラフィックス性能を向上させるには、CPUを高クロックのモノに乗せ換えるかグラフィックスボードを、より新しい世代のGPU搭載ボードに乗せ換えるといった対応が必要になる。たとえば5年前のハイエンドGPUであったとしても、現状で性能的にはミドルレンジクラス以下になってしまっていることもある。ただ、PCI Express×16スロットが1スロットしかないため最新GPU搭載を狙えないこともあるし、省スペースPCのため装着できるボードがショート基盤でなおかつLowprofile仕様といった複雑な制限を受けることもある。こうなると条件が限られてしまい、おいそれと交換するわけにはいかなくなってしまう。


続きを読む

Core i3搭載超小型ベアボーン ZOTACの超小型ベアボーンZBOXにIvy Bridge搭載モデル登場



アスクは、ZOTAC製の手のひらに乗る超小型ベアボーン「ZBOX」シリーズの新製品として「ZBOX-ID83シリーズ」を発表した。同シリーズには、ベアキットとなる「ZOTAC ZBOX ID83」と、4GBのメモリーと容量500GBのHDDをあらかじめ搭載しているコンプリートシステム「ZOTAC ZBOX ID83 Plus」の2モデルが用意される。

続きを読む

Trinity対応マザー登場 ZOTACよりAMD A75&AMD A55チップセット搭載マザー登場



アスクは、Socket FM2に対応するZOTAC製のマザーボード「A75ITX-B-E」、「A55ITX-B-E」を、11月末に発売する。「A75ITX-B-E」および「A55ITX-B-E」は、AMD最新APUの“Trinity”をサポートするSocket FM2対応マザーボードだ。フォームファクターはMini-ITXなので省スペースなPCケースを使って高電力効率のAMD AシリーズAPUを搭載したPCが自作できる。

続きを読む

3万円台のコンパクトベアボーン ZOTACのベアボーンに新モデルが登場

ZOTAC ZBOX-ID84-J


ZOTAC ZBOX-ID84-PLUS


アスクは、ZOTACのベアボーンシステム「ZBOX」シリーズの新製品「ZBOX-ID84シリーズ」を発売する。本シリーズには、ベアキットとなる「ZOTAC ZBOX-ID84-J」と、2GBのメモリーと320GBのHDDをあらかじめ搭載してある完成品、いわゆるコンプリートシステム「ZOTAC ZBOX-ID84-PLUS」がラインナップされる。

CPUはデュアルコアの省電力CPU「Intel Atom D2550」を搭載し、GPUにはNVIDIA GeForce GT 520Mを搭載。低消費電力ながらGPUに内蔵される動画再生支援機能を使って高画質な動画再生を行うといったことが可能だ。


続きを読む

静音PCに最適なグラボ登場! アスクよりファンレスのKepler搭載グラボ登場



アスクより、NVIDIAのGeForce GT 640を搭載するZOTAC製グラフィックスボード「ZOTAC GT 640 ZONE Edition 2GB DDR3」を7月下旬に発売する。GeForce GT 640は、最新のKeplerコアを搭載しているためパフォーマンス的にも従来のFermi搭載のミドルレンジ以下モデルよりも高い性能を確保する。

続きを読む

CDケース大にSandyBridgeを搭載 ZOTACの新型コンパクトベアボーン



アスクはZOTACの127ミリ四方の超コンパクトなベアボーン「ZBOX NANOシリーズ」の最新モデルの発売を開始した。タテヨコサイズが12センチCDケースとほぼ同じ127ミリで高さは45ミリとコンパクトなサイズに今回はSandyBridgeコアのCPUを詰め込んでいる。続きを読む

ITライフハックやlivedoor ニュースのIT記事をサクサク読めてシェアできるアプリ

  • iPhone版はこちら
  • Android版はこちら
QRコード
QRコード
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ