ITライフハック

wacom

iPadが自然な感覚のノートに変身!ワコム、スタイラスペン「Bamboo Stylus」の新色を発売



ワコムは2011年10月6日、本年5月に発売したiPad用スタイラスペンBamboo Stylusに対する市場での高い評価と要望に応えて、iPad Smart Coverの色にマッチさせた新色5色のカラーモデル(ホワイト、オレンジ、ピンク、グリーン、ブルー)を10月28日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

クリエイター必見のペンタブレット!ワコム"Cintiq 24HD"の魅力



ワコムは2011年9月13日、高性能プロフェッショナルグラフィックス用液晶ペンタブレットCintiqシリーズの追加ラインアップとして、WUXGA対応24.1 型ワイド液晶ディスプレイを搭載した「Cintiq 24HD」を10月1日より発売すると発表した。
価格は、オープンプライス。

続きを読む

本日より開催!タッチもできるワコムの最新タブレットを貰っちゃおう



「タブレット」と聞くと、デザイナーの道具だと思っている人も多いだろう。確かにデザイナーの必需品であることは間違いではないが、タブレットはデザイナーだけの道具ではない。

実は、ビジネスマンにとっても便利な道具だと言ったら・・・、信じてもらえるだろうか。

ワコムのタブレット「Bamboo Fun」は、写真加工やイラスト制作、動画編集にも使える便利なツールだが、手書きで文字や絵を、テキストに添えることもできる。そっけないWordやExcel、PowerPointの資料にも手書きで指示や注釈を書くことだって簡単にできてしまうのだ。

そんな便利な「Bamboo Fun」を無料でゲットできるビッグチャンスがやってきた。

■zigsowが「Bamboo Fun」をプレゼント
「zigsow(ジグソー)」では、本日(2010年5月27日)より、ワコムのペンタブレット「Bamboo Fun」のレビューアー10名の募集を開始した。レビューアーに選出され、レポートを書いた人には、もれなく「Bamboo Fun(CTH-461/S0)」が進呈されるのだ。

■「Bamboo Fun」は、万能な手書きツール
「Bamboo Fun」について知らない人のために、少し詳しく説明しておこう。

「Bamboo Fun」は、専用ペンと付属のソフトウェアを使うことにより、簡単なお絵描きから油彩まで、さまざまなタッチのイラストや絵画を描くことも可能だ。デジタルカメラで撮影した写真に手がきを加えてグリーティングカードにしたり、フォトフレームに飾るなど、写真を友人や家族みんなで楽しむことができる。

思いついたことをペンでメモや図にして書き込み、これまでと違う個性的なドキュメントを作ることだって可能だ。さらにマルチタッチジェスチャー機能を備えており、ドキュメントのスクロールやズーム、回転などの操作を指先でシンプルかつ直観的に行えるのだ。

「Bamboo Fun」はお絵描きに使えるだけでなく、ビジネスでも便利に使える。さらにマルチタッチディスプレイを持っていない人でも、マルチタッチによる操作を体験することができるという優れものだ。「Bamboo Fun」を、まだ持っていない人は、このビッグチャンスを最大限に活かしてみよう!

■こんなレビューが好まれる
zigsowのスタッフは、下記のようなレビューを期待しているそうだ。

1.家庭での活用
写真補正や写真加工によるハガキやフォトアルバム作成、動画編集など、主に家族や友人同士を含め、主に趣味などで使う視点で、写真や可能であれば動画を用いてレビューしてほしい。

2.ビジネスなどでの活用
ビジネスシーン、あるいはそれ以外の利用シーンなど、デジタル文書を扱う場面において、Bamboo Funを使う前と使うようになった後で、どのように便利になったか、効率がよくなったかなどについて、写真や可能であれば動画を用いてレビューしてほしい。

■当選率アップの秘訣
zigsowのレビューアーの選考基準は、抽選ではなくzigsowでの活動を基にしている。もちものをたくさん登録し、かつ、面白くて役に立つ説明文を書いている人ほどレビューアーに選ばれる確率が高くなる。

さらに「SSDを無料ゲットする攻略法をスタッフから聞き出した」の「本邦初公開!レビューアーに選ばれるための基本テクニック」を駆使すれば、まさに鬼に金棒だ。

zigsowプレミアムレビューで ワコム「Bamboo Fun」を無料でゲット
いいモノを広める情報蓄積型のレビューコミュニティzigsow

ワコム 小見山氏が語る!プロ向け液晶ペンタブレットの魅力

株式会社ワコム 取締役 執行役員 オペレーション統括 統括ジェネラルマネージャー 小見山茂樹 氏


株式会社ワコムは2010年3月2日、デジタル環境の映像制作やデザイン制作向けに、21.3型液晶ディスプレイを搭載した高性能プロフェッショナルグラフィックス用液晶ペンタブレット「Cintiq 21UX」の仕様を刷新した製品を発売した。
価格は、直販価格で22万8,000円(税込み)。
さすがワコム!プロもため息が出る高性能タブレット

■最高峰に仕上げた - ワコム 小見山氏
新製品発表会の会場において、株式会社ワコム 取締役 執行役員 オペレーション統括 統括ジェネラルマネージャー 小見山茂樹 氏にお話をうかがうことができた。

動画:株式会社ワコム 取締役 執行役員 オペレーション統括 統括ジェネラルマネージャー 小見山茂樹 氏

製品情報
株式会社ワコム

ITライフハック
ITライフハック Twitter

【責任者が語る事業戦略と本音】の記事をもっと見る
パナソニック 西口氏が語る!3DテレビによるAV戦略
パナソニック 井出氏が語る!アラサー家電の魅力とは
http://itlifehack.jp/archives/2463096.html
ソニー 粂川部長に直撃取材!液晶テレビ「ブラビア」の戦略

Wacom Cintiq 21UX DTZ-2100D/G0
ワコム (2008-01-09)
売り上げランキング: 30258

さすがワコム!プロもため息が出る高性能タブレット



株式会社ワコムは2010年3月2日、デジタル環境の映像制作やデザイン制作向けに、21.3型液晶ディスプレイを搭載した高性能プロフェッショナルグラフィックス用液晶ペンタブレット「Cintiq 21UX」の仕様を刷新して、同日より発売すると発表した。
価格は、直販価格で22万8,000円(税込み)。

同社は、
「本機をイラストレーション、アニメーション、グラフィックス、画像編集、DTP、Web制作、映画製作、ビデオ編集、工業デザインなどの分野におけるプロフェッショナルに対し、高品質なデジタルコンテンツ制作を可能にするモデルとして提案していきます。」と、コメントしている。

■より紙に近い書き心地に
「La fabrique」において開催されたプレス向けに内覧会では、イラストレーター redjuice氏が新Cintiq 21UXを使ってイラストを描くライブトークがあった。redjuice氏は、イラストを描きながら新Cintiq 21UXの特徴を解説。より紙に近い書き心地になった点を強調した。
イラストレーター redjuice氏

今回の新Cintiq 21UXでは、次の2点について大きな改善を施すことを目指し、仕様変更を行っている。
・ディスプレイに直接書き込む作業スタイルにおいて、従来以上に自然な書き味を実現するとともに、デジタルツールとしての表現のポテンシャルを拡げる
・先進的な工業デザインを取り入れながら、快適性と作業効率性を、より高める

これらの要素を実現するために、新Cintiq 21UXにはIntuos4と同等の高度なタブレット機能を備えるとともに、ファンクションキーやトラックパッドに改良を加えるなどの改善を行った。これまで以上に繊細な描画・画像編集作業などが可能になり、これまで以上に自然な感覚で豊かな表現と高い操作性を実現した。

本製品は、本日3月2日よりワコムストアにおいて先着30名限定で予約が開始された。予約した人には特典としてグリップペン用木製グリップ(非売品)がプレゼントされる。

なお、3月26日、27日に東京港区で体験イベントならびにセミナーセッション「Wacom Live 2010」を開催する。プロのクリエイターによる実践的なセッションと同時に、新Cintiq 21UXを含むプロフェッショナルグラフィックスタブレットを体験することができる。

製品情報
株式会社ワコム

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■パソコン関連の記事をもっと見る
脅威の3点式マルチタッチ!BRULE、新タブレットPC発表
可愛いだけじゃない!窓辺ななみの高性能ノートが登場
全米シェアNo.1!最新のHD対応ビデオ編集ソフトが登場
ガンダムが見えてきた!関節・センサでとことん強化できる
HDDを視覚化!無駄なスペースをなくすための便利ソフト
カテゴリ
月別アーカイブ
配信メディア
ITライフハックは以下のニュースサイトにも記事を配信しています。
記事検索
特集



l

























このサイトについて

ITライフハックで原稿(有償原稿)を執筆したいというプロのライターさんからの売り込みも受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、これまでの実績等を含めてお気軽にご連絡ください。ただし、必ずお返事するわけではありません。執筆依頼は編集部から行います。また必ず校正及びファクトチェックが入ります。

>>詳しくはこちらへ

ITライフハック代表
関口哲司

日本大学大学院理工学研究科後期博士課程修了。理学博士。日本物理学会会員。データサイエンティスト協会会員。IT系記事を中心に著書多数。原稿の依頼歓迎。

>>詳しくはこちらへ

連絡先:itlifehack【at】mediabank.jpn.com
プレスリリース:press【at】mediabank.jpn.com
【at】は@
Twitterアカウント:@ITlifehack
  • ライブドアブログ